「私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第」ネタバレと感想! | 映画鑑賞中。

「私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第」ネタバレと感想!

官能ドラマ

壇蜜主演で話題となった映画「私の奴隷になりなさい」の第3弾。 話は前作の終了から始まる。
主人公・目黒は明乃との体験でSMの世界にすっかりのめり込んでいた。

 

制作年:2013年
本編時間:103分
制作国:日本
監督:城定秀夫
脚本:石川均、城定秀夫
原作:官能小説/サタミシュウ『おまえ次第

キャスト&キャラクター紹介

目黒毎熊克也

(引用:https://www.sponichi.co.jp

大手広告デザイン社に勤める既婚者の男。
妻の希美は妊娠中で、お腹はもうだいぶ大きくなっている。
明乃と瀬尾との出会いをきっかけに『S』に目覚め、妻に隠れて数人の女と『主従関係』を結んでいる。

 

マユコ杉山未央

(引用:https://natalie.mu

目黒の奴隷になる若い女。
本屋でアルバイトとして働いている。
婚約中の彼氏と同棲している。

・その他のキャスト

希美(目黒の妻)…百合沙
明乃(目黒の初めての奴隷)…行平あい佳
目黒の奴隷…川合瑞恵範田紗々
SMバーの店主…石田佳央
ミヤベ(バーの常連、目黒のS仲間)…榊英雄
ミサト(店主の奴隷)…山根千芽
マナミ(バーの常連、目黒のS仲間)…福山理子
マナミの奴隷…原田裕章
タクシー運転手…池田良
警備員…諏訪太朗
マユコの彼氏…賢太
目黒の上司…ボブ鈴木
ミヤベの奴隷…陽田奈緒
モデル…篠田果歩 ほか

スポンサーリンク

結末までのあらすじ

話は前作の終わりから始まる。
主人公の目黒は明乃との別れでSMの世界から足を洗ったと思われたが、むしろ逆だった。
前作で描かれていなかった空白の2年の間に、目黒は妻に隠れて別の女数人と『主従関係』を結び、時には平日の昼休みを利用してSMプレイに興じるようになっていた。
今ではSMバーの常連になり、S仲間と酒を飲みながらどんなプレイをしたか報告し合う毎日を送っていた。
目黒は今 関係を持っている2人の奴隷ではどこか物足らないのか満足しなくなっていて、最近はあまり興奮できなくなっていた。

(妻に送るアリバイ工作用の写真を撮る目黒 引用:https://twitter.com

そんな時、SMバーに1人の若くて野暮ったい女性マユコが来店した。
彼女は自分に自信がないせいかお洒落に無頓着で、いつもスッピンにメガネで生活している。
マユコは彼氏に隠れてタバコを吸っていた。
いつも彼氏が寝静まった後にこっそり部屋を抜け出してマンションの屋上で吸っていたのだが、ある夜 喫煙していた時、屋上にSMバーの店主と、首輪を付けて鎖で繋がれた奴隷のミサトがやってきた。
マユコがとっさに隠れて様子を伺っていると、2人は『お散歩プレイ』(ミサトが全裸で四つん這いになって店主の後ろを歩く)を楽しんで帰っていった。
2人のプレイを見たマユコは、彼女自身も驚くほど興奮した。
後日、本屋で品出しをしている時にサタミシュウのSM小説『ご主人様と呼ばせてください』に興味を持ったマユコは、自分自身に奴隷願望があることに気がついた。
そして彼女は『ご主人様』を求めて、生まれて初めてSMバーに足を運んだのだった。

目黒はひと目でマユコの『Mの才能』を見抜き、声をかけた。
その後、目黒はマユコを店の地下にあるSMプレイのための部屋に連れていき、そこで彼女は目黒の奴隷になることに決めた。

目黒に「君はお洒落に無頓着過ぎる。もっと綺麗になれるはずだ。そうなりたいなら、まずはこのだらしない下着や服、それと今までの自分を捨てなさい。」と言われたマユコは、下着も私服も全て一新した。
そして美容院でパーマとカラーをして、化粧もちゃんとするようになり、今までとは見違えるほど美人に変身した。


(綺麗になったマユコ 引用:https://www.youtube.com
その後、マユコは目黒と最初に結ばれた時、生まれて初めてセックスの快感を知った。
マユコは目黒に「私の体に革命が起きました!」と嬉しそうに報告した。
その後、マユコは目黒のために婚約者とも別れた。

目黒は、今手がけている本の表紙のデザインに女性モデルを使おうとしていたが、なかなか良い子が見つからなくて困っていた。
目黒はマユコをモデルに使おうと思い付き、彼女を深夜の会社の撮影室に連れていくと、濡れたタオルでマユコを思い切り叩きながらカメラのシャッターを切りまくった。

後日、逆光のマユコと水しぶきの写真が表紙になった、ビジュアル版『王族たちの性』が全国の書店に置かれ、その写真は周囲からも称賛されて売り上げは良好だった。
その本はマユコの宝物になった。

マユコの誕生日の夜。
目黒はマユコに首輪をプレゼントして、SMバーで彼女の誕生日パーティーを開いた。
2人で踊って幸せな時間を過ごしていた時、店内に目黒のもう一人の奴隷のサキが乱入してきた。
目黒はマユコと出会ってから彼女に夢中になり、他の奴隷と全く連絡を取っていなかった。
目黒の奴隷だったサキは、淋しさに耐えかねて目黒の居場所を探しだして突撃したのだった。

サキは店内で人暴れすると、目黒に「寂しくて我慢できない。一緒に死んでください」と言い、目黒に襲い掛かった。
目黒は店から出て走って逃げたが、踏切で追いつかれて首を噛まれて意識を失った。

目が覚めると目黒はSMバーに戻って来ていて、怪我はマユコが手当てしてくれていた。
サキはどうなったのかわからないが、それ以降は目黒の前に現れなかった。
マユコは目黒に他にも奴隷がいたことを怒ったりもせず、ただ傍に居てくれた。
目黒は感謝して、マユコを抱きしめた。

後日。目黒はマユコの部屋に行って元カレを呼び出させて、目黒の目の前で彼女に元カレとセックスさせた。
目黒は前作での明乃と瀬尾のことがあってから、瀬尾の狙いが理解できなかったことがずっと心に引っかかっていた。

目黒にとってマユコはどこか明乃を思い出させるところがあり、ずっとマユコに明乃の影を見ていたのだった。
そして、目黒は瀬尾の気持ちを理解しようと思い、瀬尾がしていたことと同じことをさせてみて、それを見学した。
だが結局、行為が終わる前にマユコと元カレを引き離し、元カレを部屋から追い出してしまった。
目黒には瀬尾の気持ちがわからなったのだ。
マユコに自分の目的を正直に打ち明けると、マユコは「ご主人様が私を見ていないのはわかっていました。それがとても悲しいです。」と答えた。
その日から、目黒はマユコと会うのをやめた。

数か月後。目黒の妻・希美がついに出産して元気な女の子を産んだ。
目黒は出産に立ち会っていたが、赤ちゃんが生まれた直後に吐き気を催して分娩室から出た。

その後、目黒がSMバーに行くと、バーの店主と奴隷のミサトは婚約して、幸せムードに包まれていた。
目黒は自分自身にとっての『幸せ』がわからなくなり、今度はマナミに頼んで女王様になってもらい、Mになってみることにした。

(ムチを持つマナミ 引用:https://www.cinemacafe.net)
ムチで思いきりぶたれ、目黒は涙を流しながらマナミが着けていたディルドをしゃぶった。

主題歌
『ブビブビドゥ』ボンジュール鈴木
[ad]

感想や考察など!

(マユコにつけた鎖を引いて歩く目黒 引用:https://natalie.mu

前作より濡れ場が少なかったのと、個人的にはヒロインとバーの店主の奴隷ちゃんが可愛かったし、女王様も格好良くてリアルで(本物見ことないですが)見やすかったです。
なんだか伏線とか何かを表しているような描写は多かったんですが、ぶっちゃけ意味がよくわからなかったので解説にならなかったらすみません(;’∀’)

全体的にまとめると、目黒はSMの世界を通して幸せとは何かを模索する(そして答えは見つからない)というストーリーでした。

目黒は前作で、妻を他の男に寝取られせて、それでも幸せそうにしていた瀬尾を理解しようとして色々試しますが、目黒には瀬尾の気持ちが理解できなかったようです。
なので、最後は明乃の気持ちを理解してみようとM体験をしますが、これが目黒にとって良かったのか悪かったのか、どうだったのか描かれないまま終わります。どうだったのよ?笑

目黒がグルグルと回るもの(地球儀など)を見つめている場面がやたらと描かれていますが、あれは目黒が思考の堂々巡りを続けていることや、瀬尾と明乃との出来事から抜け出せない目黒の状態を表しているんだと解釈しています。

一番最後の、目黒が分娩室で吐き気を催していた意味と、分娩室から出た時に、今までの奴隷4人が目黒の妄想として登場した意味が良くわかりませんでした。
妄想のシーンは、目黒は子どもも生まれたので女遊びを卒業したいと思っているけど、これからもやめられないこと、自分を慰めてくれて慕ってくれる彼女が欲しいという目黒の願望と、本物のSにはなれなかったことを表していたのかな?

吐き気に関しては(あまり自信がありませんが)目黒が怪我をした後の希美との会話で、希美が怪我を全然心配してなくて逆にちょっと冷たい態度が印象的でした。
離婚するつもりは全くなさそうでしたが、これからずっと尻に敷かれ続ける自分の未来を想像して吐き気を催したのでしょうか。
解説ブログ書いているのにこんなこと言うのもあれですが、誰か解説してほしいですww

関連記事

前作↓

映画『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』関連商品(楽天)

コメント

タイトルとURLをコピーしました