『アナと雪の女王2』ネタバレ解説|両親の死の真相、精霊の謎など考察! | 映画鑑賞中。

『アナと雪の女王2』ネタバレ解説|両親の死の真相、精霊の謎など考察!

ファンタジー
スポンサーリンク

映画『アナと雪の女王2』(アナ雪2)のあらすじ紹介と考察をしています!
姉妹仲良く暮らせるようになったアレンデール国の女王エルサと妹のアナ。
このまま幸せな日々が続くかと思われたが、エルサにはどこからともなく聞こえてくる不思議な声に悩まされていた。

原題:Frozen2
制作年:2019年
本編時間:103分
制作国:アメリカ
監督:クリス・バック、ジェニファー・リー
脚本:アリソン・シュローダー
原作:アンデルセン童話/ハンス・クリスチャン・アンデルセン『雪の女王』

雪の女王 アンデルセン童話集【電子書籍】

 

キャスト&キャラクター紹介


© 2019 Disney.

アナクリステン・ベル神田沙也加
幼いアナ…ハードリー・ガナウェイ新津ちせ
氷像…リヴィー・スタベンラッチ稲葉菜月

アレンデール国王の娘。
実の姉のエルサは氷の魔法が使える。
精霊の怒りで危機に陥ったアレンデールを救えるのはエルサだけと信じ、彼女の助けになろうと尽力する。 

 


© 2019 Disney.
エルサイディナ・メンゼル松たか子
幼いエルサ…マッテア・コンフォーティ黒川聖菜
氷像…エヴァ・ベラ佐々木りお

アナの姉でアレンデール国の女王。
どこからか聞こえてくる不思議な声の正体を突き止めるために、北にある魔法の森に向かう。

 


© 2019 Disney.
クリストフジョナサン・グロフ原慎一郎
アナの恋人。トナカイのスヴェンが親友。
アナにプロポーズしようと決意してタイミングを見計っている。

 


© 2019 Disney.

オラフジョシュ・ギャッド武内駿輔
エルサの魔法から生まれた雪だるまの精霊。
アナとエルサと楽しいことが大好きな楽天家。
陽気な性格で、深刻な場面でもお気楽な発言をして周囲を和ませる。

 

・その他のキャスト

マティアス中尉…スターリング・K・ブラウン松田賢二
イドゥナ王妃…エヴァン・レイチェル・ウッド吉田羊
アグナル国王…アルフレッド・モリーナ前田一世
イエレナ(ノーサルドラの長)…マーサ・プリンプトン余貴美子
ライダー(ノーサルドラの青年)…ジェイソン・リッター小林親弘
ハニーマレン(ノーサルドラの若い女性)…レイチェル・マシューズ壺岐紹未
ルナード国王…ジェレミー・シスト吉見一豊
パビー(トロール)…キアラン・ハインズ安崎求
ノーサルドラの長の男…アラン・テュディック飯島肇
不思議な声…AURORA
ハンス王子…サンティノ・フォンタナ津田英佑
公爵…多田野曜平 ほか

スポンサーリンク

あらすじ前半


(両親から昔ばなしを聞くアナとエルサ 引用:https://www.radiotimes.com

エルサとアナは幼い頃、父親であるアグナル国王から魔法の森の話を聞いた。
昔、アレンデールの北の果てには、大地の4の精霊に守られた不思議な魔法の森があった。
森は自然の魔法に満ちていて、ノーサルドラと呼ばれる民族が精霊達と共存していた。
アナとエルサの祖父ルナード国王が健在だった頃、ノーサルドラ民族とアレンデール国は友好関係にあり、ルナード国王は友情の証としてノーサルドラのために魔法の森に大きなダムを作った。

ダムの完成式典に参加した当時まだ少年のアグナル王子は、精霊達が見せてくれる不思議な魔法にくぎ付けだった。
アグナルが精霊と遊ぶ不思議な女の子に見入っている間に、気が付くとノーサルドラとルナード国王達の間で争いが起きていた
突然ノーサルドラの人々がルナード達に襲い掛かってきたのだという。
この争いでルナード国王は崖から落ちて死んでしまった。
人間同士の争いに精霊達は激怒し、人間達に自然の力で襲い掛かる。
アグナルが岩に頭をぶつけて倒れてしまった直後、朦朧とする中で不思議な歌声が聞こえた。
すると精霊たちは大人しくなり、魔法の森は身を守るように濃い霧に包まれ、人間は森に入ることも出ることも出来なくなった。
アグナルは誰かに救われてお城に戻ってこられたが、残された人間達は誰も帰ってきていない。

アナは「ノーサルドラはなぜ襲ってきたの?」と聞くが、アグナル国王は「また今度」と寝室から出て行った。
アナとエルサの母イドゥナは「”アートハラン”だけが知ってる」と言い、イドゥナの母が教えてくれたという歌を歌ってくれた。
アートハランは過去のことは何でも知っている」とイドゥナは言った。


(かぼちゃ畑のアナとオラフ © 2019 Disney.)

現在アナとエルサは成長し、アレンデールのお城で平和に暮らしていた。
アナの恋人クリストフがプロポーズを決意した秋の収穫祭の夜。
いつものようにアナ、エルサ、クリストフ、雪だるまの精霊オラフが集まってお城の一室で遊んでいた時、エルサはどこか不安げにしていて、その夜は遊びを早めに切り上げて寝室に入ってしまった。
エルサが心配になったアナは、クリストフがプロポーズしようとしていることにも気づかず、エルサを追って寝室に入った。
心配から色々と訊ねるアナに、エルサは「何でもないの」と答えた。

その日の深夜。眠れなかったエルサは最近聞こえてくる『不思議な声』に向かって語りかけてみると、魔法の森の真上が妖しい光を放った。
すると、アレンデールに突風が吹き荒れて『水』と『火』が無くなるという大変な事態が起きた。
大地も動き始め、アレンデールの人々は崖の上に避難した。

慌てるアナに、エルサは『不思議な声』のことや、声に語り掛けて起こしてしまったことを打ち明ける。
アナが「隠し事は無しって約束したのに!」と怒ると、エルサは「心配させたくなかった」と下を向いた。
そこに突然、クリストフの育ての親でもある岩のトロール達が現れて、エルサに「真実を見つけ出して過去の過ちを正さなければ、アレンデールに未来は無い」と告げた。
エルサ達はアレンデールの人々をトロール達に任せて、不思議な声の主を探すため魔法の森に行くことに。
トロールの長パビーは「エルサの魔法が強くなければ、精霊達の怒りに太刀打ちできないだろう」とアナにささやいた。


(パビーと話すアナ、エルサ、クリストフ © 2019 Disney.)

霧に包まれた魔法の森の入り口に着くと、霧はバリアの役目をしているようで、クリストフやオラフが近づくと跳ね返された。
エルサが魔法を使って霧を抜けると、紅葉が美しい秋の森にたどり着いた。
森の美しさに見とれていると、4人は風の精霊の竜巻に巻き込まれる。
エルサが魔法で竜巻を止めた時、いくつもの雪像が周囲に出来上がった。
それはオラフが語るウンチクから、風の精霊の『記憶』を具現化したものだとわかった。

・オラフのウンチク
水は記憶を持つ 
僕達の体を作ってる水は少なくとも4人の人間または動物の中を通ってきた
そしてすべて覚えている

その雪像のひとつに、少年時代のアグナル国王がいた。
アグナルは気絶していて、心配するように彼を抱き上げる女の子の像だった。


(雪像を見るアナとエルサ © 2019 Disney.)

女の子が誰なのか思い出そうとした時、争っているアレンデールの兵士とノーサルドラの民達が現れた。
彼らはずっとこの森に閉じ込められ、争いを続けていたのだ。
エルサとアナはアレンデール兵の隊長マティアスの顔に見覚えがあった。
マティアス達はアナとエルサを見ると「ご立派になられて」と喜ぶも、アグナル国王とイドゥナ王妃が亡くなったことを知ってうなだれた。

エルサが争いを話し合いで解決しようと提案していた時、火の精霊が現れて人々を火で取り囲んだ。
エルサが精霊を氷で追い詰めると、精霊の正体は人懐こくて小さなトカゲだった。
トカゲはすぐにエルサになつき、不思議な声がする北の方向にエルサを導いた。

スポンサーリンク

トカゲについて行こうとした時、アナが持っていたイドゥナのショールを見たノーサルドラの男女が「それはノーサルドラの物だ」と言うので、アナ達はイドゥナがノーサルドラ民族だったことを知る。
改めて雪像をよく見ると、倒れているアレンデール王子を抱く女の子はノーサルドラのショールを羽織っていて、顔にもイドゥナの面影があった。
ノーサルドラ民族の長エレーナも精霊達の様子から、アナとエルサがノーサルドラの血を引いていることを認めた。

もう夜になっていたので、不思議な声が聞こえる北へは明日の朝向かうことにして、夜はノーサルドラの人たちのテントに身を寄せることになった。
エルサはノーサルドラの娘ハニーマレンから、ショールに編まれている模様の意味を教えてもらった。
4つの四角が風、水、火、大地の精霊を表していて、中央にある1つの四角形は、精霊と人間を結ぶ懸け橋となる5番目の精霊を表しているという。
エルサは、不思議な声の主は5番目の精霊の声だと確信する。


(ノーサルドラ民族の模様が編み込まれたショール © 2019 Disney.)

その時、ノーサルドラ達が恐れる森の巨人アースジャイアントがテントに近づいてきた。
何事も無かったが、エルサは一刻も早く声の主に会うために今すぐ出発することに決めた。
アナもエルサに続こうとした時、クリストフがいないことに気付く。
オラフが「ライダーって男の子と一緒にトナカイを沢山連れてどこかに行っちゃったよ」と言うので、アナは迷った末にクリストフを置いて行った。

クリストフは仲良くなった青年のライダーにノーサルドラ伝統のプロポーズ方法を教えてもらい、さっそく実行しようと少し離れた場所で準備していたのだった。
そのプロポーズは朝するものだったので、クリストフはアナが探してここに来るのを待っていたが来なかった。
代わりに現れたエレーナから、アナとエルサとオラフは既に出発してしまったことを聞かされてショックを受けた。
エレーナが「彼女達はその内戻ってくる。私たちはテントを移動するから一緒に来なさい」と言うので、クリストフはエレーナについて行った。

スポンサーリンク

あらすじ後半※ネタバレしてます


(難破船を見つけたエルサ、アナ、オラフ © 2019 Disney.)

アナとエルサが荒野を歩いていると、難破した船が見つかった。
立てられていた旗や風貌から、2人はその船がアレンデールのもので、アグナル国王とイドゥナ女王が乗っていた船だと確信する。
しかし、アナとエルサが聞いていた船の行き先とこの場所は全く違っていて、ここに流れ着いたと考えるにも無理がある場所だった。

2人はヒントを得ようと船の中を見回って防水加工が施された筒を発見。
中身は見たことのない文字が書かれている紙で全く読めなかったが、隅っこにイドゥナの筆跡がメモ書きのように残されていた。

氷河期の終わり頃 川は見つかったが消えた 魔法の源 エルサの源

さらに、一緒に入っていた地図には『アートハラン』までの行き先が記されていた。
つまり、アナとエルサが家臣から聞かされていた両親の行き先がデタラメで、2人はアートハランに向かおうとしていたのだ。
エルサは風の精霊の記憶を具現化できたことを応用し、船の中に残っていた水分を集めてアグナルとイドゥナがどうなったのか確かめてみることにした。
すると、荒れ狂う波と苦しそうな表情のイドゥナとアグナルの雪像が現れた。

エルサは、両親がエルサの魔法のルーツを探ろうとして死んだのだと確信し、「両親は私のせいで死んだ」と泣いた。
アナは「お母さんがお父さんを助けたから、そのご褒美としてあなたが魔法を授かったに違いないわ。アレンデールとノーサルドラを救えるのはあなたしかいない!」と励ました。
「皆を救うためにアートハランに行く」というエルサに、アナも同行しようとするが、エルサは「海は危険よ。あなたを失いたくない」と告げると、氷のボートと道を出し、アナとオラフをボートに乗せて滑らせた。

アナは小舟を止めるためにオラフと協力して何とか氷の道から外れるも、そのまま滑って近くの川に落ちてしまう。
川に落ちた直後、オラフは「僕はエルサに怒ってる。さよならも言わずにこんなことするなんて!」と告白してアナを驚かせた。
続いて、2人はその川一帯がアースジャイアント達の住処であることに気付く。
夜行性の彼らは皆ぐっすり眠っていた。


(寝ているアースジャイアントとアナとオラフ © 2019 Disney.)

アースジャイアントから逃れるため、川にぽっかり空いていた穴に入ると、滝から落ちて真っ暗な洞窟にたどり着いた。
アナとオラフは一刻も早くエルサに追いつこうと出口を探した。

そのころ、エルサはアートハランに行くために荒れ狂う海を越えようとしていた。
魔法で氷の足場を作りながら進もうとするが、巨大な波で岸に押し戻されてしまう。
その時、海の中から馬の姿をした水の精霊が現れて、なぜかエルサを襲う。
エルサは氷の手綱を作り、精霊に手綱を着けて乗りこなすことに成功した。
水の精霊にアートハランまで連れてきてもらうと、そこは氷の山に囲まれている凍った川だった。

エルサが川の奥に進むと、不思議な声は少女時代のイドゥナのものだったことが判明する。
アレンデールとノーサルドラが争った時、怒った精霊達を鎮めようとイドゥナが語り掛けた声だったのだ。
さらに、エルサ自身が5番名の精霊であることに気が付くと、彼女の服装や髪形も変化した。


(生まれ変わったエルサと過去の雪像 © 2019 Disney.)

生まれ変わったエルサは、まずアレンデールにまつわる過去の記憶を氷像で具現化した。
すると、エルサの祖父ルナード国王が当時、魔法の力を恐れてノーサンドラ民族を皆殺しにすると計画していたことが判明する。
国に残されていた歴史には『先に攻撃してきたのはノーサルドラ』とあったが、事実は逆だったのだ。
そのまま舞台はダムの完成式典の場に移り、ノーサルドラのリーダーがルナード国王に「ダムは魔法の力を阻害する」と言い、ダム建設に反対していたことが判明する。
ルナード国王はその後、リーダーの男に剣を向けた。
事の一部始終を見守るうちに、エルサの体は徐々に凍り始めていた。
身の危険を感じたエルサは、アナに向けて魔法を放った直後に完全に凍り付いてしまった。


(魔法の力が弱り凍ってしまったエルサ © 2019 Disney.)

同じ頃、アナとオラフが洞窟の出口を求めてさまよっていると、アナが作り出したルナード国王の氷像を発見する。
それは、ルナード国王がノールサンドラのリーダーらしき男に奇襲を仕掛けようとしている場面だった。
アナも史実と事実が違っていることに驚き、ダムが悪意をもって作られた上、ダムそのものが魔法のパワーを弱める原因になっていることを悟る。

その後、オラフの動きが鈍くなり体から雪が舞い始めた。
オラフは立ち止まると「魔法が弱まってる。エルサが弱ってるってことだ。僕はこれ以上進めない」と言い残して消えてしまった。
アナはくじけそうになりながらも、涙を拭いてオラフが見つけてくれた洞窟の出口から外に出た。

アナはアースジャイアント達が眠っていた川に戻ると、大声を出してアースジャイアントを起こした。
アナの狙いはアースジャイアント達にダムを破壊してもらうことだった。
起こされて怒った彼らが攻撃を始めると、アナはダムに向かって必死に走った。
ダムの頂上にいたチューイ達は驚いたが、アナの狙いを知ると強力してくれた。
やがてアースジャイアント達が投げた沢山の大岩でダムは崩壊した。
ダムの崩壊と共に復活したエルサは水の精霊に乗ってアレンデールに行き、ダムの崩壊によって置きた津波を魔法で抑え込んだ。


(アレンデールを津波から守るエルサ © 2019 Disney.)

魔法の森を覆っていた霧が晴れ、ノールサンドラの人々とアレンデールの兵士達は34年5か月と23日ぶりに空を見た。
この時、アレンデールの代表チューイとノールサンドラの代表エレーナは仲直りすることに決めた。

アナ、エルサ、クリストフは再会してお互いの無事を喜んだ。
エルサは彼女自身が5番目の精霊だったことをアナとクリストフに告白し、これからは魔法の森でノーサルドラの人々と暮らすことに決めたと告げた。
さらに「雪だるま作ろう?」と言い、魔法でオラフを復活させた。
クリストフはこの時アナに念願のプロポーズをすると、アナは喜んで受け入れた。


(蘇ったオラフと抱き合うエルサ、アナ、クリストフ、スヴェン © 2019 Disney.)

その後、エルサはアレンデールの王位をアナに譲り、アナが新しい女王になった。
アナは両親のアレンデールとイドゥナが青年だった頃の銅像を作り、街の広間に飾った。
同じ日、アナからジェスチャーゲームの誘いの手紙を受け取ったエルサは、水の精霊に乗ってアナの居るお城へ向かった。

・主題歌

『Into the Unknown』Idina Menzel
『イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに』松たか子
『イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに(エンドソング)』中元みずき

アナと雪の女王2 オリジナル・サウンドトラック(楽天ブックス)

感想(36件)

スポンサーリンク

解説、考察や感想など

ディズニーの『2』と言えば『1』よりも格段に質が落ちる印象がありましたが、本作は『2』にしてはかなり良かったと感じました。
前作と同様、松たか子さんの歌声に涙しました。。
ストーリーの整理をかねて考察していきます。

可愛らしい精霊達

魔法の森を司る4体の精霊がとても可愛らしかったので紹介します。
個人的には火の精霊のトカゲちゃんがお気に入りです。

火の精霊


© 2019 Disney.

かわいいトカゲの姿をした精霊です。
赤紫色の炎が特徴です。
エルサやオラフの冷たさが気に入ったようで、火照った体を冷やそうとまとわりつく姿が可愛らしいです。

風の精霊


© 2019 Disney.

いたずら好きな風の精霊です。
『風』のため恐らく実体はないですが、存在を可視化するためにその時々で葉っぱや雪をまとっています。
オラフが風の精霊を見つけた時に『ゲイリー』と名付けました。

大地の精霊


(引用:https://play.howstuffworks.com

ノーサルドラの人々が『アースジャイアント』と呼ぶ岩の姿をした大地の精霊です。
立ち上がると森の木々よりも一回り大きく、魔法の森最大の存在です。
岩の妖精のパビー達と関係がありそうですが、作中で明らかにはなりませんでした。

水の精霊


(引用:https://bcomber.org

馬の姿をした水の精霊。
ブラック・シーを越えようとしたエルサに襲いかかりますが、エルサが氷の手綱を着けると、エルサの魔法を認めて懐きます。
懐いてからはエルサの大事な移動手段にもなっています。

 

精霊がエルサに攻撃したのはなぜか

精霊達は人間同士が争いを起こしたことに対して怒っていて、怒りは『人間すべて』に向けられていました。

なので、当初精霊達がアナに敵意を見せたのは、アナを普通の人間だと思っていたからだと思われます。
その後、アナが魔法が使えることがわかると仲間と判断したのでしょうです。

スポンサーリンク

過去の間違いを正すとは?

トロールのパビーが言っていた『過去の間違いを正さなければ、アレンデールに未来は無い』というのがどういうことだったのか整理します。

『過去の間違い』は具体的にはアレンデールに伝えられいる史実と事実の相違についてでした。

✕ ノールサンドラがアレンデールに突然攻撃してきた

○ アレンデール側が計画的に戦いを仕掛けていた

この事実を探るための行動がきっかけで、エルサとアナの母イドゥナがノーサンドラの人間だったことや、両親の死の真相、エルサが魔法を持つ理由などの謎が次々に解決しました。

逆に真実が隠されたままだと、おさまらない精霊の怒りがアレンデールを滅ぼす結果になっていたのでしょう。

真実を知ることが問題解決の契機になったということですね。

第5の精霊だったエルサと前任者の存在


© 2019 Disney.

エルサが5番目の精霊であることが判明し、それぞれ本来の役割に落ち着くことで平和を手に入れますが、精霊⑤の存在に謎が残っているので考えていきます。

アナが持っていたイドゥナのショールの模様の真ん中のダイヤが『精霊と人間を繋ぐ5番目の精霊』を表していると、ハニーマレンが語っていました。
広場の石像は4つなので5番目の精霊は他の4体よりはかなり後に生まれた存在だったとしても、イドゥナが子どもの頃から精霊⑤は存在していたことになりますよね。つまり、エルサの前任者がいたわけです。

不思議な声の主が母イドゥナだった点から考えても、エルサの前の精霊⑤はイドゥナだったと考えるのが自然です。
発言などで明らかにされていたわけではないですが、精霊⑤だったなら何らかの能力を持っている必要がある気がするので、イドゥナの『魔法』は『精霊に語り掛ける声』だったのでしょう。

そして「イドゥナが敵味方関係なく人間(アグナル)を助けようとしたご褒美がエルサの魔法だ」の発言から、イドゥナは精霊達(?)に気に入られて彼女の第一子であるエルサに強力な魔法を与えたのです。

アグナルとイドゥナが探していたのは?


© 2019 Disney.

アナとエルサの両親であるアグナルとイドゥナが事故にあるまでの経緯を整理します。
人間同士の争いが起こった際、イドゥナは怒った精霊達を『声』の力で眠らせて森ごと封印したため、霧が発生して人間が出入り出来なくなり、イドゥナ自身は森から出てアレンデールで暮らします。
人間が森に出入り出来なくなったのはもしかしたら、争った者同士に和解してほしいと願うイドゥナの無意識が働いていたのかもしれません。

その後、イドゥナは精霊達にご褒美をもらったことに気付かないまま成長してアグナルと結婚して王妃になります。
第一子であるエルサがご褒美である魔法を使えるけれど、イドゥナにはエルサに魔力がある理由がわからず、アグナルと共に真相を探ろうとしたけれど、その途中で暗黒の海で亡くなってしまったのです。

 

ダムを破壊したのはなぜ?


© 2019 Disney.

アナがダムを破壊したのは、エルサの魔法の力が弱まったのはダムの存在のせいだとわかったからです。
恐らくダムが人工物であることに加えて、作られた意図が『友好』ではなく『敵意』を含んでいたため、魔法の力が弱まる原因になっていたのでしょう。

エルサは精霊としての役目を持って生まれたものの、どちらかというと人間なので、そういった人間の悪意の影響を受けやすかったのではないでしょうか。
純粋な精霊である4体は特に能力に支障をきたしていた様子はなかったので、このように考えました。

ちなみに疑問だったのは、なぜ当時のノーサルドラのリーダー(恐らくイエレナの夫)がダムが完成した『後』に反対の意思を示したのかです。
これだけ大きなダムを造って、しかも友情の証という建前があるので、ルナード国王は必ずダム建設に取り掛かる前にノーサルドラに許可を求めているはずですから反対するならそのタイミングになるはずですし、反対されたのに作ってしまったというのも『友情』という建前からすると納得いきません。
仮に強引に作ったのだとしても、ノーサルドラが反対していたのならダム建設中に争いが起きていないとおかしいと思います。
この辺はすごく変な感じがするので、設定ミスのような気がしてなりません。

スポンサーリンク

矛盾を感じた設定や描写


© 2019 Disney.

さらに謎が残った点を挙げてしまうと、ルナード国王が死んで森が霧に包まれてからの34年間も争いが続いていたのも疑問です。
34年もあれば人数もお互い多くないので、決着がつくなり和解するなり何らかの形で決着していないとおかしい気がします。

それに登場した時は争っていたのに、アナとエルサと出会った直後から敵対関係そのものが曖昧になっているのも解せません。
アナとエルサがアレンデールの王族の人間でありノーサンドラの血を引いているとはいえ、森に閉じ込められていた人々はお互いに仲間を殺されているんだから少なからず憎み合っていないとおかしい気もします。
個人的にここは完全にミスだと思っています。

一番理解不能だったのは、アレンデールの危機をどうにかしようと言う時にアナにプロポーズすることしか考えていなかったクリストフの思考回路です(笑)
クリストフは元々アレンデールの人間ではないので危機感が薄かったのかもしれませんが、アナにとっては一大事であって完全にプロポーズのタイミングとしておかしいはずなのに、なぜなのでしょう(笑)
恋愛パートも重要なのはわかるのでどうにかして挟みたかったのかもしれませんが、違和感が半端ない所でした(笑)
それに、深夜にアースジャイアントがテントの近くに来ていたのにクリストフが心配して駆けつけたりもなかったので、巨人が近づいたことも気づかなかったというのも変ですよね。。(早朝にはイエレナがサラッと呼びに来ていたので、そんなに離れていない感じだったのに)

何だか最後に文句を垂れてしまいましたが、それでもグラフィックの質は前作同様美しくて、歌も含めて泣くほどには楽しみました(笑)
設定が少し残念と感じる部分もありましたが、ディズニー長編のシリーズ物にしてはかなり良かったと、過去のシリーズ長編と比較して上から目線で判定しております。

以上です!ありがとうございました(^^)

 

映画『アナと雪の女王2』関連商品(楽天)

 

・関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました