「夢売るふたり」ネタバレ解説|貫也と里子に関する8の考察

夢売るふたり

火事で店を失ったことをきっかけに、結婚詐欺を始めた夫婦の関係の変化を繊細に描く。
豪華キャストに、松たか子の体当たり演技が必見の作品。
監督・脚本・原案は、映画『ゆれる』(2006)の西川美和。

制作年:2012年
本編時間:137分
制作国:日本
監督:西川美和
脚本:西川美和
原案:西川美和

夢売るふたり|声の出演者・キャスト&キャラクター紹介

イメージ 1

(引用:https://blogs.yahoo.co.jp

市澤里子松たか子
夫と一緒に九州から東京に出てきて始めた小料理屋『いちざわ』の女将。
交友関係は狭く、友人はいない。

 

(引用:http://task-work2.rssing.com

市澤貫也阿部サダヲ
板前で里子の夫。
腕は確かだがその分プライドが高く、よく人と衝突する。
酒を飲むと口が悪くなる。
普段は社交的で人に好かれやすく、友人や知り合いが多い。

 

「夢売るふたり 田中麗奈」の画像検索結果

(c)2012「夢売るふたり」製作委員会

棚橋咲月田中麗奈
作家の独身女性。
結婚は妹に先を越され、両親にも心配されていることからプレッシャーを感じていた。
妹には「結婚は簡単にするものじゃない」と言いつつ、実は焦っている。

 

(c)2012「夢売るふたり」製作委員会

睦島玲子鈴木砂羽
いちざわの常連客。
勤務先の上司、外ノ池と不倫関係にある。

 

(引用:https://bibi-star.jp

太田紀代安藤玉恵
34歳の風俗嬢。源氏名はカンナで、25歳と偽って働いている。
結婚しているが、夫から逃げてきて別居している。
惚れた男に貢いでしまうタイプ。

 

(引用:https://news.livedoor.com

皆川ひとみ江原由夏
ウェイトリフティングのオリンピック選手。
人並みの幸せな生活がしたくて婚活パーティーに参加しているが
内気な性格と職業のせいもあってなかなかパートナーが見つからない。

 

夢売るふたり・滝子役

(引用:https://ameblo.jp

木下滝子木村多江
ハローワークに勤務しているのシングルマザー。
なぜ夫がいないのかは語られていない。

・その他のキャスト
外ノ池俊作(玲子の不倫相手)…香川照之
外ノ池明浩(俊作の弟・医師)…香川照之
岡山晃一郎(貫也の友人)…やべきょうすけ
堂島哲治(咲月に雇われた探偵)…笑福亭鶴瓶
太田治郎(紀代の夫)…伊勢谷友介
刑事…古舘寛治
佐伯綾芽(咲月の妹)…倉科カナ
白井(カンナの客)…中村靖日
日野洋太(パチンコ屋で再会した板前仲間)…山中崇
松山和子(貫也が騙した女)…村岡希美
園部ますみ(貫也が騙した女)…猫背椿
中野健一(ラーメン屋店長)…大堀こういち
木下恵太(滝子の息子)…佐藤和太
堂島の助手…ヤン・イクチュン
金山寿夫(滝子の父)…小林勝也
””いちざわ””の客…栗原瞳 ほか

Advertisement

あらすじネタバレ

オープンして間もない小料理屋『いちざわ』を切り盛りしていた女将の市澤里子と、夫で板前の貫也は忙しいながらも充実した生活を送っていた。
ある日、貫也の不注意で店の厨房に火がついた。
貫也が必死に火を消そうとするもむなしく、店は全焼してしまう。
数日後。ごたごたが落ち着くと、里子はいつまでもうじうじしている貫也を励まして生活を新しくスタートさせる決意をする。

里子は自宅近くのラーメン屋、貫也はかつてお世話になった師匠の小料理屋で働き始めた。
里子は仕事も覚えて頑張っていた一方で、貫也は働き始めてすぐに現在の店主である師匠の息子と食材のことでもめて殴り合いの喧嘩をして店を辞めてしまった。
貫也はその後も数件店を回ったが、喧嘩した話が広まっており雇ってくれる店が中々見つからなくなっていた。
ふてくされて酒ばかり飲んでいる貫也を、里子は呆れながらも見守るしかなかった。

ある日、貫也は何もかもうまくいかないイライラから、里子のバイト中に店にやって来て文句や嫌味を吐いて出て行った。
バイトの後、里子は家に帰っていない貫也を探し回ったが見つからず、貫也は結局その日帰ってこなかった。

その夜、貫也はラーメン屋から出た後もビールを飲み歩いて駅のホームで酔いつぶれていた。
貫也が目を覚ますと、隣で貫也と同じように酔いつぶれていたのは『いちざわ』の常連客だった睦島玲子だった。
玲子が貫也の服に嘔吐してしまったので、貫也は玲子の介抱と服の洗濯のために玲子の部屋に行った。

玲子は勤め先の上司である外ノ池俊作と不倫関係にあった。
ある日、俊作は玲子のマンションから出てすぐの道路で交通事故にあい病院へ搬送された。
なんとか一命はとりとめたものの、危険な状態だった。
玲子は一目姿が見たくて何度も病院に足を運んだが、家族以外とは面会謝絶の状態だった。
俊作が入院して数日が経った日。
玲子の前に俊作の弟で医者の明浩が現れた。
明浩は玲子に「これは兄からです」と、札束が入った封筒を押し付けた。
これでもう諦めて欲しいということだ。
玲子は不本意ながら封筒を受け取るしかなくなり、病院から出た。
その後、酔いつぶれて駅のホームで貫也と会ったのだ。

貫也と玲子はその夜、一夜の関係を持った。
朝になり、貫也が金に困っていることを知っていた玲子は外ノ池からの金を貫也に無理やり封筒ごと渡した。
金をもらった貫也は喜んで里子の元へ帰り、
「偶然再会した板前仲間が貸してくれた!」とウソをついて金を渡したが、里子は貫也が着ていた服の匂いと封筒に入ったままになっていた玲子宛ての手紙で、貫也が玲子と浮気したことを見抜いてしまう。
里子は激怒し、貫也が逃げて風呂に入っている間に札束に火を点けた。
※お金をわざと燃やしたり破いたりするのは犯罪です。マネしないでね。
燃えている一万円札を見ながら、里子の中に嫉妬の炎が燃え上がった。
里子は感情を表に出すのが苦手なタイプだった。
貫也にこんなに怒った姿を見せたのも、この時が初めてだった。

f:id:apocalypsedone:20120910221834j:image:w360

(浮気した貫也にキレる里子 引用:https://apocalypsedone.hatenadiary.org

里子は燃えた札束を風呂場にいた貫也に向かって投げつけ、その後、散らばった一万円札を貫也に拾わせて枚数を数えると300万円以上あった。
玲子との話を聞いて、里子は””貫也に寂しい女性の心の隙間に入り込ませて金を引き出させる””ことを思いついた。

Advertisement

貫也と玲子は関係を『兄弟』と偽ってハローワークに登録し、同じ店で働くことを条件に小料理屋で働かせてもらうことになった。
接客係として里子が客を見て回り、目ぼしい女性を見付けると貫也に合図する。
貫也はその女性にごく自然に近づいていき、親しくなる。
貫也は持ち前の可愛らしさと、あっけらかんとしたキャラクターを武器にして次々に寂しい女性を落としていった。

f:id:apocalypsedone:20120910221219j:image:w360

(厨房にいる貫也に見とれる女性客たち 引用:https://apocalypsedone.hatenadiary.org

かつて自分の店が火事になったことなどは正直に話し、里子(妻)のことは「金さえ貯まれば離婚しようと思っている」と語った。
ターゲットの女性は「この人は自分に全てさらけ出してくれる」という安心感や特別感を感じて貫也に心を許していき『早く離婚して私と一緒になってほしい』、『お店をやり直させてあげたい』という気持ちで、女性の方から金を出してきた。
こうして貫也と里子は、店の女性客数名から、1人につき数百万円ずつ手に入れた。
女性たち全員から金を借りた後は
「いつ離婚できるかわからないし、こんな関係を続けるのは君が可哀そう!」
と電話で泣きながら一方的に別れを告げ、店を辞めて姿をくらました。
これは全て里子が考えたシナリオだった。
里子はそれを心の中で””寂しい女性に夢を売る仕事””と呼んでいた。
女性たちから借りた金は、お店が成功したら倍にして返すつもりでいた。

こうして貯蓄は一千万円を超えたが、貫也の理想の店を出すにはまだまだ足りなかった。
2人は再びハローワークで次の働き口を紹介してもらったが、次は小料理屋ではなく地元の居酒屋で、客は近所の老人たちや家族連ればかりだった。
里子はターゲットが現れるのを待つことを諦め、出会い系サイトや婚活パーティーに手を出した。
出会い系でメールのやり取りをするのは里子で、実際に会うのは貫也だった。
婚活パーティーへは里子が出席し、目を付けた女性と親しくなると、貫也を『兄』と偽って紹介した。

貫也も里子と金のために今まで喜んで『仕事』をしていたが、ある時、里子がターゲットの女性たちを見下している発言をしたことから2人の間に溝ができ始めた。
それでも、もう引き返せないところまで来ていたことから、仕事は仕事として貫也は女性と会うことを続けていた。

ある時、里子が再び寂しい女性たち(騙した女性たち)のことを金づるとしてしか見ていない発言をしたことから
貫也は怒り、里子が”金のため”ではなく””浮気したことの腹いせ””のためにやっているんだろうと責めた。
里子は言い返しかけたが、少し黙った後「貫ちゃんがそう思うならそれでいいよ」と答え、本当に思っていることは何も言わなかった。

Advertisement

貫也は「妹が病気で手術代が必要だ」とウソをついて自分から金をねだり始め、金の入るペースを上げた。
(元は里子が『金がもらえるなら』と、同情を引くため自分が癌だと言い始めた。)
ある程度貯蓄ができた2人は不動産屋へ行き、窓からスカイツリーが見える立派な古民家を購入し、出店の準備を始めた。

ある日、ターゲットの1人である、ウェイトリフティング選手のひとみが ひざを痛めて病院へ運ばれたことを知ってお見舞いに駆けつけた貫也は、ひとみが もう選手を続けることが難しい状態だと知らされた。
「ずっとやめるきっかけを探してたのかも」とこぼすひとみに、貫也は「夢を諦めないでほしい!」と励ました。
ひとみは「これ、里子さんの手術代にあてて。私は力持ちだから、結婚したら頼りになるよ」と言いながら、貫也に数十万円は入っているであろう封筒を渡した。

病院から出ようとしていたとき、貫也は救急車で運ばれてきたおじいさんに付き添ってきた孫らしき小学生の男の子 恵太と仲良くなった。
おじいさんが手術室へ運ばれていき、1人残されて不安そうな顔をしていた恵太を、貫也は放っておけなかったのだ。
恵太の遊び相手をしていて、貫也は恵太の母親がハローワークでお世話になっていた木下滝子だと知った。
滝子は離婚していて現在はシングルマザー、滝子の父親と恵太と一緒に生活していた。
滝子の父親は印刷業をやっており、工場に隣接している事務所で3人暮らしをしていた。

一方で、里子は今の生活に寂しさを感じ、孤独に耐えかねていた。
自分から貫也にやらせ始めたことだったものの、貫也は夜な夜な外で別の女と仲良くやっており、自分は毎晩部屋で貫也が他の女といることを想像しながら『2人の未来のため』、『お金さえ貯まれば全て終わる』と言い聞かせて我慢して、孤独な夜を過ごしていた。
しかし、我慢も限界に達しつつあった。

いつもは里子がターゲットを選んで貫也が従う形だったが、その時は貫也が自分から「次のターゲットを決めた」と里子に報告してきた。
貫也が選んだ女というのは木下滝子だった。
滝子には、貫也の「ターゲットにした」というのが浮気する言い訳にしか聞こえなかったが、簡単に「やめろ」とは言いにくい状況だった。
貫也は里子が出していたサインに気付かず
「夕方の6時までに帰って来るから」と言い残して、手作り料理を持って滝子と恵太の元へ行ってしまった。
※貫也と里子が務めている居酒屋が18時開店

夢売るふたり・貫也自転車

(里子を店に残して滝子のところへ行く貫也 引用:https://ameblo.jp

Advertisement

その夜。貫也は帰ってこず、里子が1人で店の全てをさせられることになった。
貫也の料理を出し始めてから、今まで常連客数人しかいなかった店の客足は大幅に増え、里子1人でさばける客数ではなくなっていた。
結局、貫也は朝になっても帰ってこなかった。
怒った里子は貫也を連れ戻そうと滝子のアパートへ行くと、貫也は滝子の父の仕事の手伝いをしていた。
遠目から見ても、貫也が楽しそうにしているがわかった。
殺意が沸いた里子は、滝子の部屋の台所にあった貫也の包丁を持って貫也の所へ行こうとしたが、階段で滑って転んでお尻を強く打ってしまった。
その時里子は、ころんだ里子を心配して声をかけてきた男の子 恵太を見て、恵太の存在を知ると同時に里子から怒りの感情が消えた。
里子は立ち上がると、落とした包丁も拾わず、悲しそうにその場から立ち去った。

貫也が騙した女の1人だった、作家の棚橋咲月は貫也が忘れられず、探偵を雇って貫也のことを調べ上げた。
結果、貫也と里子がグルで結婚詐欺まがいのことをしていることを知った咲月は怒り、探偵を通じて貫也の前に現れた。
貫也は逃げようとしたが叶わず、咲月にぼこぼこに殴られた。
ようやく探偵が止めに入って貫也を起こそうとしたとき、外で一部始終を見ていた恵太が里子が落とした包丁を拾い、探偵の背中に向かって突進、探偵は刺されて倒れた。
やがて警察が呼ばれ、貫也は逮捕された。

その頃、里子はまだオープン準備中の新しい〈いちざわ〉で、手伝いに来てくれたラーメン屋の店長と話をしていた。
そこに警察がやって来て、驚いた里子は窓から逃げ出した。
しかし、警察が来たのは里子を逮捕しにきたのではなく、貫也の逮捕の件を知らせるためだった。
里子と貫也の詐欺は被害者たちが届を出していないため、警察には知られていなかった。

その後、オープン予定だった〈いちざわ〉は当然なくなり、里子は出来る限り女たちにお金を返した。
夢を売られた女性たちは、貫也がいなくなっていつもの生活に戻る者、新しい生活を始める者など、それぞれの希望に満ちた人生が続いていく。
里子は漁港で働き始め、貫也は刑務所でも料理の仕事を任された。
貫也には”店をやり直す”という目標があり、希望が込められた目をしているが、里子の目はどこかどんよりとしていて、密かな怒りを抱えたままだった。

主題歌:オリジナルソング

映画「夢売るふたり」関連商品(楽天)

Advertisement

夢売るふたり|解説、感想や考察など

本作は、里子を演じていた松たか子の視線が何度か注視されていました。
どのような意味を持つのか、私なりの解釈を書き込んでいきます。

里子が札束を燃やしたとき

貫也がもらったお金が浮気相手の女からだったと知った時
里子は怒りに任せて札束にコンロで火を点けます。
燃えるお金を見つめている里子の目には、怒りや嫉妬などのドロドロした気持ちが表現されています。

この時の里子は””貫也に裏切られた””という気持ちで
このお金には手を付けたくないと思っていたはずです。
しかし、自分たちの店を失ったばかりの里子にとっても
お金は喉から手が出るほど欲しいものでした。
このとき、里子は””貫也に何か仕返しができないか””、
””本当は捨ててしまいたいのに、金は今一番必要だ””など
色々なことが頭を巡っていたのだと思います。

 

里子の1人H

貫也は外で他の女といるため、里子は1人で部屋にいることが増えてきたある日。
里子が自宅で1人Hしているシーンがあります。
今まではわかりませんが、里子は貫也と少なくとも
詐欺を始めてから男女の夜の営みをしておらず
里子が性的不満や寂しさ、ストレスを抱えていることを表しています。

また、机の上に子宮頸癌や卵巣癌などの本があり、
里子がこの本を読んでいたことも示されています。
後に里子がターゲットの女性に、自身が癌であると嘘をつきはじめ、
それを貫也が非難しているので、ただ単に嘘のために里子が勉強していたとも捉えられます。
しかし、里子と貫也には子供がいません。
理由は語られていませんが、単純にセックスレスなのか
もしくは里子は本当に女性特有の器官になにか問題があって
子供ができないのかも?とも考えられます。

 

トイレでの里子

生理が始まり、里子がトイレでパンツを見つめている目がアップで映されます。
また、2人が買い出しなどで見かけた赤ちゃんを可愛がる場面もあることから
里子は子供がいないことにプレッシャーや、負い目を感じているのかな?と思いました。

 

里子がねずみを見つけたとき

貫也が浮気していて約束の時間に戻ってこず、
里子が1人で店を切り盛りしていたとき
厨房でネズミと出くわし、里子はネズミを見つめて固まります。
いつの間にか家に忍び込み、そこにある食べ物を食べてこっそりと生きているネズミ。
里子は貫也に結婚詐欺をさせて、新しい店をオープンしようとしています。
この方法を考えたのは里子ですが、実際に行動して
うまいこと金を引っ張っているのは全て貫也です。
里子はサポートのみで、自分も男性を騙そうとはしていません。
このとき、里子はこのネズミと自分を重ね合わせていたのだろう、
自分がしていることの卑劣さやずるさに気が付いたのだろうと感じました。

 

恵太の手を見て表情が変わる里子

貫也は滝子の所へ行ったきり帰ってこず、里子は1人で店を切り盛りする羽目になりました。
翌日里子が滝子の家へ行くと、楽しそうにしている貫也を見て殺意が沸き
台所に置いてある貫也の包丁を持って貫也の所へ行こうとします。
しかし、階段で足を滑らせて包丁を落とし、盛大にしりもちをついてしまいます。
その直後、滝子の息子の恵太が「大丈夫?」と里子に声をかけ、
里子は恵太の小さな手を見て固まります。
このとき、里子はなぜ貫也の心が滝子へ向いてしまったのかを理解したのだと思います。
それは、恐らく恵太(子ども)が大きな理由を占めていたのです。
つまり、貫也は子どもが欲しかったのです。
だから子どもがいる滝子に気持ちが傾いてしまった。
これを理解した里子からは怒りが消え、意気消沈してその場を離れます。

Advertisement

貫也だけが逮捕された理由

恵太が貫也を助けようとして探偵の男を包丁で刺し
結果、貫也だけが服役していますが、何の罪なのかは語られません。
里子が捕まっていないことから、殺人未遂罪だけで服役している可能性が高いです。
貫也はうまく詐欺の件は隠したか、示談で済ませたのでしょう。
唯一行動を起こした詐欺被害者の咲月も
「訴えて大っぴらにして家族や親戚に知られたくない」と探偵に語っていました。

 

カモメを見て何かを思っている貫也

刑務所に入った貫也が仕事の合間に窓を見るシーンがあります。
貫也の視線の後、画面には2羽のカモメが映し出されます。
空を飛ぶ鳥からは『自由』を連想します。
貫也は””店をやり直したい””という夢をまだ諦めておらず、
出所したら、「また里子と一緒に一から始めよう」と考えているのだろうと感じました。

 

ラスト、カメラ目線になる里子

貫也が見たカモメの後、漁港で働いている里子が映ります。
里子はカメラを不機嫌そうな顔でじっと見つめたあと
プイっとそっぽを向いて仕事に戻っていきました。
これは、里子はもう貫也と一緒にやっていく気がないことを表していると感じました。

今まで、貫也の夢が自分の夢と思い、文句ひとつ言わずに頑張り続けてきましたが
本当は、里子は最初の浮気も、それからの””仕事””という名目での浮気も許しておらず
心の中に怒りを抱えたままでいるのでしょう。
本当は里子は、自分が貫也に命じた『女に夢を売る(詐欺)』という行為を
「里子を愛しているからそんなことはできない」と貫也が言うのをずっと待っていたのだと思います。
しかし、女性に近づくスキルが上がった貫也は自ら女性(滝子)を探してきて、
里子に店を押し付けて滝子と一緒にいたり、里子との約束も守らなくなっていました。
「自分は大事にされていない」、「こんなはずじゃなかった」と里子は感じていたはずです。

 

感想や考察など

軽快なテンポや音楽で始まっていきますが
次第に内容が重く、心理描写も増えてヘビーになっていきます。
結婚詐欺を始めて、徐々に2人の罪悪感や絆が崩れていく過程が繊細に描かれています。
まあ、妻が「他の女と親しくなれ」と夫に命じてる時点で関係が崩れるのは目に見えますけどね。。
死人が出ていないのが唯一の救いのような感じです。
ですが、阿部サダヲ、松たか子、その他俳優陣たちの演技はとてもナチュラルで素晴らしかったです。
特に松たか子の演技は必見です。
目や表情だけで感情を表す多くの場面もですが、
特に、浮気したサダヲちゃんをお風呂場で問い詰めるシーンが好きです。
パンをむさぼるシーンでは、パンがヤマザキかどうか確認したくなりました笑

店が火事になり、やさぐれた夫 貫也と、その貫也を懸命に励ます妻 里子でしたが
詐欺を始めて、里子はどんどん元気がなくなっていき
逆に貫也はどんどん元の明るさを取り戻し、生き生きしていく…
この反比例な2人の様子(特に里子の)も細やかに描かれています。

疑問に思ったのは、恵太の罪は闇に葬られているけど、それで良いの?ということです。
探偵を刺した恵太は貫也にかばってもらい、
その後は普通に幸せそうに生活している場面だけでした。
まるごと無かったことのようになっていたことに違和感を感じました。
というか、あれを子どもにやらせなくても良かったのではとも思います。

本作は言葉で語られないことが多く、理解するのが難しかったり
捉え方を観客にゆだねるような、曖昧な点も多い作品でした。
これは西川監督の作風ですが、もう少しヒントを与えてくれると想像がさらにはかどりそうです。
この記事が作品理解の手助けになれば幸いです!

「夢売るふたり」関連商品(楽天)