アニメ映画「イノセンス」ネタバレ解説|引用の意味、難解な台詞考察 | 映画鑑賞中。

アニメ映画「イノセンス」ネタバレ解説|引用の意味、難解な台詞考察

スポンサーリンク
SF

アニメ映画「イノセンス」の解説・考察をしています!

劇場版アニメ『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(1995)の続編。
前作で草薙素子が失踪してから3年後の出来事を描いている。

制作年:2004年
本編時間:100分
制作国:日本
監督・脚本:押井守
原作:漫画/士郎正宗『攻殻機動隊
スポンサーリンク

声優&キャラクター紹介


(引用:http://blog.livedoor.jp

バトー大塚明夫
公安9課のメンバーの、戦闘特化型の大男。
前作で吹き飛んだ右腕には腕の代わりに武器を搭載した。
事件解決のために無茶な行動をとることが多く、この男と組んで支障がなかったのは草薙素子だけだった。
素子を愛しており、3年前の彼女の失踪にも手を貸した。
今も素子と会えるのを心待ちにしいる。
ガブリエルという名の愛犬を飼っている。

 


(引用:http://blog-imgs-41.fc2.com

トグサ山寺宏一
草薙素子が本庁から引き抜いた元刑事で、現在の9課リーダーであり、バトーの仕事上の相棒。
体や脳は人間のままの部分が多い。
素子の失踪後、雰囲気が変わったバトーを心配している。

 


(引用:https://getnews.jp

草薙素子(少佐)…田中敦子
※画像は前作のもので、本作に素子本人の姿は登場しません。
公安9課の元リーダーであり、プロのハッカー。
3年前(前作)に自我のあるプログラム『人形使い』と融合し、その後バトーの力を借りて失踪した。
失踪後は身体を捨てて意識だけの存在になり、ネットの世界を自由に飛びまわっている。

・その他のキャスト
荒巻部長(公安9課)…大木民夫
イシカワ(公安9課)…仲野裕
コガ(公安9課)…平田広明
アズマ(公安9課新人)…寺杣昌紀
謎の少女…武藤寿美
鑑識課長…堀勝之祐
ハラウェイ検死官…榊原良子
キム…竹中直人
ガブリエル…Ruby ほか

映画『イノセンス』は〈楽天TV〉で見られます!月額利用料無し、単品レンタル可能です。

≪U-NEXT≫で『イノセンス』が見られます! 31日間無料キャンペーン実施中。
※このページの情報は2022年2月時点のものです。最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

あらすじ紹介

草薙素子の居ない9課

9課の元リーダー草薙素子の失踪から約3年が経ちました。
9課は素子の失踪から学び運営方針を変え、かつての少数精鋭を廃止して人員を増やし、1人にかかる負担を軽減しました。
素子の失踪後、荒巻部長は新しいリーダーをトグサに任命しました。

ひとり暮らしのバトーは、この3年の間にガブリエルというバセット犬を飼い、とても可愛がっていました。
バトーは素子が失踪してから明らかに元気が無く、荒巻、トグサ、イシカワは心配しています。

少女アンドロイドが持ち主を殺害

そんなある日。街では『ハダリ』という名の少女型のアンドロイドが、持ち主を殺害する事件が多発していました。
ハダリを販売しているロクス・ソルス社は、北端の地にあるロボットメーカーです。


(ハダリ 引用:http://yoh-sk.hatenablog.com

持ち主を殺したハダリは皆、その後自らを破壊して電脳を初期化していたので、ハダリを調べても何もわかりませんでした。

不思議なのは、被害者遺族からの告訴は1件も無く、全てロクス・ソルス社との示談で速やかに解決している点です。
また、被害者の家族全てに政治家または公安関係の退職者が1名ずつ含まれていました。

荒巻はテロの可能性があるとみて、この件を9課が受け持つべきかどうかの判断を下すため(テロリスト絡みかどうか)の捜査を9課に命じ、バトーとトグサはハタリの調査を始めます。

検視官ハラウェイ

まず2人は、ハダリを調査したハラウェイ検視官に話を聞くことにしました。
ハラウェイ検視官への聞き込みで、バトーとトグサは以下の情報を手に入れました。

・ガイノイドは『人間に危害を加えない』という条件下で作られ、人間に危害を加えた人形は自らを破壊するように元々プログラムされていた。
見方を換えれば、人間に危害を加えるために人形たちは自壊したとも捉えられる。

・ハダリを調べても、人間を襲った原因はわからなかった。

・ハダリは元々メイドロボットだが、事件を起こしたハダリは全て『生殖器』が付けられた特別仕様(セクサロイド)で、それが遺族が告訴しなかった理由だった。

・事件を起こしたハダリの1体から「助けて」とささやく音声ファイルが残されていた。

スポンサーリンク

ハダリの出荷検査官が殺される

ハラウェイの聞き込みを終えた直後、ハダリの出荷検査官が殺害される事件が起きたと知ってバトーとトグサは現場に急行します。

殺された検査官ジャック・ウォーカーソンは、休暇中にレンタルハウスで殺されていました。
その手口から、犯人は暴力団関係者のようです。
このときバトーはレンタルハウス内で、本に挟まれていた1人の少女の写真を発見しました。

暴力団『紅塵会』に乗り込む

翌日。ウォーカーソンを殺害したのは暴力団組織『紅塵会こうじんかい』の仕業と判明します。
紅塵会は、麻薬から人身売買まで違法な商売を網羅している反社会組織です。

ここの組長がハダリの被害者で、紅塵会の『組長が殺されると、次期組長が前組長の敵を討つ』という掟を実行した可能性がありました。

トグサとバトーは「話を聞くだけ」という約束をしてから紅塵会に乗り込みますが、バトーは派手に暴れて新組長以外を全員殺してしまいました。

大勢殺したにも関わらず、荒巻はなぜか説教だけで済ませました。
トグサはバトーが約束を破ったことを怒り、危険を顧みないバトーについて行けないと感じます。
全身義体で脳さえ傷つかなければ問題ないバトーと、ほとんど生身のトグサでは、身体に対する思い入れが違うからです。

バトーは怒るトグサに紅塵会で暴れた意図を明かしました。
バトーはロクス・ソルス社と紅塵会に繋がりがあるかどうか確かめるためにあえて暴れました。

この2つの組織に繋がりがあればロクス・ソルスは必ず動きます。
荒巻が説教だけで許したのも、その狙いを理解していたからでした。

 

ハッキングされたバトー

その日の夜、『動き』は起こりました。
バトーはいつもペットフードを買う雑貨店でゴーストハックを仕掛けられ、一般人を殺しかけますが、見張っていたイシカワに気絶させられて事なきを得ます。


(イシカワに動きを制御されるバトー 引用:http://joaquin2010.hatenablog.com

バトーをハッキングした犯人の狙いは、紅塵会を襲ったバトーを『狂った男』に仕立て上げることでした。
バトーが狂人だと警察に思わせて、警察による紅塵会の捜査を終わらせようとしていたのです。

バトーが一般の店で大暴れしたのは9課にとって大打撃になりました。
何とか犯人を挙げなければ、危険因子とみなされて9課の存続が危なくなります。
9課は捜査を続行し、バトーとトグサはロクス・ソルス社のある北端の地へ向かいました。

スポンサーリンク

北端の地

バトーをハッキング出来るハッカーはそうそういません。
犯人に目星が付いていたバトーは、元同僚の裏専門ハッカーキムのアジトに行きました。

バトーとトグサはキムの屋敷で無限ループの罠にはめられますが、素子からのサインに気付いたバトーは罠を抜け出して、最終的に死んだフリで乗り切ろうとしていたキムを捕まえました。

尋問の結果、雑貨店にいたバトーにゴーストハックしたのはキムで、キムはロクス・ソルス社に雇われていることが判明しました。

ロクス・ソルス社の工場は海の中にありました。
バトーとトグサは拘束したキムを連れて潜水艦で工場の近くまで行き、バトーが単体で工場に乗り込みました。
トグサは潜水艦に残ってバトーのバックアップをしていましたが、キムは隙を付いて工場にウィルスをバラ撒いて自殺してしまいました。

工場に眠っていた無数のハダリの在庫が暴走して、中に居る人間に誰彼構わず襲いかかりました。

バトーはハダリとの戦いの最中、1体のハダリをハッキングして駆け付けてくれた草薙素子と再会しました。

工場の1番奥に並んでいたのはゴーストダビング装置という違法マシンでした。
それは魂をダビング出来る特殊な装置で、同じ人物にダビングを繰り返すと、オリジナルのゴーストが消耗して最終的に抜け殻になってしまう危険なマシンです。

ロクス・ソルス社は紅塵会が拉致した少女達のゴーストをダビングして、特別仕様のハダリに入れて販売していました。
ハラウェイのラボで聞いた『助けて』というボイスメッセージは、拉致された少女からのSOSでした。

装置から助けた女の子が「人形なんかになりたくない」と泣くのを聞いたバトーは、不快感から女の子を叱ってしまいました。

事件の真相がわかった後、素子はバトーに『いつも見守ってる』と言うと、再びネットの中に消えていきました。

事件が解決した後、バトーは初めてトグサの家族に会いました。
トグサが娘にプレゼントした人形の目を通して、素子が2人を見守っています。

「人形の気持ちを考えたことがあるのか?」と人形目線で女の子

主題歌:伊藤君子『Follow me』
スポンサーリンク

解説・考察や感想など

対照的なトグサとバトー


(引用:https://individualhappy.jp

本作ではトグサとバトーの対照的な性格が描かれています。
人間味の強いトグサと、人形(サイボーグ)に近いバトー。
トグサの人間らしい一面が描かれることで、バトーの孤独や人形らしさが際立ちます。

一方で、バトーが犬を飼っていることや、素子を思う発言には、バトーにまだ人間らしさが残っていることも垣間見えます。

 

草薙素子はどこに行ったのか

前作で失踪した草薙素子(少佐)は子どもの義体の姿で旅立ちました。

バトーは素子について
あいつは行っちまったのさ
均一なるマトリクスの裂け目の向こう
広大なネットのどこか その全ての領域に融合して
自分が生きた証を求めたいなら
その道はゴーストの数だけあるのさ

と発言しています。
素子は義体を捨て、体はもうこの世界にないということです。
恐らくバトーは、素子が警告をくれる際に、自分自身の姿で現れないことなどから『体』をもう持っていないのだと感づいていたのでしょう。

素子がもういないと知って、トグサはバトーがなぜこんなにも死を恐れないのか納得がいきました。
トグサもバトーにとって素子が特別であることを知っているからです。
そして「俺は生きて家に帰りたい」とバトーに念押ししています。

 

ハダリがたくさん出てきて攻撃していたのはなぜ?


(草薙素子がハッキングしたハダリ 引用:https://happyeiga.com

バトーが船に侵入した後、保管されていた無数のハダリがロクス・ソルスの社員たちもバトーもだれかれ構わず攻撃しています。
これは、バトーの侵入にロクス・ソルスの社員が気付いて作動させたわけではなく(私は最初、社員がハダリを動かしたのだと勘違いしていました。。)、捕まったキムが最終兵器としてウィルスをまき散らしてハダリを暴走させたからです。
ウィルスをまき散らした直後、キムは電脳を焼いて自殺しています。

スポンサーリンク

人形になりたくなかった女の子

バトーがゴーストダビングマシンの中の少女を救い出します。
この子は人身売買のために拉致された女の子です。
次のステージに行った友達は、話しかけても反応しなくなった」という女の子の発言から、少女達は廃人になるまで何度もゴーストダビングされる予定だったようです。

助けられた女の子は事件を起こした理由と、こうして助けてもらえたことを嬉しそうに語りますが、バトーは人形側の目線で怒り出します。
すると女の子は「私は人形になりたくなかったんだもの!」と叫び、泣き出します。

このとき女の子が言った『人形』は、魂を入れられて実際に人形になる、ということよりも、ダビングを繰り返して廃人になった状態を『人形』と言っていたと思われます。
人形のように何も反応しなくなってしまった友人を見て、こんな風になりたくないと感じたのでしょう。

 

素子と再会した後のバトー


(引用:https://www.youtube.com

バトーは素子が消えてからいつもどこかふてくされ、気分が沈んでいました。
それは荒巻部長をはじめ、他のメンバーが心配するほど明らかでした。
バトーは人間なので、どうしても”幸か不幸か”などの、人間特有の価値観で自分を見てしまい、バトーにとって素子がいない状態は不幸だったでしょう。

押井監督が「バトーは前作で素子にフラれてふてくされていた」と説明していたように、バトーは素子が旅立ってからずっと孤独を感じ、ある意味ふさぎこんでいました。
ガブリエルを飼い始めたのも、恐らく孤独を紛らわすためでしょう。

今回の事件でバトーは素子と再会して、素子から「あなたがネットにアクセスするときは、いつもあなたの傍にいる
という言葉をもらいました。
素子はバトーにとって守護霊的な存在になっています。
素子は今や、ネットの世界の中に住む、特定の体を持たない存在です。
ネットがつながる場所であれば、どこへでも行けます。
直接会ったり会話をすることはなくても、素子はいつもバトーを見守っているのでしょう。
それは、もしかしたらバトーがあまりにも寂しそうだったので、少しでも心を軽くするためにかけた言葉だったかもしれません。
それでも、この言葉はバトーを孤独の闇から救いました。

引用と名言の考察は次ページです!

難解だったセリフや引用の意味や言いたいことを考察しています。

コメントお待ちしてます

  1. sskr より:

    はじめまして。
    本日、たった今、はじめてイノセンスを観てきました。
    あまりの引用の多さに困惑したあと、絶対にまとめている人がいる…!と探してここにたどり着きました。感謝に耐えません。理解できていなかった内容に関してほぼ知ることができました。

    解釈の部分も大変興味深く拝見させていただきました。
    この作品に低評価を付ける人は、普段ありふれているような物事をもう一回改めて考える際に、SFだったり哲学だったりという尺度を組み入れて考えることを楽しめないんだろうな、と勝手に納得したりしました。オタクはこういうの好き、っていうど真ん中の一つかとも思いますが…笑

    ただの生身の人間同士の争いならばそこに動機があれば良いのですが、このお話に関してはそれだけじゃないのが面白いところですよね。人間と人形と生命の捉え方、加えて、書いていらっしゃったようにバトーの想いと葛藤が混ぜ合わさってこそ、贅沢な間のとり方が活き、考えさせられる内容になっているのだと感じました。

    映像に関しても目の覚めるような綺麗さで、攻殻機動隊のシリーズを見回しても傑作の部類だと思います。

    重ねて、素晴らしいブログ記事をありがとうございました。

  2. 匿名 より:

    解説記事ありがとうございました。
    最近この映画を見て、わからなかったところや
    引用元などが補完されて大変助かりました。
    最後の素子の台詞「孤独に歩め~……」には前文があると知り、
    バトーにそう語り、バトーが終の語を答えたあとの台詞は
    わたしはいつもそばに→『けれどあなたには私(ともに歩むよき伴侶)が居る』
    という反語的意味で使っているんじゃないかなと思えました。
    それぞれの住む世界は違うけど、孤独ではないとそう伝えたかったのかなと
    これはバトーさんの価値観での愛の成就とは違うかも知れないけれど、つまり両思いなのでは?と思えたり、いややっぱり二人は戦友愛なのか…?と思えたり想像の幅が広がりました。

    • mofumuchi より:

      匿名さん
      こんにちは!補完になったとのことで嬉しいです!!
      最後にかけた「あなたのそばにいるわ」は、素子は彼女なりにバトーに愛情があると伝えているのは確かだと思います。(恋愛感情かどうかは別として)
      漠然とは両想いだけれど価値観が違い、素子の価値観をバトーは理解して孤独感が和らいだ と個人的には解釈してます。
      あれこれ考えていたら長くなりましたすみません。
      コメント励みになりました。ありがとうございます(^^)

  3. 匿名 より:

    何度観てもよく分からないってのは、押井監督は視聴者を置いてけぼりですよね。ゲーム攻略本が無いとクリア出来ないソフトみたいな。

    展開の節目節目に荒巻らと
    “今ここまで進展してて、次は、あそこがあやしい”みたいな展開の経過の描写があれば、
    まだ流れが分かるし、アクション展開にも高揚感があったんじゃないかなぁ。
    そこまで丁寧な”解説”があると、稚拙な作品になりかねないかもしれないけど、
    神山版の攻殻はそういう描写は丁度良かったですね。繰り返し観れば判るようになってた。

  4. tete より:

    イノセンスを何回か見てもよくわからない部分が多々あり、理解を深めたいと調べていてここのサイトに辿り着きました。
    細かく丁寧に解説されていてとても理解が深まりました。
    ありがとうございました!

    • mofumuchi より:

      teteさん
      理解が深まったと言って頂けて嬉しいです!
      私自身も文章にまとめたからこそ理解を深められた部分が多いです。
      またちょこちょこ覗きに来て頂けたら嬉しいです(^^)
      嬉しいコメントをありがとうございました*

  5. 匿名 より:

    「俺もお前と同じつまらねぇ人間だが、履いている靴が違う」
    の会話ですが、刑務所で過ごせ、というような話ではないと思うので、私見を述べさせてもらいます。

    「自分のゴーストが信じられねぇような野郎には、狂気だの精神分裂だのって結構なものもありはしねぇ」
    (発狂して楽になれると思うな)

    「お前の残り少ない肉体は破滅することなく、分相応な死ってやつが迎えにくるまで物理的に機能するだろうよ」
    (また、お前の肉体も簡単には壊れない。だから、つまらないお前にふさわしい、つまらない死がやって来るのを、狂うことなく見つめ続けることになるだろうよ)

    ……と私は捉えました。自身が提唱した不完全な死に囚われているのを、皮肉っているのではないでしょうか(ここは少し蛇足ですが)

    • mofumuchi より:

      匿名さん
      コメントありがとうございます!
      そこの解釈について、バトーのセリフから『刑務所行きになり何十年も収監され、時間の流れとともに老いていき死を待つばかりのキム』を想像したのと、書き方が大ざっぱ過ぎたせいで言いたいことが全然書けてないな、とは思っていたものの放置していた(考えるのを後回しにしていた)箇所でして、この度ご意見頂けてようやく修正する気になりました。
      ここは私も『不完全に死ぬ』ことになるキムへの皮肉と感じていたので蛇足仲間です!
      匿名さんの解釈も拝見出来て嬉しいです(^^)

  6. まにょ より:

    キムとバトーのやりとりの「人間の認識能力の〜」というところで、こうかな〜?と思うところがあったので書かせていただきます。あくまで個人的な考察です。

    人間の認識能力は不完全、これは「理解なんてものは、おおむね願望に基づくもの」(荒巻)ということに起因する。人間は自己意識が強いがゆえに、物事を正しくあるがままに捉えることができない。人が認識する現実は個々の主観に歪められた現実でしかない。それゆえに人の生きる現実は常に、自己意識の歪んだレンズを通してみる不完全な現実である。不完全な現実でしか生きられない私たちは、その終焉たる死も不完全である。なぜなら完全な死は完全な生によって可能となり、完全な生は完全な現実(完全な認識能力)によってもたらされるからだ。ゆえに、現実を歪めることのない(意識を持たない)人形か、完全な認識を可能とする全知の神、この二者にしか完全な死は実現しえない。
    しかし、現実を歪めるほどの強い自己意識(主観や理性?)をもたない動物も、人形や神に匹敵する完全な死を迎えることができる存在といえるだろう。
    禁断の果実を食べたことで無垢を失った人間が、認識(理性?)を捨て無垢に立ち帰ることは途方もなく困難だ。それは全知の神になることよりも難しい。

    長くなってしまいました。解釈の一助になれば幸いです。
    楽しく何度も読ませていただいています。たくさんの引用と解説ありがとうございます。

    • mofumuchi より:

      まにょ さん
      とてもわかりやすい解説をありがとうございます!!
      読んでいて『なるほど、そういうことか!!』と理解・感動した上にグダグダだった箇所を修正することが出来ました(;∀;)
      該当箇所に思い切りまにょさんの名前を書いておりますが、大丈夫ですかね?汗
      問題等あれば訂正させて頂きますので、またお知らせください!

      また、何度もお読みくださっているとのことで嬉しい限りです。。
      温かいお言葉、励みになります(^^)

      • まにょ より:

        ありがとうございます!わざわざ修正なさった上に名前まで載せていただいて恐縮です…笑笑

        よく分からないです〜と書いてあったからこそ真剣に考察することができたので、すごく楽しかったです!こちらこそありがとうございます(*^^*)

  7. 匿名 より:

    素子が最後にバトーにかけた言葉
    孤独に歩む ではなくて 孤独に歩めのようです。
    沢山の引用をまとめて下さってありがとうございます。
    熟読しました。

    • mofumuchi より:

      匿名さん
      管理人です。教えてくださりありがとうございます!
      また、熟読くださったということで嬉しい限りです。
      もちろん読んで欲しくて記事を書いているんですが、いざご報告いただくと恥ずかしい気持ちになりました(うまくまとめられている自信がないので・・・)
      修正がてら全体を見直してちょこちょこ修正したので、またご覧になって頂ければ嬉しいです(^^)

タイトルとURLをコピーしました