映画『ミッドサマー』解説・考察②|伏線回収、絵画の意味などまとめ | 映画鑑賞中。

映画『ミッドサマー』解説・考察②|伏線回収、絵画の意味などまとめ

ホラー
スポンサーリンク

映画『ミッドサマー』解説考察記事パート2です!

パート1では祭りの概要、登場人物たちの行動理由や目的などを考察しました。
この記事では主に登場した絵や伏線らしき行動や発言などをまとめています。
鑑賞済みの方のための考察記事なのでネタバレ全開です。
まだ観ていない方はご注意ください。

ミッドサマー

原題:Midsommar
制作年:2019年
本編時間:147分
制作国:アメリカ
監督・脚本・原案:アリ・アスター

ミッドサマー [ フローレンス・ピュー ]

 

・関連記事はこちらです↓

『ミッドサマー』解説・考察|ラストの笑顔の理由、ダニーのその後の予想、ペレについてなど
映画『ミッドサマー』の解説考察をしています! 美しい自然の中で起こる残酷な儀式の数々に鳥肌が立ちました! 可愛いと怖いが見事に融合して独特の雰囲気を味わえる素晴らしい作品でした。 多くの伏線が張り巡らされていて、公式サイトにも解説ペー...
『ミッドサマー』ネタバレあらすじ|全ての苦悩から解放された女子大生ダニー
映画『ミッドサマー』のネタバレあらすじと感想を紹介しています! 不慮の事故で家族を失ったアメリカ人大学生のダニーは、民俗学を研究している恋人クリスチャンと友人たちと共に、スウェーデンにあるホルガという村で90年に一度行われる夏至祭(ミッド...

映画『ミッドサマー』は〈U-NEXT〉で配信中です!
※本ページの情報は2022年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

その他細かい伏線

伏線らしき発言や絵画、描写についてです。
絵は沢山あって網羅出来ていないので、追々追加予定です。

冒頭の絵

ミッドサマー
(C)2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.

本作には中国系アメリカ人のアーティストMu Pan氏の作品がいくつか登場します。
冒頭に登場するこちらのPan氏の作品は、この映画のために描かれたものです。

冒頭で大きく登場する絵は、映画の物語の大筋を描いています。
ピンクのカーディガンに水色のスカートを着ているのがダニーです。
一番左側はダニーが家族を失って心に大きな闇を抱える様子、その右隣は悲しみに泣きくれるダニーと彼女を慰めるクリスチャン、木の上にはダニー達を見守りながらスケッチをしているペレが描かれています。

その右隣は、ペレに誘われてホルガの土地に足を踏み入れるダニー、クリスチャン、ジョシュ、マークの様子。
その隣は、立ち並ぶホルガの人々にダニー達が歓迎されていますがホルガの人々はドクロと杯を交互に持っていて、右上にはアッテストゥパンの儀式が描かれていて怪しい雰囲気満載です。
崖の隣の椅子は、ダニーがメイクイーンに選ばれた後に座っていた女王の椅子が空を飛んでいます。

最後の一番右は、不気味に笑う太陽の下でダンス競技に挑むダニーです。
骸骨も混ざって楽しそうにしているのは、ダニーが最終的に良くも悪くも「死」に対する価値観が変わったことで、家族の死を克服できたことの表れかなと感じました。

熊にキスする少女の絵

ミッドサマー
(引用:https://twitter.com

どちらの部屋にあったのか思い出せませんが、クマと女の子の絵です。
スウェーデン出身の画家ヨン・バウエル氏(1882-1918)の作品です。
絵自体は100年以上前の作品なので、よく見つけたな~と感心します。
祭り最終日のダニーとクリスチャンを表す伏線です。
ぱっと見女の子の容姿はマヤにも見えるので、マヤがクリスチャンを見初める伏線でもあるような気がします。

 

クジラの絵

ミッドサマー
(引用:https://mupan.com

こちらはMu Pan氏の作品で、ダニーかクリスチャンの部屋に飾られていた絵画です。
恐竜たちが過酷な弱肉強食の世界を生きる様子を描いています。

この絵と一緒に映るのはクリスチャンなので、一見穏やかで優柔不断な彼が内に秘めている物が示唆されていたのかもしれません。

 

ラブストーリーのタペストリー

ミッドサマー
(C)2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.

外に干してあるタペストリーです。
ポリシー違反に引っかかるのが怖いので一部しか載せません(__)

この絵はこれからクリスチャンの身に起こることの伏線でもあります。
ホルガの人は「ラブストーリーだ」と言っていましたが『女が気に入った男をまじないで魅了して結ばれる図』で、とてもラブストーリーとは言えない代物でした。
機械的に役割を果たすホルガの人々にとっては、結ばれるという結果だけに意味があって、過程は問わないという合理主義的な考えの強調なのかもしれません。

 

宿泊小屋の壁画

ミッドサマー
(C)2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.

ダニー達が寝泊まりする部屋に描かれている絵のひとつです。
この絵の周囲には男女の営みらしき小さな絵が沢山描かれているので、ホルガが外部の血を求めていることの暗示と思われます。

 

ミッドサマー
(C)2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.

暗くて見づらかったら申し訳ないです。
こちらもダニー達が寝泊まりする小屋の中の絵の1つで、中央がメイクイーン、彼女の隣にはホルガの賢人らしき人々、そして手前に裸の男性が2人描かれています。
メイクイーンが2人のどちらかを生贄に選ぶことが示唆されています。

 

ミッドサマー
(C)2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.

こちらの絵は、解説①で紹介した、9日9夜自分自身を生贄に捧げてルーン文字の秘密を得たオーディンの絵です。
オーディンは創造神オーディンに自分自身を捧げています。
名前が同じで紛らわしいですが、オーディンは知識欲に貪欲だったので創造神オーディンと同じ名前が付けられたそうです。

ちなみにオーディンは自分自身を生贄にする儀式で首をくくって矢で自分を突き刺しましたが、奇跡が起きて死にはしなかったとのことです。

スポンサーリンク

その他の伏線らしき台詞など

 

両親が横たわるベッドサイドに飾られているダニーの写真に花冠が乗せてある

→ダニーがメイクイーンになることの伏線

 

マークの「孕ませちまえ」発言

→クリスチャンの性交の儀式の伏線

 

「義理の両親のセックスに嫌気が差す」

→ダニーがクリスチャンとマヤの儀式を目撃してしまうことの暗示にも思えます。

 

ここではすべてが機械的に役割を果たす
皆自然のサイクルにならって機械的に役割を果たしている

→ダニー達が初めてドラッグを決めた後のペレの発言。
ホルガの人々も含めて全て機械的に動いていて、ペレも役割のためにダニー達をることを示唆しています。

 

ダニーの手に草が生える

→マッシュルームティーを飲んだ後、ダニーは自分の手に草が生える幻覚を見ます。
ダニーがホルガの住人になる(根を張る)伏線です。

ダンス競技の時に足が草に見えるのも似たようなものだと解釈しています。

 

愚か者の皮剥ぎ

→マークの死に方の伏線

 

赤ちゃんを取り囲む女性達

→ホルガの人々が後継者作りを重視している暗示?

 

クリスチャンのライターの火がつかない

→『炎よ これまで もう燃えず熱することもなく』が起こっているので、クリスチャン死亡の伏線

 

ダニーが置き去りにされる夢

→クリスチャン、ジョシュ、マークがダニーを置いてどこかに行ってしまう夢を見ます。
車に乗っていた3人が生贄になることの伏線です。

 

「すごい勢いで走ってたぞ」

→マークが目撃したコニーの様子です。
殺されることを悟ったコニーが逃げていたことを示唆しています。
マークは彼女が走っている理由をわかっていませんでした。

 

「俺を殺す気かな」

→ウルフに睨まれていることに気付いたマークの発言です。
この後その通りになってしまいます。

 

「定期的に外部の人間を招く」

→クリスチャンがホルガの男性に近親婚問題について訊ねた時の男性の回答です。
外部の人間クリスチャンの「種」が狙われている伏線です。

 

以上です!まだ書き足りていない気がするので、随時追記していきます。

読んで頂きありがとうございました(^^)

楽天で映画『ミッドサマー』を検索する

・関連記事

『ミッドサマー』解説・考察|ラストの笑顔の理由、ダニーのその後の予想、ペレについてなど
映画『ミッドサマー』の解説考察をしています! 美しい自然の中で起こる残酷な儀式の数々に鳥肌が立ちました! 可愛いと怖いが見事に融合して独特の雰囲気を味わえる素晴らしい作品でした。 多くの伏線が張り巡らされていて、公式サイトにも解説ペー...
『ミッドサマー』ネタバレあらすじ|全ての苦悩から解放された女子大生ダニー
映画『ミッドサマー』のネタバレあらすじと感想を紹介しています! 不慮の事故で家族を失ったアメリカ人大学生のダニーは、民俗学を研究している恋人クリスチャンと友人たちと共に、スウェーデンにあるホルガという村で90年に一度行われる夏至祭(ミッド...

・参考サイト様

映画「ミッドサマー」公式サイト:観た人限定解析ページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました