映画「何者」ネタバレ解説|拓人のその後、ギンジと隆良の似てない点など考察 | 映画鑑賞中。

映画「何者」ネタバレ解説|拓人のその後、ギンジと隆良の似てない点など考察

ヒューマンドラマ

映画「何者」について解説・考察しています!

日本アカデミー賞を受賞した映画「桐島、部活やめるってよ」の原作者として有名な新井リョウの小説が原作。
メインキャストにはいずれも主役級の若手俳優たちが集まっている。
5人が就活と仲間たちを通して抱くさまざまな思いや心境の変化を繊細に描いた作品。

制作年:2016年
本編時間:97分
制作国:日本
監督:三浦大輔
脚本:三浦大輔
原作小説:『何者』新井リョウ 著
主題歌:『NANIMONO(feat.米津玄師)』中田ヤスタカ

出演者・キャスト

 


(引用:https://natalie.mu
二宮拓人(にのみやたくと)…佐藤健
社会学部の4回生で、就活2年目の大学生。
人間観察して分析するクセがあり、知人のSNSの書き込みを日々チェックしては心の中でツッコミを入れている。
脚本が書きたくて演劇サークル『劇団プラネット』に入部した。
同サークルの烏丸ギンジとは親友だったが、拓人が就活を始めてから意見にズレが生じて今は疎遠になっている。
同級生の瑞月に思いを寄せている。

 


(引用:https://natalie.mu
田名部瑞月(たなべみずき)…有村架純
拓人と同じ大学・学部の同級生。
インターンシップで海外留学していて、今年日本に戻って就活を始めた。
安定志向で大手企業への就職を希望している。
同級生の神谷光太郎が元カレで、光太郎に未練がある。

 


(引用:https://natalie.mu
神谷光太郎(かみやこうたろう)…菅田将暉
拓人の同期生で、拓人とルームシェアもしている友人。
バンド活動に専念し、4回生になると同時にバンドを卒業、就活を始めた。
明るい性格で知り合いが多く、コミュニケーション能力が高い。
瑞月に別れを切り出したのは光太郎からだった。

 


(引用:https://natalie.mu
小早川理香(こばやかわりか)…二階堂ふみ
瑞月がインターンシップで知り合った友人。
拓人たちよりも偏差値の高い大学に通う外国語学部の4回生。
拓人と光太郎と同じアパートに下宿している。
いわゆる意識高い系で『完璧な女アピール』がすごく、いつでも人脈づくりに精を出している。
付き合い始めて数か月の彼氏・隆良と同棲している。

 


(引用:https://natalie.mu
宮本隆良(たかよし)…岡田将生
拓人と同じ大学に通う理香の彼氏。
自分探しのために1年間休学していて、年齢は拓人たちより1つ上。
『就職活動』そのものに疑問を感じ、できれば就職せずに自分だけの力やアイディアで稼ぎたいと考えている。
文章を書くことを仕事にしたいと漠然と考えているが、まだ具体的な道は見つかっていない。

 

 
(引用:https://natalie.mu
サワ先輩山田孝之
拓人と同じ大学の理系学科の院生で、劇団プラネットの元団長。
彼のアルバイト先のカフェに拓人はよく通い、話をしている。
普段は温厚だが言う時はズバッと言う性格で、SNSは一切使わないタイプ。

その他のキャスト
光太郎のバンドのメンバー…タチヘイオチ・ザ・ファンク ほか

 

あらすじ紹介


(理香の部屋での拓人、光太郎、瑞月、理香、隆良 引用:https://www.fashion-press.net

ある年の春。就職活動2年目の二宮拓人(佐藤健)と、これから就活を始める神谷光太郎(菅田将暉)は、同級生の友人・田辺瑞月(有村架純)を通じて たまたま同じマンションに住んでいた他大学生の小早川理香(二階堂ふみ)、宮本隆良(岡田将生)と知り合いました。

ある日、理香が「私の部屋を『就活対策本部』にしよう。集まれる時は集まって、情報交換しよう」と言い出しました。
拓人と光太郎は理香の意識の高さを「ちょっと面倒臭い」と思いましたが、理香のプリンタが使えるのが便利だったため快く賛成し、就活を通してそれぞれの人間性や悩み、葛藤が浮き彫りになっていきます。

「何者」関連商品(楽天)

解説・考察や感想など※ネタバレありき

就活を通して悪い意味での人間臭さみたいなものが表面化されているので、現在就活中の人は特に閲覧注意な作品だと思いました!
バッドエンドではないのが救いですが、ホラー映画でも見ているような気分になりました。。
SNSを使って本音と建て前を浮き彫りにしています。
SNSじゃないと本音を言えなくて、相手の本音を探るのにもSNSを使う感じが恐ろしいです!

『頭の中にあるうちは何でも傑作』という言葉が刺さりました。
感じてはいたことだけど、言葉に出来ていなかったことのひとつです。
だんだん演劇っぽくなっていくシーンがあって少し戸惑いましたが、あれは監督ならではの主人公の心中描写だったようですね。

原作が朝井リョウなので心理描写が多かったんですが、そのへんについて気付いたことや疑問に思ったことを考えていきます!

拓人がエントリーシートを見られたくなかった理由

拓人はエントリーシートの特技の欄に『演劇』と書くのを光太郎たちに見られたくなくて、わざわざサワ先輩の部屋で書いていました。
拓人は光太郎たちには話していませんでしたが、本当は演技や舞台に関わる仕事がしたいと考えていました。
でも、同時に『何かに熱中したり、叶いそうにない夢を追いかけるのは恥ずかしい』とも思っていました。

表向き、拓人は『冷静で現実的な自分』を装う傾向があるので、周囲の友人に、本当は演劇を仕事にしたいくらい好きだということを知られたくなかったのです。
なぜなら、烏丸ギンジのように夢を周りに語って実際に行動を起こしても、もし失敗したら『挫折した自分』を知られて恥ずかしいし、誰にも悟られないようにしれっと演劇や舞台関係の会社を受けて、受かってから報告した方がスマートでカッコイイと考えていたからではないでしょうか。

次のページに続きます!

感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました