映画「ナイトクローラー」あらすじ結末ネタバレ・解説・恐怖のサクセスストーリー!

ナイトクローラー

映画『落下の王国』、『ボーン・レガシー』の脚本を手掛けた脚本家であるダン・ギルロイの初監督作品。
主演のジェイク・ギレンホールは製作スタッフにも加わり、キャラづくりのため自発的に約10㎏も減量したという。
学歴もコネも就職歴もない底辺層の若者ルイスが、ロサンゼルスで起こる事件・事故現場を撮影してテレビ局に売るパパラッチの仕事を始め、メキメキと頭角を現していく。

原題:NIGHTCRAWLER
制作年:2014年
本編時間:118分
制作国:アメリカ
監督:ダン・ギルロイ
脚本:ダン・ギルロイ

ナイトクローラー|出演者・キャスト&キャラクター紹介

キャラクターと共にあらすじ前半を紹介しています。

ルイス・ブルームジェイク・ギレンホール
愛称はルー。定職に就けず、盗んだものを売りながら生活していた底辺層の若者。
賢く口も達者だが大学を出ておらず、会社に勤めたこともないのは恐らく育った家庭環境のため。
いつもギラついた目をしているサイコパス。
たまたま見かけた事故現場を撮影していたジャーナリストのビデオカメラマンに興味を持ち、盗んだロードバイクを家庭用のビデオカメラと無線傍受機に交換して事件現場の撮影カメラマンの仕事を始めた。
初めての撮影に成功し、売りに行ったローカルテレビ局 KWLAで番組ディレクターのニーナに仕事を評価されて自信を持ったルイスは、アシスタントとしてホームレスの若者リックを雇って仕事に没頭していく。
自分を相手に売り込むときに「僕は覚えるのが早い」と言う通り、インターネットの情報と自身の経験だけを教材に、覚えが非常に早く応用も利いて仕事が出来る人間。
やがて収入が得られるようになると、ビデオカメラや無線傍受機をプロ用に、車をより速いスポーツカーに買い替えた。
この頃には、ニーナに要求された、より”刺激的”な映像を撮るために警察や救急隊よりも早く現場に着いたときには、まだ生きているかもしれない事故の被害者を良く見える場所に動かしてから撮影したりと現場に手を加えるようになり、これと比例するかのように番組の視聴率も上昇していった。
同時に、番組に自分の映像が必要だとわかると、ニーナを脅して体の関係を迫った。

ニーナと肉体関係を持つ前、同業者であるメイハム社のジョー・ロダーにビジネスパートナーの話を持ち掛けられるが、ルイスは「誰とも組む気は無い」と断った。
ニーナと関係を持った後、他の誰かと組んで仕事の規模を拡大したロダーに仕事を奪われ始め、ニーナの満足する映像が撮れなくなったルイスは、上手く行かない苛立ちから一線を簡単に超えてしまった。
メイハム社のバンに細工をしたルイスは、その日の夜、多くのカメラマンたちがレイプ事件の現場に向かう中、ルイスだけは交通事故の撮影に執着し、事故で大破したメイハム社のバンと、大けがをしたロダーを撮影した。

ある夜、富裕層の多いグラナダヒルズの住宅街から銃声が聞こえたという通報を聞きつけたルイスは、リックを連れて警察よりも早く現場に駆けつけ、犯行直後の犯人の男たちと、殺された白人の被害者3人を含めた家の中の様子の撮影に成功した。

ニーナ・ロミナレネ・ルッソ
朝のニュース番組のディレクター。ルイスより20歳以上年上の元アナウンサー。
KWLA局の契約社員として働いており、2年の契約が切れると局から延長を認められず、テレビ局を転々としている。
ルイスが初めて映像を売った際「才能がある」と褒めて、撮ったら一番最初に自分に見せるように言い、視聴率が上がりやすい”郊外に住む裕福な白人が襲われるような犯罪”の映像をルイスに要求する。
ルイスに強引に誘われて食事した際、これからも専属的に映像を売り続ける代わりに肉体関係を要求されて断固拒否の態度を見せたが、ルイスの巧みな心理テクニックと徹底した合理主義的な理論を聞かされると、迷った末に応じてしまった。
この頃からルイスが説く仕事の価値観などに強く影響されるようになっていく。

リックリズ・アーメッド
ルイスに雇われたホームレスの若者。
主な仕事は車の助手席で携帯の地図アプリを見てルイスに道案内をすること、指示されれば撮影もする。
何事も恐れず事件現場の撮影に挑むルイスと比べると、リックは警察や事件被害者にひるんでいて臆病者に見えるが、通常の感覚・倫理観を持つ人物。
決してルーと相性が良いとは言えず、ルーの乱暴な運転も嫌がるが、金が必要なためついていく。
ルイスが仕事用の機材や車を買い替えた頃から、自分の給料が上がらないことに不満を持ち始める。

ジョー・ロダービル・パクストン
ルイスがこの仕事に興味を持つきっかけとなったジャーナリストのビデオカメラマンで、映像提供会社”メイハム社”の社長。
チームで事件現場の撮影を行っており、より高く買い取ってくれるテレビ局に映像を売っている。
冒頭、突然現れて「雇って欲しい」と申し出てきたルイスを追い返しており、ルイスが1人で仕事を始めたばかりの頃はルイスをバカにしていた。
しばらく経つとルイスはものすごい成長を見せたので、ロダーはルイスをチームに引き入れようとしたが、この頃のルイスはすでに誰かと組んだり誰かの下で働くことは考えていなかったため、きっぱりと断られた。
断られると思っていなかったロダーは、このことからルイスを敵視して完全にライバルとなる。
その後、スタッフを増やして仕事の規模を拡大したロダーは、地域ごとに担当を分けてより早く現場に到着することが出来るようになり、2人だけでやっているルイスは満足のいく仕事ができなくなった。

ある夜、ルイスが車に細工したことに気付かずに車を使って事故に遭ってしまい、大けがを負う。
自分たちの事故現場に真っ先に駆けつけて撮影しているルイスをにらみつけるが、怪我で喋ることも出来ずにそのまま救急車で運ばれた。

フランク・クルースケヴィン・ラーム
番組の編集者でニーナの部下。
ルイスが持ってくる刺激的な映像を「朝の番組には向かないし、常識外れだ」と認めないが、上司のニーナに説き伏せられる。

・その他のキャスト

リンダ(テレビ局スタッフ)…アン・キューザック
ジェニー(テレビ局スタッフ)…キャロリン・ギルロイ
カメラマン…エリック・ランジ
テレビ局編集者…キッフ・ヴァンデンヒューヴェル
質屋のオーナー…ジョニー・コイン
フロンティエリ刑事(黒人の女刑事)…マイケル・ハイアット
リーバーマン刑事(フロンティエリ刑事の相棒)…プライス・カーソン
時計を奪われた警備員…マイケル・パパジョン
廃品処理場のオーナー…マルコ・ロドリゲス
ベン・ウォーターマン(キャスター)…リック・チェンバース
リサ・メイズ(キャスター)…ホリー・ハヌーラ
ケント・ショックネック(本人役)
パット・ハーベイ(本人役)
シャロン・テイ(本人役)
リック・ガルシア(本人役) ほか

以降はあらすじ詳細でネタバレ含みます。

Advertisement

ナイトクローラー|結末

グラナダヒルズの事件現場の撮影を終え急いで豪邸を出たルイスは、
住宅街から出ると道端で車を停めてリックに見られないように映像を編集し、犯人たちが映っている場面をカットした。
事件が起こった家の無残な映像を見直したルイスは改めて興奮で震えた。
これはまさにニーナが求めていた”郊外に住む裕福な白人が襲われるような犯罪”の事件映像だったからだ。
ルイスはすぐに映像をニーナに見せに行くと、ニーナはどこまで放送できるかをスタッフに確認したあとすぐに値段交渉を始めた。
ルイスの提示した最低額1万5000ドルが、1カ月分の映像購入の予算だったため「高すぎる」と応じないニーナにしびれを切らしたルイスは
「他の局に持って行く」と言い出ていこうとした。(ルイスの心理作戦)
ニーナが引き留めると、ルイスはあらゆる要望をまくしたてるように早口で伝えた。

・この映像は1万5000ドルで買うこと
・今後ルイスの映像を放送するときには、彼が考えた社名”ニュース配信のVPN(ビデオ・プロダクション・ニュース)”
をテロップで入れ、キャスターにも口頭で社名を言わせること
・ニーナのチームや局の上層部、キャスターたちに自分を紹介すること
・今後は値段交渉はやめて、ルイスが最初に提示した値段で買うこと
・プライベートで一緒に過ごすときも、自分が要求したことはすぐにやること
・これらを全て呑むなら、本来ならトップニュースで使える『メイハム社の事故』の映像をタダでプレゼントすること

黙って聞いていたニーナは少し考えたあと、要求を全てのむことを約束した。
局の契約社員だったニーナは、これからも番組に刺激的な映像を提供することが出来れば番組の視聴率も上がり、
今まで一度もしてもらえなかった2年契約の更新も、ルイスと一緒なら可能かもしれないと考えたからだ。

番組の撮影は毎回生放送で行われており、その日の放送はニーナや他のスタッフたちも大満足の素晴らしいものになった。
ルイスはスタッフたちの後ろでニーナとの約束(キャスターが社名を言うこと、映像にテロップが付けられること)
がきちんと果たされたのを見届けたあと帰宅した。

自宅に戻ったルイスがテレビを点けると、どのニュース番組もグラナダヒルズの事件で持ち切りで
自分の映像もまた約束通りに流されていたので、ルイスは密かに満足した。
その時、ルイスの映像をニュースで見たフロンティエリ刑事とリーバーマン刑事がルイス宅を訪ねてきて、
警察が来る前の犯罪現場を撮影したことを非難した後、犯人を見ていないか聞いた。
ルイスは「犯人の男たちは見たが、暗くて良く見えなかったし、犯人の撮影はしていない」と嘘をつき、
映像のコピーを求められるとニーナに売ったものと同じ、犯人の場面をカットしたテープを渡した。

刑事が帰った後、ルイスはカットした映像を見直して犯人の男2人の顔を確認し、車のナンバーから持ち主の住所を割り出した。
その日の夜。いつもより早めに助手のリックを呼び出したルイスは、
グラナダヒルズの犯人逮捕の瞬間を撮影し、成功すれば事業を拡大することを告げた。
犯人の車が見張れる場所に自分たちの車を停めた後
ルイスはリックに「人が多い場所に移動したら通報して一部始終を撮影する」と伝えた。
危険な行為に加え、ルイスがしていることは※犯罪なのでリックは乗り気じゃなかったが
「上手くいけばこの映像で5万ドルもらえる」という答えを聞いて目の色が変わった。
※事件の犯人を知っているのに、自分たちの都合で警察に言わないのは違法行為です

ルイスは「違法行為に協力してほしいならボーナスを払え。2人でやるんだから儲けは半分よこせ」
と、働き始めてから初めて強気の交渉に出た。
ルイスは勤務評価のことを持ち出して脅してみたり、金額の交渉をしようとしたが、
今まで給与面の不満を抱えながら休みも与えられず、毎晩働き続けてきたリックは
「評価や肩書なんてくそくらえ!人の気持ちを少しは考えろ!」と怒り、一切耳を貸さなかった。
良い映像を撮るために助手が必要だったルイスは、諦めてリックに儲けの半額を払うことを約束した。

見張りを続けていると、家からラテン系の男が2人出てきて車に乗った。
しばらく尾行していると、男2人は車を停めて中華料理店に入ったので、ルイスはすぐに警察に電話で通報した。
ルイスが通報したのを見てリックは「関係ない人が死ぬかもしれない」と、このタイミングで通報したことを非難したが、
ルイスは「そうかもな。でも仕方ない」とそっけなく答えた。

やがて通報を受けた数人の警察官が店内に入ると、銃を持っていた男たちと銃撃戦になり、
犯人2人の内の1人は撃たれて倒れ、もう1人は車に乗って逃走し、パトカーとのカーチェイスになった。
ルイスはリックにカメラを持たせてパトカーを追いかけながらカーチェイスを撮影した。
犯人の車とパトカーは攻防戦を繰り広げた後、犯人の車が横転して動きを止めた。

ルイスはすぐに車から降りて犯人の車の中を確認すると、リックに「男はもう死んでいるから撮影しろ」と命じた。
リックが車内の撮影を始めると、カメラのライトで犯人の男が動いているのがわかり、リックは男に銃で撃たれた。
男は車から出てくると、少し離れた場所でカメラを回しているルイスを一瞥した後、なおも逃げようとしたため警察官に撃たれて倒れた。
逮捕劇の一部始終を撮り終えると、ルイスは撃たれて瀕死状態のリックをカメラに収めた後、リックに言った。

「信用できない従業員を雇い続けて会社の成功を逃すわけにはいかない。
君は僕の交渉術を学んでそれを僕に使った。
これからも使うだろ?そんなのごめんだよ」

リックは「お前は狂ってる」とつぶやいたあと、息を引き取った。

ルイスはリックの撮った映像と自分の映像を組み合わせてすぐにニーナに見せると、ニーナは感動してルイスの言い値で映像を購入した。
その直後、テレビ局にフロンティエリ刑事とリーバーマン刑事がやって来て「ルイスの映像を証拠として渡せ」と命じたが、
ニーナは「映像は業者から買い取った局の財産だから令状が無ければ渡さないし、番組にも使用する」と拒絶した。

番組の放送開始直前、ニーナのチームの編集者フランクが、グラナダヒルズの事件は”強盗ではなく麻薬関連”の事件だったらしいと告げた。
殺された被害者の家から大量の麻薬が出て来たのだという。
ニーナは「ストーリーが台無しになる」と、自分の番組では真相を放送しないことに決めた。
ニーナが描く”ストーリー”とは、”犯罪の少ない安全な郊外に暮らしている、何の罪もない富裕層の人間が、
ある日突然襲われる”という悲劇的なものであり、同時にそれは視聴率に繋がるものだった。
フランクは唖然として「君はルイスみたいだな」と嫌味を言ったが、
ニーナはルイスに絶大な信頼を置いていると告げると、フランクは呆れてその場を立ち去った。

ルイスは警察に事情聴取を受け、自身が通報するまでの経緯を聞かれた。
ルイスは『仕事で車に乗っていたときに男たちに尾行されていると気付き、撒いた後に逆に尾行した。
ニュースで映像と社名のテロップが流れたから、それを見て僕を尾けたんだろう。
中華料理店に入った彼らを見て、グラナダヒルズで見た犯人だと思い出して通報した』とウソの供述をした。
フロンティエリ刑事はルイスのウソを見抜き、死んだリックのこともあわせて問い詰めたが
ルイスは認めず、証拠もなかったためすぐに釈放された。

その後ルイスは正式に映像会社を立ち上げ、新しい機材やバンを購入、スタッフも増やした。
再スタートとなる日の夜、ルイスは新しいスタッフたちに告げた。

「研修期間は終わった。これからは『正社員になる』という最終目標のために頑張ってほしい。
私の指示に忠実に従うことが、スキルアップの近道だ。
業務上不安になることもあるだろうが、僕がしないようなことは君たちに求めない」

新しいバンに乗り込みルイスは今夜も、より良い映像を求めてロサンゼルスの街を走り回る。

主題曲:オリジナルサウンド

Advertisement

ナイトクローラー|解説(ネタバレ含む)

本作で出て来た隠喩表現を主に解説します。

 

・ルイスが他人の時計を奪う

冒頭、工事現場でフェンスを盗んでいたルイスは警備員に見つかります。
ルイスは警備員が警察官ではないことを確認すると、警備員を襲って時計を奪い、
盗もうとしていたフェンスも忘れずに盗みます。
そして工事現場から立ち去りながら、奪った腕時計を自分の腕につけます。

”他人の時計を奪う”こと、腕時計が”ビジネスシーンでよく見るデザイン”だったことから、
ルイスが他人の時間(ある瞬間)と関係のあるような仕事を始めることを示しています。

カメラマンの仕事を始める前は色々なものを盗んでは売ることを繰り返していたルイスですが、
この腕時計だけは売らずに自分の持ち物にしており、同じ腕時計をしている姿が番組の終盤にも現れます。
時計に見合うスーツも身に着け、警備員から奪ったその時計はもうすっかりルイスの物になっています。
他人の時間(新しいスタッフたちの時間)を得て、仕事を増やしていくルイスのこれからの様子が示されています。

なんかうまく表現できなかった気がしますが、言いたいことがぼんやりでも伝われば幸いです!

 

・ルイスが鏡を割るシーン

”鏡を割る”というシーンは、基本的には 割った人物の精神が崩壊する
という隠喩で使われる場合が多いですが、本作の場合は違う意味で描かれています。
ルイスは『良い映像を渡し続ける』ことと引き換えに、ニーナと肉体関係にこぎつけたのに
一番期待されるであろう、ニーナと寝た直後の仕事がうまくいかず、ルイスはニーナにボロクソにけなされます。
このままではいけないと焦ったルイスは自宅の洗面台で思いきり叫んで鏡を割ります。
ルイスの場合は、道徳心やモラルといった善悪を判断する心を殺したのだと言えると思います。
その後、ルイスはライバルであるメイハム社のバンに細工をして敵を潰し、
より一層本気を出して仕事に取り組んでいきます。
ルイスが細工したことで起きた事故で 大けがをしたメイハム社のジョー・ロダーを、
ルイスは”ネタ”としてしか見ておらず、ただ黙々と無表情で大けがしたロダーを撮影します。
ロダーは自分の事故の撮影に真っ先に現れたルイスが何かしたということを悟ったのか、
同業者である自分まで撮るのかと思ったのか、その両方なのかはわかりませんが、
ルイスが自分を撮影していることに気が付くと、ルイスを殺意のこもった目でにらみつけています。

 

・ルイスが水やりしていた植物

ルイスが自宅のテレビの横に置いている、
紫色の花の鉢植えに水やりをしているシーンが何度か出てきました。
ルイスがカメラマンの仕事を始める前から咲いていたその花は、
仕事をはじめてしばらく経ってからも、終盤になっても変わらず咲き続けています。
本作の始まりから終わりまでが どれ位の月日を描いたものかはわかりませんが、少なくとも数か月は経っているでしょう。
それでも花が咲き続けているということは、ルイスが水やりをしていたのはおそらく造花だろうということです。

これも隠喩表現のはずですが、このことで監督が言いたいことはぶっちゃけよくわかりません(汗)
ルイス・ブルームの恐さをあおりたかったのかもしれないし、
『ブルーム(bloom)』には『花が咲く』という意味があるので、それとかけているのかもしれません。
サイコパスは自分にしか興味がない生き物ですから、
もしかしたらルイスは、自分が水をあげているのが造花だということにも気づいていないのかもしれません。
自分(ブルーム)だけが可愛いと思っていることを強調しているのかもしれません。
かもかもばっかりですみません!
他にも解釈の仕方があれば知りたいので、知っている方は教えてください!

 

・その他の気になるところ

ルイスの築いていく人間関係とギラギラの目も見ものですが、ルイスの危険運転もこの作品の見どころです。
とくに犯人の車とパトカーの追いかけっこをルイスが追いかけるシーンはキレッキレです。

ちなみに的な話ですが、本作のヒロインであるニーナ役を演じたレネ・ルッソは
監督ダン・ギルロイの奥さんです。
ルイスとニーナの濡れ場的なシーンが一切なかったのはだからかな~と思ったりしました。
作品のイメージとして人と触れ合うシーンをあえて使わなかったのかもしれませんが。。

今までは脚本家として活動していた監督のダン・ギルロイは、
私の大好きなマット・デイモン主演の『ボーン』シリーズの脚本を手掛けた
監督・脚本家トニー・ギルロイの弟さんのようです。
兄弟そろってすごいですね~

あとは超余談ですが、本作にテレビ局のスタッフ役で出演していたアン・キューザックは
『マルコヴィッチの穴』や『推理作家ポー 最期の5日間』で有名な俳優・脚本家ジョン・キューザックのお姉さんです。
「へ~」で終わる話ですが、気づいてしまったので一応共有しました!

映画「ナイトクローラー」関連商品(楽天)