『キャラクター』ネタバレ解説考察|4人家族を殺す理由、夏美が感じた視線、辺見の正体、ラストなど | 映画鑑賞中。

『キャラクター』ネタバレ解説考察|4人家族を殺す理由、夏美が感じた視線、辺見の正体、ラストなど

サスペンス

映画『キャラクター』のあらすじ紹介、解説、考察をしています!
鑑賞済みの方向けの解説考察記事です。まだ観ていない方はネタバレにご注意ください。

キャラクター

制作年:2021年
本編時間:125分
制作国:日本
監督:永井聡
脚本:長崎尚志、川原杏奈、永井聡
関連漫画:『キャラクター』長崎尚志 著

 

本作にはPG12の年齢制限があります。
簡潔な殺傷・暴力描写、流血が見られるためです。(映倫より)

 

キャスト、キャラクター紹介


©2021映画『キャラクター』製作委員会
山城 圭吾菅田将暉
売れない漫画家。
漫画家をすっぱり諦めようとしていた矢先に本物の殺人現場と犯人を目撃し、漫画に描いた所大ヒットする。
漫画家としての成功を掴むが、モデルにした殺人犯に命を狙われるかもしれないと怯えるようになる。

 

キャラクター
©2021映画『キャラクター』製作委員会
両角 修一Fukase
山城が目撃した連続殺人犯。4人家族ばかりを狙って家族全員惨殺する。
連載された山城の漫画『34』を読み自分がモデルにされたことに気付き、山城の『共同制作者』として漫画の内容と現実をリンクさせようとする。

 


©2021映画『キャラクター』製作委員会
清田 俊介小栗旬
捜査一課の中堅刑事。
礼儀知らずだが刑事としての勘が鋭い男。
先輩刑事の真壁に才能を買われて事件の捜査を進める。

 


©2021映画『キャラクター』製作委員会
真壁 孝太中村獅童
清田の先輩刑事。暴走しがちな清田をコントロールする。

 

キャラクター
©2021映画『キャラクター』製作委員会
川瀬 夏美高畑充希
圭吾の婚約者。
圭吾の漫画家としての成功を喜ぶが、圭吾が異常な程用心深くなったことや雰囲気が変わったことに疑問を抱く。

 

大村誠(圭吾の担当編集者)…中尾明慶
本庄勇人(漫画家)…宮崎吐夢
奥村(課長代理)…小木茂光
浅野(刑事)…テイ龍進
辺見敦(元殺人犯)…松田洋治
山城由紀(圭吾の母)…小島聖
山城健太(圭吾の父)…橋爪敦
山城綾(圭吾の妹)…見上愛
加藤一郎(編集長)…岡部たかし
清田の祖母…ヨネヤマママコ ほか

≪U-NEXT≫で『キャラクター』が見られます! 31日間無料キャンペーン実施中。
※このページの情報は2022年6月時点のものです。最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

あらすじ紹介

あらすじ①:1件目の事件、山城圭吾と両角の出会い

魅力的な悪役キャラが創造できず、漫画家の夢を諦めることにした青年 山城圭吾(菅田将暉)は、長年続けていた売れっ子漫画家アシスタントのバイトも辞めることにしました。

バイト最終日の10月24日、圭吾は『幸せそうな家庭の一戸建て』のスケッチを頼まれ、夜の住宅街を見回って1軒の一戸建てをスケッチします。
そこで圭吾は、その家に住む4人家族が惨殺されていることに気付き、さらに逃げようとしていた連続殺人犯 両角修一(Fukase)を目撃しました。

警察に通報して事情聴取を受けた圭吾は、とっはに「犯人は見ていない」と嘘をつきました。
その後、圭吾はとり憑かれたように一家殺害現場の光景や、目撃した犯人を元にサスペンス漫画を描き上げます。

圭吾が目撃した事件は『船越一家殺害事件』と名付けられ、捜査一課の真壁(中村獅童)と清田(小栗旬)が担当になりました。

その後、被害者宅の近所に住んでいた『16歳の時に一家4人を殺害した前科』を持つ50歳の男 辺見敦が自ら犯行を認めて逮捕されました。
しかし、辺見は事情聴取で「犯行当時の記憶はないが、全部私がやったと思います」と曖昧な供述を繰り返します。

真壁と清田は真犯人は別にいると確信するものの、事件の早期解決を望む警察上層部が辺見を犯人と断定して捜査は幕を閉じました。

 

あらすじ②:2件目の事件、漫画と現実の一致

船越一家の事件から1年後。
圭吾が描いたサスペンス漫画『34(さんじゅうし)』は大手出版社でデビューが決まり、映画化も決まるほどの売れっ子漫画家になりました。
『34』の悪役ダガーは、圭吾が見た両角の特徴『ピンク色の髪』『緑色のジャージに黒いコート』『黒いリュックサック』を忠実に再現したキャラクターで、34の中でも一番の人気キャラです。

圭吾は恋人の夏美(高畑充希)と結婚して妊娠もわかり公私ともに充実しているはずですが、漫画で一本立ちしてからは住まいを防犯対策万全のマンションに引っ越したり、夏美にもむやみに外出させなかったりと非常に用心深くなりました。

そんな中、神奈川と山梨の県境の山中で4人家族が惨殺される『原一家殺害事件』が起こりました。
圭吾の漫画『34』の愛読者だった清田は、原一家の事件が『34』の中で起きた殺人事件と酷似していることに気付きます。

事件発生現場、被害者が4人家族ということ、凶器(包丁)が車の天井裏に隠されていたことまでも漫画と事件が一致していました。

清田と真壁は圭吾を取り調べしますが、圭吾は「お話することはありません」の一点張りです。

 

あらすじ③:辺見の無罪放免、圭吾の告白

数日後、居酒屋でひとり息抜きしていた圭吾の前に、突然両角が現れました。
両角は「僕を漫画にしてくれてありがとう」とお礼を言うと、『車の天井裏に隠した凶器』をどうしたかこっそり教えて立ち去りました。
この『車の天井裏に隠した包丁』は圭吾が思い付きで漫画に散りばめていた伏線でしたが、良い回収方法が思い浮かばず悩んでいた所でした。
この時、両角は圭吾が持っていた清田の名刺を手に入れました。

その後、圭吾は悩んだ末に両角に言われた通りの伏線回収で『34』の最新話を描きました。
コミック発売日、清田と真壁はDNA鑑定結果から、原一家の車から出てきた包丁が1年前の船越一家の殺害に使われた包丁であり、これもまた『34』と同じ展開になっていることを知りました。

包丁の調査結果を受けた警察上層部はすぐに辺見敦を無罪放免にし、捜査の再開を真壁に命じました。

その後も、両角は圭吾が漫画に描いたシチュエーションと全く同じ4人家族を狙って殺害します。
両角の異常行動に耐えられなくなった圭吾は、その日の夜に全てを夏美に打ち明け、翌日には清田にも打ち明けました。

清田は圭吾の情報を元に両角の捜索を始めますが、『両角修一』という名前は借金のカタに売られた戸籍だったことが判明し、圭吾が見たピンク頭の男は両角修一に成りすましている何者かだとわかりましたが、正体に繋がる手掛かりは無く捜査は行き詰まります。

一方、圭吾は『34』の連載を辞めさせてほしいと編集長に直談判に行った結果「せめて最終回は書いてほしい」と言われて休載することになりました。

 

あらすじ④:両角の正体

数日後。清田は両角の手がかりを求めて圭吾の自宅を訪ね、圭吾は『34』で描いた事件の元ネタを話しました。

昔、宗教団体まがいの集団が廃村だった九条村を利用して独自のコミュニティを作り、20組の4人家族が暮らしていました。
彼らは『4人家族であることが最大の幸せ』という概念を持っていて、家族は必ず4人でなくてはならないという決まりがありました。

1989年、そのコミュニティの子供たちは戸籍が無いことがわかり、内部告発で検察が動いてコミュニティを強制解散させようとしました。
すると、リーダーだった男は集団自殺を図り、メンバーほぼ全員を殺害して自殺しようとしていた所を逮捕されたそうです。

この事件を知った清田は、両角は『このコミュニティの生き残り』で、家族を奪われた復讐を世間にしているのではないかと予想しました。

しかし、清田は圭吾と別れた後、待ち伏せていた両角と辺見敦に殺されてしまいます。
清田の死を知った圭吾は責任を感じ、『34』を使って両角を逮捕に導こうと決意しました。

 

あらすじ⑤:結末

圭吾は急いで『34』の最終回を描き、夏美に読んでもらいます。
圭吾が考えたのは、圭吾自身の家族(父、母、圭吾、妹)の殺人事件を漫画に描いてオトリにし、圭吾の実家に現れた両角を警察が逮捕するというシナリオでした。

警察が圭吾の実家に集まり、圭吾も防刃ベストを着て実家で待機していると、両角から電話がかかってきました。
両角は「先生のそっちの4人家族は幸せじゃない。僕は本物を狙う」と言って電話を切ります。

不審に思った圭吾が夏美に電話すると、夏美は双子を身ごもっていたことがわかりました。
両角が狙う4人家族が『圭吾、夏美、お腹の双子』だと知った圭吾は、一目散に夏美のいる自宅に行きました。

圭吾が自宅マンションのエントランスに着くと、待ち構えていた両角は圭吾にオートロックを開けさせて部屋に上がります。
両角は圭吾の部屋に入ると、漫画を描くための道具に夢中になりました。
圭吾は時間稼ぎして夏美を逃がそうとしますが、気付いた両角は夏美の脚を刺しました。

圭吾は両角が油断した隙に包丁を奪い、両角の腹と肩を刺して戦闘不能にします。
そこに遅れてきた真壁が駆けつけますが、圭吾は真壁の命令を無視して両角を刺し殺そうとしたので、真壁は圭吾を気絶させました。

両角は逮捕され、圭吾は入院して療養生活を送ります。
共犯の辺見はまだ捕まっていません。
圭吾は仕事を休むため今より賃料の安いマンションに引っ越すことにして、一足早く回復した夏美が引っ越しの準備を進めつつ、双子のお世話もしています。

その後の捜査と裁判の証言などで、両角の正体は清田が推測した通り『九条村コミュニティの生き残り』だと判明します。
また、両角と辺見は昔から繋がっていたことがわかり、両角は「最初は僕が辺見のファンだったけど、いつの間にか立場が入れ替わっていた」と証言しました。

両角と圭吾にも何らかの入れ替わりが起こること、夏美の身に危険が迫っていることが暗示されます。

 

解説・考察

今どき感満載、世にも奇妙的な不思議さもあり、少々演出に疑問を感じた所以外は楽しく見れました。
作中に登場した漫画を担当していた古屋兎丸さんの絵のうまさにはいつも驚かされてます。

以下、気になった点や疑問を考察しました!

清田と真壁の関係

キャラクター
©2021映画『キャラクター』製作委員会

真壁は清田がグレていた頃からの知り合いだった
真壁が清田を更生させて警察に誘い、試験をパスするコツを教えた

最初の殺人事件が起きた時、捜査チームに清田を入れようとした真壁に、奥田(小木茂光)は「清田って族上がりのくせに上手く県警の試験をパスしたって本当か?」と噂話をします。
真壁は適当にごまかしていましたが、清田の葬式の後、山城に「あいつは族上がりだが、イイ奴だたったし刑事としても優れていた」「俺が所轄に居た頃、不良だった清田を俺が何度も補導した」と打ち明けました。

真壁は当時暴走族だった清田に警察官としての素質を見て、警察官になることを勧め、県警の試験をパスするコツを教えた調本人だったのです。

清田が真壁に対して兄弟のようにくだけた態度なのも、2人は若い頃から付き合いがあったからでした。

 

山城圭吾はなぜ犯人を見たことを隠した?

『殺人事件の目撃』と『理想の悪役』に出会い、山城が諦めかけていた漫画への情熱が再熱した

山城は船越一家殺人事件で犯人の両角を目撃したにも関わらず、事情聴取の時は衝動的に「犯人は見なかった」と答えました。

これは山城が売れない時期に、漫画関係者たちに「殺人現場を見た経験も、人を殺した経験も無いからリアルさがない」「イイ奴だから魅力的な悪役が描けない」と言われ、世間に認められる漫画を描きたいあまり、殺人事件に関する経験や悪人になることを内心求めていたことと関係しています。

山城は殺害現場と犯人を見たことで、普通では経験できず、かつ描きたい漫画に生かせる貴重な体験をしました。
なので、山城は「この貴重な経験を易々と刑事に喋ってしまうのはもったいない」「早く帰って、記憶が鮮明なうちにこの事件を描きたい」と思っていたのではないでしょうか。

また、刑事に虚偽の供述をするのは犯罪です。
山城はこの事情聴取で清田に嘘を言うことで、山城自身が求めていた『悪い奴』にも一歩近づいたのです。

 

辺見と両角の関係は?

キャラクター
©2021映画『キャラクター』製作委員会

最初は両角が辺見のファンだったが、立場が入れ替わって辺見が両角のファン(崇拝者)になった。
辺見は清田を殺したのが初犯だったのではないか

まずは作中に登場した辺見についてのヒントをまとめてみます。

・辺見は16歳の時に4人家族を殺害した(舞台が2020年だとしたら、1986年頃の出来事)
・上の事件で逮捕され、医療少年院に12年間収容(1986~1998年頃まで)され、28歳頃に出所した

これらの情報をから、両角は35年前に辺見が起こした『4人家族殺害』を知って辺見のファンになり、辺見と文通で親交を深めていたようです。

両角と辺見が文通していた時期は、消印が平成4年(1992年)だったので辺見が施設に収容されていた頃だと思われますが、辺見が書いていた発送元の住所が神奈川県横浜市のアパートらしき住所で、少年院からではない点が変ですが、ここはそっとしておきます。

ただ『辺見の16歳の時の事件』そのものも、辺見が真犯人かどうか怪しい感じでしたよね。(両角の罪をかぶった時と同じ『覚えてないけどやったと思う』発言をしていたので)

なので、もし『辺見16歳の時の事件』も冤罪だとしたら、この事件もまた当時辺見が憧れていた別の人間が起こした事件で、辺見は忠誠心から罪をかぶっただったのかもしれません。
つまり辺見は『人を殺してみたい願望があり、本当に人を殺したことのある人に心酔するが、実際には殺人したことがない男』だったのではないでしょうか。

もし殺したことが無いとしたら、辺見は殺人について詳しく語れませんし、本物の殺人鬼である両角と立場逆転するのもわかります。

両角は辺見とやり取りする中で辺見が人を殺したことが無いことに気付き、逆に辺見は両角が本物の殺人犯であることに気付き、いつの間にか立場が逆転したのです。

両角は辺見との関係を切らず『アシスタント(手駒)』としてがキープしました。

次のページにつづきます。




感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました