映画「何者」ネタバレ解説|拓人のその後、ギンジと隆良の似てない点など考察~ | 映画鑑賞中。

映画「何者」ネタバレ解説|拓人のその後、ギンジと隆良の似てない点など考察~

ヒューマンドラマ

映画「何者」について解説・考察しています!

日本アカデミー賞を受賞した映画「桐島、部活やめるってよ」の原作者として有名な新井リョウの小説が原作。
メインキャストにはいずれも主役級の若手俳優たちが集まっている。
5人が就活と仲間たちを通して抱くさまざまな思いや心境の変化を繊細に描いた作品。

何者DVDパッケージ

制作年:2016年
本編時間:97分
制作国:日本
監督:三浦大輔
脚本:三浦大輔
原作:小説/新井リョウ『何者

出演者・キャスト

二宮拓人(にのみやたくと)…佐藤健

(引用:https://natalie.mu

社会学部の4回生で、現在は2年目の就活生。
人間観察して分析するクセがあり、知人のSNSの書き込みを日常的にチェックして心の中でツッコミを入れている。
脚本が書きたくて演劇サークル『劇団プラネット』に入部した。
同サークルの烏丸ギンジとは親友だったが、拓人が就活を始めてから意見にズレが生じて今は疎遠になっている。
同級生の瑞月に思いを寄せている。

 

田名部瑞月(たなべみずき)…有村架純

(引用:https://natalie.mu

拓人と同じ大学・学部の同級生。
インターンシップのため海外留学していて、今年日本に戻ってきて就活を始めた。
安定志向で、大手企業に就職したいと考えている。
以前、同級生の神谷光太郎と付き合っていた。
現在は別れているが、光太郎のことを忘れられずにいる。

 

神谷光太郎(かみやこうたろう)…菅田将暉

(引用:https://natalie.mu

拓人と同じ大学・学部の同級生で、拓人とルームシェアしている友人。
大学ではバンド活動に専念していて、4回生になると同時にバンドを卒業、就活を始めた。
明るい性格で知り合いが多く、コミュニケーション能力が高い。
瑞月に別れを告げたのは光太郎からだった。

 

小早川理香(こばやかわりか)…二階堂ふみ

(引用:https://natalie.mu

瑞月の友人で、拓人、瑞月、光太郎よりも偏差値の高い大学に通う外国語学部の4回生。
瑞月とはインターンシップで知り合った。
拓人と光太郎と同じアパートに下宿している。
いわゆる意識高い系で、普段から「なんでもそつなくこなせちゃいます」、「色々頑張ってます」アピールがすごく、いつでも人脈づくりに精を出している。
付き合い始めて数か月の彼氏・隆良と同棲している。

 

宮本隆良(たかよし)…岡田将生

(引用:https://natalie.mu

拓人と同じ大学に通う理香の彼氏。
自分探しのために1年間休学していたので、年齢は拓人たちより1つ上。
『就職活動』そのものに疑問を感じていて、できれば就職せずに自分個人の力やアイディアでお金を生み出すようなことをしたいと考えている。
大雑把に文章を書くことを仕事にしたいと考えているが、まだ具体的な道は見つかっていない。

 

サワ先輩山田孝之

 

(引用:https://natalie.mu

拓人と同じ大学の理系学科の院生で、劇団プラネットの元団長。
彼がアルバイトしているカフェに拓人はよく通い、話をしている。
普段は温厚だが言う時はズバッと言う性格で、SNSは一切使わないタイプ。

その他のキャスト

光太郎のバンドのメンバー…タチヘイ、オチ・ザ・ファンク ほか

スポンサーリンク

 

あらすじ紹介※ネタバレなし

ある年の春。就職活動2年目の二宮拓人と、これから就活を始める神谷光太郎は、同級生の友人・田辺瑞月を通じて たまたま同じマンションに住んでいた他大学生の小早川理香、宮本隆良と知り合った。
そして理香の提案で、理香の部屋を『好きな時に集まって情報交換する”就活対策本部”』にすることにした。
拓人と光太郎は本音を言うと「ちょっと面倒臭い」と思っていたが、2人の部屋のプリンタが壊れていて、理香のが使えることが便利だったため快く賛成した。


(理香の部屋での拓人、光太郎、瑞月、理香、隆良 引用:https://www.fashion-press.net

ある日、エントリーシートを理香、瑞月、光太郎に見られたくなかった拓人は、サワ先輩の部屋でシートを書いていた。
特技欄に『演劇』と書くのを見られたくなかったからだ。
その時、拓人は元親友の烏丸ギンジ(拓人と同級生の劇団プラネットのメンバー)が、個人の劇団『毒とビスケット』を立ち上げていたことを知った。
拓人が後でネット検索してみると、その活動の様子は逐一細かくブログに書かれていた。
毎月公演を行っているという宣伝や、稽古の様子などがそれっぽく(いかにも格好良く)載せられている。
拓人は『頑張っている自分』だらけのギンジの投稿を見て「イタイ投稿ばっかりだな」と思った。

後日。光太郎は自宅で就活で使用するウェブテストを受けた。
拓人に手伝ってもらうという不正行為をしながらテストを受け、無事に制限時間内に全問解くことができた。
テストの後、光太郎が隆良から「理香がウェブテストに受からなくて苦労しているらしい」と聞いたことを拓人に話した。
理香は英語は大得意だが、数学が苦手なため苦戦しているのだという。
光太郎は「誰かに手伝ってもらえばいいのに。友達いないのかな」と言いながら、洗濯物をとり込み始めた。
拓人はそんな光太郎を横目に、2チャンネルの『アマチュア劇団批判板』の毒ビス(毒とビスケットの略)のスレを見ていた。
そこには『質の低いものを量産している』など酷評されたコメントがたくさん書かれていた。

ある日の午前中。拓人は大手広告代理店の全日通信の試験を受けた。
試験終わりに偶然 瑞月と出会い、2人が同じ会社を受けていたことを知った。
さらにその後、この間の会話で「就職活動しないつもり」と発言していた隆良を同じ社内で見かけた。
隆良は午後の試験を受けに来たようで、スーツ姿の大学生の群れの中で1人だけ私服だったので、かなり目立っていた。
だが午後の試験が始まるまであと数時間ある。
拓人は、一応『服装自由』だったからといってスーツではなく私服で来ていながら、律儀に数時間前から会場前で待つ隆良の姿勢にどことなく矛盾を感じた。

その後、拓人と瑞月は近くのラーメン屋でお昼を食べることにした。
その時2人は、試験開始時間ギリギリに走って会場に入っていく理香を目撃した。
理香も先日の会話では「今はまだ会社は受けずにOB訪問をメインにして下調べを色々するつもり」と言っていたはずなのに。
しかも理香と隆良は同じ試験を受けるのに一緒に来なかった。
恐らく、同じ試験を受けることもお互いに知らないのだろう。
理香を見た瑞月は「一緒に来たりしないんだね」とつぶやいた。

数日後。拓人と光太郎は理香の部屋に来ていた。
光太郎がプリンタを使っている間、拓人は理香が就活用に作ったという名刺を見ていた。
名刺の表にはたくさんの肩書が並べられていて、就活でこれから関わり合いになりそうな人に渡しているのだという。
拓人は内心「イタいことやってるな」と思いながら、そっと名刺を直した。

「OB訪問20人目達成!」と自慢する理香に、光太郎はどうやって人脈を広げているのか聞いた。
理香は「知り合いのアドレスや番号からフェイスブックやツイッターを検索すれば大体ヒットするし、さらに知り合いの知り合いをフォローすれば、直接話さなくても企業の情報がわかったりするよ」とアドバイスした。

そのとき光太郎の携帯に受けていた会社から電話があり、光太郎は急いで外に出ていった。
光太郎が電話に出たのとほぼ同時に拓人にもメールがきたので見てみると、先日受けた全日通信からの『不採用通知』だった。

拓人が気を取り直して理香のプリンタを使おうとした時、光太郎が印刷していたのが成績証明書だと気付いて固まった。
成績証明書は最終面接のときに必要な書類だったからだ。
理香もそれを見て驚いていた。
光太郎が就活を始めたのは4人の中で一番遅かったのに、早くも内定に近づいていたのだ。
拓人は焦りを感じつつ、無言で作業を始めた。

その日の深夜。拓人は上手くいかない苛立ちをぶつけるように烏丸ギンジにラインを送った。
「頑張ってるアピールしたって何にもならない。
頭の中にあるうちは何でも傑作で、お前はその中から出られないんだ」

数分後、ギンジから「もうすぐ劇団プラネットも大学も辞める。就職もしないし、舞台で生きていく」と返信がきた。

エンドロール:中田ヤスタカ『NANIMONO(feat.米津玄師)

「何者」関連商品(楽天)

[ad]

解説・考察や感想など※ネタバレありき

就活を通して悪い意味での人間臭さみたいなものが表されているので、現在就活中の人は特に閲覧注意な作品だと思いました!
バッドエンドではないのが救いですが、ホラー映画でも見ているような気分になりました。。
SNSを使って本音と建て前を浮き彫りにしています。
SNSじゃないと本音を言えなくて、相手の本音を探るのにもSNSを使ってる感じ。。。恐ろしい!

『頭の中にあるうちは何でも傑作』という言葉が刺さりました。
感じてはいたことだけど、言葉に出来ていなかったことのひとつです。
だんだん演劇っぽくなっていくシーンがあって少し戸惑いましたが、あれは監督ならではの主人公の心中描写だったようですね。

原作が朝井リョウなので心理描写が多かったんですが、そこらへんについて気付いたことや疑問に思ったことを考えていきます!

拓人がエントリーシートを見られたくなかった理由

拓人はエントリーシートの特技の欄に『演劇』と書くのを光太郎たちに見られたくなくて、わざわざサワ先輩の部屋で書いていました。
拓人は光太郎たちには話していませんでしたが、本当は演技や舞台に関わる仕事がしたいと考えていました。
でも、同時に『何かに熱中したり、叶いそうにない夢を追いかけるのは恥ずかしい』とも思っていました。
表向き、拓人は『冷静で現実的な自分』を装う傾向があるので、周囲の友人に、本当は演劇を仕事にしたいくらい好きだということを知られたくなかったんです。
なぜなら、烏丸ギンジのように夢を周りに語って実際に行動を起こしても、もし失敗したら『挫折した自分』を知られて恥ずかしいし、誰にも悟られないようにしれっと演劇や舞台関係の会社を受けて、受かってから報告した方がスマートでカッコイイと考えていたからです。

烏丸ギンジと宮本隆良


(隆良とサワ先輩 引用:https://natalie.mu

拓人は、ギンジと隆良は考え方が似ていると感じていたので、そのことをサワ先輩に世間話がてら話していました。
しばらくして、拓人と隆良が喫煙所に居たところにサワ先輩がやって来て、サワ先輩は初めて隆良と話しました。
その後、拓人がサワ先輩に「ギンジと隆良は、想像力がないところが似てる」と嫌味っぽく言うと、サワ先輩は「ギンジと隆良は全然似てないよ。お前こそもっと想像力があると思ってたよ」と答えました。
サワ先輩からの思わぬ辛口コメントに、拓人は黙ってしまいます。
さらにその後、拓人は理香に「ギンジくんと隆良って似てるよね」と言われて言葉に詰まってしまいます。

烏丸ギンジと宮本隆良は、拓人や理香から見ると似ていて、サワ先輩から見ると全然違ったようですが、何がどう似ていて似ていなかったのか考えていきます。

まず、ギンジと隆良は『就活をしない(したくない)、企業に所属したくない』という共通する意見を持っています。
このざっくりした信念から、拓人や理香は2人が似ていると感じたのだと思います。
しかし、サワ先輩はさらにその先を見て「似ていない」と判断したんだと思います。
2人がなぜ就活をしたくない、企業に所属したくないのかというと、ギンジは『表現者』であり続けたいから、そして舞台で食べていくと決めたからです。
実際にギンジは物語の冒頭から舞台で食べていくことを決意して毒ビスを立ち上げ、夢を行動に移しています。

それに対して、隆良は特にこれと言った夢は持っていなくて、発言をまとめると『企業に依存したくない』、『団体に所属するメリットを感じない』、『就活という時代の流れに乗るようなこともしたくない』という就活・企業に対する負のイメージが理由になっています。
しかし、隆良はそれだけのことを言っておきながら隠れて就活していたり、2チャンネルの誰かの発言をそのままパクッて言ってしまったり、理系の院生というだけでサワ先輩を見下すような場面もあるので、他人の考え方やネットの情報にすごく影響されやすいタイプのようです。
だからこそ、終盤でコロッと「やっぱりちゃんと就活してみる!」と言える柔軟性もある憎めないキャラなんですけどね。
なので隆良の意見自体が、ただ漠然と「就活・就職したくない」という理由付けのために『企業に依存したくない』だの、どこかで拾ってきたような意見を言っているだけなのかもしれません。
まとめると、隆良には芯がないというか、よく見ると中身はからっぽの状態です。
サワ先輩は隆良のそういう部分を見抜いた上で「似ていない」と判断したのでしょう。

スポンサーリンク

理香が@nanimonoを「悲しい」と言った理由


(引用:http://kracpot.hatenablog.com

拓人はツイッターのアカウントを2つ持っていて、1つは友人たちと交流するような普通のアカウントで、もう1つは誰にも言えないような愚痴や友人・知人の悪口を書き込む、いわゆる裏アカウントでした。
裏のアカウント名は『@nanimono』で、理香は拓人の裏垢の存在を知っていました。
終盤、理香が拓人に「私、そのツイッターのアカウント名見て悲しくなった。」と言うシーンがありますが、何が悲しかったのか考えていきます。

理香は、拓人が自分自身のことを全く理解できていないことが悲しかったんだと思います。
理解できていないというのは、自分にも周囲にも「演劇はもう諦めた」と言いながら本当は諦めきれていなかったり、今は就活が上手くいっていなくて友人にも先を越されてしまったダサい自分だけど、いつかは自分の理想の『何者か』になれると信じていること、裏垢で何者でもない人間になって毒を吐き続けないと自分を保つことができていないことなどです。
拓人は周囲から鋭い分析力があると思われていて彼自身もそうだと思っていますが、自分自身の分析が全くできていなかった(ありのままの自分を見つめることが出来ていない)んです。
拓人は心の中ではギンジ、理香、隆良、光太郎などの痛いところ(ギンジと理香の頑張ってますアピールや、隆良が中身からっぽな部など)を発見しては見下して馬鹿にして、時には裏アカウントでそれをつぶやいていたわけですが、拓人自身も友人・知人の悪口をツイッターでつぶやいていることや、就活2年目なのに光太郎や瑞月に先を越されてしまったこと、嫉妬や焦りが先に立って光太郎と瑞月に「内定おめでとう」が言えない所など、痛いところはあるはずなのに、拓人はそのことを直視出来ていなかったんです。

自己分析が出来ているかという点では、理香は拓人よりはずっと自己分析が出来ていますし、自分は自分でしかないということをわかっていました。
自作の名刺や知り合いの知り合いをフォローすることが例え痛い行為だと思われても、使えるものはフル活用して必死でやらないと就活は成功しないと考えた上で実行していたからです。
だからこそ、理香には拓人の痛さが誰よりも目に付いていたのかもしれません。

拓人のその後は?


(引用:https://filmaga.filmarks.com

ラストでどこかの企業の面接を受けた拓人は、面接官に「自分自身を1分間で表現してください」という質問に「1分間では無理です」と答えて面接会場から出ていきました。
あの後、拓人はどうしたのか考えていきます。

拓人は1分間スピーチで演劇に対する思いを口に出したことで、改めて気持ちの整理がついたというか、自分が本当にやりたいことは何なのかを自覚したんだと思います。
だからこそあの時面接会場から出ていったわけですが、あの後、拓人は演劇関係の企業に絞って就活をしたか、就活をやめて烏丸ギンジと和解して毒ビスに入ったかのどちらかだと予想します。
拓人はどこか吹っ切れていましたし、全力で夢を追いかけることが恥ずかしいことではないと知ったので、ギンジと和解する方が可能性が高いかも、というかそうなって欲しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました