映画「誰も知らない」ネタバレ解説|明達のその後の考察、元となった事件の概要など | 映画鑑賞中。

映画「誰も知らない」ネタバレ解説|明達のその後の考察、元となった事件の概要など

誰も知らない クライムドラマ

映画「誰も知らない」のあらすじ紹介、解説、考察をしています!

母親に育児放棄された4人の子どもたちの壮絶な日常を是枝裕和監督が描いた問題作。
本作が映画初主演・初出演だった柳楽優弥が、カンヌ国際映画祭で男優賞を史上最年少で受賞した。

誰も知らない [DVD]

制作年:2004年
本編時間:141分
制作国:日本
監督・脚本:是枝裕和

キャスト&キャラクター紹介

誰も知らない
(引用:http://tklog.work
福島明柳楽優弥
福島家の長男12歳。
男を作って出ていった母・けい子に頼まれて妹弟の面倒を見る。
長男らしい真面目な性格で、姉弟からはもちろん特にけい子から過剰に頼りにされている。
姉弟にはけい子が帰ってこない理由を「仕事で忙しいから」と偽っている。

 


(引用:https://koyuro.com
福島京子北浦愛
明の妹。年齢は作中で明かされないが、10~11歳位。
けい子が徐々に不在がちになる本当の理由を悟り始めている。
家族思いの優しい性格。

 


©2004-2007『誰も知らない』製作委員会
福島茂木村飛影
明と京子の弟。8~9歳位。遊び盛りでいつも騒がしい。
前の住居では、茂の遊ぶ声や物音で周囲に子どもたちの存在がバレそうになったため、現在の部屋に引っ越した。

 


©2004-2007『誰も知らない』製作委員会
福島ゆき清水萌々子
4〜5歳の末っ子。子どもたちの中では誰よりも母親が必要な年齢。
アポロチョコのイチゴ味が好物。

 


©2004-2007『誰も知らない』製作委員会
水口紗希韓英恵
不登校の中学生。
不登校を親に隠すため、朝から夕方まで制服姿で外で時間を潰している。
昼間に明たちと会うことが多く、いつの間にか仲良くなった。
明たちの置かれている状況を知り、力になろうとする。

 


(引用:https://koyuro.com
福島けい子YOU
4人兄弟の母親。
子ども達の世話を全て明に押し付けて新しい男と同棲を始める。
真実を明だけには打ち明けているが、下の3人には内緒にしている。
子どもたちを冗談で笑わせる陽気な性格だが、基本的に自分のことで精一杯。
恋多き女で4人の父親は全員違う。
子どもたちの出生届も出しておらず、学校にも行かせようとしない。

・その他のキャスト
宮嶋さなえ(コンビニ店員)…タテタカコ
杉原(ゆきの父親、タクシー運転手)…木村祐一
京橋(明の父親、パチンコ屋店員)…遠藤憲一
中延司(コンビニ店長)…平泉成
広山潤(コンビニ店員)…加瀬亮
吉永忠志(大家)…串田和美
吉永江里子(大家の妻)…岡本夕紀子
少年野球の監督…寺島進 ほか

 

あらすじ:起


(一家団らん中の福島家 ©2004-2007『誰も知らない』製作委員会)

ある夏の日、2DKのアパートに福島けい子(YOU)、12歳の息子 (柳楽優弥)、 長女の京子(北浦愛)、次男の(木村飛影)、4歳の妹ゆき(清水萌々子)の5人家族が引っ越してきました。

けい子は表向きは明と2人暮らしを装い、京子、茂、ゆきの3人は世間に隠しています。
理由は子どもたちの出生届を出しておらず学校に通わせていないのと、『4人の子どものシングルマザー』だと普段の生活に金銭面も含めて様々な支障があったからです。
そのため けい子は明以外の3人の外出を一切禁止していて、京子は洗濯物を干す時だけベランダに出ることを許されますが、茂とゆきにはベランダに出ることすら許されていませんでした。

家事は主に明と京子の仕事で、けい子は基本的に家事をせず日中は仕事、夜は遊んで深夜に帰宅することが多い生活でした。
けい子は普段は呑気で陽気な性格で、子どもたちもけい子が大好きなので、それなりに幸せでした。

子どもたちはたまに「学校に行きたい」と言いますが、けい子は「いじめられるよ」と答えるばかりで学校に行かせる気配はありません。
ちなみに子どもたちの父親は全員違います。

秋頃のある朝。けい子は1人でどこかに行ってしまいました。
テーブルの上には『明へ お母さんはしばらく留守にします。よろしくね!』と書かれたメモと、15万円程度の現金が置かれていました。

明はメモを見て、けい子が新しい男の所に行ったと悟ります。
明は妹弟達には「仕事でしばらく帰ってこれない」と言い、母の帰りを待ちました。

明はやりくりしながら過ごしますが、1か月経ってもけい子は戻らず所持金は残り1万円程になりました。
危険を感じた明は ゆきの父親のタクシー運転手(木村祐一)と、明自身の父親のパチンコ店店員(遠藤憲一)を訪ねて援助を頼みますが、ゆきの父からは援助してもらえず、明の父は5千円くれますが、事態の深刻さはあまりわかってもらえませんでした。


(父親を訪ねる明 ©2004-2007『誰も知らない』製作委員会)

生活費の残金が5千円を切った頃、ようやくけい子が帰って来ます。
けい子は呑気に「久しぶり!」と言いながら、子どもたちに大阪のお土産を渡しました。
茂とゆきは素直に嬉しそうですが、真実を知る明と、何となく事情を察していた京子は不満気な表情です。

数時間後。けい子はまた荷物を準備してしばらく外泊することになりました。
駅まで荷物持ちをした明は「母さんは勝手過ぎる」と不満をぶつけますが、けい子は「一番勝手なのはあんたたちの父親よ!」と屁理屈を言い始め、明は返す言葉がなくなりました。
その後、けい子は「クリスマスまでに帰るから!」と言い残して行ってしまいました。

 

あらすじ:承

その後、けい子はクリスマスを過ぎても帰ってこず、定期的に現金だけが送られてくる日々が続きます。
クリスマスの日、明は最寄りのコンビニでクリスマスケーキが値下がりするのを待ってから買って帰りました。

その日の夜、京子が「お母さんは私のせいで帰ってこないのかも」と不安がるので、明は「絶対違うから」と慰めました。

我慢できなくなった明は昼間、公衆電話からけい子の勤務先に電話してみると、けい子は先月いっぱいで退職していたことが発覚します。

帰宅した明は、けい子からの現金書留を頼りに差出住所の電話番号を調べてかけてみましたが、けい子は既に新しい男と新しい家庭を築こうとしていることを知り、明はショックで電話を切ってしまいました。

けい子が帰ってこないままお正月になりました。
明はポチ袋を買い、顔見知りの女性コンビニ店員、宮嶋(タテタカコ)に頼んでポチ袋に自分と妹弟の名前を書いてもらいました。

明はポチ袋に4千円ずつ入れて「お母さんからお年玉もらった」とウソをつき、3人に渡します。
京子はポチ袋の筆跡がけい子のものではないと気付きますが、何も言いませんでした。

数日後。ゆきの5歳の誕生日が来ました。
ゆきが「お母さんは今日絶対に帰って来る!駅まで迎えに行く!」と言って聞かないので、明はけい子の言いつけを破ってゆきと外出し、駅に連れて行きます。

明とゆきは駅でしばらく待ちますが、けい子が改札から現れることはありませんでした。
寂しそうに帰るゆきに、明は「いつか一緒にモノレールに乗って、羽田空港で飛行機を見よう」と励ましました。


(駅から帰る明とゆき ©2004-2007『誰も知らない』製作委員会)

春休みの時期になると、茂はけい子の言いつけを破ってベランダに出て遊ぶようになりました。
明には同い年の男友達が2人出来ました。

明は初めて同世代の友達が出来たことが嬉しくて、けい子からの仕送りでゲームを購入して友達を自宅に呼んで遊びます。
明の家に親がいないことを知ると、2人は深夜まで明のアパートに入り浸ったり、お菓子やご飯を執拗に明にせがむようになりました。
明の友人がずっと家にいるので、京子とゆきは不快感を明に訴えますが、明は初めての友達を失うのが嫌で彼らを追い出せませんでした。

ある日、明と友達2人がいつものコンビニに居た時、友達の1人が明の目の前でおもちゃを万引きしました。
友達は明にも万引きさせようとしますが、明はこのお店が好きだったので何もしませんでした。
すると、友達は「つまらない。もう遊ばない」と言い捨てて帰ってしまいました。

4月になると、明の友達は中学校に入学しました。
明は放課後の時間に校門前に行って友人2人を遊びに誘いますが、断られてしまいました。
友達の1人が「ブカブカでダサい」と文句を言いながら履いていた白いスニーカーが、明には輝いて見えました。


(明の誘いを断って帰る友達、彼らを見つめる明 ©2004-2007『誰も知らない』製作委員会)

夏が近づいてきました。けい子からの仕送りは途絶えていて、家賃や光熱費が払えなくなりました。
困った明はコンビニで働かせてもらえないかと宮嶋に頼みますが、16歳以上でないと働けないため断られてしまいます。(明は12歳)
宮嶋は「児童相談所とかに相談した方がいいよ」と言いますが、明は「前に相談したら4人一緒に住めなくなりそうになったから、もう相談したくない」と答えて帰りました。

あらすじ:転


(植物に水をあげる茂 ©2004-2007『誰も知らない』製作委員会)

残りの生活費が5千円を切った時、京子がお年玉の4千円を明に返しました。
明は断りますが、京子は強引にお札を渡します。
その後、明は外出禁止の言いつけを破って4人一緒にコンビニに行き、即席麺やおやつを買えるだけ買い込みました。

コンビニからの帰りには、道端に生えていた食べられそうな実や花の種を採取して、土を拾い、カップ麵の空き容器に土を入れて種を蒔きました。
その日、明たちの部屋の電気が止まりました。

本格的に熱くなってきた頃に水道も止まり、明たちは生活に必要な水を公園で調達するようになりました。
この頃に明に声変わりが始まりました。

また、明達は不登校の中学生 水口紗希(韓英恵)と仲良くなり、一緒に過ごすことが多くなりました。
紗希は不登校を親に言えず、いつも制服姿で家を出て、外で時間を潰して夕方に帰宅しています。
紗希は京子とゆきの姉のような存在になりました。

もう生活費は小銭しかありません。
事情を察したコンビニ店員の宮嶋や広山(加瀬亮)が、店長の目を盗んで余り物の弁当やパンをくれるようになったので、主にコンビニ食で食いつなぎました。

明が不在の日の昼間、大家の妻が家賃滞納の件で部屋を訪ねてきて、紗希は明達がお金に困っていることを知りました。

誰も知らない
(大家が訪ねて来て固まる紗希、京子、ゆき ©2004-2007『誰も知らない』製作委員会)

その後、紗希は明に「私がお金を作ってくるよ」と言うと、援助交際に近いことをしてすぐに1万円を作ってきます。
明はそのお金が汚ない気がして受け取れず、紗希を無視して逃げました。

 

あらすじ:結

救いのない状況にストレスが爆発した明が売れそうなけい子の私物を漁っていると、京子が止めようとして喧嘩してしまいました。

明は頭を冷やすために外に出て、グラウンドの外から少年野球を眺めていました。
すると、野球監督(寺島進)に声をかけられて、明はピンチヒッターで野球の練習試合に出ることになりました。
明は小学生に混ざって試合に参加して、初めてバットの持ち方や打ち方を教わりました。


(明に声をかける少年野球の監督 ©2004-2007『誰も知らない』製作委員会)

明が帰宅すると、ゆきが倒れて動かなくなっています。
京子と茂が小さな声で「椅子から落ちた」と言いました。
ゆきは椅子に立ってベランダから外を見ようとして落ちたようです。

明はなけなしの小銭を使って公衆電話からけい子に電話しましたが、けい子が出る前にお金が無くなって電話が切れてしまいました。
明は困った末にドラッグストアで湿布を盗み、ゆきに出来る限りの介抱をして回復を祈りました。

翌朝。ゆきは冷たくなっていました。
死んだことを悟った明は紗希に事情を説明して助けを求めます。
明と紗希は、ゆきが大好きだったアポロチョコイチゴ味をコンビニで買えるだけ買って部屋に戻ると、けい子から現金書留が届いていました。
中には数万円と『明へ みんなをヨロシクネ!頼りにしてるわよ!』といつも通りの呑気なメモが添えられていました。

明達は、ここに引っ越してきた時に使った旅行用のトランクケースにゆきを入れ、一緒にアポロチョコとお気に入りの物を入れました。
明は紗希と一緒にトランクを運び、モノレールに乗って羽田空港に行きます。
飛行機を見ようと約束していた明は、次々に離着陸する飛行機をしばらく眺めた後、近くの河川敷に紗希と一緒に穴を掘り、遺体をトランクごと埋めました。

ゆきの死に周囲の大人たちは誰も気付きません。
明はけい子にも、ゆきが死んだことを報告しませんでした。
紗希は、また兄弟たちと一緒に過ごす日が増えました。
明たちはいつものようにコンビニで売れ残りの食材をもらい、公園で水を調達すると、アパートに帰っていきます。

解説・考察は次のページです!

感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました