『TENET テネット』解説・考察|時系列整理、逆光と背景の整理、主要キャラの正体と謎、名も無き男のその後など | 映画鑑賞中。

『TENET テネット』解説・考察|時系列整理、逆光と背景の整理、主要キャラの正体と謎、名も無き男のその後など

SF

映画『TENET テネット』の解説、考察をしています!

本作を観て難解さに震えて脳みそこねくり回しながら3回鑑賞しました。

逆行の仕組みについてはバーバラ博士の説明の通りフィーリングでしかついて行けなかったので(笑)この記事では、主要キャラの行動理由や目的、彼らの主義などについて追及します!

前半は基礎的な知識と舞台背景の整理、後半は主要キャラの正体と目的、名も無き男のその後についても考察しています。

この記事は本作を鑑賞済みの方向けの解説記事です。
未だ観ていない方はネタバレにご注意ください。
スポンサーリンク

作品概要

TENET
原題:TENET
制作年:2020年
本編時間:150分
制作国:アメリカ、イギリス
監督・脚本:クリストファー・ノーラン

 

主なキャラクター

主人公(名も無き男)ジョン・デヴィッド・ワシントン
本作の主人公で世界を救うCIA諜報員。TENET作戦にスカウトされる。

ニールロバート・パティンソン
主人公の相棒。開錠の天才。

アンドレイ・セイターケネス・ブラナー
TENET作戦を阻止しようとする男。表の顔は英国情報部員、裏の顔は武器商人。

プリヤディンプル・キャパディア
主人公にTENET作戦の詳細やセイターの存在を教えたインド人武器商人。

キャサリン・バートンエリザベス・デビッキ
セイターの妻。セイターを恨んでいる。

映画『TENET テネット』は〈U-NEXT〉で配信中です!
※本ページの情報は2022年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

まずは逆行の仕組みをおさらい

本作の流れを理解するうえで重要になる『逆行現象』の仕組みについておさらいします。

逆行現象とエントロピー

逆行現象は未来から来ている全ての人物と物体に起こります。
そのため、未来から来た人物の行動は結果から現れます。

これらの逆行現象は、未来の研究者が逆行する装置の開発に成功した起こっています

バーバラ博士は「エントロピーが減少する」と説明していました。
エントロピーは科学や物理に登場する用語で、大雑把に言うと『不可逆性』で、『元の状態に戻らないこと』を意味します。
例えばコップからこぼれた水を元に戻すことが出来ないのも、老人が若返ることができないことも『時間の不可逆性』によるものです。

逆行中に炎が氷に変わる現象は、逆行現象が単なる時間の逆戻りではなく、未来でエントロピーについての研究が進んだ結果、時間の逆行に成功したことを意味しています。

 

回転ドア

回転ドアも未来の研究者が開発したものです。

回転ドアを通過することで、通過した人や物体が逆行し、回転ドアをもう一度通過すると前向きに戻れます。

重要なのは、回転ドアはタイムスリップ装置ではないという点です。
回転ドアを通過した瞬間から逆行が始まりますが、例えば1時間前まで戻りたかったら1時間逆行し続けないといけません。

この辺がリアリティのある設定のように感じます。

逆行中の外出は要酸素ボンベ

逆行中に外に出る際は酸素ボンベが必須で、ガスマスクを着けているかどうかが逆行中かどうかを判断する材料にもなります。
241を奪う時に現れたセイターが突然ガスマスクを着けていたので、体調崩したのか?と不思議に思っていましたが、逆行していたからだったんですね。

スポンサーリンク

大まかな流れ

主人公目線の分岐点と出来事を表にまとめました。
かなりおおざっぱですが、大体こんな感じだと思います。
縦2列目と4列目の赤文字が逆行して起きた出来事です。
横列が大体同じタイミングで起きた出来事です。

始まりのオペラハウスの襲撃と、終わりのスタルスク12の爆発(主人公のアルゴリズム奪還)は、同時に起きたことになります。

オペラハウス襲撃
スタルスク12爆発
ベトナム旅行
    セイター殺害
アルゴリズム奪還
ニールとの別れ
   
オスロ美術品金庫 過去主人公とバトル
 
↑逆行
プリヤに相談 アルゴリズム奪還計画に加わる  
   
カーチェイス
キャットの負傷
↑241奪われる
キャット治療のため逆行
   

 

オペラハウスから船で目覚めるまで

オペラハウスのテロ自体が主人公とその他候補者の実力を試すテストでしたが、その流れを整理してみます。

オペラハウスのテロ

まず、主人公は何らかの犯罪組織に捕まって仕事を命じられます。
命じられたのは、犯罪組織がオペラハウスにテロを仕掛け、駆け付けた警察の部隊に紛れてベージュスーツの男を捕まえることでした。(恐らく)

主人公には本来の仕事があり、それはベージュスーツの男性(仲間エージェント)を逃がして犯罪組織には替え玉を渡し、後にアルゴリズム241だとわかる四角いあれを確保することです。

男も241も保護して、後は指定の合流場所に行くだけの予定でしたが、犯罪組織は観客を巻き込んでオペラハウスを爆発しようとしていることがわかります。
主人公は観客を見捨てられず、爆弾を観客の居ない場所で爆破させてからバンに戻ります。

主人公が犯罪組織の1人に襲われた時『逆行する人間と銃』を初目撃し、彼に助けられました。
逆行する兵士は赤い紐とコインのチャームを付けたリュックを背負っていて、これが大きな伏線の1つになります。

 

尋問から船

しかし、なぜかすぐに替え玉がバレてしまい、主人公は線路で尋問&拷問を受けました。

主人公は隙を見てCIAから支給されている自殺ピルを飲んで自殺を図りますが、それは毒ではなく強力な睡眠薬か鎮痛剤でした。

船の上で目覚めた主人公は、上司らしき男フェイから「君だけがテストに合格した」と告げられる。という流れだと解釈しています。

主人公が拷問された口の中が綺麗に直ったのは、恐らく主人公は眠っている間に逆行させられていたからだと思われます。

 

風車で潜伏した理由

主人公が風車の中で待機させられたのは、拷問の傷を治すために逆行した時間のタイムラグの埋め合わせが主な目的だったと思われます。

どれ位の時間逆行していたのかはわかりませんが、主人公が風車の中に居た間に、オペラハウスのテロなどを時間を通過していたのでしょう。

スポンサーリンク

『黄昏に生きる』『宵に友なし』

序盤に度々登場した『黄昏に生きる』『宵に友なし』という合言葉は、主人公達CIAエージェントがお互いが仲間だと判断するために使っていた合言葉です。

ちなみに合言葉の元ネタはウォルト・ホイットマンの詩だと主人公が明かしています。

セイターがこの合言葉を知っていたのは、セイター自身も英国情報部というイギリスのCIAに居たからなのでしょう。
自殺ピルまで持っていたのは疑問ですが、もしかしたらセイターも『テスト』を受けた中の1人だったのかもしれません。

 

未来人が世界の逆行を計画した理由

主人公が阻止しようとしていたのは『未来人による世界逆行計画』でした。

世界逆行計画を未来人が立てた理由は、未来人が住んでいる地球は環境汚染が深刻で、地球に住めなくなる時が近づいていたからです。

計画を立てた未来のとある組織(恐らくオッペンハイマー博士の組織)は、この環境汚染問題を過去の人間達(祖先)が地球を粗末にしたせいだと考えます。

そして、地球の時間の流れそのものを逆行させれば地球は蘇って(若返って)住み続けられるようになるので、過去の人類から地球を奪おうとしていたのです。

ここで『先祖殺しのパラドックス』が出てきますが、少なくとも計画を立てた未来の組織は『たとえ先祖が居なくなっても自分達は存在し続けられる』と考えていたのです。

発明者はなぜ自殺した?

アルゴリズムを発明した科学者は自殺していました。
その理由は、未来にも過去にも人類の住処が無いと悟ったからです。

発明者が生きた時代は、環境汚染問題で近い将来地球に住めなくなってしまうことがわかっていました。
発明者がそもそもアルゴリズムを開発したのも、環境問題の打開策を見つけるためだったのでしょう。
しかし、それを使って世界を逆行させれば『先祖殺し』になってしまい、人類も都市も動植物も消滅してしまいます。

発明者は詰んでいることを悟って絶望し、せめて『先祖殺し』だけは起こらないようにという思いから、アルゴリズムを9分割して過去に隠してから自死しました。

アルゴリズムがプルトニウムと呼ばれた理由

自殺した発明者はアルゴリズムを使えないようにするために、過去に持って行って主人公やセイターが生きる時代の核保管施設に隠しました。

隠す際は『これは9つの核兵器だ』と説明して誰も近づかないように仕向けていたのです。

実際、逆行の仕組みそのものが放射能の乱反射のような説明をバーバラ博士がしていたので、アルゴリズムにも放射能の危険があったと思われます。

どうやってアルゴリズムを数代前の時代まで運んで、どのように当時を生きる人々に危険性を説明したのか情報が少なすぎて若干謎が残りますが、とにかくそういうことだったようです。
アルゴリズムは『逆タイムカプセル』で過去に運んで説明動画でも同封していたのでしょうか。

スポンサーリンク

主人公の正体と目的

Tenet
(引用:https://www.gamesradar.com

主人公が黒幕(TENET作戦の考案者)だったことがラストで明らかになります。

これは『無知が最大の防御』の観点から主人公自身にもわからないようにしてありました。
主人公はTENET作戦が成功すると知ったので、これからニールとプリヤのスカウトのために動きます。
TENET作戦は実は数年をかけた大掛かりな『挟撃作戦』だったということです。

オスロ金庫で自分と戦った主人公

主人公はキャサリンのためにオスロの美術品倉庫まで逆行した時、過去の自分と戦いますが、あれはなぜなのでしょうか。

単純に考えれば、過去の主人公は黒づくめの男が未来の自分だとは思いもしないので、突然現れた男を敵だと思い殺そうとしています。
なので、未来の主人公は過去の主人公に基本的には『応戦しただけ』です。

では、なぜニールは「自殺しようとしていた」と言うのでしょうか?
それは恐らく、主人公が『祖父殺しのパラドックス』が気になって仕方ない様子がニールに伝わったからです。

眠そうなニールを寝かせてあげずに質問する主人公を見て『祖父殺しに執着している』と捉えたのではないでしょうか。
「過去の自分を殺そうなんて思ってないよな??」と心配になってしまったんでしょうね。

ニールが金庫室で見たことを話したらどうなっていた?

もしもニールが金庫に居た黒づくめの男の正体が主人公だったことを明かしていたらどうなっていたのでしょうか。

ニールは「もし教えていたらほんとに自殺してたでしょ」的なニュアンスだったので、もし事前に知っていたらもっと別の方法で殺す手段を考えていたのかもしれません。
直前まで教えず、主人公に考える時間を与えないことがニールにとっての優しさでもあり、彼の主義である『起きたことは変えられない』を貫くことにもなります。

 

カーチェイスを逆行した目的

主人公がカーチェイスを逆行していた目的は、キャサリンが撃たれてしまった過去を変えることができないか試すためです。

主人公は倉庫を出た所に止まっていたシルバーの普通車(サーブ)を見て、241をとっさに投げ込んだ車を運転していたのは自分自身だったことを悟ります。

後部座席を見たのは241がちゃんと中にあるか(投げ込んだ車で間違いないかどうか)を確認するためです。

その後セイターのアウディを追跡してキャサリンを救うチャンスを伺っていましたが、ケースの受け渡しの瞬間、セイターにサーブの運転手が主人公だということも、サーブに241が投げ込まれていたことも気づかれてしまいました。

結果、主人公はアウディに追突されて転覆。
セイターは「連携プレーか」と言いながらサーブに火を放ちました。

その後、セイターは部下に命じて『無人のサーブに241が転がっているタイミング(主人公が初めて外に出る直前位)』で241を手に入れたのではないでしょうか。

 

主人公とキャサリンの関係

Tenet
(引用:https://www.stalberttoday.ca

主人公は一見キャサリンに好意を抱いていたかのように見えましたが、主人公は常にキャサリンを『セイターの妻』としてどう有効活用出来るかを考えながら接しています。
平たく言えばずっと利用していたのです。
キャサリンに心を開いてもらうために『男の魅力で迫る』を実行していただけです。

彼女に対しての恋愛感情は(恐らく)無くて、1人の『巻き込んではいけない一般人』だったと思われます。
オペラハウスで爆弾から観客を守ろうとしたのと同じ行動原理です。

男の魅力で迫っただけなのがわかるのは「贋作絵を処分してあげる」と言っておいて、その後「処分した」とウソをついている所です。
贋作絵の処分を持ちかけた真意は、セイターの秘密の隠し場所を知るためでしたし、キャサリンと親密になろうとしたのも、セイターの気を引くためでした。

最期にプリヤから彼女を救うのは、主人公の『一般人を巻き込んで殺してはいけない』という主義と、『ニールの母親』を大切に思う気持ちからです。

そう考えると、主人公は友情は大切にするけど恋愛には関心がないというか、女性に対してあまり信頼が置けないような感じでしたね。

過去に悲惨な恋愛経験でもあるのでしょうか。。

スポンサーリンク

プリヤを殺した理由

主人公がラストでプリヤを殺してしまうのは『後始末』のためです。

そもそも主人公とプリヤは価値観に相違がありました。
主人公は敵と味方の区別がハッキリしているタイプで、敵(悪)と判断した人物は容赦なく殺しますが、仲間や無関係の一般人は生死にこだわり必死に守ろうとします。

プリヤは思考回路が悪人っぽいというか、目的を果たした後は知りすぎた人間は殺してしまう非情なタイプでした。
TENET作戦の終わりにコンテナに入っていった大勢の兵士達がどうなったのか心配です。

『武器商人に対する引き金は軽い』と言っていたように、主人公は計画に必要だったからプリヤを利用しただけで、プリヤは主人公にとって最初から後始末の対象(事情を知りすぎた危険因子)だったのではないでしょうか。

利用されるだけされて殺されてしまうプリヤは何となく可哀想ですが、プリヤの行動は主人公の主義に反していたのでしょう。

また、私は主人公は役目を終えたと同時にプリヤに殺されたと推測しています。
理由はプリヤについて記載している②の方に載せてます。

 

『別の結果』とは?

ニールが死んでしまうとわかった時、主人公は「別の結果になることはあり得た?」とニールに聞きます。

ニールは「無い」と答えますが、『別の結果』とは『ニールが死なずにアルゴリズムを奪還できる計画はあるのか』ということです。

プリヤ、ニール、セイターについては次のページです!

感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました