映画「七つの会議」ネタバレ考察|七つの大罪と絡めたり会議の数を数えたり | 映画鑑賞中。 - Part 2

映画「七つの会議」ネタバレ考察|七つの大罪と絡めたり会議の数を数えたり

クライムドラマ

結末

七つの会議
(御前会議 引用:https://twitter.com

大阪での御前会議当日。
ゼノックスからは徳山社長(北大路欣也)、副社長の田部(木下ほうか)、常務の梨田と、もう1人の重役(井上肇)が、TKDからは宮野社長、村西副社長、北川部長が集まりました。

宮野と北川が大体の状況を説明した後、村西は会議室に八角と坂戸を入れました。
リコールの責任を問う梨田に、八角は「そもそもTKDの隠蔽体質を作ったのはあなたです!」と言い、元々用意していた資料から『20年前の出来事』に関するページが抜けていると指摘しました。

20年前、ある大手鉄道会社が座席の発注先を決めるためのコンペを開催し、当時のTKDは社運をかけて参加しました。
その当時、八角と北川の上司だった梨田は、コンペに提出する座席の強度に関する資料のデータを改ざんするよう2人に命じました。

さらに梨田は「もし不正が発覚したら『下請けが勝手にやった』と言え」とも命じます。
この時、八角は悩んだ末に改ざんを断り、北川は梨田に従いました。
それ以降、八角は梨田から見放されました。

その後のコンペでTKDは見事発注先に選ばれて、梨田は堂々たる実績を手にゼノックスに戻り、北川も大きく出世しました。
しかし、その座席が新品に交換されるまでの数年間、八角は毎日「いつ事故が起きるか」と怯えながら過ごし、それは北川も同じだったはずだと語りました。

次に、坂戸がネジの強度偽装を行うことになった経緯を話し始めました。
それは坂戸が一課長に就いたばかりの2年前にさかのぼります。
坂戸は、とある大手航空会社のコンペを「絶対に勝ち取れ」と北川から命じられました。
コンペで勝つためには、他社より少しでも安いコストで部品を仕入れる必要があります。

坂戸は北川にもらった新規取引先候補リストの企業に手あたり次第に交渉して、トーメイテックにたどり着きます。
そこで坂戸はトーメイテックの江木社長から、ネジ強度のデータを偽装してコストを抑える方法を打診されました。
坂戸は一度は断りましたが、北川からの重圧に耐えきれず、最終的に誘いに乗ったと打ち明けます。
しかし、下請け会社が自ら不正を持ち掛けるのは普通ならありえない話です。

「作り話では?」という声が上がる中、八角は数日前に江木と話した時のボイスレコーダーを流します。
そこには、江木が「全部、宮野社長の命令でやりました」と白状する声が録音されていました。

江木と宮野は年の差はありますが、同郷で学校と部活が一緒でした。
江木は「野球部の大先輩だった宮野に逆らえなかった」と涙ながらに語っていました。

徳山が「言い訳抜きの真実を話せ」と命じると、宮野は観念したように話し始めます。
当時、宮野は業績不振による将来への不安から、大手航空会社のコンペを勝ち取るための『ネジの強度偽装』を思いつき、後輩だった江木に声をかけて強引に承諾させました。
そして、トーメイテックの名前が書かれた新規取引先候補のリストを北川を通して坂戸に渡し、現在に至ります。

宮野は「業績が安定してからネジを交換すればいいと思った。20年前に梨田常務が行っていた強度偽装を真似した」と答えます。
梨田が徳山に睨まれて縮こまる様子に、北川は痛快感を抑えきれませんでした。

こうして不正の全容が明かされましたが、徳山は「この会議に議事録は存在しない」と隠蔽を暗示する発言をして会議を終わらせました。

『こうなったら自分でマスコミや国交省にリークするしかない』と考えた八角が会社に戻ると、TKDの社内からトーメイテックのネジに関する資料はまるごと消えていました。
御前会議をしている間にゼノックスの社員がTKDに現れて、資料とデータを片っ端から持ち去っていました。
御前会議はただの時間稼ぎで、徳山は初めから隠蔽するつもりだったことを意味しています。

八角は「証拠隠滅されてしまったが、誰かが信じてくれるまで話し続ける」と北川に語りました。
その日の夜。北川は八角に「俺もお前みたいな勇気があれば、違う人生を歩めたかもしれない」と語り、北川のオフィスに落ちていたというトーメイテック社製のネジを渡しました。
それはゼノックスの社員が見つけられなかった唯一の証拠です。


(八角にネジを渡す北川 引用:https://twitter.com

1週間後。1本のネジが功を奏して国交省が動き、リコール隠しが世間に暴かれました。

弁護士(役所広司)が「告発者であるあなたの意見を聞かせてください」と訊ねると、八角は「この世から不正は絶対になくならない。特に日本の場合、会社の常識が一般常識よりも大事になる。
『侍の生きざま』みたいなものが、日本人のDNAに組み込まれている気がする。
欧米人なら『そんな会社辞めちまえ』と考えるが、日本人は『辞めたら負け、逃げたら負け』と考える。
会社と社員の持ちつ持たれつの関係は日本特有で、時には大きな功績を生むが、隠蔽が起こる原因にもなる」と答えました。

その後、TKDには営業一課だけが残され、他の部署は全て村西が立ち上げた新設会社に吸収されました。

宮野は特別背任容疑で告訴され、坂戸は八角の知り合いの会社に再就職しました。
北川は脱サラして実家のバラ園を手伝い始め、今は食用バラの開発に励んでいます。

ゼノックスの徳山社長は全ての責任を梨田常務に取らせて社長の座に居座り、梨田は地方の子会社に左遷されました。

TKDの営業一課は膨大に残る残務処理のためだけの存在になっていますが、残った原島が笑顔で部下と仕事しています。
八角は村西の会社の立ち上げメンバーに誘われましたが、営業一課に残って原島達と仲良く仕事をしています。
浜本は予定通り会社を辞めた後、個人経営のドーナツ店に就職して、TKDに残されたドーナツ無人販売所に毎日ドーナツを運んでいます。

 

考察や感想など!

池井戸潤原作、監督はドラマ『半沢直樹』を担当された福澤克雄ということで、かなり半沢直樹の雰囲気を彷彿とさせる作品でした!
主演が堺雅人じゃないのが不思議なくらいです。

会議が七つあったかどうか確認

タイトルの七つの会議が実際にはどの会議だったのかが気になったので、思い出しながら整理していきたいと思います。

①5月の定例会議
原島がまだ二課長だった頃の売り上げ報告会議です。
初っ端だったこともあって強く記憶に残っています。

②6月定例会議
坂戸が一課を去り、原島が一課長になって初めての定例会議です。

③社内環境改善会議
浜本がドーナツ企画を提案していた会議です。

④4月の秘密会議
八角がネジの不正に気付いて北川に報告した後、屋上で行われた秘密会議です。
場所が外だったのであれですが、関係者が揃って相談していたので会議と捉えます。

⑤6月の秘密会議
ネジの不正について宮野社長が隠蔽すると発表した会議です。

⑥トーメイテックでの会議
八角、原島、浜本が不正の真相を探るためにトーメイテックの江木に尋問を行った会議です。
真犯人が暴かれる重要な場面なので、七つのうちに入るはずです。

⑦御前会議
ゼノックスの徳山社長が参加した一番最後の会議です。

以上で七つの会議になると思うんですが、原作小説ではもっと多くの会議が行われていたようです。(原作未読です、すみません。)

 

七つの大罪との関わりは?

また、「七つの○○」というフレーズからは「七つの大罪」を連想します。
七つの大罪というのは、キリスト教における『人間を破滅へ導く七つの罪深い感情』みたいな教えで『傲慢、憤怒、嫉妬、怠惰、強欲、暴食、色欲』の七つです。

八角が「人間は愚かで強欲だ」というような発言もしていましたし、登場キャラの性格などをよくよく思いかえしてみると、わりと当てはまっていたと思うのですが、皆さんはどう思われましたか?
キャラクターの性格や行動を七つの大罪の感情に当てはめてみます。

・傲慢
これはわかりやすいと思いますが、ゼノックスの常務 梨田(鹿賀丈史)のキャラクターそのものです。

・憤怒
これはどう考えても、部下からは「鬼」と恐れられ会議で怒鳴り散らかしていた北川(香川照之)です。

・嫉妬
これは多くのキャラにある程度あてはまるかもしれませんが、嫉妬を強く表していたのは、北川に出世で先を越されて焦っていた経理部長の飯山(春風亭昇太)ではないでしょうか。

・怠惰
これはわかりやすく、八角(野村萬斎)です。

・強欲
この感情を1人のキャラに絞るのは難しいですが、一番強欲だったのは誰かと言われれば、1つのネタから三兎を得ようとしていたカスタマー室長の佐野(岡田浩暉)だと思います。
これに関しては梨田、宮野、徳山なんかも当てはまりそうではあります。

・暴食
これも難しいですが、食に関することで破滅したのは経理部の社員で浜本の不倫相手だった新田(藤森慎吾)でしょうか。

・色欲
これも新田か浜本か迷いますが、新田は暴食で挙げてしまいましたし、不倫に囚われていたキャラということで一課の女性社員 浜本(朝倉あき)が妥当かなと思います。

実質的な主人公だった原島が七つの大罪の罪に何も当てはまらない人物でした。

ついでに私個人の感想を書くと、現代の物語として描かれた作品でしたが、雰囲気はかなり昭和~平成初期の香りが漂っていたように感じました。
「御前様」という言い方もそうですが、パワハラやセクハラの意識が社会に浸透した今、あんなにあからさまにパワハラ行為が横行している会社ってあるのかなと思ってしまいました。
私が世間知らずなだけかもしれませんが。

あとは、野村萬斎さんが現代人役を初めて演じたということもあってか萬斎さんの浮きっぷりが半端なかったです(笑)
全体的な声の出し方もそうでしたけど、得意の「ヒッヒッヒ」が特に違和感ありました。笑
悪口みたいになってしまいましたが、私は野村萬斎さんが好きです。

以上です!読んで頂きありがとうございました。
この記事が気に入ったらハートマークを押してもらえると嬉しいです(^^)

映画『七つの会議』関連商品を楽天で検索する! 

・関連記事

感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました