『孤狼の血 LEVEL2』ネタバレ解説|ラスト解釈、上林、チンタ、瀬島の考察などまとめ | 映画鑑賞中。

『孤狼の血 LEVEL2』ネタバレ解説|ラスト解釈、上林、チンタ、瀬島の考察などまとめ

クライムドラマ

映画『孤狼の血 LEVEL2』のあらすじ紹介解説・考察記事をまとめてました!

前作から3年後の平成3年、広島の架空都市『呉原市』で、死んだマル暴刑事 大上の遺志を継いだ日岡と、五十子正平の右腕だった上林の復讐戦を描く。

 

孤狼の血 LEVEL2

制作年:2021年
本編時間:139分
制作国:日本
監督:白石和彌
脚本:池上純哉
原作小説:柚月裕子 著『孤狼の血

本作はR-15の年齢制限があります。
刺激の強い殺傷流血描写がみられるためです。(映倫より抜粋)

声優&キャラクター紹介

孤狼の血 LEVEL2
©2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

日岡秀一松坂桃李
呉原東署のマル暴の刑事。
元は広島県警本部にいたが、呉原東署のマル暴で3年前に死んだ大上に感化されて遺志を受け継いだ。
広島市で起きたピアノ講師殺害事件で本部に駆り出されて捜査を始める。

 


©2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

上林成浩うえばやししげひろ鈴木亮平
刑務所から出所したばかりの五十子会構成員。
逮捕前までは五十子の右腕的存在だった。
『悪魔』と呼ばれる程狂暴で残酷。
権力にも脅しにも一切振り回されずに信念を貫き通す。
上林組を結成し、五十子正平のかたき討ちのため尾谷組を壊滅させようと画策する。

 


©2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

近田幸太(チンタ)…村上虹郎
上林組の構成員。20歳の青年。
日岡が五十子会の動向を探らせているエス(スパイ)でもある。
韓国籍のいわゆる在日韓国人で、本名はソン・ジャングン。

 

呉原東署
友竹啓二係長…矢島健一
菊池…さいねい龍二
有原…沖原一生

広島県警
嵯峨大輔(捜査一課管理官)…滝藤賢一
瀬島孝之(捜査一課警部補)…中村梅雀
中神悟(捜査一課警部補)…三宅弘城

広島仁生会
綿船陽三わたふねようぞう(会長)…吉田鋼太郎
溝口明(理事長)…宇梶剛士

五十子会
角谷洋二(会長)…寺島進
角谷華英(洋二の妻)…安竜うらら
五十子環(五十子正平の妻)…かたせ梨乃
五十子正平(死亡した元会長、回想、遺影のみ)…石橋蓮司
原圭輔(回想のみ)…中山峻

五十子会上林組
佐伯昌利さえきまさとし毎熊克也
戸倉毅…小栗基裕
近田幸太…村上虹郎

尾谷組
天木幸男あまぎゆきお(組長代行)…渋川清彦
橘優馬(若頭)…斎藤工
花田まさる(構成員)…早乙女太一
柳島(構成員)…杉田雷麟
一ノ瀬守孝(組長、網走刑務所に服役中、回想のみ)…江口洋介
永川(回想のみ)…中村倫也
タカシ(回想のみ)…田中偉登

その他一般人など
近田真緒(チンタの姉)…西野七瀬
吉田滋(元五十子会構成員)…音尾琢真
神原千晶(ピアノ講師)…筧美和子
神原憲一(千晶の兄、刑務官)…青柳翔
高坂隆文(安芸新聞記者)…中村獅童
瀬島百合子(瀬島の妻)…宮崎美子 ほか

≪U-NEXT≫で『虎狼の血 LEVEL2』が見られます! 31日間無料キャンペーン実施中。
※このページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

あらすじ紹介

あらすじ①:五十子正平殺害事件の後


©2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

昭和63年の広島県呉原市で起きた暴力団同士の抗争で、五十子会の会長五十子正平(石橋蓮司)が殺され、尾谷組の若頭 一ノ瀬守孝(江口洋介)が逮捕されました。

五十子正平の死で、五十子会はほぼ壊滅状態になります。
前作で殺された一般人の殺害容疑で加古村組の幹部と構成員が逮捕され、加古村組も同じく壊滅しました。
※加古村組は五十子会の下部組織です。

前作で死亡した大上(役所広司)の遺志を受け継いだ刑事の日岡秀一(松坂桃李)は、尾谷組と五十子会の上部組織『広島仁生会』の手打ち(和解)を取り仕切り、抗争は終焉しました。

その後、仁生会の面々はビジネスに没頭して抗争とは無縁な日々が続きましたが、3年経った平成4年、五十子会の残党が尾谷組の若頭の殺害を計画するも失敗し、五十子会の構成員4人が逮捕されました。

この殺害計画が失敗したのは、日岡が五十子会に潜入させていたエス(スパイ)から情報を事前に仕入れていたからです。

あらすじ②:日岡秀一、真緒、チンタ

孤狼の血2

©2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

日岡は2代目大上となり、現在も呉原東署でマル暴を続けています。
大上の知人でスタンド『華』(≒スナック)のママ近田真緒(西野七瀬)とは恋愛関係です。
真緒は20歳の弟でチンピラの幸太(村上虹郎)を『極道に染まらないように』と日岡に託しましたが、日岡は幸太(以降チンタ)を手懐けて五十子会のエス(スパイ)にしてしまいました。

チンタも五十子会の一員として襲撃メンバーに加わっていて、チンタは上手く警察から逃げる予定でしたが失敗して捕まってしまいました。

 

あらすじ③:上林成浩の出所とピアノ講師殺害事件

孤狼の血2

©2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

尾谷組への襲撃が起きた直後、五十子正平の右腕的存在だった上林成浩(鈴木亮平)が釈放されました。
上林は出所した直後、刑務所で悪い意味で世話になった看守の神原憲一の妹で、広島市に住む神原千晶(筧美和子)を暴行の末に殺害しました。
神原千晶は強姦されて両目をえぐり取られ、死因は殴打による内臓破裂です。

事件は彼女の職業から『ピアノ講師殺害事件』と名付けられ、広島県警で捜査本部が結成されました。

なぜか捜査メンバーに入れられた日岡は、かつての上司で現在は管理官に昇進した嵯峨大輔(滝藤賢一)と再会します。
日岡は嵯峨から「遺族から『五十子会の仕業ではないか』と証言があったから、その辺を調べて欲しい」と頼まれました。

日岡は県警の捜査一課警部補で引退間近の瀬島(中村梅雀)とペアを組んで捜査を始めます。

そのころ、上林は仁生会のアジトに顔を出し、幹部達に「五十子正平の敵討ちがしたい」と言いますが、会長の綿船わたふね(吉田鋼太郎)も、理事長の溝口(宇梶剛士)もビジネス構想に夢中でその気がありません。

上林は綿船と溝口の計らいで、元加古村組の吉田滋(音尾琢真)が経営する建設会社で働くことになりました。
吉田は極道を抜けて建設会社の社長になり、今では公共事業も任される程に会社は成長していますが、極道との関わりは今も続いています。

上林と吉田が顔合わせした日、吉田は「現会長の角谷洋二(寺島進)と話を付けて、五十子会本部を取り壊して高層ビルを建てるつもり」と上林に自慢げに語りました。
怒った上林は吉田を拷問して社長の座を奪い、会社を乗っ取ってしまいました。
ついでに五十子会本部の看板も『二代目五十子会』から『五十子会上林組』に変えました。

 

あらすじ④:ピアノ講師殺害事件の犯人に上林が浮上

日岡と瀬島が被害者の兄の神原憲一に話を聞きます。
上林は受刑者同士でもすぐ問題を起こすので受刑中はほとんど懲罰房に入れていて、酷く暴れるので看守側も暴力で押さえるしか方法がなかったと言います。
神原は上林に逆恨みされて「出所したらお前の家族をひどい目に遭わせてやる」と言われたと打ち明けました。

その後 上林の経歴を調べると、彼が初めて刑務所に入ったのは中学生の頃(昭和47年6月)で、罪状は両親の殺害でした。
上林は父親からDVを受けて育ち、中学生の頃に父を包丁で殺した後、DVを見てみぬフリしてきた母親は目玉をくり抜いて殺していました。

日岡と瀬島は犯行の類似からピアノ講師の犯人も上林だと確信しますが、鑑識に行くと「物証から上林の指紋は出たが、決定的証拠にはならない」と言われ、令状を取れず捜査は止まってしまいました。

あらすじ⑤:足止めを食らう日岡、追いつめられるチンタ

孤狼の血 LEVEL2
©2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

上林が吉田の会社を乗っ取ったことに仁生会幹部は激怒しますが、上林は溝口を殺して会長の綿船を完全にビビらせました。
溝口の死は綿船の計らいで『自殺』で処理されました。

溝口の死が報道された後、日岡と瀬島は初めて上林と直接話してやはり上林が犯人だと確信しますが、証拠は出ないままで足止めを食らいます。
打つ手が無くなった日岡は、留置所にいたチンタを不正に出所させて上林組に送り込みました。

その後、上林は五十子会の角谷会長にも奇襲をしかけて拷問し、角谷が裏稼業にしていた販売用の銃を奪うと、妻ともども殺してしまいました。
角谷を殺す手伝いをさせられたチンタは、身の危険を肌で感じました。

その後、チンタは「上林組から抜けたい」と言いますが、日岡は「あと少しだけ頼む」と説得します。
チンタも上林の危険性を理解して、次に尾谷組に奇襲を仕掛ける日程を密告したら極道を辞めると約束します。

韓国籍を持つチンタは、組から抜けた後は母親の居る韓国に逃げるつもりです。
書類の手続きが苦手なチンタのために、日岡が代わりにパスポートを手に入れてやりました。

チンタは上林に『真緒から尾谷組の情報と日岡の家族を調べて来い』と言われた上に、麻薬を覚えさせられてしまいます。

その後、チンタは「日岡に家族は居ない」と上林に報告しますが、上林は納得せずチンタを殴ります。
上林から信頼を得なければ殺されると考えたチンタは、エスをやめさせてくれない日岡に怒りを覚えて撃ち殺そうとしますが、結局殺せませんでした。
日岡は致命傷は負いませんでしたが、銃弾を腹に食らって入院します。

チンタへの疑惑がぬぐえない上林は「なぜ日岡が死んだか確認しなかった?お前がエスじゃない証拠を見せろ」と詰め寄って、チンタに指詰めをさせました。

その後、上林宛に匿名で1通の封筒が届きます。
中身はチンタが日岡のエスである証拠写真でした。

 

あらすじ⑥:抗争開始

上林組の佐伯達が尾谷組に奇襲を仕掛け、尾谷組の若頭 (斎藤工)が負傷しました。

やり返そうと息巻く尾谷組の連中を日岡は必死で止めますが、日岡は尾谷組の全員から「俺達は一ノ瀬の指示に従ってお前の相手をしていただけ。俺たちは一ノ瀬を逮捕したお前を恨んでいる。誰がお前の命令など聞くか」と言われてしまいます。
日岡は最終的に国家権力を振りかざして無理やり黙らせました。

数日後の夜、まだ入院中の日岡にチンタから「今夜、上林組が尾谷組に抗争をしかける」と連絡がありました。
日岡の代わりに瀬島が主導でチームを組んで尾谷組のアジト付近で待機し、日岡は病院を抜け出して尾谷組アジトの近くに1人で待機していました。

しかし、これは上林が張っていた罠でした。
上林組は尾谷組を襲撃せず、チンタと日岡を攻撃しました。
日岡は瀬島に助けを求めて上林を撃退しますが、チンタは殺されてしまいました。
翌朝、チンタの死が発覚して真緒は日岡に激怒します。

 

あらすじ⑦:結末

後日、上林組は尾谷組に奇襲をしかけて尾谷組の構成員が数名死に、日岡の抑えは効かなくなりました。

日岡は瀬島を信用して昭和63年の五十子正平殺しと、一ノ瀬逮捕の顛末を洗いざらい打ち明けて、今後どうするか対策を考えることにします。

しかしその後、高坂からの情報でピアノ講師殺害事件の証拠は本部の意向で隠されていたことがわかります。
県警は上層部の弱みを握る日岡を排除するために、あえて上林を泳がせていたのです。
さらに瀬島は嵯峨の指示で日岡を内偵していたことが判明しました。
瀬島とは連絡がつかなくなり、日岡が瀬島に打ち明けた昭和63年の事件の詳細は嵯峨の手に渡りました。

日岡は今までの甘い考えを捨てて全面戦争を決意します。
まずは記者の高坂(中村獅童)にピアノ講師事件の証拠隠蔽の詳細を教えて記事にしてもらって県警本部に打撃を与えます。
日岡は本部から謹慎処分を受けて県警に監禁されてしまいました。

一方、上林は日岡をおびき出すためにも尾谷組に本格的に抗争を仕掛けます。
上林組と尾谷組の抗争で大勢が死にますが、尾谷組の幹部陣は生き残りました。

その後、県警から脱走した日岡と上林は場所を変えて1対1の殺し合いをします。
日岡が持参した銃は弾切れになり、上林が持参した日本刀で戦い、格闘の末に日岡は上林の腹をかっさばいて動きを止めました。
上林が「俺は悪運が強くて死にたくても死ねない」とぼやくように、腹を切られても死にません。
そこに日岡を追ってきた嵯峨が現れたので、日岡は嵯峨の銃で上林を撃ち殺して抗争は決着しました。

上林殺害に嵯峨の銃が使われたことは報道されず、日岡は広島県北部の田舎町の駐在所に移動になりました。

平成4年になると暴力団対策法が施行され、暴力団の幹部達は次々に逮捕されました。

日岡が移動になった後の瀬島は、真実を知った真緒が道路に突き飛ばして事故を装って殺しました。
日岡は新聞で瀬島の死と、彼の本名が『高木勇二』だったことを知りました。

ある日、日岡は村人に頼まれて山で狼探しに同行し、小さな鳥居の近くで狼を見ました。
驚いて一瞬目を離した隙に狼は消えてしまい、日岡は必死で周辺を見渡しますが、もう狼の姿はありませんでした。

解説、考察、感想など

ようやく見れました!
大上さんが好きだったのでこっちにも出ないかな~と期待してましたが登場は無く少し残念です。
鑑賞して疑問点や考えたくなった点をまとめました!

上林はなぜチンタを怪しんだ?

上林はチンタと初めて会った時から漠然とした不信感を感じ、疑いを晴らすためにチンタに何かと忠誠を証明させようとしました。

上林がチンタに不信感を抱いたのは、冒頭の逮捕されたメンバーが出てこないのにチンタだけ釈放されていたり、チンタが悪に染まり切っていないのを上林が何となく感じたからだと思われます。

その他、上林について詳しくはこちらに書いてます。

 

チンタが日岡を殺そうとしたのはなぜ?


©2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

チンタが日岡を殺そうとしたのは、上林に本格的に怪しまれても助けてくれない日岡が恨めしくなったからです。

詳しくはこちらに記載しています。

 

封筒の送り主は誰?

上林にチンタと日岡が一緒に居る写真を郵送したのは瀬島で、恐らく県警上層部の意向に従ったと思われます。

瀬島についても詳しくはこちらに書いてます。

日岡はなぜ上林を殺したのか

日岡が上林を殺したのは、法律に則って上林を逮捕・投獄することに意味は無く、むしろ暴力団同士の抗争が激化すると判断したからです。

詳しくはこちらに書いてます。

 

ラストの解釈


©2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

ラスト、日岡は狼を探しに入った山の鳥居の近くで本当に狼を見ます。
慌てて追いかけますが、捕まえられませんでした。

この狼が死んだ大上と関係しているのは確かです。
もしもこの狼が本当に現れていたとしたら、それは大上の魂だった可能性が高いです。

もしこの狼が日岡が見た幻だったとしたら、日岡が抱く罪悪感や、大上に対する強い思い入れが狼を通して表現されていたことになるのかなと思いました。

詳しくはこちらの記事に書いてます。

以上です!読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入ったらハートマークを押してもらえると嬉しいです(^^)

映画『孤狼の血』関連商品を楽天で検索する!

関連記事

 

感想などお気軽に(^^)

  1. たっちー より:

    チンタは日岡に託された時点ですでにヤクザだったと思います。「極道に染まらないように」という発言からも「ヤクザになってしまったが取り返しのつかないことにはしないでほしい」というニュアンスが感じられます。

    また上林に送られた証拠写真はそもそも瀬島が撮影したものだと思います。新聞記者のシャッター音は低く連写で撮られていますが、証拠写真は高いシャッター音で一枚ずつ撮られています。日尾の告白を録音していたことからも瀬島はそういった機材の扱いに慣れていると考えられます。

    • mofumuchi より:

      たっちーさん
      日数が空いてしまってすみません。
      『染まる』の解釈を通して受け取り方は人それぞれだなぁと改めて感じたので、該当のセンテンスは削除することにしました。
      真緒がチンタを日岡に託したということが分かれば十分だと思っていた部分もあるので。
      写真の撮影者について、内偵を長年続けてきた瀬島なら盗撮もお手の物だと思います。
      私はイヤホン片耳で視聴したせいか、シャッター音を聞き取れていませんでした。。
      新情報と貴重なご意見をありがとうございました┏○

    • 通りすがりのチンピラ より:

      上林が殺される考察が書かれてないですね。
      上林が逮捕じゃダメだった理由次にパクられて刑務所に送られることになるが
      送られる刑務所は網走と作中でも言っているので
      そうすると網走にいる小谷のオヤジに危害が加わる可能性を感じ大上の義理人情を真似た日岡の合理的判断だとも取れます。
      これで作中の伏線もしっかり回収出来てることになるかと。

タイトルとURLをコピーしました