映画「ナイトクローラー」ネタバレ解説考察|時計、花、鏡について | 映画鑑賞中。

映画「ナイトクローラー」ネタバレ解説考察|時計、花、鏡について

スリラー

映画『ナイトクローラー』の解説・考察記事です!
学歴もコネも就職歴もない底辺層の若者ルイスが、ロサンゼルスで起こる事件・事故現場を撮影してテレビ局に売るパパラッチの仕事を始め、メキメキと頭角を現していく。
映画『落下の王国』、『ボーン・レガシー』のなど脚本を手掛けたダン・ギルロイの初監督作品。
主演のジェイク・ギレンホールは製作スタッフにも加わり、キャラづくりのため自発的に約10㎏も減量したという。

 

原題:NIGHTCRAWLER
制作年:2014年
本編時間:118分
制作国:アメリカ
監督:ダン・ギルロイ
脚本:ダン・ギルロイ

 

出演者・キャスト&キャラクター紹介


(引用:https://www.cinematoday.jp

ルイス・ブルームジェイク・ギレンホール

愛称はルー。定職に就けず、盗品を売りながら生活していた底辺層の若者。
賢く口も達者だが大学を出ておらず、会社に勤めたこともないのは恐らく育った家庭環境のため。
いつもギラついた目をしているサイコパス。
事故現場を撮影していたジャーナリストのビデオカメラマンに興味を持ち、我流で事件現場の撮影カメラマンの仕事を始めた。

 


(引用:https://ameblo.jp

ニーナ・ロミナレネ・ルッソ

朝のニュース番組のディレクターで元アナウンサー。ルイスより20歳以上年上。
現在はKWLA局で2年契約の契約社員として働いている。
どのテレビ局でも契約期間の延長を申請するが認められず、テレビ局を転々としている。
ルイスの才能に目を着け、囲い込もうとする。

 


(引用:https://twisave.com

リックリズ・アーメッド

ルイスが雇ったホームレスの若者。
主な仕事はルイスが運転する車の助手席で、地図を見ながら道案内をすること。指示されれば撮影もする。
ルイスと比べると、リックは警察や事件被害者にひるんでいて臆病者に見えるが、『ごく一般的な感覚・倫理観』を持つ人物。
決してルイスと相性が良いとは言えないが、金が必要なため辞めない。
ルイスが仕事用の機材や車を一新した頃から、給料が上がらないことに不満を持ち始める。

 


(引用:https://www.sporcle.com

ジョー・ロダービル・パクストン

ルイスがこの仕事に興味を持つきっかけとなったジャーナリストのビデオカメラマンで、映像提供会社”メイハム社”の社長。
チームで事件現場の撮影を行っており、より高く買い取ってくれるテレビ局に映像を売っている。
当初、突然現れて「雇って欲しい」と申し出てきたルイスをバカにして追い返すが、後にメキメキと力をつけていくルイスに、徐々に立場を脅かされる。

 

・その他のキャスト

フランク・クルース(ニーナの部下)…ケヴィン・ラーム
リンダ(テレビ局スタッフ)…アン・キューザック
ジェニー(テレビ局スタッフ)…キャロリン・ギルロイ
カメラマン…エリック・ランジ
テレビ局編集者…キッフ・ヴァンデンヒューヴェル
質屋のオーナー…ジョニー・コイン
フロンティエリ刑事(黒人の女刑事)…マイケル・ハイアット
リーバーマン刑事(フロンティエリ刑事の相棒)…プライス・カーソン
時計を奪われた警備員…マイケル・パパジョン
廃品処理場のオーナー…マルコ・ロドリゲス
ベン・ウォーターマン(キャスター)…リック・チェンバース
リサ・メイズ(キャスター)…ホリー・ハヌーラ
ケント・ショックネック(本人役)
パット・ハーベイ(本人役)
シャロン・テイ(本人役)
リック・ガルシア(本人役) ほか

スポンサーリンク

あらすじ前半

ロサンゼルスで盗品を売りながらギリギリの底辺生活を送っていたルイス・ブルーム(ジェイク・ギレンホール)は、ある日、自動車事故現場を撮影していたジョー・ロダー(ビル・パクストン)を見てフリーランスカメラマンに興味を抱いた。
ジョーに「雇って欲しい」と頼むも即答で断られたルイス(以下ルー)は、盗んだ高級ロードバイクを家庭用のビデオカメラと無線傍受機に交換し、フリーランスカメラマンになることにした。


(ロードバイクを盗もうとしているルー 引用:http://damaged-goods.seesaa.net

ルーはひたすらテレビやインターネットでニュース番組を見続けて、実際に番組で使われている事故映像の特徴を掴むと、さっそく警察の無線を傍受して事故現場へと車を走らせた。
初めての撮影に成功したルーは、その足でローカルテレビ局『KWLA』に行き、番組ディレクターのニーナ(レネ・ルッソ)に映像を売り込んだ。
ニーナはルーの映像を250ドルで買い、才能を見込んで『テレビ局がより高く買いたいと思う映像』についてアドバイスをした。
仕事を評価されて自信を持ったルイスは、その金でホームレスの若者リック(リズ・アーメッド)をアシスタントとして雇い、仕事に没頭した。


(ニーナからアドバイスを受けるルー 引用:https://happyeiga.com

やがて安定した収入が得られるようになると、ビデオカメラや無線傍受機をより高性能なものに、そして車を普通車から赤いスポーツカーに買い替えた。
この頃には、ニーナに要求された『より刺激的な映像』を撮るために、警察や救急隊よりも早く現場に駆けつけて、まだ生きているかもしれない被害者をより良く見える場所(街頭の下など)に動かして、その様子を撮影したりと現場に『手を加える』ようになった。
これと比例するように、ニーナの担当番組の視聴率も上昇していった。
さらに、ルーはニーナの番組に自分の映像が必要不可欠になっていることがわかると、ニーナを脅して体の関係を迫った。
体の関係を迫られた時ニーナは「ありえない」と拒絶したが、ルイスの巧みな心理テクニックと徹底した合理主義的な理論を聞かされると、迷った末に応じてしまった。
ニーナはルーに体を許してから、ルーが語る『物事の価値観』に強く影響されるようになっていく。

ルーがものすごい速さで成長していくので、このままでは強敵になりかねないと判断したジョー・ロダーはルーに「ビジネスパートナーにならないか」と掛け合ったが、ルーは「誰とも組む気はない」ときっぱり断った。
この件からロダーはルイスを完全に敵視してライバル関係になる。
その後、スタッフを増やして規模を拡大したロダーは、地域ごとに担当者を分けて より迅速に現場に到着するようになり、ルーとリックが現場に到着する頃にはロダーのチームは撮影を終えて帰る所、という状況が続くようになった。
未だにリックと2人だけでやっていたルーは、ロダーに押されてニーナが満足するような仕事ができなくなっていた。
ルーは上手く行かない焦りと苛立ちから、メイハム社(ロダーの会社)のバンに細工をした。
その日の夜、多くのカメラマンが街で起こったレイプ事件の犯行現場に向かう中、ルーだけは事故で大破したメイハム社のバンと、大けがを負って救急車で運ばれるロダーを撮影していた。

ある夜。富裕層の多いグラナダヒルズの住宅街から銃声が聞こえたという通報を聞きつけたルーは、リックと共に警察よりも早く現場に駆けつけた。
ルーはそこで、被害者宅付近にいた犯人らしき男2名と、殺された白人の家族3人が倒れている家の中を撮影することに成功した。

スポンサーリンク

あらすじ後半

Nightcrawler, film review: Jake Gyllenhaal stars in a warped snapshot of  the American dream | The Independent | The Independent
(グラナダヒルズの被害者を撮影するルー 引用:https://www.independent.co.uk

撮影を終え急いたルーは住宅街から出ると、道端に車を停めてリックに気付かれないように映像を編集し、犯人らしき男2人が映っているシーンをカットした。
この映像は、ニーナがまさに求めている『郊外に住む裕福な白人が襲われるような犯罪』の映像だったので、ルーは喜びに震えた。

ルーはその足でテレビ局へ行き映像をニーナに見せると、ニーナはすぐに値段交渉を始めた。
ニーナは冷静を装っていたが、ルーにはニーナが本心では喉から手が出る程この映像を欲しがっているのがわかっていた。
ルーは最低金額として1万5000ドルを提示したが、ニーナは「1カ月分の映像購入の予算が1万5000ドルなのよ。高すぎる」と応じない。
ルーが「なら他の局で交渉してみるよ」と出ていこうとすると、ニーナは焦りを見せたので、ルーはここぞとばかりに要求を伝えた。

・この映像を使いたければ1万5000ドル支払うこと
・今後、ルーの映像を使用する時は『ニュース配信のVPN(ビデオ・プロダクション・ニュース)』と必ずテロップで入れて、アナウンサーにも映像を流す前に社名を言わせること(VPNはルーが考えていた社名)
・テレビ局の上層部やキャスターたちにルーを紹介すること
・映像の値段交渉は一切禁止。ルーが提示した金額で購入すること
・プライベートで一緒に過ごすときも、要求したことはすぐに行うこと
・これらを全て呑むなら、貴重な『メイハム社のジョー・ロダーの事故』映像を無料でプレゼントする

以上がルーの要求だった。
ニーナは少し考えて、全て呑むことを約束した。
これからもルーから映像を専属的に提供してもらい、番組に刺激的な映像を提供し続ければ、今までニーナがどの局からもしてもらえなかった契約の更新、もしくは昇進が可能だろうと考えたからだった。

番組の撮影は毎回生放送で行われており、その日の放送はニーナや他のスタッフも大満足の素晴らしい出来栄えになった。
ルーは後ろの方でひっそりと、約束(アナウンサーが社名を言うことや、映像にテロップが付けられることなど)が果たされているのを確認してから帰宅した。

ルーが自宅に戻ると、ルーが撮影した映像を見たフロンティエリ刑事(マイケル・ハイアット)とリーバーマン刑事(ブライス・カーソン)が訪ねてきた。
刑事2人はルーが勝手に犯罪現場を荒らしたことを非難した後、犯人を見ていないかとルーに訊ねた。
ルーは「犯人と思われる男は見たが、暗くて良く見えなかったし、犯人の撮影はしていない」と嘘をつき、犯人の映っているシーンをカットしたテープを刑事に渡した。
刑事が帰った後、ルーは犯人が映っているシーンを見直して犯人の男2人の顔を確認し、車のナンバープレートから持ち主の住所を割り出した。

その日の夜。いつもより早めにリックを呼び出したルーは、グラナダヒルズの犯人逮捕の瞬間を撮影し、高値で売ることに成功すれば、本格的に会社を立ち上げて事業拡大することを告げた。
ルーはリックを連れて犯人の自宅近くに行き、車がよく見える場所に車を停めると「彼らが人通りの多い場所に移動したら通報して、一部始終を撮影する」と伝えた。
※警察に嘘の証言をしたり、自分たちの都合で犯人逮捕のタイミングをコントロールするのは違法です。

そんなことをしたら近くにいる無関係の人々が危険にさらされるし、犯罪行為に関わるのをリックは嫌がったが、ルーが金の話をするとリックは目の色が変わり「違法行為に協力してほしいなら、儲けた額の半分をボーナスとして渡せ。今までずっと我慢してきたんだ!」と言い出した。
ルーは金額の交渉をしようとしたが、リックは一切聞かなかった。
ルーは諦めて、リックに儲けの半額を払うことを約束した。


(犯人の様子を見張るルー 引用:http://momo-rex.com

しばらくすると、ラテン系の男2人が家から出て車に乗った。
男2人が中華料理店に入るのを見届けて、ルーはすぐに電話で警察に通報した。
リックは「関係ない人が死ぬ!」と非難したが、ルーは無表情に「そうかもな。でも仕方ない」と答えた。

やがて通報を受けてやってきた数人の警察官が中華料理店内に入ると、犯人の男たちと銃撃戦になった。
犯人の1人は撃たれて倒れ、もう1人は車に乗って逃走し、パトカーとのカーチェイスになったので、ルーはパトカーを追いかけて、超至近距離でカーチェイスの一部始終を撮影した。
犯人の車とパトカーは攻防戦を繰り広げた後、犯人の車が横転して動きを止めた。

ルイスは車から降りて犯人の車の中を確認すると、リックに「男はもう死んでいるから撮影しろ」と命じた。
リックが車に近づいて撮影を始めると、中の男はまだ生きていてリックを撃った。
男は車から這い出て逃げ続けようとしたため、警察に撃たれて倒れた。
逮捕劇の一部始終が終わると、ルーは瀕死状態のリックを撮影し、こう言った。「信用できない従業員を雇い続けて、会社の成功を逃すわけにはいかない。
君は僕の交渉術を学んで、それを僕に使った。
これからも使うだろう?そんなのごめんだよ」
リックは「お前は狂ってる」とつぶやき、動かなくなった。

その後、ルーが逮捕劇の一部始終をニーナに見せると、ニーナは感動しながら、約束通りルーの言い値で映像を購入した。
その直後、ニーナとルーの前に刑事が現れて「その映像を証拠として渡してほしい。番組で放送もするな」と命じたが、ニーナは「映像は業者から買い取った局の財産だから令状が無ければ渡さないし、番組にも使用する」と拒絶した。
刑事は令状を取っていなかったため、諦めて帰っていった。

番組の放送開始直前、ニーナの担当番組の編集者フランクが、グラナダヒルズの事件は『強盗ではなく麻薬関連』だったらしいと告げた。
なんでも、殺された被害者の自宅から大量の麻薬が出て来たのだという。
ニーナは「ストーリーが台無しになるから」と、自分の番組では真相を放送しないことに決めた。
ニーナ理想の『ストーリー』とは、『犯罪の少ない安全な郊外に暮らす何の罪もない富裕層の人間(特に白人)が ある日突然、事件に巻き込まれて誰もが同情するような可哀想な目にあう』というような悲劇的なもので、同時にそれは視聴率に繋がるものだった。
フランクは「君はルーみたいだな」と呆れてその場を立ち去った。

その頃、ルーは警察署で事情聴取を受けていて、中華料理屋の前で通報するまでの経緯を話していた。
『仕事で車に乗っていたら誰かに尾行されてると気付き、撒いた後に逆に尾行した。
ニュース番組で僕の映像と社名のテロップが何度も流れたから、それを見て僕を尾けたんだろう。
中華料理店に入った彼らを見て、グラナダヒルズで見た犯人だと思い出して通報した』とウソの供述をした。
フロンティエリ刑事はルイスのウソを見抜き、死んだリックのこともあわせて問い詰めたが、ルーは当然一切認めず、証拠もなかったのですぐに釈放された。

Stills, My Beating Heart on Twitter: "nightcrawler, louis bloom, jake  gyllenhaal, detective fronteiri, michael hyatt, dan gilroy, robert elswit  http://t.co/GCsmECbPxU"
(警察署で取り調べ中のルー 引用:https://twitter.com

その後、ルーは正式に映像会社を立ち上げて、新しい機材やバン数台を購入、スタッフも増やした。
再スタートとなる日の夜、ルイスは新しいスタッフたちに告げた。

「研修期間は終わった。これからは『正社員になる』という最終目標のために頑張ってほしい。
私の指示に忠実に従うことが、スキルアップの近道だ。
業務上不安になることもあるだろうが、僕がしないようなことは君たちに求めない」

ルーは新しいスタッフと新しいバンに乗り、今夜もより良い映像を求めてロサンゼルスの街を走り回る。

スポンサーリンク

解説・考察や感想など

ルー演じるジェイク・ギレンホールのどん欲な目のギラギラ感が何とも言えず不気味でした!
今回は、何となく気になった隠喩表現に着目して、意味を考察してみます。

 

他人の時計を奪ったルイス


(引用:https://productplacementblog.com

冒頭、工事現場でフェンスを盗んでいたルイスは警備員に見つかります。
ルイスは警備員が警察官ではないことを確認すると、警備員を襲って時計を奪い、元々盗もうとしていたフェンスも忘れずに持ち去ります。
そして奪った腕時計を自分の腕につけます。

この場面では、『他人の時計を奪う』こと、腕時計が『ビジネスシーンでよく見るようなデザイン』だったことから、『ルイスはこれから他人の時間(もしくは他人のある瞬間)と関係のあるような仕事をする』ことを示していたのではないかな、と思います。

カメラマンの仕事を始める前は色々なものを盗んでは売ることを繰り返していたルイスですが、この腕時計だけは売らずに自分の持ち物にしていて、同じ腕時計をしている姿が番組の終盤にも現れます。
終盤では時計に見合うスーツを身に着けていて、何の違和感もない、完全にルイスの物になっています。
これからも他人の時間(新しいスタッフたちの時間や、悲劇的な事件の映像)を売り買いし、仕事の幅を増やしていくルイスのこれからの様子が示されています。

 

鏡を割るルイス


(引用:https://vimeo.com

『鏡を割る』という表現は『鏡を割った人物が破滅したり、精神崩壊する』ような隠喩表現として使われる場合が多いですが、本作の場合はちょっと違います。

鏡を割る少し前、ルイスはニーナに『良い映像を渡し続ける』ことと引き換えに、肉体関係をこぎつけました。
そして、ニーナと初めて寝た後、一番期待されていたタイミングでの仕事がうまくいかず、結果、ルイスはニーナにこれでもかとけなされます。
このままではニーナからの信用を失う、と焦ったルイスは、自宅の洗面台で思いきり叫んで鏡を割ります。
この場合は、ルイスの中にあった『道徳心やモラルといった善悪を判断する心を殺した』ことを鏡を割ることで表現した、と判断できると思います。
その後、ルイスはライバルであるジョー・ロダーを事故らせて敵を潰し、より一層本気で撮影に取り組んでいきます。
ルイスが細工したことで起きた事故で 大けがをしたメイハム社のジョー・ロダーを、ルイスはただの『売れるネタ』としてしか見ておらず、ただ黙々と無表情で大けがしたロダーを撮影しています。
ロダーはルイスが何かしたことを悟ったのか、同業者である自分までネタにするのかと思ったのか、その両方なのかはわかりませんが、殺意のこもった目でルイスをにらみつけています。

 

ルイスが育てていた植物

ルイスが自宅のテレビの横に置いている紫色の花の鉢植えに水やりをしているシーンが何度かありました。
ルイスがカメラマンの仕事を始める前から咲いていたその花は、仕事をはじめてしばらく経ってからも、終盤になっても変わらず咲き続けています。
本作の始まりから終わりまでが どれ位の月日を描いたものかはわかりませんでしたが、少なくとも数か月~半年は経っているでしょう。
そんなに長い間咲き続ける花は あるかもしれませんが、一般的ではないですよね。
つまりルイスが水やりしていた鉢の花は、おそらく造花です。

これも隠喩表現だと思うんですが、何を表していたのかはぶっちゃけよくわかりません(涙)
ルイス・ブルームの恐さ(異常性)を現したかったのかもしれないし、『ブルーム(bloom)』には『花が咲く』という意味があるので、それとかけていたのかもしれません。
サイコパスは自分にしか興味がないものですから、可愛いのは自分自身(ブルーム)だけであることを強調していたのかもしれません。
かもかもばっかりですみません!
他にも解釈の仕方があれば知りたいので、知っている方は教えてください!

 

その他感想など


(引用:https://happyeiga.com

ルイスの築いていく人間関係とギラギラの目も見ものですが、ルイスの危険運転も、この作品の見どころです。
とくに犯人の車とパトカーの追いかけっこをルイスが追いかけるシーンはキレッキレです。

ちなみに的な話ですが、本作のヒロインであるニーナ役を演じたレネ・ルッソは
監督ダン・ギルロイの奥さんです。
ルイスとニーナの濡れ場的なシーンが一切なかったのは、だからかな~とか余計なことも考えてしまいました。
作品のイメージとして人と触れ合うシーンをあえて使わなかったのかもしれませんが。。

今までは脚本家として活動していた監督のダン・ギルロイは、私の大好きなマット・デイモン主演の『ボーン』シリーズの脚本を手掛けた監督・脚本家トニー・ギルロイの弟さんです。
兄弟そろってすごいですね~

あと、テレビ局のスタッフ役で出演していたアン・キューザックは、映画『マルコヴィッチの穴』や『推理作家ポー 最期の5日間』で有名なジョン・キューザックのお姉さんなんですって。
似てないから全然わからなかった(笑)

映画「ナイトクローラー」関連商品(楽天)

コメント

タイトルとURLをコピーしました