アニメ「この世界の片隅に」ネタバレ解説|リンと周作の関係、すずの口紅、ばけもんの正体など考察 | 映画鑑賞中。

アニメ「この世界の片隅に」ネタバレ解説|リンと周作の関係、すずの口紅、ばけもんの正体など考察

ヒューマンドラマ(歴史)

アニメ映画「この世界の片隅に」の解説・考察をしています!

戦時中の広島で生まれ育った少女すずの半生を描いた感動作。
昭和初期に広島で生まれ、絵を描くのが大好きなすずは、大好きな家族や祖母と共にのんびりと育った。
18歳になり、呉に住む4歳年上の男性 北条周作の元へ嫁に行き、すずの北条家での新しい生活が始まった。
戦時中で色んなものが不足する中、すずは持ち前の機転と明るさで楽しく暮らしていたが、戦争が激化するにつれて多くの大事なものを失った。

制作年:2016年
本編時間:129分
制作国:日本
監督:片渕須直
脚本:片渕須直
原作:漫画/こうの史代『この世界の片隅に

 

声優&キャラクター紹介

(引用:https://konosekai.jp

北條すずのん
旧姓は浦野。広島で生まれ育った少女。
非常にのんびりした性格で、絵を描くのが大好き。
北条周作との結婚を機に呉に移住した。

(引用:https://konosekai.jp

北條周作細谷佳正
すずの夫。すずとは幼い頃に偶然広島で出会い、大人になってからすずの居場所を探しだして結婚を申し込んだ。
軍法会議の書記官をしている。

 

(引用:https://konosekai.jp

黒村径子尾身美詞
周作の姉。気が強くキツイ性格で仕事も早く、自立心が強く好き嫌いが激しい。
若い頃はモガ(モダンガール)だったため人一倍お洒落。
亡くなった夫との間に子供が2人いる。

 

(引用:https://konosekai.jp

黒村晴美稲葉菜月
径子の娘。おしとやかで賢い。すずに良くなついている。
兄に教えてもらった軍艦が好き。

 

(引用:https://konosekai.jp

水原哲小野大輔
すずの幼馴染み。
兄に憧れて海軍に入った。すずに恋心を抱いている。
幼い頃は無口でぶっきらぼうだったが、朗らかな好青年に成長した。

・その他のキャスト
浦野すみ(すずの妹)…潘めぐみ
北條円太郎(周作の父)…牛山茂
北條サン(周作の母)…新谷真弓
白木リン(遊女)…岩井七世
浦野十郎(すずの父)…小山剛志
浦野キセノ(すずの母)…津田真澄
浦野要一(すずの兄)…大森夏向
刈谷さん(北条家のご近所さん)…たちばなことね
知多さん(北条家のご近所さん、広島に草履を届けに行った)…瀬田ひろみ
堂本さん(北条家のご近所さん)…世弥きくよ
森田イト(すずの祖母)…京田尚子
マリナ(草津に住むすずの叔母)…目黒未奈
千鶴子(すずの親戚)…池田優音
ばけもん…三宅健太
憲兵…栩野幸知 ほか

スポンサーリンク

あらすじ:起

昭和8年12月。広島市江波の海苔養殖師の家に育った浦野すずは、人からよく「ボーっとしている」と言われるタイプで、絵を描くのが大好きな少女だった。
9歳になったすずは、できた海苔を取引先に届けるため、太田川を舟で下って広島市の街に出たものの、途中で道に迷ってしまった。

この時、すずは大きなかごを背負った、みすぼらしい身なりの大男のばけもんに捕まった。
入れられたかごの中で、すずは少し年上の男の子と出会い、持っていたキャラメルを一緒に食べた。
男の子に教えてもらって初めて人さらいに捕まったのだと気付いたすずは、持っていた海苔と望遠鏡を使ってばけもんを眠らせて、逃げることに成功した。

無事に家に戻ったすずは、この事件を絵に描いて妹のすみに見せると、すみはとても喜んだ。
すずは、ばけもんにさらわれたのは、自分がボーっとしていて見た夢に違いないと思っていた。


(すずが描いたばけもんの絵 引用:https://tomitoko.com

昭和18年12月。すずが19歳になる年。
祖母の家にいたすずの所に、ご近所さんがニヤニヤしながら現れた。
何でもすずの縁談話らしく、相手は呉からわざわざすずを訪ねて来ていて、両親から「すぐ帰ってこい」という伝言を伝えに来てくれたのだ。
※おばあちゃんとすずたちは別々の家に住んでいる。

突然のことに動揺するすずに、祖母は牡丹柄の着物を渡し「これはこういう時のために用意してたんだ。
嫌だったら断ればいいから、一度会ってきなさい」と優しく言った。
混乱しながら自宅に向かって歩いている途中、すずは小学校時代の同級生の水原哲と再会した。
水原は学校を卒業してから海軍に入隊して水平さんになっていた。
すずは水原が縁談相手かと思いドキドキしたが、水原は「俺は兄貴の七回忌で戻ってきただけじゃ」と言いながら足早に去っていった。
※水原の兄も水平さんで、戦争で亡くなっている。

その頃、浦野家では縁談相手の北条周作と、その父 円太郎がすずの帰りを待っていた。
すずは玄関の外からこっそりのぞき見ていると、円太郎が「何年も前に(周作とすずは)会ったことがあるそうですけど、周作が名前しか知らんので、お宅を探すのに苦労しました」と話しているのが聞こえた。
すずは周作の顔に見覚えは無かったが、口の中にキャラメルの味が広がった気がした。
周作と会うのがイヤだったすずは家に入らず、北条親子が通りかかることがなさそうな、駅とは逆方向の道を行った先にある木の上で時間を潰していた。
ところがしばらく経つと、道に迷った北条親子が現れて「水兵さんに道を聞いたんだが、迷ってしまった」と言い、すずに道を訪ねてきた。
焦ったすずは、おばあちゃんにもらった着物で顔を隠したまま親子を駅まで案内した。
すずは「バレてはいないだろう」と高をくくっていたが、後日、北条家から届いたハガキに「道案内ありがとうございました」と書いてあった。

すずの気持ちの整理もつかないまま縁談話は進み、翌年、すずと周作は呉の北条家で祝言をあげた。
当時の呉は港に多数の軍艦が浮かび、街も栄えていた。
北条家は街から少し離れた、街と港が見渡せる一番すみっこの小高い場所にあった。

(祝言をあげるすずと周平 引用:https://jp.ign.com


祝言が終わってすずの家族が帰った後、すずは改めて義父母(周作の両親)に挨拶した。
2人とも温かく迎えてくれて、特に周作の母サンは足が悪いこともあり、すずが来てくれたことをとても喜んでいた。

すずがお風呂から上がって寝室に入ると、周作は祝言の時に何も食べていなくてお腹が空いたのか、窓から干し柿をとって食べ始めた。
すずが「うちら、どこかで会いましたか?」と聞くと、周作は「あるよ、昔だけど。あんたは覚えてないか」と寂しげに答えたので、すずは慌てて謝った。
周作は笑って「その時もここにほくろがあった」とすずの口元を触り、2人は顔を赤くしながらキスをした。

翌日から、すずは北条家の嫁として家事を始め、戦争に行った兄 要一に結婚報告のハガキを出した。

すずの新しい生活は、朝方に起きて、まず共同の井戸に水汲みに行き、朝ご飯を作り、周作と円太郎の出勤を見送ってから洗濯、配給当番がある日は町に出て、そのままご近所さん達と空襲など緊急時の対応の仕方について講習を受け、帰って夕飯を作り、お風呂のお湯を沸かす、といった毎日だった。
周作は呉にある海軍鎮守府の軍法会議の書記官、円太郎は広海軍工廠(航空機関の軍需工場)の技師だった。

スポンサーリンク

すずが嫁いで数か月後の昭和19年3月。嫁に出ていた周作の姉、径子が突然、娘の晴美を連れて里帰りしてきた。
径子は若い頃、当時にはめずらしく仕事も夫も自分で決めてきた自立心の強い女性だった。
性格はせっかちで気が強く、径子は実家に帰ってきて早々、会うのが2度目のすずに「服装がダサい」と文句を言い、すずの夕飯作りの手際の悪さが見ていられず、「私がする」と言うと径子がちゃちゃっと代わりに作ってしまった。

夕飯が出来上がると、径子はすずに「※あんた、広島に帰ったら?」とつっけんどんに言った。
少しの沈黙のあと、径子以外の家族が「これは気が付かんで悪かった」と笑いながら里帰りをすすめた。
すずはみんなの態度を少し不思議に思いながら、結婚して初めて里帰りすることにした。
※径子は「出ていけ」という意味で言ったが、径子以外の家族は慌てて里帰りに話をそらしたので、すずは単純に里帰りをすすめてくれたのだと勘違いした。

こうして里帰りしたすずは実家で晩ご飯を食べながら、両親とすみに呉での生活ぶりを報告した。
すみは美人に成長し、学校を卒業してから女子挺身隊の一員となり工場に勤務していた。
油臭くて危険な仕事だが、すみいわく『美男子の将校さん』に良くしてもらっていたり、それなりに楽しく生活しているようだ。
すみと近況を報告し合って寝ようとしたとき、すずは自分の頭に10円ハゲがあることをすみから知らされてショックを受けた。
すずは自分でも気が付かないうちに、北条家での慣れない生活がストレスになっていたのだ。

スポンサーリンク

あらすじ:承

昭和19年5月。径子は嫁ぎ先に帰り、すずは径子に楽させてもらった分、また家事を頑張ろうとはりきっていた。
だが国からの配給はさらに少なくなり、家族4人の1日分の配給が干したイワシ4匹だけだった。
すずはご近所さんにタンポポやスミレなどの食べられる野草を教えてもらい、少しでもたくさん食べられるように考えながら料理した。
工夫しながら料理するのは楽しくて、スミレの花の味噌汁などのすずらしい料理は家族にも好評だったが、※『食料増量の法』という本に載っていたやり方で調理したお米は、量は驚くほど増えたが味はイマイチだった。

昭和19年6月。呉の街では※建物疎開が始まり空き地が増えていった。
※建物疎開:空襲による火災の被害を最小限にするため、建物を壊して空き地にすること。
北条家は取り壊しの対象外だったので事なきを得たが、戦争が現実味をおびてきたと感じていたとき、径子と晴美がふたたび北条家に戻ってきた。
径子の嫁ぎ先である黒村家は建物疎開の対象になり、一家は親戚を頼って下関に疎開することになったそうなのだが、径子は「良い機会だから離縁することにしました」と淡々と明かし、家族皆を驚かせた。

昭和19年7月。近所の人にも手伝ってもらいながら、黒村家を解体した後の木材を使って北条家の真横に防空壕を作った。
掘った時に出た土をすずが畑に持って行くと、畑に立って海を見ていた晴美が「お兄さんに教えてもらった」と言いながら、港に浮かぶ軍艦を説明しだした。
すずはお兄さん=周作だと思いながら、熱心に晴美の話を聞いた。

その後、にわか雨に降られて防空壕に入ったすずは、周作から、晴美には久夫という兄がいて『お兄さん』は久夫のことだと教えてもらった。
その時良い雰囲気になり2人はキスをしたが、義両親にバッチリ見られてしまい、2人とも真っ赤になった。
義両親は気にしていなかったが、周作とすずのキスを知った径子は、家族で自分だけが独り身であることを思い知らされて部屋の隅で落ち込んでいた。

スポンサーリンク

その日、すずは、周作とサンから径子の身の上話を聞いた。
径子は街にある黒村時計店の店主と恋仲になり結婚して、やがて久夫と晴美が産まれ、店はしばらく2人で切り盛りしていた。
戦争が始まってから径子の夫は出征し、先月戦地で亡くなった。
義両親と径子は元々そりが合わなかったため、疎開を機に離婚を決めたのだそうだ。
長男の久夫は黒村家の跡取りなので義両親に渡すしかなく、径子は落ち込んでいるという。

すずは、径子が精神的に辛い状況だったことに気付かなかった自分に自己嫌悪を感じ、落ち着きを取り戻そうと畑で港の絵を描いていたとき、突然スケッチブックを憲兵に取られ、中を見られて北条家に引っ張って連れていかれた。
憲兵は、家にいたサンと径子を玄関に立たせて「この女(すず)は間諜(スパイ)行為をしていた!今後はしっかり見張っておくように!」と長時間にわたって説教をした。
すずは皆に迷惑をかけてしまったと罪悪感にかられていたが、憲兵が帰った後、径子とサンは大爆笑。
帰ってきた周平も憲兵のことを聞くと、没収されたスケッチブックの代わりに小さなノートを渡してすずを慰めようとしたが、やがて我慢できなくなり、周作も腹を抱えて笑った。
すずは自分が皆を笑顔にしていることが最初は嬉しかったが、後に話を聞いた円太郎も大笑いして、4人がいつまでも笑うので最後には拗ねてしまった。

スポンサーリンク

昭和19年8月。砂糖の配給が停止された日、砂糖をうっかり水がめの中に落としてしまったすずは、サンに促されて闇市に砂糖を買いに行くことになった。
すずは闇市に行くのは初めてだった。
そこは活気にあふれ、畑で作るのが禁じられている作物など沢山が売られていることに驚きながら砂糖を探した。
砂糖を売っている店はすぐ見つかったが、とても高く、少しだけしか買えなかった。

闇市からの帰り、すずは道に迷ってしまった。
そこはお女郎さんらしき若い女性たちが多い通りで、すずは彼女たちに道を聞いて回ったが、彼女らはこの街をよく知らないのか、聞いた全員がバラバラの方向を指さした。
疲れたすずがしゃがみこんで地面に絵を描いていると、リンという若い女郎さんが現れた。
リンは正確な帰り道を教えてくれて、ついでにここは遊郭街で、この辺りにいる女性は他所から来た人ばかりだと教えてくれた。
話しながら歩いているとスイカの話になり、リンは「子供の頃は貧乏で人の食べ残しばっかり食べとったけど、一度、草津で親切にしてもらって赤い所を食べたなぁ」と思い出話をした。
すずは子どもの頃に草津の親戚の家で、食べ終わったスイカの皮をかじっていた座敷童を見たのを思い出し、あれは彼女だったのかもしれないと思った。

遊郭の門に着くと、リンは紙とえんぴつを出して「お菓子の絵を描いて」と頼んだ。
すずが絵を描きはじめるとと、リンが「※ウエハーの乗ったアイスクリームも!」とリクエストしたが、すずはウエハーが何かわからなかった。
※ウエハースのこと
すずは「描いてまた持ってきます」と言ったが、リンは「ここはあんたみたいな子が何度も来るとこじゃないよ」と言い、笑顔で行ってしまった。

家に戻ってから径子にウエハーのことを聞くと、径子は説明しながら砂糖が溶けた水がめの水を飲んで「味を思い出してたら水まで甘く感じる」とうっとりしたので、砂糖が溶けていることはだまっておいた。

スポンサーリンク

昭和19年9月、ある日の昼間。すずは周作から「忘れ物を職場に届けてほしい」と頼まれた。
着の身着のまま忘れ物を持って出ようとしたら、径子に「身なりが汚い」と叱られて、すずはキレイなモンペに着替えて径子におしろいを塗られて出かけた。
すずが周作に忘れものを渡すと、周作は「街に行こうか。持ってこさせたのは口実じゃ」とデートに誘った。
すずは嬉しくてしみじみとニヤニヤしてからデートを楽しんだ。

(周作の忘れ物を届けに来たすず 引用:https://twitter.com

 

あらすじ:転

昭和19年12月。外が暗くなった頃、立派な水平さんになった水原が、すずに会うため北条家を訪ねて来た。
北条家はすずの同郷である彼を歓迎した。
水原は子どもの頃とは変わって明るく朗らかな好青年になっており、がたいも良く、冬でも肌は日焼けして黒かった。
水原は食卓で「すずが嫌になったら、いつでも俺が連れ帰りますけぇ!」と冗談を言ってすずに殴られた後も、始終ニコニコしながらすずが家事をしている姿を眺めていた。
周作は、北条家では見せない態度を水原に見せるすずと、楽しそうな水原の様子をじっと横目に見ていた。

水原はそのまま北条家に泊まることになり、周作は納屋の2階を提供した。
周作は「会えるのは最後になるかもしれんから、2人でじっくり話してきんさい」と言い、すずに※あんかを持たせた。
※あんか:燃えた炭を入れて使う暖房器具
すずが外に出ると同時に周作は玄関にカギをかけてしまい、その音はすずにも聞こえていた。

すずはモヤモヤしながら納屋に上がり、水原と思い出話に花を咲かせた。
やがて水原はすずに近づいてキスしようとしたが、すずは「あんたとこうなるのをずっと待っとった気がする。でも、今はあの人(周平)に腹が立って仕方がない!ほんまにごめん!」と拒んだ。
水原は「旦那が好きなんか?お前はほんまに普通じゃの!」と残念そうに布団に寝転がり「ほんまに連れて帰らんでええんか?無理やり嫁にされたと思っとったけど」と聞いた。
すずが首を横にふると、水原は「ならよかった!」と笑った。

水原は死んだ兄の影を追って海軍に入り、人間の『当たり前』のレールから外れてしまったが、ここで普通に生きているすずを見て安心したと話した。
「お前だけはこの世界で最後まで普通で、まともでおってくれ。すず、お前べっぴんになったで!」と笑いながら、水原はすずに納屋をゆずり、海の方に歩いて行った。
すずは水原に素直な気持ちを伝えられなかったことを後悔しながら『生きてここに来てくれてありがとう』と、水原がくれたサギの羽で作ったペンでノートに記した。

スポンサーリンク

昭和20年2月。すずの兄 要一が戦士したと知らせを受けたすずは、周作とともに実家に戻った。
しかし、軍から渡された要一の遺品は遺骨もなく、石ころのような謎の黒い塊1つだけで、すずたちは要一の死を全く実感できなかった。
すずは帰りの電車の中で『死んでしまったら言葉で直接相手に伝えることが出来なくなる』と思い至り、周作に感じていた不満(水原が来た日の夜の周作の行動)を訴えて、周作と喧嘩した。
すずがふっかけた売り言葉に周作も乗り、喧嘩は北条家に帰り着く直前まで続いた。

3月下旬。すずが晴美と畑の世話をしていた時、空に米軍の戦闘機がいくつも飛んできた。
戦闘機は軍港に向けて攻撃を始め、空には様々な色の煙や火花が上がった。
すずは不謹慎だと思いながらも、その光景が美しく見えて『今ここに絵の具があれば』と考えてしまった。
ボーっと空を見続けていると、円太郎が走ってきて2人をかばいながら畑に伏せ、やがて応戦した軍港から飛んできた空砲の破片がそこらじゅうに降り注いだ。
円太郎はすずと晴美をかばって畑に伏せたまま動かなくなったので、2人は円太郎が死んでしまったと思った。
だが円太郎は夜勤明けで疲れていて、2人をかばっているうちに眠ってしまっただけだった。
北条家に被害はなかったが、すずと晴美は「びっくりした!怖かった!」と大泣きした。
軍港は大きな被害を受けたが、その影響で死んでしまった魚がたくさん港に打ちあがったため、この辺りの家はしばらく食べ物に困らなかった。

それから空襲警報は昼夜を問わず頻繁に起き、その度に防空壕へ逃げ込む日々が続いた。
何度も避難しているが北条家に実害はなく、夜中に鳴ると晴美は「警報もう飽きた!」とだだをこねたりした。
周囲の男性が次々に戦争に駆り出されて行き、ついに十代の男の子たちにまで招集がかかった。
その度にすずは気が重くなりながらも国旗を振って「おめでとうございます」と、出征する男の子たちを見送った。

5月5日。義父の円太郎が家に帰ってこなかった。
すずは夜中まで円太郎を待ち続けている周作をはげまそうとしたが、周作はその時すずに、周作自身も軍から招集がかかったことを報告した。
泊まり込みで軍事訓練を受けることになり、3カ月は家に戻れないと言う。
周作は「こんな小さいすずさんが、男がおらんくなるこの家を守っていけるかのう」と不安がった。
すずは動揺したものの、すぐに落ち着きを取り戻して「この家でずっと待ってます」と周作を抱きしめた。

5月15日。周作が軍服姿で出発するのを、すずは普段は付けない口紅を塗って見送った。
サンは「なんか急に家が広うなった気がするね」と呟きながら、座ってできる家事を始めた。

スポンサーリンク

昭和20年6月21日。行方不明になっていた円太郎から荷物と手紙が届き、頭とお腹を怪我して海軍病院に入院していたことがわかった。
生きていていることもわかり、もう退院間近だと書いてあったのですず達は胸をなでおろした。
荷物の中には壊れた時計と『修理してほしい』と径子宛てに伝言が書かれていたので、径子は「良い機会だから、晴美と一緒に下関の黒村さんに顔出してくるわ」と告げた。

翌日。径子と晴美を見送りにすずが駅について行くと、切符売り場には長い行列が出来ていた。
径子が並んで切符を買う間、すずと晴美は円太郎のお見舞いに行くことにした。
円太郎はそれなりに元気そうで、意識を取り戻したのが最近だったと話した。
晴美は円太郎の隣のベッドの軍人さんと軍艦の話題で盛り上がっていた。
海軍兵が大勢入院しているこの病院ではさまざまな情報やうわさが飛び交っており、軍艦大和が沈没したらしいことを知った。

病院を出てから、晴美が港の軍艦を見たいと言うので、一緒に港が見える場所を探していた時、空襲警報が鳴り、2人は近くの防空壕に入れてもらった。
防空壕に入ると晴美が「暗くて怖い」と言うので、すずは地面に径子と晴美の似顔絵を描いてあげた。
やがてミサイルが降ってきて、防空壕の中にものすごい振動と爆発音が鳴り響き、皆が耳をふさいでうずくまり、収まるのを待った。
数時間後、防空壕から出た2人は駅へ歩き始めたが、途中、晴美が壊れた防波堤から海を見ようとして立ち止まった場所の近くに時限爆弾が落ちていた。
すずはすぐにその場から離れようとしたが、同時に爆発が起きた。

北条家で目が覚めたすずは、右手がなくなっていることに気付いた。
同時に、すずの枕元に座っていた径子が「この人殺し!晴美を返せ!」と泣き崩れるのを見て、晴美が死んでしまったことを知った。
すずはただただ泣いて謝った。
退院して自宅に戻っていた円太郎が径子を叱って配給に行かせた後、サンは「あの子も動転しとって、本気で言うとりゃせんよ。あんたが助かっただけでも良かったと思っとるんよ」と、すずの髪をときながら慰めた。
すずはあの時、晴美と左手で手をつないでいれば助かったかもしれない、自分も一緒に死んでいればよかった、など後悔しながら過ごした。

7月1日。円太郎が仕事に復帰した。
その日の夜の空襲で、北条家は初めて被害を受けた。
屋根を突き破って家の中に照明弾が落ちて来たのだ。
すずが雄たけびを上げながら照明弾に布団をかぶせ、水をかけて火を消したので、被害は最小限で済んだ。
この時の空襲で、すずと周作の仲人を務めた小林夫妻は自宅が全焼してしまい、北条家でしばらく一緒に住むことになった。

翌朝。井戸に水汲みに行ったすずは、道端で「遊郭が丸焼けになったそうだ」と男たちが話しているのを聞き、リンが心配になった。
そこに突然、軍事訓練中のはずの周作が現れた。
すずは驚くと同時に周作の声を聴いて安心し、その場で気を失った。

数日後。怪我をしたすずの様子を見に妹のすみが北条家に来てくれた。
すみと会って元気が出たすずは、家路につくすみを途中まで送ることにした。
すみは『美男子の将校さん』とのノロケ話をしたり、変わらない元気な姿を見せてくれた。
すみは将校さんに車に乗せてもらってここまで来て、帰りもどこかで待ち合わせしているらしい。
焼け野原になった呉の街を見た後、すみは「家事ができんと居りづらいじゃろう。こっちは空襲も少ないし」と、すずに広島に戻ってくるようすすめて広島に帰っていった。

7月28日。すずは周作に広島に帰ろうと思っていることを伝えた。
周作は止めようとしたが、すずは理由を言おうとせず、周作の説得も全く聞こうとしなかった。

8月6日。周作と円太郎が仕事に行った後、すずは広島に帰ることを径子に伝えた。
径子は「晴美のことをすずさんのせいにして悪かった。すずさんの居場所はここでもいいし、どこでもえぇ。
つまらん気兼ねは無しに、自分で決めなさい」と素直な気持ちを伝えた。
その時、空が一瞬白く光り、すずと径子はそれが雷かと思った。
すずは「やっぱり、ここに居てもいいですか?」と泣きながら騒いでいた時、地面が大きく揺れた。
ラジオをつけてみても何も聞こえず、すずと径子が外に出てみると、広島の方から巨大な煙がもくもく上がっているのが見えた。
広島に原子爆弾が投下されて上がった煙だった。
すずはその煙を見て、いつか晴美と一緒に見た『かなとこ雲』を思い出していた。

スポンサーリンク

翌日。近所の人が広島に「道路が溶けていたら靴が使えないから」と、ゾウリを届けに行くことを知って、すずも一緒に行きたいと申し出た。
長かった髪の毛をその場で短くちょん切って覚悟を伝えたが、すずは怪我人のため連れていってもらえなかった。
すずは広島に行く人に浦野家全員の名前を伝え、家族が無事でいることを祈るしかなかった。

8月9日。すずは周作から、広島に新型爆弾が落とされていたことを聞かされた。
夕食後、すずは竹刀で訓練の練習をしていた周作に「ここにずっと居らせてください!」と頼んだ。
周作は「心配かけよって!この阿保!」と言いながら勢いよく竹刀を振った。

8月15日。天皇陛下から重大放送があると知らされたすずたちは、ラジオの前で正座してご近所さんたちと一緒に放送を聞いた。
それは日本が戦争に負けたことを伝える玉音放送だった。
サン、径子は黙り、ご近所さんたちは「仕方ない」と敗戦を受け止めていたが、すずは納得できず「最後の1人まで戦うんじゃなかったんかね!私の手足だって、あと3本残っとるのに!」と叫んだ。
怒りを鎮めようとに井戸に水汲みに行ったすずはその帰り、家の裏で径子がひとり、晴美の名前を呼びながら泣き崩れているのを目にした。
すずはバケツを持ったまま畑に行き、悔し涙を流した。
その日はサンが緊急時用に隠していた白米を出してくれて、何も混ぜずに炊いた真っ白な白米をみんなで食べた。
敗戦と同時に※灯火管制も解除され、街のあちこちに明かりがともった。
※灯火管制:夜の敵の襲撃に備えて、明かりが外から見えないようにすること。

あらすじ:結

10月。周作が海軍の解体作業が終わるまで泊まり込みで働くことになり、しばらく自宅に戻れなくなった。
周作は「わしは必ず、すずさんとこに帰ってくるけえ!」と言い残して仕事に向かい、すずは元気よく見送った。

11月、塩や醤油がなくなったので、ご近所さんと一緒に海水をくみに港に行った。
その時、港には唯一生き残った軍艦『青葉』が浮かんでいて、すずは晴美が軍艦を見たがっていたことを思い出した。
すずは水原のことも晴美のことも、思い出すときは笑って思い出そうと決め、微笑みながら家に帰った。

昭和21年1月。すずはやっと広島に帰省することが出来た。
すずの実家は原爆でなくなってしまい、妹のすみは祖母の家に居た。
すみは被爆の後遺症で寝込んでいるものの、それなりには元気で安心したが、腕には放射能が原因で出来た紫色のシミが出来ていた。
「治るかなあ」と不安がるすみに、すずは「治らなきゃおかしいよ!」と励ました。

すみは原爆で母が亡くなり、父も母を亡くした心労でその後すぐに倒れて、10月に亡くなっていたことをすずに明かした。
すずは絵が描けない代わりに『鬼いちゃん(おにいちゃん・要一のこと)が南の島にたどり着いてヤシの葉で家を作り、ヒゲぼうぼうになってワニのお嫁さんをもらう』という作り話をして、すみは笑わせた。

スポンサーリンク

広島の街ではみんな、誰かが誰かを探している。
周作と待ち合わせて広島の街に出たすずは、何回か他人と間違われて声をかけられ、その度につらい気持ちになった。
無事に周作と合流したすずは、焼けて見晴らしの良くなった街を見て回った。
焼けずに残っていた橋に近づくと、周作は「わしらが初めて会うたんはこの橋の上じゃった」と言って立ち止まった。
ここは、すずが子どもの頃に『ばけもん』に捕まった橋だ。
周作は、ばけもんのかごの中で会い、一緒にキャラメルを食べた男の子だったことをすずは今更知った。

周作は「この橋もわしらも、変わり続けていくじゃろうが、わしはすずさんがいつでもわかる。ここにほくろがあるけえ、すぐわかる」と言い、すずの口元のほくろを触った。
すずは「ありがとう。この世界の片隅に、うちを見付けてくれて。ずっとそばにおってください」とほほえんだ。
その時、2人の後ろを『ばけもん(人攫いの浮浪者)』が通り過ぎた。
すずには、ばけもんが2人に背を向けたまま手を振り、背中のカゴからはワニが顔をのぞかせているのが目に浮かんだ。

**

広島に住んでいた、とある女の子と母親は原爆の被害にあい、母親は右手を失くしながらも生き残り、娘を連れてしばらく歩いてきたものの、休憩のために座った場所でそのまま亡くなってしまった。
女の子はずっと母親の隣にいたが、やがて母親が腐って崩れ落ちてしまったのを見ると1人で歩き始め、広島駅にたどり着いた。
女の子は駅で汽車を待っていたすずの隣に座った。
周作がすずに「すみさんのこともあるし、広島に住むか?」と聞くと、すずは「すみちゃんのことも心配じゃけど、呉はうちが選んだ場所ですけぇ」と答えた。
その直後、隣に座った女の子がすずの右手にしがみついたため、すずと周作は女の子を一緒に呉に連れて帰ることにした。

北条家に帰って女の子を見せると、サンは女の子が虫だらけなのを見てお風呂に入らせるように言い、径子は晴美の服を引っ張り出した。
これからまた、すずの呉での生活が続いていく。

エンドロールはすず、径子、女の子が楽しく暮らしている様子や、要一の子どもの頃の姿、リンが子どもの頃に奉公先から逃げ出して、草津のすずの親戚の家の屋根裏にたまたま逃げ込み、縁側でスイカを食べた後、おばあちゃんにすずの浴衣を着せてもらって呉に向かう姿などが描かれている。

主題歌:コトリンゴ『みぎてのうた
エンディングテーマ:コトリンゴ『たんぽぽ

『この世界の片隅に』関連商品(楽天)

スポンサーリンク

解説・考察や感想など

水原が北条親子に間違った道を教えた理由

(帰省した水原とすれ違ったすず 引用:https://frequ.jp

すずに縁談話があった日、周作と会うのがイヤだったすずは、駅とは別方向にある木の上で時間を潰していたのに、周作と円太郎に出くわしてしまいました。
このとき、円太郎が「水兵さんに道を聞いたのに迷ってしまった」と言っています。
この『水兵さん』は水原のことで、水原はこの時から既にすずを好いていました。
恐らく水原は、わざわざ呉からすずを捜しに来た男の顔を見てやろうと外をうろうろしていて、帰り際の親子に道を聞かれたのでしょう。
そして水原は小さな嫌がらせのつもりで親子に間違った道を教えました。
ですが、水原が教えた道の先には帰らなかったすずがいて親子と会ってしまうので、残念ながら嫌がらせは失敗したことになります。

周作と遊女のリンについて

(すずに声をかけるリン 引用:https://webnewtype.com

映画で多くは語られていませんが原作漫画では、周作は遊女のリンとの結婚を真剣に考えていた過去があります。
ですが、周作の家族は遊女である彼女との結婚に反対します。
そして周作は「子どもの頃に広島で会った『浦野すず』という人となら結婚してもいい。そうすればリンを諦める」と家族に条件を出しました。
インターネットも何もないこの時代に、何年も前に会った子どもを名前だけを手がかりに探すというのはかなり難易度が高いです。
周作は家族に難しい条件を出して諦めさせて、リンとの結婚を承諾させようと考えていたのです。
ところが周作の思惑とは裏腹に、本気になった家族は本当にすずを見つけてしまい、結果、周作は縁談話に乗らざるをえなくなりました。
このことから、円太郎の「探すのに苦労した」という発言や、周作の黙りこくった態度の理由がわかります。

すずがリンと周作の関係を知って葛藤している場面が原作ではもっと描かれていましたが、映画では周作がリンのために買っていたリンドウの絵柄のお茶碗が倉庫にしまってあるなどの伏線はありつつも、核心には触れずにとどまっています。

 
スポンサーリンク

すずが憲兵にスパイと間違われて家族が爆笑した理由

すずが畑で港の絵を描いていた際、憲兵がすずの絵を見てスパイと勘違いして北条家に怒鳴りこみにくるシーンがあります。
家にいた径子とサンは黙って憲兵の話を聞いていましたが、憲兵が帰った後、お腹を抱えて爆笑します。

これは、すずの性格をよく知る径子とサンにとっては、すずがスパイと間違われること自体がありえなかったからです。
最初はすずも「みんな楽しそうだからいいや」程度でしたが、円太郎と周作も大笑いしたので、すずは笑われすぎて最後はイジけてしまいました。

すずが見た座敷童=リン?

すずは子どもの頃に草津の親戚の家で、女の子が屋根裏から降りてきてすずたちが食べた後のスイカを縁側でかじっているのを目撃します。
座敷童だと思ったすずは、新しいスイカを縁側に持っていきますが、女の子はいなくなってしまいました。

この女の子が幼い頃のリンだったことが、エンドロール中の映像で描かれています。
リンは幼い頃に売られて奉公に出されますが、その後脱走して草津にあったすずの親戚の家に忍び込みしばらく隠れていました。
草津の親戚は女の子が隠れていることを知りつつ黙認していました。
そしてすずが女の子のために置いていった浴衣を、草津のおばあちゃんはリンにプレゼントして逃がしています。

スポンサーリンク

『食料増量の法』の『楠公飯(なんこうめし)』


(引用:https://bunshun.jp

『食料増量の法』は、戦時中の食糧難を乗り越えるために奨励された、節約調理法や、食材をかさ増して少しでも多く食べられるような調理法を本にしたものです。
すずはこの本を参考にして様々な料理に挑戦しています。
中でも特徴的だった『楠公飯(なんこうめし)』は、鎌倉時代に足利尊氏らと共に活躍した武将の楠木正成が考案した調理法と言われています。
絵で見る限りはプルプルしていてご飯粒にツヤもあり、美味しそうに見えますが、家族はかなり不味そうに食べていたのも印象的でした。
『お米を炒ってふくらませてから炊く』という調理方法から察するに、ポン菓子状態に膨らませたお米にお湯を吸わせたものに近いんじゃないかな、と思われます。
この楠公飯を実際に作って試食されている方のブログや動画がいくつもあるので、気になる方は画像・動画検索してみてください!

水原の「当たり前」とは?

Suzu paints the scenery of a sunset by the sea, with rolling waves like white rabbits.

(水原の絵を描くすず 引用:https://reelrundown.com

水原がすずを訪ねて北条家に来た際、水原はすずに「自分は当たり前のレールから外れてしまった」と語っています。
水原は海軍に入って戦争にも参加して、いつ死んでもおかしくないような状況にいます。
水原の言う『当たり前』とは、恐らく『戦争と関係ない世界で家事などをこなしながら生活して、寿命を迎えて死んでいくこと』を指しているのでしょう。
すずが暮らしているのは決して戦争と関係ない世界ではないですが、海軍に入って戦争、戦場を目の当たりにしている水原にとっては、すずの暮らす世界が戦争とかけ離れた平和な暮らしに見えたんだと思われます。

すずが周平を好きなことを「お前はほんまに普通じゃの」と言ったのは、「妻が夫を好き」なのは普通のことだからです。
水原はすずが好きだったので残念がりつつも、「普通」だったすずに安心していたのでしょう。

 

すずが大事にしていた口紅

映画では遊郭の女性リンとの交流は一度しか登場しませんが、原作ですずはリンとテルという遊郭の女性と、呉の街にすずが出るたびに交流していました。
テルもリンと同じく他所からやって来た女性でしたが、空襲で亡くなってしまいます。
後にすずはテルの形見の口紅をリンから手渡され、周作と長い間離れ離れになってしまう直前などの大切な場面でこの口紅を使っていました。

ちなみにリンの死は映画では、すずが井戸に向かう途中に道端で男たちが話していた「遊郭も丸焼けになったそうだ」という会話から示唆されています。

スポンサーリンク

すずが広島に帰ろうとした理由

すずは時限爆弾にやられて右手を失った後、周作に「広島に帰ろうと思う」と話し、周作は止めようとしますが、すずは聞きませんでした。
理由は少なくとも2つあり、まずひとつ目は『すずは右腕を失って家事が満足に出来なくなったから』です。
この時代の結婚はお見合いが主流で、結婚する理由も『男は女に身の回りの世話をしてもらうため』、『女は男に養ってもらう代わりに家事をして子どもを産み育てる』という合理的な観念によるものでした。
径子がしたような『恋愛結婚』はまだまだマイナーで、誰もが抱く憧れのようなものです。
すずがリンに『男の子を生むことの重要性』を話していたことから、すずも恐らく祖母や母や国から教わった当時の主流の結婚概念を理解していたのでしょう。
結婚直後、サンや円太郎の「(サンの)足が悪いから来てくれて助かる」という発言も、結婚の合理的な意味合いを強めています。
結婚後も子供を授からなかったすずにとって、家事が出来なくなることは嫁ぎ先に居づらくなる大きな理由になりますし、右手が無いことで多少の介助も必要になるので、北條家の迷惑をかけられないという思いもあったでしょう。

もうひとつの大きな理由は晴美です。
晴美はすずと一緒に居た時に時限爆弾の被害に遭って亡くなります。
恐らくすずが何よりも耐え難かったのは、晴美の母 径子に対する負い目です。
それがわかるのは、すずが周作の説得には耳を貸さなかったのに対し、径子の許しには涙を流してすがったシーンです。
自分が面倒見ていた子が死んで自分だけ生き残り、娘が死んで悲しむ母を見るのはすずにとってもどれだけ辛いでしょう。
すずは径子に許してもらい「居たければ居てもいい」と言われたことで、径子の気持ちを確認するかのように、北條家に居ても良いかどうか聞きなおしてしています。

すずの妹すみのその後は?

(引用:https://twitter.com

8月6日、広島にいたすみは被爆して放射能を浴び、すずがお見舞いに来た際は体調も優れず腕にはあざが広がっています。
すみのその後の詳細は語られませんが、もしすみが長く生きたとしても、一生被爆の後遺症で苦しむことになるでしょう。
この頃はまだ放射能の恐ろしさは日本であまり知られていないですし、現在もですが放射能汚染による症の治療法はありません。
すずの「治らなきゃおかしい!」という言葉が切なく響きます。

 

ばけもんの正体は?

映画ではばけもんについてあまり語られませんが、原作ではこのばけもんが鬼いちゃん(要一)の成れの果ての姿ということになっています。
映画ではバケモンのかごに、すずが描いた『要一のお嫁さんのワニ』が入っていることでそれを暗に表しています。
つまり、ばけもんは特定の1人のことではなく、この頃に出没した人さらいの男たちのことを指しています。

要一は本当は死んでおらず、すずが想像ですみに話した通りどこかの国で生き残って、どうにかして広島に戻ってきました。
戻ってきたならすずやすみに連絡すればいいのにと思いますが、この時代は戦争から生きて帰って来た者は恥ずかしいという風習がありました。
人一倍プライドが高かった要一は恐らく、自分が生き残ったことを恥ずかしいと思っていたでしょうし、両親は亡くなっています。
恐らくそのために要一は生きていたことを明かさず、いつかすずやすみや知り合いたちの幸せそうな姿が見れることを願いつつ、広島で身を潜めながら生きていくことを選んだのかもしれません。

以上です!お読みくださりありがとうございました(^^)

『この世界の片隅に』関連商品(楽天)

コメント

タイトルとURLをコピーしました