『弧狼の血 LEVEL2』ラストの狼の意味、日岡が殺した理由など解説考察 | 映画鑑賞中。

『弧狼の血 LEVEL2』ラストの狼の意味、日岡が殺した理由など解説考察

孤狼の血2 クライムドラマ

映画『孤狼の血 LEVEL2』の主人公日岡の行動に関する内容と、ラストに登場した鳥居と狼について解説考察をしています。

内容は『日岡は何を間違えたのか』『なぜ上林を殺した?』『ラスト解釈』です。

鑑賞済み前提の考察記事のため、まだ見ていない方はネタバレにご注意ください。

『孤狼の血 LEVEL2』概要紹介

制作年:2021年
本編時間:139分
制作国:日本
監督:白石和彌
脚本:池上純哉
原作小説:柚月裕子 著『孤狼の血

本作はR-15の年齢制限があります。
刺激の強い殺傷流血描写がみられるためです。(映倫より抜粋)

あらすじ紹介

呉原東署のベテランマル暴だった大上が死んで3年経ちました。
大上の遺志を受け継いだ日岡は、自ら暴力団と積極的に関わって彼らが一般市民に危害を加えないように尽力する日々が続きます。

そんな中、前作で日岡が死に追いやった暴力団組織の会長 五十子正平の愛弟子だった上林成浩が刑務所から出所します。

上林は五十子正平の復讐を誓い、五十子殺しに関わった尾谷組の壊滅を企てます。

主要キャスト紹介

日岡 秀一松坂桃李
大上の遺志を受け継いだマル暴の刑事。

上林成浩鈴木亮平
五十子正平の愛弟子。服役を終え、五十子会に舞い戻った。
五十子正平の復讐を誓い、当時の経緯を調べて日岡の命と尾谷組の壊滅を狙う。

チンタ村上虹郎
日岡の恋人 真緒の弟。上林組の構成員で日岡のエス。

解説・考察

日岡は何を間違えたのか

弧狼の血2

©映画『弧狼の血LEVEL2』製作委員会

日岡が犯した最大の間違いは、瀬島の正体を見抜けず心を許してしまった点、一般人(チンタ)をエスにしてヤクザの抗争に巻き込んだ点で、全ては日岡の気の緩みにあります。
大上の死から3年経ち、日岡も極道の扱い方に慣れたつもりになり、尾谷組と仁生会を上手く収めてきた功績の上にあぐらをかいていました。

突然相棒を組まされた瀬島を怪しむ心を忘れて信用してしまったのも、日岡の若さを物語っていたように思います。

それに、日岡は大上の遺志を受け継いだつもりでいましたが、大上が絶対にしないことをしてしまいます。
それはチンタ(一般人)をエスにしたことです。

警察内部ではどれだけエスを上手く利用できるかを競うような風潮もあるので、日岡も内部の風潮に染まって軸がブレていたのかもしれません。

 

日岡はなぜ上林を殺したのか

日岡は警察が駆けつけたにも関わらず、最終的に上林を射殺してしまいました。
日岡が上林を殺したのは、恐らく上林を刑務所に入れると抗争が収まるどころか悪化すると判断したからです。

2人が初めて会った時、次に上林が逮捕されたら網走刑務所に入れられるだろうという会話があります。
網走刑務所には、前作で日岡が逮捕した尾谷組若頭の一ノ瀬(江口洋介)が収監されています。
上林にとって1番の目的は五十子正平の敵討ちなので、もし上林を逮捕しても、それは上林に復讐のチャンス(一ノ瀬を殺すチャンス)を与えるだけで本末転倒になってしまうのです。

そうなると上林を逮捕することに意味は無くなりますし、もし一ノ瀬が殺されでもしたら尾谷組と五十子会との抗争はさらに激化します。
また、今まで刑務所に入っていた上林が全く更生していないことから、再び刑務所に入れたとしても更生は望めず、むしろ今回のピアノ講師殺人事件と似たような事件を繰り返してしまう可能性も出てきます。

上林自身も生きることに絶望する発言をしていたので、消せない憎しみや衝動的な殺意を自分でも止められず、誰かが殺して楽にしてくれるのを待っていたように見受けられました。

逮捕にも意味がなく、今後更生する可能性も無く、このままシャバに野放しにしておくのも危険となると、もう殺すしか上林を止める方法が無いと日岡は判断したのです。

上林は3人以上殺していて逮捕・立件すれば死刑判決がおりるのは間違いないので、時間をかけて法的に殺すことも可能なのでは?とも思いますが、日岡の世界の警察は恐ろしく信用できないので、やはり日岡自身が手を汚すしかなかったのでしょう。

ラストの解釈


©2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

ラスト、日岡は狼を探しに入った山の鳥居の近くで本当に狼を見ます。
ニホンオオカミは絶滅し、「いるはずがない」と思いながら山に入った矢先でした。

狼が出たのが鳥居の近くだったことから、大上の魂が日岡の前に現れたようにも感じました。
もしそうだとしたら、大上は「見守ってるよ」的な先輩目線のメッセージを送っていたのかもしれません。
もしくはそんな心温まるものではなく、「近いうちにまた暴力団絡みの抗争が起こるから備えろという警告(=3作目の制作意欲の表明)」かもしれません。

または、もしこの狼が日岡が見たただの幻だったとしたら意味合いは変わってきてます。
日岡は彼なりに大上を見習って必死に暴力団と折り合いを付けてきましたが、そのやり方は周囲から非難されたように、大上の足元にも及んでいなかったことを自覚して内心後悔と反省ばかりでした。
そんな日岡の心理が『捕まえられない狼(大上)』で表されていたのかもしれません。

以上です。読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入ったらハートマークを押してもらえると嬉しいです(^^)

関連記事

 

 

感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました