『ダークナイト』解説考察|ジョーカーのその後、バットマンの悩み、ジョーカーの意図、手紙を燃やす理由など | - Part 2

『ダークナイト』解説考察|ジョーカーのその後、バットマンの悩み、ジョーカーの意図、手紙を燃やす理由など

ダークファンタジー

ジョーカーの狙いと行動

ダークナイト 
(引用:https://www.ladbible.com)

ジョーカーは思いつきで行動してるみたいな発言をしていましたが、その犯行は常にバットマンがどう動くかを予測した上の犯行になっていて、思考回路と目的も『普通の犯罪者心理』ではないため、バットマンや警察がジョーカーの行動を予測することも困難でした。

そんなジョーカーの行動と発言から目的を整理します。

ジョーカーがハービーとレイチェルを別々の場所に監禁した理由

まずはそもそも2人を誘拐した理由ですが、ジョーカーはゴードンを拘置所から出して警備を手薄にすることが目的でした。
その時のジョーカーの狙いはラウ税理士の救出で、有能なゴードンがいるとやりにくいので出て欲しかったのです。
ゴードンが動きだすような大きな事件を考えた時、思い浮かんだのが『市民の誘拐』だったのでしょう。

そして、2人をあえて分けて監禁した理由は、恐らく『保険』のようなものだったのではないでしょうか。
ジョーカーは、ハービーがバットマンじゃない可能性も想定していたということです。

もしも2人とも1か所に置いていてバットマンがハービーではなければ、ゴードンは動かずバットマンが助けに行けます。
ジョーカーはその可能性を潰したかったのです。(さすがです)

拘置所にバットマンが現れた時(ハービーがバットマンではないと確定した時)、ジョーカーは「保険をかけておいてよかった」と内心自分で自分を褒めていたかもしれません。

あべこべの住所を教えた理由

拘置所で、ジョーカーはレイチェルとハービーの監禁住所をあえてあべこべに教えます。

これはバットマンにとって『正義(ハービー)』を取るか『私欲(レイチェル)』を取るかの選択になりますが、ジョーカーはすでにバットマンの選択を先読みして、あえてあべこべの住所を教えたのです。

最大の狙いは、レイチェルを失ったバットマンとハービーの絶望する顔が見たかったからでしょう。

バットマンはジョーカーの思惑に気付かず、 ゴードンはレイチェル救助に失敗してしまい、またジョーカーの狙い通りになってしまいます。

 

ハービーに目を付けた理由

理由は、ゴッサムの『正義の象徴』と呼ばれるハービーのような知名度の高い高潔な検事が闇落ちする様子が見たかったこと、それによって市民が絶望する様子が見たかったからです。

人をどん底に突き落とすのに一番手っ取り早いのは『大切な人を奪うこと』です。
ジョーカーはハービーを堕落させるためにレイチェルを殺してしまいました。

そして、どん底の精神状態の時を狙って現れたジョーカーの悪魔の囁きを聞き、完全に闇落ちしてしまいました。

 

2隻の船の爆破

ジョーカーはゴッサムから逃げようとする市民を乗せた船2隻(一般人の船と囚人の船)に爆弾を仕掛けていて、一般人の船には囚人の、囚人の船には一般人の船の起爆装置を置いたと告げて、1時間以内にどちらかが起爆装置を押したら、押した方の船は助けるというゲームをしました。

ジョーカーは『どちらかが起爆スイッチを押すだろう』と想定して、このゲームで『人間の心が醜いこと』を証明しようとしていましたが、どちらの船もスイッチを押さなかったのでゲームは失敗に終わりました。

ジョーカーはこの失敗について「希望があったせい」と発言していました。
船の人々は、バットマンや警察が助けに来てくれることを信じて最後まで粘り、最後は爆弾は爆発しない(犯行予告がウソ)落ちに賭けたのです。

個人的にはゲームそのものよりも、うまくより多くの市民を船に誘導したジョーカーの巧みなやり口にあっぱれしてました。

 

ジョーカーのその後は?

バットマンがジョーカーを宙吊りにして動きを封じた際、精神病院(アーカム)に入る話が出ています。
原作でも、ジョーカーが逮捕後に精神病院に入れられるストーリーがあるので、ジョーカーは病院行きでほぼ間違いないでしょう。

ちなみに原作コミックでは、後にジョーカーは精神病院から脱走して再びバットマンと戦います。
ジョーカーはバットマンを『お気に入りのおもちゃ』のように思っているので、ジョーカー的に言えば『バットマンと遊ぶ』ことになるでしょうか。

その他の考察

主にレイチェルとアルフレッドについてです。

レイチェルがハービーを選んだ理由


(引用:https://filmest.jp

レイチェルは『ハービー・デントと結婚します』という手紙をブルースに残し、その後ジョーカーの罠にはまって死んでしまいました。
レイチェルはブルースを愛していたはずなのに、どうしてハービーと結婚することにしたのでしょうか。

答えは手紙にも書いてありましたが、街がバットマンを必要としなくなる日(ブルースがバットマンを卒業できる日)が来ることはないと確信したからです。

ブルースを愛しているなら、約束とか関係無くくっつけば良いのにと思いますが、彼女の中ではそう簡単な話ではなかったようです。

常に命の危険が付きまとうバットマンを続けるブルースと結婚しても、心から安心できる家庭は築けないでしょうし、『法律を無視した活動』が出来ることが存在価値の高い理由でもあるバットマンと結婚することは、検察という法の下で働いているレイチェルにとっては少なくない『後ろめたさ』が生じていたはずです。

レイチェルにとってバットマンは危険な恋だったのです。

そんなレイチェルの前に現れたのがハービー・デントでした。
ハービーはバットマンのような『正体不明の自警市民』ではなく、ブルースの言葉を借りると『堂々と顔を出して悪と戦う本物の正義のヒーロー』です。
レイチェルはそんな2人の違いというか、好き嫌いは後回しにして『どちらと結婚すれば幸せになれるか』を比較検討していたのかもしれません。

そして、彼女の発言に振り回されてハービーの記者会見の演出を止めようとしなかったブルースの行動が、レイチェルには決別の決め手になってしまいました。

どちらかというと、ハービーを選んだというよりはブルースに失望したというニュアンスが大きかったように見えますが、レイチェルは、ブルースが正義よりも彼女(私欲)を選んだことが許せなかったのでしょう。

 

ギャングのマローニが警察にジョーカーを売ろうとした理由

病院爆破の後、ゴードンの前にマローニが現れてジョーカーの居場所を教えます。
マローニがジョーカーを売ろうとしたのは、マローニがジョーカーの異常さを知って手を組んだことを後悔したからだと思います。

ジョーカーの次のターゲットがレイチェルだとわかり、ゴードンがマローニに詰め寄った時、マローニは「ジョーカーが怖くて誰も奴を売らない」と答えています。
ジョーカーを近くで見ていたマローニは、ジョーカーに忠誠を誓うことに意味がないことを悟ったのでしょう。

ジョーカーの仲間になっても利用された後は殺される可能性が高いので、どちらにしても殺されるなら、少しでも生き残れる可能性が高い選択肢として『ゴードンに助けを求める』を選んだのです。

そして自分がジョーカーの標的になる前に警察に訴えて、ジョーカーを排除(身の安全を確保)しようとしたのだと思われます。  

アルフレッドがレイチェルの手紙を燃やした理由

Top Ten Alfred Pennyworth Quotes | Movies-Films-MotionPictures
(引用:https://moviesfilmsmotionpictures.files.wordpress.com

執事アルフレッドは、レイチェルがブルースに宛てた手紙を燃やしました。
それは「レイチェルは自分を選んだ」とブルースが勘違いしていたままの方が良い、真実を知らせるべきではないとアルフレッドが判断したからです。

ブルースの親代わりでもあるアルフレッドにとって一番大切なのは、ブルースの心の安定を保ってあげることです。

もしもブルースが真実(最愛の女性を失くし、しかもフラれていた)を知ってしまえば自暴自棄な行動に出てしまう可能性もありますから、身を案じてのことだったのでしょう。
だから手紙を見せず、真実を闇に葬りました。

最愛の女性レイチェルと頼れる友人ハービーを失くしたブルースにとっての唯一の救い、原動力は「レイチェルが選んだのは自分だった」ということです。
たとえそれが真実ではなかったとしても、その幻想を信じることが彼の精神的な支え、救いになります。
それは皮肉的に、バットマンの「真実だけでは人は満足しない、幻想を満たさねば」という言葉と繋がっています。  

 

以上です! お読みくださりありがとうございました(^^)

映画『ダークナイト』関連商品(楽天)

・関連記事

 

 

感想などお気軽に(^^)

  1. RYO より:

    解説で作品への理解が深まりました。ありがとうございます。

    個人的にひっかかるのは、レイチェルの発言です。
    「正体を明かしたら結婚は夢」だとブルースに言ったにもかかわらず
    ハービーの記者会見でブルースが名乗り出なかったことに対して
    「卑怯だ」と批判していました。
    「正体を明かしたら結婚は夢」だと発言していた時には、記者会見のような状況は想定していなかったでしょうが、一貫性という視点で見ると
    少し気になる点でした。
    とは言えケースバイケースだと思うので、レイチェルにとったら記者会見のような状況では正体を明かして欲しかったのでしょうね。

    • mofumuchi より:

      RYOさん
      コメントありがとうございます!
      レイチェルの行動は私も疑問というか、悪く言ってしまいますがそもそも結婚する気が無さそうというか、結婚をダシにブルースを都合の良いようにしていたようにしか見えませんでした。。笑
      とはいえレイチェルはブルースとハービーどちらを選ぶか迷ってハービーを選んだという過程もありますし、そういった気持ちの揺れが言動に表れていたんだろうと思っています。

タイトルとURLをコピーしました