『孤狼の血 LEVEL2』上林の生い立ち、目を奪う理由、チンタを疑う理由を解説考察 | 映画鑑賞中。

『孤狼の血 LEVEL2』上林の生い立ち、目を奪う理由、チンタを疑う理由を解説考察

クライムドラマ

映画『孤狼の血 LEVEL2』で日岡の最大の敵となった上林成浩(鈴木亮平)について解説、考察しています。

内容は『最初の襲撃が起こった理由』『上林はなぜ目をくり抜くのか』『上林はなぜチンタを怪しんだ?』『五十子環が上林を止めようとしたのはなぜ?』です。

鑑賞済み前提の考察記事のため、まだ見ていない方はネタバレにご注意ください。

 

『孤狼の血 LEVEL2』概要紹介

制作年:2021年
本編時間:139分
制作国:日本
監督:白石和彌
脚本:池上純哉
原作小説:柚月裕子 著『孤狼の血

本作はR-15の年齢制限があります。
刺激の強い殺傷流血描写がみられるためです。(映倫より抜粋)

あらすじ紹介

呉原東署のベテランマル暴だった大上が死んで3年経ちました。
大上の遺志を受け継いだ日岡は、自ら暴力団と積極的に関わって彼らが一般市民に危害を加えないように尽力する日々が続きます。

そんな中、前作で日岡が死に追いやった暴力団組織の会長 五十子正平の愛弟子だった上林成浩が刑務所から出所します。

上林は五十子正平の復讐を誓い、五十子殺しに関わった尾谷組の壊滅を企てます。

主要キャスト紹介

日岡 秀一松坂桃李
大上の遺志を受け継いだマル暴の刑事。

上林成浩鈴木亮平
五十子正平の愛弟子。服役を終え、五十子会に舞い戻った。
五十子正平の復讐を誓い、当時の経緯を調べて日岡の命と尾谷組の壊滅を狙う。

チンタ村上虹郎
日岡の恋人 真緒の弟。上林組の構成員で日岡のエス。

解説・考察

最初の襲撃はなぜ行われた?

冒頭で、五十子会の残党が尾谷組の橘を殺そうと奇襲を仕掛けました。
唐突でちょっと不思議でしたが、この行動は上林の出所と関係しています。

上林の弟分だった佐伯達は、お勤めを果たした上林に『尾谷の若頭を殺した』という良いニュースをお届けしたかったのです。

しかし、尾谷に奇襲を仕掛ける計画はチンタが日岡に密告していたため失敗に終わりました。

 

上林が目をくりぬく理由を生い立ちから考察

弧狼の血2

©2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

上林が目をくりぬくのは母親に対する憎しみとトラウマからです。

上林は無職アル中の父からDVを受けて育ち、学校にも通わせてもらえず、父の命令で盗みを何度もさせられていました。
上林が何をされても母親は怯えた目で見るだけで助けようとはしません。

上林は母親との関係から『怯えるまなざし』に人一倍敏感です。
母の怯えるまなざしは、今まで父に向けられていました。
しかし上林が父を殺すと、母はそのまなざしを今度は上林に向けました。
この視線は、父にだけは似たくないと強く思う上林にとっては受け入れがたい事実で、同時に母の傍観者に徹する態度に対する憎しみも刺激したでしょう。

上林にとって怯えのまなざしで見られることは、父と同一視されているような感覚になり極度に不快なため、不快感から解放されるために目を除去し、物理的に目を取り除くこと(過度に刺激的な視覚情報)で不快感を払拭しようとしていた(もしくは不快感を刺激に置き換えてごまかしていた)のではないかと思われます。

少年院から出た後は近所の店で残飯をもらいながら生きるような日々を送り、いつからか五十子正平の舎弟となって極道入りします。
上林が問題の解決方法として暴力かターゲットの周辺人物をいたぶって精神的に揺さぶりをかけるやり方しか知らないのは、両親と五十子正平がそうだったからなのでしょう。

一方で、上林が焼肉屋でチンタにヤキを入れた時、焼肉屋のおばちゃんに「やめんさい」と言われたら素直にやめるのは、上林が倫理観の欠如したただの暴君では無いことを示すために必要なシーンだったと思います。

上林が焼肉屋のおばちゃんの言うことを聞くのは、上林が本当に困った時に助けてくれた(貧困時代にご飯をくれた)人の1人があのおばちゃんだからで、上林にとっては焼肉屋のおばちゃんも五十子と同じ親代わりだからです。

 

上林はなぜチンタを怪しんだ?

弧狼の血2
(引用:https://www.asahi.com

上林はチンタと日岡が繋がっている証拠写真を見る前から、何となくチンタに不信感を抱いていました。
それは恐らく、一緒に逮捕された他の構成員はまだ留置所にいるのにチンタだけ釈放された点や、チンタ自身の悪に染まり切っていない雰囲気を上林が感じていたからではないでしょうか。

上林があえてチンタに「日岡の家族を探れ」と指示したのは、チンタに抱く不信感を払拭したかったからです。
その後チンタが焼き肉屋で上林に「日岡に家族はいない」と報告すると、上林は納得せずチンタにヤキを入れました。

日岡に家族がいないのは本当かもしれませんが、チンタへの疑いを拭うために宿題を出していた上林にとって、その報告は不満でしかありません。
本当に日岡をかばっていないなら、チンタは日岡の恋人や友人など家族以外の大切な人を調べて報告すべきなのに、それも無いからです。
チンタからすれば日岡の恋人は姉の真緒ですし、他人を巻き添えにも出来ないので何も言えませんが、上林には関係無いし疑いも拭えないままなので怒りました。

 

五十子環はなぜ上林を止めようとした?

五十子正平の妻の環(かたせ梨乃)は当初、上林が尾谷組にリベンジすることに賛成していたのに、襲撃の直前には上林を止めようとしました。

恐らく環は上林を止められなかった仁生会の綿船(吉田鋼太郎)に金でも積まれて「上林を止めてくれ」と頼まれたのではないでしょうか。
手打ちをしたはずの尾谷組と上林が問題を起こせば、管理責任を問われるのは綿船だからです。

環の行動の矛盾にいら立った上林は環をあっさり殺してしまいました。

以上です。読んでいただきありがとうございました。
この記事がお役に立てていたらハートマークを押してもらえると嬉しいです(^^)




関連記事

感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました