映画『ノイズ』(2022)ネタバレあらすじと感想|過疎集落で『雑音』排除。島民以外は皆敵 | 映画鑑賞中。

映画『ノイズ』(2022)ネタバレあらすじと感想|過疎集落で『雑音』排除。島民以外は皆敵

サスペンス

映画『ノイズ』のあらすじと感想を紹介しています!

愛知県の離島『猪狩島』に突然現れた幼児性愛者 小御坂に娘が狙われていることを知った島民の泉圭太は、乱闘の末に小御坂を殺してしまう。
島の復興活動に熱心で島民たちから愛される圭太は、親友や島民たちの協力を得て、島のために殺人を隠蔽することにした。

 

ノイズ

制作年:2022年
本編時間:128分
制作国:日本
監督:廣木隆一
脚本:片岡翔
原作漫画:『ノイズ 』筒井哲也 著

・本作の解説考察記事はこちらです↓

映画『ノイズ』(2022)解説考察|ひまわりと遊園地、タイトルの意味、自殺の理由など
藤原竜也、松山ケンイチ主演の映画『ノイズ』の解説考察をしています! 豪華キャストで話も面白かったはずなのに、個人的には...

主要人物&キャスト

ノイズ
©筒井哲也/集英社©2022映画「ノイズ」製作委員会

泉 圭太藤原竜也
学生時代…光山叶倭
猪狩島で生まれ育った青年。
若い頃に両親を亡くし、島の大人たち皆に育ててもらった。
圭太が島の復興のために力を入れた『黒イチジク』がメディアに取り上げられ、英雄視されている。
妻の加奈とは円満で、娘の恵理奈を溺愛している。

 


©筒井哲也/集英社©2022映画「ノイズ」製作委員会

田辺 純松山ケンイチ
圭太の幼馴染みで兄弟のような存在。猟師で独身。
純の親も圭太の両親と同じ事故で亡くなっている。
禁猟の時期は毎日のように圭太の農作業の手伝いをしている。

 

ノイズ
©筒井哲也/集英社©2022映画「ノイズ」製作委員会

守屋 真一郎神木隆之介
猪狩島の新任駐在員。圭太と純の弟のような存在。
父親が早くに亡くなり母子家庭。
母親の口癖は「ウソだけはついてはいけない」。

 

ノイズ
©筒井哲也/集英社©2022映画「ノイズ」製作委員会

畠山 努永瀬正敏
愛知県警捜査一課の刑事。
失踪した保護司の鈴木の捜査で猪狩島に現れた。
過去に小御坂が起こした事件を捜査したことがある。

 

ノイズ
©筒井哲也/集英社©2022映画「ノイズ」製作委員会

小御坂 睦雄(こみさか むつお)…渡辺大知
幼女に対する強姦殺人で服役していた男。
社会復帰のためのプログラムで猪狩島を訪れて、担当の保護司・鈴木を殺害して逃亡。
その後、恵理奈に目を付けたことで圭太と乱闘になりはずみで死亡。

 

泉加奈…黒木華
泉恵理奈…飯島莉央
青木千尋(刑事)…伊藤歩
庄司華江(町長)…余貴美子
横田庄吉…柄本明
野毛二郎(庄司の秘書)…迫田孝也
横田昭一(庄吉の息子)…酒向芳
横田洋子(昭一の妻)…菜葉花
山下伸介(医師)…大石吾朗
守屋仁美(真一郎の母)…鶴田真由
岡崎正(猪狩島駐在員)…寺島進
鈴木賢治(保護司)…諏訪太朗
酒井義昭(地方創生局)…波岡一喜 ほか

 

あらすじ起:死んだ犯罪者

ノイズ
©筒井哲也/集英社©2022映画「ノイズ」製作委員会

愛知県の離島『猪狩島』に、刑務所から出所して間もない男・小御坂(渡辺大知)と前科者の社会復帰を手助けする保護司の鈴木(諏訪太朗)が訪れます。

鈴木は、泉圭太(藤原竜也)のイチジク農園で小御坂を雇ってもらえないか交渉する予定でしたが、島について間もなく、小御坂は鈴木を殺してしまいます。

小御坂は島内を歩き回り、圭太が設置していた無人販売のイチジクを無銭で食べ散らかす現場を圭太と純が目撃します。
声を掛けると小御坂は無言でその場を離れていきました。

その後、小御坂は圭太の家にたどり着き、5歳の恵理奈を見つけると性欲を覚えてターゲットにしました。
小御坂がイチジクのビニールハウスにいることに気付いた圭太は、純と駐在員の真一郎(神木隆之介)と一緒に追い出そうとした時、もみ合いの末に小御坂はあっさり死んでしまいました。

真一郎が「何もなかったことにしよう」と言い出すと、圭太と純も「島のためだ」と同意し、3人だけの秘密にして隠蔽する決意をします。
その夜は死体を純の自宅の獣用冷蔵庫に入れましたが、ハウスから冷蔵庫に死体を運ぶ所を、老人の横田庄吉(柄本明)が目撃していました。

その日の夜は猪狩島と圭太の黒イチジクの宣伝が全国放送される日だったので、島の皆が集会所に集まって番組を見ました。
この時、町長の庄司(余貴美子)から島民達に「圭太のおかげで国から5億円の補助金がもらえそう」と報告しました。

補助金がもらえれば島は豊かになって、島民達が待ち望んでいる総合病院も建てられるので、島民たちは大喜びして圭太を褒めたたえました。

 

あらすじ承:鈴木と小御坂を探す警察

ノイズ
©筒井哲也/集英社©2022映画「ノイズ」製作委員会

2日目。鈴木の妻が鈴木の捜索願いを出しました。
担当になった刑事の畠山(永瀬正敏)青木(伊藤歩)は、鈴木の足取りを辿って猪狩島に着きました。

鈴木が猪狩島に行った目的を知った2人は、真っ先に圭太の農園に来て「鈴木と小御坂を知らないか?」と探りを入れますが、圭太も純も真一郎も「見ていない」と答えました。

その後、本土から応援を呼んで島を捜索すると、鈴木の遺体が見つかりました。
小御坂が島で殺人していたことを知らなかった圭太と純は驚きつつ、見つかる前に死体を埋めてしまおうと真一郎を純の家に呼びました。

そこに突然、庄司町長が乱入してきて小御坂の死体を見てしまいました。
庄司が「役立たずの純が罪を1人で被って自首しろ。圭太は純が逮捕されたら島から出ていけ。イチジク畑は私が引き継ぐ」と身勝手なことを言い出しました。

すると、外で会話を聞いていて激昂した横田庄吉が乱入してきて、ナタで庄司を襲いました。
乱闘の末に、庄司も庄吉も死んでしまいます。
庄司にとどめを刺したのは純でした。
庄吉の最期の言葉は「圭太、島を頼んだ」でした。

死体が増えて困り果てた3人は、庄吉の娘夫婦(酒向芳、菜葉菜)、町医者の山下(大石吾朗)、庄司の部下だった野毛(迫田孝也)に事情を打ち明けて隠蔽に協力してもらいました。
庄吉の死因は『老衰』で診断書を作ってもらい刑事2人に遺体を一切見せず、葬式への参加も許しませんでした。

庄司の死体は島の小型船に乗せて本土近くの沿岸に放置し、小御坂が庄司に船を運転させて本土まで着いた後に庄司を殺したかのように偽装し、小御坂の死体はそのまま冷蔵庫に入れておくことにします。
日頃 庄司からパワハラを受けていた野毛は圭太に感謝し、喜んで協力しました。

一方で、警察の捜査情報を圭太達に漏らすスパイ状態になっていた真一郎は、畠山に仲間だと見抜かれたこともあり精神的に追い詰められていきます。

あらすじ転:真相に近づく畠山 真一郎の自白 

ノイズ
(死体を運ぶ圭太 ©筒井哲也/集英社©2022映画「ノイズ」製作委員会

3日目。警察本部は、小御坂は本土に逃げたと判断して猪狩島から撤退します。
畠山と青木は偽装を見抜いて上司に訴えますが、証拠が無いと却下されました。
2人だけ島に残って粘り強く聞き込みを続けますが、島民達は「なぜまだ島に居る?早く出ていけ」と冷遇して捜査は難航します。

その日、畠山と青木は泉家の庭に小御坂の履歴書が落ちているのを発見し、圭太が小御坂失踪に関わっていると確信しました。

その後、野毛に聞き込みをした時に圭太達の証言に矛盾があることが判明して、畠山と青木は純の冷蔵庫の中を無理やりこじ開けますが、中にはイノシシの死体しかありませんでした。

冷蔵庫ではいずれ見つかってしまうと予想した圭太と純は、小御坂をイチジクのビニールハウスの土の下に埋めていたのです。

4日目の朝、罪悪感に耐えかねた真一郎が駐在所で自殺してしまいました。

真一郎は遺言をスマホで動画に撮っていて、圭太は真一郎のスマホを回収しようとして失敗します。
畠山が遺言を見てみると、真一郎は「私は嘘をついていました。小御坂と町長を殺したのは私です。殺して山に埋めました。僕は島の『かさぶた』になりたかった。ごめんなさい」と残されていました。

小御坂の自白で事件が終わったかと思われた時、島民全員の携帯に一斉送信でメールが送られてきました。
送り主は死んだはずの庄司町長の携帯電話からで、内容は『小御坂はイチジク畑に埋まっている。犯人は泉圭太』という告発文でした。

島全体がざわめく中、警察は応援を呼んでイチジク畑を一斉捜査します。

圭太と純がビニールハウスの中でどちらが自首するかで口論になった時、畠山がハウスに入ってきて「大事なイチジクの下に小御坂なんかの死体を埋めるわけがない。あるとしたらここだ」と言い当てました。

観念した圭太が自白して、全ての罪を1人で背負いました。

結末と感想は次のページです!

感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました