「崖の上のポニョ」ネタバレ解説|ポニョのその後、全員死亡説など考察 | 映画鑑賞中。

「崖の上のポニョ」ネタバレ解説|ポニョのその後、全員死亡説など考察

ダークファンタジー

ジブリ映画「崖の上のポニョ」の解説・考察をしています!

人間と海の神様の子ポニョと、5歳の男の子宗介の愛の物語。
長編アニメで宮崎駿が監督を担った11作目の作品。

制作年:2008年
本編時間:101分
制作国:日本
監督:宮崎駿
脚本:宮崎駿
原作:宮崎駿

 

声優・キャスト&キャラクター紹介

(引用:https://twitter.com

宗介(そうすけ)土井洋輝
崖の上の家に住む5歳の男の子。
船乗りの父親の影響で船が大好き。
心優しい性格で、母親リサの職場の老人ホームにも友達がたくさんいる。

 

(引用:https://www.cinemacafe.net

ポニョ奈良柚莉愛
魔法使いのフジモトと海の神様グランマンマーレの娘で、好奇心旺盛な魚の女の子。
強い魔力を持ち、願いがある時は自然に魔法を使って願いを叶える。
海底にあるサンゴの家に住んでいる。
空きビンにハマって抜けなくなっていたところを宗介に助けてもらい、大好きになる。
ポニョという名前は宗介が付けた名前で、本名はブリュンヒルデ。
人間の言葉を理解することができ、悪口を言われると相手に向けて口から水鉄砲を放つ。

 

(引用:https://www.animeclick.it

リサ山口智子
宗介の母親、耕一の妻。
宗介が通う保育園の隣にある老人ホーム『ひまわりの家』の職員。
サバサバした性格で、車の運転が大胆。

 

(引用:https://www.aladin.co.kr

耕一(こういち)長嶋一茂
宗介の父親。
貨物船の船乗りをしているため自宅にあまり帰って来れない。
自宅の近くを通りかかった際は宗介とモールス信号で会話する。

 

(引用:https://twitter.com

フジモト所ジョージ
ポニョの父親。
海の中のサンゴの家に住んでいる。
元は人間だったが、地球を破壊、汚染する自分勝手な人間が嫌になり海の魔法使いになった。
人間でなくなるのにかなり苦労したと作中で語っている。
人間嫌いで、人間に興味を持つポニョを抑え込もうとする。
魔法で人類の時代を終わらせて、地球をカンブリア紀(約5億4200万年前から約4億8830万年前まで)のような海の世界にしようとしている。
自分自身の魔法の力は弱く、自作の魔法の液体を飲むことで力を得ている。

 

(引用:https://twitter.com

グランマンマーレ天海祐希
ポニョの母親、フジモトの妻で海の女神様のような存在。
彼女のことをポニョは「お母さん大好き!でもすっごくこわい!」と話している。
彼女の進路上にいた船は壊れていても直ったり、体調の悪い者は回復したりするので、船員からは『観音様』と呼ばれている。

その他のキャスト
ポニョの妹達…矢野顕子
トキさん(ひまわりの家の老婦人)…吉行和子
ヨシエさん(ひまわりの家の老婦人)…奈良岡朋子
クミコさん(ひまわりの家の老婦人)…平岡映美
赤ちゃんを抱いていた婦人…柊瑠美
カヨ(宗介の同級生)…左時枝
カレン(宗介の同級生)…大橋のぞみ
水魚…所ジョージ
アナウンサー…羽鳥慎一 ほか

スポンサーリンク

あらすじネタバレ

ある日の朝。海に囲まれた小さな島に住む5歳の男の子 宗介は、海で頭に空き瓶がハマって動けなくなっている金魚のような生き物を発見した。
金魚をビンから取り出すと、金魚は宗介の指から出ていた血を舐めた。
(金魚をビンから取り出した時にガラスで指先を切った)
宗介は金魚を水の入ったバケツに入れて幼稚園に持っていった。

幼稚園に向かう車の中で、宗介は金魚を『ポニョ』と名付けて飼うことにした。
ポニョは宗介にもらったハムが好きになり、宗介はポニョに舐められた指のケガが治ったので、ポニョが魔法を使えることを知った。

宗介の母リサは、宗介の幼稚園の隣にある老人ホーム『ひまわりの家』で働いていた。
幼稚園に着くと、宗介は先生にバレて怒られるのを恐れてポニョの入ったバケツをひまわりの家の草陰に隠した。

数時間後。宗介がひまわりの家の老婦人トキさんにポニョを見せると、トキさんは「人面魚だ!人面魚を浜に上げると津波が起こる!」と大騒ぎした。
『人面魚』と言われたポニョは怒り、トキさんの顔に水をかけた。
宗介は驚いて、ポニョを隠すために近くの海の岩陰に隠れた。
岩陰でポニョは「そうすけ、好き!」と喋りだしたので、宗介は大喜びした。
その時、海の中からポニョの父で魔法使いのフジモトが現れて、ポニョを連れ去ってしまう。
フジモトに連れ戻されたとは知らず、宗介は大泣きした。

海底の自宅に連れ戻されたポニョは「そうすけに会いたい、ハム食べたい!」と駄々をこね、フジモトを困らせた。
フジモトは元人間で、大嫌いな人間の時代を終わらせるために魔法使いになった男だった。
ポニョは「手と足が欲しい!そうすけみたいになる!」と言い始め、ふんばると魚だったポニョからカエルのような手足が生えた。
ポニョは宗介の血をなめて人間に変身する力を持ち、魔法で人間の姿に近づいているようだ。
フジモトはショックを受けながら、魔法でポニョを元の姿に戻して気絶させ、ポニョの部屋(水槽)の中に押し戻した。

数時間後。目を覚ましたポニョが再びふんばると、また鳥のような三つ指の手足が生えてきた。
宗介に会いに行くと決めたポニョは、魔法で水槽に穴をあけて外に飛び出した。
ポニョは水槽から出た直後、フジモトが金庫の中の井戸に溜めていた『命の水』に触れ、完全な人間の女の子の姿になった。
ポニョは妹たちと一緒に海上に飛び出して波の上を走って宗介を探した。

ポニョが起こした波は嵐になり、宗介の住む島は高波と暴風の被害を受けていた。
勤務を終えたリサは「泊まった方が良い」と言う周囲の反対を無視して家に帰ることに決め、宗介を助手席に乗せ、波が迫る危ない道を通り抜けて自宅にたどり着いた。
車から降りると、波の上を走っていた女の子が宗介に駆け寄ってきて思いきり抱き着いた。
女の子の容姿などからその子がポニョだと気付いた宗介は、驚きながらも再会を喜んだ。

リサは突然現れた女の子を不思議に思いながらも、そのまま置いておけないため一緒に自宅に入れた。
ポニョは宗介の家にある、初めて見る道具の数々に目を輝かせた。
ポニョははちみつミルクやハム入りラーメンの味に感動した後、すぐに眠ってしまった。
やがて外が静かになったので、宗介はポニョが眠ったから嵐が治まったのだと思った。
ひまわりの家の皆が気になったリサは、宗介とポニョを自宅に残して車でひまわりの家に向かった。

スポンサーリンク

翌朝。目を覚ましたポニョと宗介は、自宅のすぐ外の庭まで海面が上がっているのを見て驚いた。
リサを探しに行きたがる宗介のために、ポニョはろうそくの火で動くおもちゃの小船を魔法で大きくしてあげた。
お菓子や飲み物を持って船に乗り込み、リサを探しに出発した。

(出会った夫人にサンドイッチをあげるポニョ 引用:https://prcm.jp

海水の中には、デボン紀(約4億1600万年前から約3億5920万年前までの時期)に存在したという古代魚や生き物がたくさんいた。
途中、船で海上に避難していた宗介の知り合いや救助隊などと遭遇して無事を喜びながら、宗介とポニョはひまわりの家の近くに停めてあったリサの車を発見した。
その直後、ポニョは力尽きるように眠ってしまい、魔法で大きくなっていたおもちゃの船は元のサイズに戻った。
車がある場所は水没していないので困らなかったが、車の中にリサはいなかった。

同じ頃。ひまわりの家は水没していたが、ポニョの母で海の神様でもあるグランマんマーレの魔法で全員無事だった上、魔法の影響で立てなかった老人たちも皆走り回れる程元気になっていた。
グランマンマーレとリサは相談して、宗介とポニョがいくつかの問題をクリアできれば、ポニョを完全な人間に変身させてあげることに決めた。

歩き回るうちに、ポニョは元の魚の姿に戻ってしまった。
2人がひまわりの家に着くと、グランマンマーレは、宗介に「ポニョは魚です。それでも愛することが出来ますか?」と質問すると、宗介は「魚のポニョも人間のポニョも大好き!」と答えた。
グランマンマーレはポニョに「人間になれば、あなたは魔法の力を失います。それでもいいですか?」と聞くと、ポニョは迷わず「うん!」と答えた。
グランマんマーレでは、ポニョは宗介に愛されている間は人間でいられるが、宗介の愛が消えれば、ポニョは人魚姫のように海の泡になって消えてしまうと告げた後、ポニョに魔法をかけてバケツの中に入れた。
話が終わると、グランマンマーレはポニョの妹たちと一緒に海の中に帰っていった。

やがて救助隊が現れて、歩けるようになっている老婦人たちを見て呆然とした。
フジモトは宗介に「今まで悪かったね、どうかポニョをよろしく」と言い、海に戻っていった。
宗介の父親の耕一の船もひまわりの家の近くにやって来て、3人は久しぶりの再会とお互いの無事を喜んだ。
宗介がポニョに耕一を紹介しようとすると、ポニョはバケツの中から飛び出して人間の女の子の姿に変わった。
これから宗介、リサ、耕一、ポニョの4人での新しい生活が始まる。

主題歌
藤岡藤巻と大橋のぞみ『崖の上のポニョ』
林正子『海のおかあさん』

崖の上のポニョ サウンドトラック [ 久石譲 ]

価格:2,314円
(2019/8/17 04:48時点)
感想(10件)

 

映画『崖の上のポニョ』関連商品(楽天)

スポンサーリンク

解説、考察や感想など

リサが周囲の反対を無視して自宅に戻った理由

(飛ばされそうになった宗介を捕まえるリサ 引用:https://cinema.ne.jp

ポニョが嵐を起こした日、島には高波や強風が巻き起こってとても危険な状態になりますが、リサは警備員たちの「危険だからやめておけ、ひまわりの家にいた方が安全だ」という言葉を無視して危険を冒し、自宅に向かって車を飛ばします。

宗介とリサの家は崖の上に立っていて、海にいる船員にとって灯台のような役割を果たしていたらしく、リサは「こういう時こそ灯台の役割を果たさなければいけない」と考えた(そう発言していました)ので、無理をしてでも自宅に戻ったのだと思われます。
リサの夫である耕一も船で海に出たままでしたし、耕一のためとも言えますね。

また、この家は島で一番高い場所に建っていたようですし、災害対策もかなりしっかりしていたので、津波などが来たときのことを考えても、多少の危険を冒してでも自宅に帰るのが一番安全だと考えたのでしょう。

ちなみに、宮崎監督はインタビューでリサについて以下のように答えています。

「親子というものを、自分がどう生きるのかも含めて、途上にいる人間にしたかったんです。また彼女は町が水没するような非常事態にもパニックにならない。
ポニョによって不思議なことが起こっているその状況は全て分からないけど、今を乗り切ろうとする。そんな母親に誰もがなって欲しいという願望が、リサには込められている。 (引用:Light in June

嵐の後の世界=死後の世界説

(引用:https://wallhere.com

ポニョが起こした嵐で島が海に飲み込まれて、翌日には宗介の家以外はすべて海に沈んだ状態になっています。
嵐の翌日の世界は、まさに『死後の世界』そのものに見えます。
宗介とポニョが船で出てから最初に出会った、赤ちゃん連れの夫婦のお母さんが「避難した」と言っているのにやけにお洒落だったり、
その後に会った大人たちも、呑気に宗介とポニョを応援しています。
ちなみに、赤ちゃん連れの夫婦のシーンは、今まで他人のことは考えず自分の願望に忠実に行動していたポニョが、他者に対する思いやりを持つようになっているので、子どもは成長と共に変わっていくものであることを表現している場面だったように思えます。

話を戻して死後の世界に関して、極めつけは『ひまわりの家』の老婦人たちが歩けるようになり「あの世も良いわね」というニュアンスの発言をしていたことです。
「自分はもう死んでいるんじゃないか」と勘違いすることは、あり得ないと思っていた出来事が実際に起きたときに思ったり、よく使われる表現ではありますが、歩けなかった老人が走りまわれるまでになるというのは、一応魔法の力という理由付けはありますが、死後の世界だと思ってしまいますよね。
走り回れるのがひまわりの家にいた人たち(グランマんマーレの魔法で守られていた範囲)だけならまだわかりますが、フジモトから逃げて東屋に居たトキさんも何気に歩いていましたし。

本作のプロデューサーである鈴木敏夫氏は、本作を「生と死の物語」ともコメントしていたので、嵐の後の世界は死後の世界という解釈で間違っていないんだと思います。

「生」を表していたのは、宗介とポニョがトンネルに入ってからの部分になると思われます。
トンネルは一般的には産道の暗喩ですが、その後に行くクラゲで囲まれた海の中のひまわりの家が子宮を連想させるので、ここではトンネルは卵管だと考えるのが妥当かなと思います。
そしてひまわりの家から出てきた後が、生まれ変わった宗介たちということになり、それを顕著に表していたのが歩けるようになった老婦人たちだと思います。

本作は子供向けの絵本と同じように、子どもにとっては理屈や論理抜きで、ただ「海の世界」や「宗介とポニョをの冒険」を楽しむための作品としても作られている一方で、死後の世界を描いている作品でもあるようです。
なので、嵐の後の世界は理由付けをすると死後の世界に見えますし、実際にそう見えるように作られたものですが、論理的なことを取っ払うと『理屈抜きのファンタジー』にも見えるので、深い意味はわからないような年齢の子どもにも楽しめるように意図して作られたもののようです。
ダークファンタジーの面もあり、純粋に可愛いお話に見える面もある不思議な作品です。

フジモトの計画はどうなったの?

(魔法の液体の便を持つフジモト 引用:https://twitter.com

中盤で、ポニョの父親フジモトが金庫の中の井戸に魔法の液体をためて「これがいっぱいになれば海の時代が来る」という発言をしています。
フジモトは人間の時代を終わらせて、海の時代を再来させることを目指して魔法の液体を日々精製していたようです。
これは、フジモトが地球の支配を企む悪役であり、この計画が物語の核をなしているかのような印象も受けてしまうシーンですが、実は違います。
このシーンは恐らく、ポニョが人間に変身するための動機付け(強力な魔法で人間に変わる力を得る)として組み込まれたのであって、物語の核ではないです。

フジモトが溜めていた液体はポニョが海に拡散してしまい、計画は中途半端に遂行されて失敗しています。
この液体の効果についてはほとんど語られませんが、強力な魔法の力と浄化作用があったんだと思われます。

巨大な月について

島が月に近づいている(月が大きくなっている)場面もチラッと出てきてフジモトが慌てていますが、月に関しては説明がなさ過ぎて考察のしようがあまりないです。
月に近づいている→島の住民があの世に近づいている→宗介がポニョと一緒にグランマンマーレに会う→死を回避したと私は解釈しています。

ポニョの本名ブリュンヒルデの由来とポニョのその後

 

(海の中を覗き込む宗介とポニョ 引用:https://ciatr.jp

ポニョの本名である『ブリュンヒルデ』という名前は、北欧神話に登場する戦の神の1人であるブリュンヒルデ(ブリュンヒルド)から来ています。
ブリュンヒルデの神話をざっくり紹介します。

ブリュンヒルデは人間の戦争に現れて、死んだ兵士の魂をあの世(神様の戦場)に連れていく役割を担っていました。
ある日、ブリュンヒルデは人間の男性と恋に落ちて結婚の約束をしますが、男性は王族の人間に薬を盛られて記憶喪失にさせられて、記憶が戻らないまま国王の妹と結婚してしまいます。

その後、国王がブリュンヒルデを妻に欲しいと言いだして、男は国王に協力してブリュンヒルデと国王は結婚することになります。
男が記憶喪失になっていることを知らないブリュンヒルデは権力欲しさに裏切られたと思い、国王に頼んで男を殺してしまいます。

その後、真相を知ったブリュンヒルデは絶望し、男を火葬している炎に飛び込んで自殺したという話です。

かなりざっくりしか書いていませんが、詳細はかなりドロドロな悲劇なので気になる方は書籍など読んでみてください。

本作に当てはめてみると、人間の男=宗介、ブリュンヒルデ=ポニョです。
宮崎監督が「ポニョはハッピーエンドだが、本当にハッピーかどうかは見る人によって違う」とコメントしていたので、宗介とポニョのその後はこの神話に沿った解釈か、あるいはポニョが人間になるというくだりの元となるアンデルセンの童話「人魚姫」も、人魚姫は最後は泡になって消えてしまうお話なので、ポニョにはそういう未来が待っているのだと想像していいのかもしれません。

 

映画『崖の上のポニョ』関連商品(楽天)

宮崎駿監督作品

参考記事

Light in June:「ポニョ」インタビュー(宮崎駿)

コメント

タイトルとURLをコピーしました