映画『この世界の片隅に』水原の言う”当たり前”とは?道案内を間違えた理由など解説考察 | 映画鑑賞中。

映画『この世界の片隅に』水原の言う”当たり前”とは?道案内を間違えた理由など解説考察

この世界の片隅に ヒューマンドラマ

アニメ映画「この世界の片隅に」の水原についての解説・考察をしています!

『水原は北条親子にわざと間違った道を教えていた』『水原の言う普通、当たり前とは?』について書いています。

鑑賞済みの方のための考察記事です。
まだ見ていないかたはネタバレにご注意ください。

『この世界の片隅に』概要紹介

制作年:2016年
本編時間:129分
制作国:日本
監督・脚本:片渕須直
原作漫画:こうの史代著『この世界の片隅に

主要人物紹介

北條すずのん
旧姓は浦野。広島で生まれ育った少女。
非常にのんびりした性格で、絵を描くのが大好き。
北条周作との結婚を機に呉に移住した。

北條周作細谷佳正
すずの夫。すずとは幼い頃に偶然広島で出会い、大人になってからすずの居場所を探しだして結婚を申し込んだ。
軍法会議の書記官をしている。

水原哲小野大輔
すずの幼馴染み。
兄に憧れて海軍に入った。すずに好意を抱いている。
幼い頃は無口でぶっきらぼうだったが、朗らかな好青年に成長した。

アニメ映画『この世界の片隅に』は〈楽天TV〉で見られます!月額利用料無し、単品レンタル可能です。

≪U-NEXT≫で『この世界の片隅に』が見られます! 31日間無料キャンペーン実施中。
※このページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

解説、考察

水原が北条親子に間違った道を教えた理由


(引用:https://frequ.jp

すずに縁談話が舞い込んだ日、縁談相手(周作)と会う気になれなかったすずは、駅とは別方向にある木の上で時間を潰していたのに、周作と円太郎に出くわしてしまいました。

このとき、円太郎は「水兵さんに道を聞いたのに迷ってしまった」と言います。
この『水兵さん』は水原のことで、水原はこの時から既にすずを好いていました。

恐らく水原はすずと別れた後、わざわざ呉からすずを捜しに来た男(周作)の顔を見てやろうと外をうろうろしていて、帰り際の北条親子に駅までの道を聞かれたのでしょう。
そして水原は小さな嫌がらせのつもりで親子に間違った道を教えました。

しかし、水原が教えた道の先にはすずがいて親子と会ってしまうので、残念ながら嫌がらせは失敗しました。

 

水原の言う「当たり前」「普通」とは?

Suzu paints the scenery of a sunset by the sea, with rolling waves like white rabbits.
(引用:https://reelrundown.com

すずが北条家に嫁いだ後、水原はすずに会うために北条家を訪れました。

夜に2人きりになった時、水原はすずに「自分は当たり前のレールから外れてしまった」と語ります。
水原は海軍に入って戦争にも参加して、いつ死んでもおかしくない状況に身を置いています。
水原の言う『当たり前』とは、恐らく『戦争と関係のない世界で、ごく一般的な悩みを抱えながらそれなりに楽しく生きて、寿命を迎えて死んでいくこと』を指しています。

すずが暮らしているのも戦争と関係ない世界ではないですが、海兵として戦場を日常的に目にする水原にとっては、家事に追われて主婦を頑張っているすずが戦争とはかけ離れた平和な暮らしに見えたんだと思います。

すずが周作を好きだと知って「お前はほんまに普通じゃの」と言ったのは『妻が夫を好きなのは普通』だからです。
水原はすずが好きだったので結ばれないことを残念がりつつも『普通の人妻』だったすずに安心したのでしょう。

以上です。読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入ったらハートマークを押してもらえると嬉しいです(^^)

アニメ映画『この世界の片隅に』の関連商品を楽天で検索する!

関連記事

 

感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました