映画『グラディエーター』ネタバレ解説|歴史的背景、実話なのか、ラストの意味など考察 | 映画鑑賞中。

映画『グラディエーター』ネタバレ解説|歴史的背景、実話なのか、ラストの意味など考察

スポンサーリンク
アクション

映画「グラディエーター」の解説・考察をしています!

ローマ時代中期。ローマ軍の将軍マキシマスは農民の出身でありながら、次期皇帝を期待されるほど有能な将軍だった。
立場が危ういと知った皇帝の実子コモドゥスは、皇帝を暗殺して強引に新皇帝の座につくと、皇帝暗殺の罪をマキシマスにかぶせた上に妻子を処刑してしまう。
マキシマスは絶望の中、新皇帝への復讐を果たすため剣を握る。

グラディエーター

原題:GRADIATOR
制作年:2000年
本編時間:155分(劇場公開版)172分(完全版)
制作国:アメリカ
監督:リドリー・スコット
脚本:デヴィッド・フランゾーニ、ジョン・ローガン、ウィリアム・ニコルソン
関連書籍:ダニエル・マニックス『Those About to Die』

スポンサーリンク

主要キャスト紹介


(引用:http://jasminekyoko.strikingly.com/blog/e24df09eab4


マキシマス
ラッセル・クロウ
ローマ軍の将軍の1人。
元々農民で戦争のため兵士になった人物だが、人望に厚く、皇帝を始め周囲から信頼を寄せられている。
出世欲はなく、戦争が終われば農民に戻って家族と暮らしたいと考えている。
家族が何よりも大切で、愛する妻とひとり息子のために毎晩お祈りを欠かさない。

 


(引用:https://lacasamia2.exblog.jp/14522221/

コモドゥスホアキン・フェニックス
皇帝の実子(皇太子)の長男。
次期皇帝は自分と思い込んでいる。
作中で年齢は語られないが、記録上は18歳。
自己中心的で支配欲が強くナルシストで、権力で何でも思うままにしてきた。
皇帝の愛情に気付かず育ったため、常に愛情に飢えている。
実の姉ルッシラに恋愛感情を抱いている。

 

グラディエーター
© 2000 Universal Studios. All Rights Reserved.
ルッシラコニー・ニールセン
コモドゥスの実の姉。父親に似て賢明で心優しい性格。
彼女が男に生まれていれば確実に次期皇帝だったと周囲は思っている。
若い頃はマキシマスと恋愛関係にあったが、身分の差が原因で別れている。
現在はアウレリウスの共同皇帝ルキウス・ウェルスと結婚し、幼い一人息子のルシアスを何よりも大切にしている。

 

グラディエーター
© 2000 Universal Studios. All Rights Reserved.
プロキシモオリヴァー・リード
剣闘士団の団長。
ローマで流行していた奴隷同士を大衆の前で戦わせる見せ物(闘技会)の主催者。
奴隷を買って剣闘士として鍛え上げ、闘技会で大衆を喜ばせて金を稼いでいる。

 


(引用:https://renote.jp

マルクス・アウレリウス皇帝リチャード・ハリス
現皇帝で、コモドゥスとルッシラの父親。
『賢帝』と呼ばれる通り賢い皇帝で、常にローマの未来を考えている。
マキシマスに絶大な信頼を寄せ、次期皇帝はマキシマスを指名しようと考えている。

 

グラックス議員(新皇帝反対派)…デレク・ジャコビ
ジュバ(黒人奴隷)…ジャイモン・フンスー
ファルコ議員(コモドゥスの側近)…デヴィッド・スコフィールド
ガイウス議員…ジョン・シュラプネル
クィントゥス将軍…トーマス・アラナ
ハーゲン(奴隷)…ラルフ・メラー
ルシアス(ルッシラの息子)…スペンサー・トリート・クラーク
カッシウス(コロシアム支配人)…デヴィッド・ヘミングス
キケロ(マキシマスの将軍時代の部下)…トミー・フラナガン
タイグリス…スヴェン=オーレ・トールセン ほか

≪U-NEXT≫で『グラディエーター』が見られます! 31日間無料キャンペーン実施中。
※このページの情報は2022年3月時点のものです。最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

あらすじ紹介

賢帝に見初められたマキシマス

西暦180年。最盛期のローマ帝国は勢力をアフリカの砂漠から英国の北限地域まで伸ばし、世界の人口の1/4はローマ帝国の支配下にありました。

ローマ軍の将軍マキシマス(ラッセル・クロウ)は大勢の部下に慕われ、統率力にずば抜けて長けた戦士です。
その日、マキシマス率いる軍隊は原住民たちと戦いに勝利してゲルマニアを手に入れました。
ローマ軍の戦いぶりを見届けたアウレリウス皇帝(リチャード・ハリス)は、マキシマスを褒めたたえます。


(マキシマスの勝利を称えるアウレリウス © 2000 Universal Studios. All Rights Reserved.)

戦いの翌朝。アウレリウス皇帝はマキシマスを呼び『お前に次期皇帝になって欲しい』と言いました。
アウレリウスは皇帝として国に尽くしてきましたが、高官や政治家による汚職は絶えず、このままでは彼の理想とする共和制(民主主義)は永遠に実現できないと危惧していましたが、マキシマスならアウレリウスの理想を実現してくれるに違いないと思ったのです。

一方マキシマスは権力者が集まるドロドロした政界に興味は無く、農民に戻って家族と暮らすのが望みだったため「次期皇帝はコモドゥス皇太子にお譲りください」と答えて辞退しようとしました。
しかし皇帝は「コモドゥスは性格に問題があるから後を継がせたくない。私はお前が良い」と引きません。
マキシマスは答えに悩み、日没まで返事を待ってもらうことにしました。

暴走するコモドゥス

その日の夜、コモドゥス(ホアキン・フェニックス)は皇帝から「次期皇帝はマキシマスにするつもり」と言われて激高し、アウレリウスを殺してしまいました。

皇帝の訃報を聞いたマキシマスは、親族達の様子から皇帝を殺したのがコモドゥスだと察します。
「新皇帝に忠誠を誓え!」と喚くコモドゥスを無視し、マキシマスはすぐにその場を離れました。
コモドゥスはマキシマスが思い通りにならないとわかると、マキシマスを排除しようと動き始めます。

マキシマスは将軍仲間のクイントゥスに捕らえられて死を覚悟しますが、妻と子供も処刑対象になったことを知ると怒り狂い、追っ手を振り払って逃亡しました。
マキシマスは不眠不休で馬を走らせて自宅にたどり着きますが、既に自宅も畑も焼き払われて、妻と息子は無残に処刑されていました。
マキシマスは泣きながら2人のお墓を作り、疲れてお墓の前で眠った所を奴隷商人にさらわれました。

 

将軍から奴隷に


(協力プレイ中のマキシマスとジュバ 引用:https://www.memories-of-movie.com

マキシマスはさらわれたことにも気付かず眠り続け、荷車の上で目覚めました。

そして、同じ荷車にいた黒人奴隷のジュバ(ジャイモン・フンスー)から、奴隷商人にさらわれていると聞かされました。
マキシマスは逃げる気力も無く、ローマ帝国の領土である南スペインのズッカバールに運ばれました。

マキシマスとジュバはそこで剣闘士団の団長プロキシモ(オリヴァー・リード)に買われて、他の奴隷たちと共にプロキシモの訓練所で見世物のための『剣闘士(グラディエーター)』として飼われることになります。

マキシマスは持ち前の戦闘力や統率力の高さを武器に闘技会で勝ち続け、その強さはローマ中で話題になり人気を得ました。

 

コモドゥスとマキシマスの計画

同じ頃、新皇帝コモドゥスはローマで盛大な※凱旋式を終えた後、※元老院たちと行う政治会議に初めて参加しました。
※凱旋式:市民の前で行われる国の勝利を祝う式
※元老院:共和政ローマの実質的な統治機関

コモドゥスは、会議でグラックス議員(デレク・ジャコビ)を始めとする『アンチコモドゥス』の元老院に小バカにされて悔しい思いをします。
怒ったコモドゥスは元老院という制度そのものを廃止したいと思いますが、コモドゥスも一目置くほどの賢さと美貌を持つ姉のルッシラ(コニー・ニールセン)から「それは絶対無理」と一蹴されました。
コモドゥスは元老院を支配するためにまずは民衆を味方に付けようと考えて、父アウレリウスがローマにしいていた『闘技会禁止令』を廃止し、巨大なコロシアムを建てて大きな闘技会を開こうと計画しました。

その頃マキシマスは奴隷たちのリーダーとなり、観客から『スペイン人』と呼ばれる人気グラディエーターになっていました。
ローマで大規模な闘技会が開かれることを知ったマキシマスは、プロキシモにコモドゥス新皇帝との確執を打ち明けて「会場で新皇帝に復讐したいから力を貸して欲しい」と頼みます。
プロキシモにとってもアウレリウス皇帝は、むかし命を助けられた恩人でした。
コモドゥスが前皇帝を殺したと知って怒り、マキシマスに協力します。
妻子を失くしてから無気力だったマキシマスに『復讐』という生きる理由が生まれました。

スポンサーリンク

いざローマへ

マキシマスたちは闘技会の前日にローマに着きました。
コモドゥスがローマに建てた巨大コロシアムの大きさに、一同は目を見張ります。
プロキシモは「観衆を味方につけろ!」とアドバイスして、マキシマス達を送り出しました。

闘技会1日目。マキシマス達は用意されていた防具と武器を身に着けて会場に出ると、観客席にはコモドゥス、ルッシラ、ルッシラの一人息子ルシアスが居ました。
マキシマスは防具で顔を覆っているので、コモドゥスもルッシラもマキシマスに気付きません。

司会者が「”ポエニ・ザマの戦い”を模した闘技を始める」と合図すると、会場にはコモドゥスが用意した兵士が現れました。

ポエニ・ザマの戦いは、過去に北アフリカのザマで起こったローマ軍とカルタゴ軍の戦いで、ローマ軍が勝利した戦のひとつです。

マキシマス達グラディエーターが『カルタゴ軍』で、戦うのはローマ軍を模した馬車に乗るコモドゥス軍です。
歴史になぞらえてコモドゥス軍が勝利すると予想されていましたが、一致団結したマキシマスの軍が見事なチームワークを見せて勝利しました。

会場が大歓声に包まれる中、グラディエーターの戦いぶりに感心したコモドゥスは「リーダーの顔が見たい」と場内に入りました。
マキシマスはこの時にコモドゥスを殺そうと思いましたが、近くにルシアスが居たので諦めました。
マキシマスは仕方なく防具を外して正体を現すと、観客に向かって「俺はコモドゥス新皇帝に妻子を殺された!この恨みは必ず果たす!」と宣戦布告しました。

コモドゥスはマキシマスが生きていたことに驚き、すぐ「処刑しろ!」と護衛たちに命じますが、観客から大ブーイングが起こって殺せませんでした。
この時マキシマスは、プロキシモが言っていた『観衆を味方につけろ』の意味を理解しました。
こうして闘技会1日目は終了しました。


(観客に語り掛けるマキシマス 引用:https://eiga.com

その日の夜。マキシマスの所にお忍びでルッシラが現れます。
ルッシラは『コモドゥス暗殺』を依頼し、新皇帝反対派の元老院と会ってほしいと頼みますが、マキシマスは「俺は一番警戒されているから無理だと思う」と断ると、ルッシラは「勇敢だったあなたはどこに行ったの?」と涙をにじませて立ち去りました。

 

闘技会2日目

翌朝。
コモドゥスは、マキシマスを普通に処刑すると市民からの信頼を失うと悟り、闘技会の試合で殺そうと考えました。
そこで、今日は『ガリアのタイグリス』を模した兵士を用意させました。

ガリアのタイグリスは、かつて『ガリアの虎戦士』と呼ばれて伝説になった虎使いの剣闘士タイグリスのこと。

コモドゥスは腹を空かせた本物のトラも3頭用意して、タイグリス&トラ3頭 VS マキシマス1人で戦わせるよう命じます。
しかし、コモドゥスの思惑とは裏腹に、マキシマスはたった1人でタイグリスとトラ3頭にも勝ちました。

ガッカリしたコモドゥスは、マキシマスに『タイグリスを殺せ』と合図しますが、マキシマスは命令を聞かず、彼を『共にショーを盛り上げた戦士仲間』として扱い、助け起こして握手を交わしました。
マキシマスの行動に、観客たちは「慈悲深い!」と感動します。
逆にコモドゥスにはブーイングの声が響きました。

コモドゥスは観客の操り方を心得ているマキシマスに嫉妬や羞恥心を抱き、さらに殺意が増しました。

この日の会場には、マキシマスのかつての部下キケロ(トミー・フラナガン)が闘技会の噂を聞いて駆けつけていました。
キケロに気付いたマキシマスは再会を喜んだ後、こっそりキケロに「俺が生きていることを部下たちに伝えろ」と指示しました。

 

水面下の争い

新皇帝反対派の元老院たちは、闘技会で市民の好感度が一気に下がったコモドゥスを、この勢いに乗じて排除しようと画策します。

コモドゥスは市民からの人気獲得に失敗し、マキシマスからの復讐と新皇帝反対派の動きに怯えることになります。
頭を抱えていたコモドゥスに、側近のファルコ議員が「反対派とマキシマスをわざと泳がせて、彼らが行動に出たその時に全員始末すれば、市民から批判されることはないでしょう」とアドバイスしました。
ファルコはコモドゥスに媚びて権力を得た、新皇帝支持派の元老院です。

その頃、マキシマスはルッシラを通して新皇帝反対派の元老院グラックスに会い「コモドゥス暗殺計画に協力してほしい」と頼みました。
その計画は、まずグラックス議員がプロキシモからマキシマスを買って解放します。
マキシマスはかつての部下たちと共に城を襲撃してコモドゥスを暗殺し、暗殺後は二度とローマに近づかない、というものでした。

グラックス議員は「前皇帝は君とルッシラを信頼していた。だから私も信用する」と答え、2日後にプロキシモに金を渡すと約束してくれました。

翌日。グラックス議員の動きは事前に網を張っていたコモドゥスにバレてしまい、議員は逮捕されてしまいました。
なりふり構っていられなくなったルッシラは城を抜け出して、マキシマスにグラックスが捕まったことと、脱走用の馬と武器を用意するから暗殺作戦は予定通りに決行してほしいと伝えました。

しかし、ルッシラはお城に戻った後、コモドゥスにルシアスを人質に取られて脅され、暗殺計画を喋ってしまいました。

結末

その後、コモドゥスの部下がマキシマスを捕まえに剣闘士団のテントに現れました。
プロキシモと奴隷仲間がマキシマスを逃がそうとして次々に殺されていきます。

マキシマスはルッシラとの約束通り抜け道を通ってキケロとの待ち合わせ場所へ走りますが、気付いた時にはもう遅く、キケロは殺されてしまい、マキシマスはその場で捕まりました。

コモドゥスは市民が納得するようなマキシマスの殺し方を考えて、コモドゥス自身とマキシマスが闘技場で一騎打ちするというシナリオを思いつきました。
普通に戦っても勝ち目が無いと思ったコモドゥスは、ハンデとして試合の直前にマキシマスのわき腹を短剣で突き刺しました。
そして、周囲に傷がバレないようにマキシマスに鎧を着せました。

会場で大勢の市民と兵士、審判のクィントゥス将軍が見守る中、一騎打ちが始まります。
コモドゥスは余裕で勝てると思っていましたが、それでもコモドゥスはマキシマスに敵わず、さっそく剣を弾き飛ばされます。
コモドゥスは周囲の部下に助けを求めますが、マキシマスのハンデに気付いた部下達は失望してコモドゥスに味方するのをやめました。

戦いの最中、死にかけのマキシマスには美しい我が家と妻と子供の姿が見えてきました。
マキシマスは最後の力を振り絞ってコモドゥスを殺すと、奴隷解放とグラックス議員を新皇帝にして欲しいとルッシラに告げて帰らぬ人となりました。

マキシマスの周りには彼を称える者が集まり、遺体を担いで運びます。
埋葬が終わった後、ジュバはマキシマスが大事にしていた木の人形を土に埋めて「また会える。いつかな。」とつぶやきました。

映画『グラディエーター』は〈楽天TV〉で見られます!月額利用料無し、単品レンタル可能です。
※このページの情報は2022年3月時点のものです。最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

解説・感想や考察など

本作は主人公のマキシマスが架空の人物で、その他の主要人物(主に皇族や元老院)は実際にいた人物、歴史的背景の大筋は史実に忠実ですが、本筋となるマキシマスとコモドゥスの因縁はフィクションです。
プロキシモや奴隷たちもおそらく架空の人物です。

作品を観ていて疑問に思ったことなどを解説します。

コモドゥスがアウレリウス皇帝を殺した理由


(引用:https://twitter.com

皇帝の立場が危ういことを知ったコモドゥスは、アウレリウスに次期皇帝を自分にして欲しいと懇願しますが、叶わないことを知るとアウレリウスを殺してしまいます。

通常は皇帝が亡くなると、次期皇帝は自動的に皇帝の実子や血縁者が選ばれるのが普通で、お城に仕えていたわけでもないマキシマスのような人物が選ばれるのは異例中の異例でした。

アウレリウスは国を任せる人物を選ぶのに血筋は関係無いと考え、純粋に国を任せたくなったマキシマスを後継者に選ぼうとしていたのです。
また、アウレリウスとしては、権力を持つことを当然のように思っていたコモドゥスに学びを与えようとしていたのかもしれません。

しかしコモドゥスは皇帝を継がせてもらえない理由を、愛されていないからだと受け取りました。

なので自分が皇帝になるためにも、アウレリウスが次期皇帝を公表する前に殺してしまったのです。

 

ルッシラのビンタからのキス

アウレリウス皇帝が亡くなった後、新皇帝となったコモドゥスはルッシラの忠誠の意思を確認するために手を差し出します。
手にキスをすることは、忠誠を誓う証のようなものです。
このとき、ルッシラはコモドゥスにビンタを食らわせた後、彼の手にキスします。

ルッシラもアウレリウスを殺したのがコモドゥスだと気付いていました。
しかしコモドゥスが新皇帝となった今、ルッシラは彼に反抗するとどうなるのかもわかっていました。
なのでどうすることもできず、忠誠を誓います。
キスの前にビンタしたのは全て知っていることをコモドゥスに示すためで、社会的な立場は関係無く、アウレリウスの娘としての行動です。
あのビンタがコモドゥスに怒りを表すために彼女ができた精一杯の行動でした。

怒りに身を任せて新皇帝を無視したマキシマスと比べると、あえて忠誠を誓うルッシラの行動は、女のしたたかさみたいなものが伝わってきます。
コモドゥスはどちらかと言うと、アウレリウス殺しを悟られて怒られたことよりも、ルッシラに忠誠を誓ってもらえたことに対する安心感の方が勝ったのでしょう。
忠誠のキスの瞬間コモドゥスは恐らく、ルッシラは自分を愛してくれているからこそ父殺しも許してくれたと受け取ったのではないでしょうか。

次のページに続きます

コメントお待ちしてます

タイトルとURLをコピーしました