「Dr.パルナサスの鏡」あらすじネタバレ解説|悪魔ニックの正体など考察!


16歳の少女ヴァレンティナを巡り、父親であるパルナサス博士と悪魔のニックが鏡の中の不思議な世界で賭けをする物語。
重要人物のトニーを演じるヒース・レジャーが制作中に急逝、本作が遺作となった。
代役をレジャーの友人だったジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが演じた。

原題:The Imaginarium of Doctor Parnassus
制作年:2009年
本編時間:124分
制作国:イギリス、カナダ
監督:テリー・ギリアム
脚本:テリー・ギリアム、チャールズ・マッケオン

出演者・キャスト&キャラクター紹介

theimaginariumofdoctorparnassus_1.jpg

(引用:https://zoolander.blog.so-net.ne.jp

パルナサス博士クリストファー・プラマー
娘と2人の仲間と共に移動式の出し物「パルナサス博士の幻想館(イマジナリウム)」を開きながら、あちこちを転々としている老人。
大昔に悪魔のニックと賭けをして勝利し、不死の体を手に入れた。

 

Dr_Parnassus_03.jpg

(引用:https://new-sensation.blog.so-net.ne.jp

トニー・シェパードヒース・レジャー
鏡のトニー…ジョニー・デップ
〃…ジュード・ロウ
〃…コリン・ファレル

橋の下で首つりさせられていたところをパルナサス一行に助けられた胡散臭い男。
目が覚めた当初は記憶喪失を装い、本当の身分を隠している。
ヴァレンティナにまとわりついて劇団に入り込もうとする。

 

 

(引用:https://vanlaker.files.wordpress.com

ヴァレンティナリリー・コール
もうじき16歳になる美しい少女。パルナサスの娘。
いつか素敵な男性を見付けて大きな一戸建ての家に住むことを夢見ている。

 

 

(引用:https://blog.goo.ne.jp

ニックトム・ウェイツ
黒いスーツに帽子姿の悪魔。
賭け事が大好きで、パルナサス博士との賭けに勝って娘のヴァレンティナを手に入れようとしている。

 

 

(引用:http://monsieurhire.seesaa.net

アントンアンドリュー・ガーフィールド
パルナサス博士の仲間でヴァレンティナと年が近い青年。
ヴァレンティナに恋をしていて、いつか現状から抜け出してヴァレンティナと結ばれたいと夢見ている。

 

関連画像

(引用:https://twitter.com

パーシーヴァーン・J・トロイヤー
仲間の小人でパルナサスの一番の相談役。
パルナサスが悩んでいる時は、いつも正しい道を教えてくれる。

・その他のキャスト

マーティン(アル中の男)…リチャード・リデル
マーティンの女…ケイティー・ライオンズ
警察官…ジョニー・ハリス
ディエゴ(ゲームの男の子)…ルイス・ゴット
サリー(アントンが強引に入れた客)…パロマ・フェイス
赤い毛皮のマダム…マギー・スティード
ヴァレンティナの母…リリー・コール
ロシアンマフィア…ヴィタリー・クラフチェンコレイ・クーパーエミール・ホスティナイグール・インゲルスマン
セールスガール…サラ・グラウンドウォーター
バブーシュカ(マフィアのママ)…ジョージア・ヘッジドス
オルガ(保護された子ども)…カッサンドラ・ソウテル
会長(プレジデント)…ピーター・ストーメア
会長の妻…ドナ・ライゼル
トニーの秘書…マイケル・エクランド
ほか

Advertisement

あらすじネタバレ

不死身の老人パルナサス博士(クリストファー・プラマー)は、娘のヴァレンティナ(リリー・コール)、青年のアントン(アンドリュー・ガーフィールド)、小人のパーシー(ヴァーン・トロイヤー)と共に「パルナサス博士の幻想館(イマジナリウム)」という小さな移動式サーカスのような見せ物で生計を立てていた。
いつもは酔っ払いやからかいばかりでまともな客は滅多に現れず、常に貧乏だった。

見せ物の唯一の出し物は「パルナサス博士の不思議な鏡」で、観客が鏡の中に入ると中は異次元に繋がっている。
鏡の中は入った人物の欲望が映し出される世界になっていて、パルナサスの言葉に従って欲望に打ち勝つ道を進んでいくと正解、今までに感じたことのない素晴らしく良い気分で元の世界に戻ってこれる。
だが鏡の中には欲望に陥れようとする悪魔ニック(トム・ウェイツ)も潜んでいる。
ニックはパルナサスとは真逆の、楽で堕落した道を客に選ばせようとする。
ニックの道を選んだ人間は地獄行き、元の世界には戻れない
鏡には、一応1人ずつしか入ってはいけないというルールがあった。(あまり守られていない)
1人以上入ると欲望が入り乱れ、何が起こるかわからないからだ。

パルナサスは大昔『終わらない物語を語り続ける語り手』として多くの弟子を持ち、人里離れた寺院に暮らしていた。
そこで、ある日突然訪ねてきたニックと出会い、賭けに勝って不死の命を手に入れた。
そして1000歳を迎えた頃に寺院を出たパルナサスは、ロンドンの街に出て大切な親友となるパーシーと出会った。
そして2人で見せ物屋(当時は楽器の演奏)をやっていた時、1人の美女に一目ぼれした。
だがパルナサスは「不老」ではなかったため見た目はよぼよぼの年寄りで、その恋は叶うはずもなかった。
そんなパルナサスの前に再びニックが現れ、パルナサスはニックと「若返り」の契約を交わしてしまった。
パルナサスは女性と上手くいって幸福を得たものの、ニックに支払う代償は、後に生まれる娘(=ヴァレンティナ)が16歳になったらニックに差し出すことだった。

ヴァレンティナの16歳の誕生日が数日後に迫った日の夜。
移動中、通りかかった橋の下でのどに※小さな鉄製の笛を入れた状態で首を吊っていた男トニー(ヒース・レジャー)を助けた。
※気管に笛を入れて骨折と窒息を防いでいた。危険なので絶対にマネしないでください!
翌朝目覚めたトニーは自分の名前も、なぜ首を吊っていたのかも思い出せないフリをする胡散臭い男だったが、
ヴァレンティナがトニーを気に入ったのと、パルナサスはトニーがタロットに出ていた「運命を握る男」だと気付き、しばらく面倒を見ることにする。
トニーの正体はある慈善事業の理事長だったが、訳あって現在失踪中だった。

その日の夜。パルナサスがニックとの約束に応じようとしないため、トニーは新たな賭けを提案した。
鏡の世界で先に客5人に選ばれた方が勝ち。ニックが勝てば娘を引き渡し、パルナサスが勝てば約束は無かったことにする
パルナサスは勝負を受けることにした。
その日は女性客を1人だけ入れることができたが、その女はニックを選び、開始早々 0 対 1(パルナサス 対 ニック)になってしまった。

トニーは「客の集め方」を良く知っていて、さらに、とても接客が上手かった。
トニーの提案通りに場所を選んで支払い方法を寄付制にしてイマジナリウムを開くと、女性を中心に客が集まってきた。
そしてトニーの宣伝文句に乗せられて鏡に入りたがる客が殺到した。
トニーは金持ちそうな女から順番に選んで鏡の中に入れていった。
女性たちはトニーの支援もあって上手いことパルナサスの道を選び、出てくると恍惚とした表情で財布や金目のものを全部置いて行った。
元々トニーは鏡のことを信じていなかったが、女性と一緒に鏡に入ってパルナサスの言葉が本当だったと知る。
勝負は 4 対 1になり、あと1人でパルナサスの勝利だった。

そんなとき、イマジナリウムの近くをマフィアが通りかかり、トニーを見付けると怒鳴り声をあげながらイマジナリウムに向かってきた。
トニーは”恵まれない子供たちを救うための慈善事業”を立ち上げるためにマフィアから金を借り、その金を踏み倒そうとしたために、あの時、橋の下に吊られていたのだった。
とっさにトニーは鏡の中に逃げ込み、続けてマフィア4人も鏡の中に入った。
鏡の世界にはトニーの欲望が反映されており、それは「富」と「名声」、顔は別人のイケメン(ジュード・ロウ)になっている世界だった。
トニーはマフィアに捕まりかけるが、パルナサスとニックの道が2つ同時に現れ、マフィアたちはニックの示した道を選んで4人とも地獄行きになった。
これでニックの勝ちとなったが、ニックは『最初の女サリー(パロマ・フェイス)は地獄行きではなくニックの女になった』ため、これを無しにして 4対4で仕切りなおそうと提案した。
仕切り直しが決まった直後、ヴァレンティナは自分自身がパルナサスとニックの賭けの景品になっていたことを知り、怒って暴れだした。
トニーは「俺がパルナサスの道を選べば勝てる!」と叫び、ヴァレンティナを連れて鏡の世界に飛び込んだ。
鏡の世界でトニーはヴァレンティナが夢見ていたイケメン(コリン・ファレル)に変身し、美しい川を流れるゴンドラの上で2人は結ばれた。

しばらくすると2人の前に子どもが現れ、「トニーの世界」が始まった。
トニーは世界の中でヴァレンティナを妻に迎え、かつてのように慈善事業の理事長として忙しく働いた。
その時行われていた、会長(ピーター・ストーメア)も招いて開かれた重要な会の最中に、ヴァレンティナを助けようと子ども姿のアントンが現れた。
アントンは新聞記事でトニーが子どもの臓器を売買して富を得ていた悪党だったことを知り、ヴァレンティナを現実世界に連れ戻そうとした。
トニーはアントンを黙らせようとして大勢の記者の前で子ども(アントン)を殴って注目の的となり、非難が殺到した。
トニーはヴァレンティナを押しのけて記者たちから逃げていき、トニーの愛が本物ではなかったと気付き傷ついたヴァレンティナはやけになり、自らすすんで『地獄行き』を選んだ。
勝負を決める最後の1人はトニーではなくヴァレンティナになってしまった。

パルナサスはショックを受け、今すぐにでも死にそうな顔で崖っぷちにただずんでいた。
崖下に広がる砂漠には、まだ記者から逃げ続けているトニーがいる。
ニックはパルナサスを哀れに思い「あいつは気に入らない。ニックを地獄行きにしたらヴァレンティナを返してやる」と提案した。
トニーは砂漠の階段を上った先に立っていた首吊り台の上に追い詰められた。
前回のように笛をのどに仕込んで首を吊ったが、首吊り台から落とされる直前、パルナサスが笛をすぐに壊れるニセモノに変えていたことに気が付いた。
こうしてトニーは死に、地獄行きとなった。
ニックは「ヴァレンティナは解放した」と告げ、姿を消した。

Dr_Parnassus_021.jpg

(鏡の世界の首吊り台 引用:https://new-sensation.blog.so-net.ne.jp

パルナサスは賭けに負けたとき、怒りに任せてパーシーを追い出しており、アントンはヴァレンティナを追って姿を消していた。
パルナサスはヴァレンティナの姿を探し続けたが、ヴァレンティナはどこにもいなかった。
そのままパルナサスはイマジナリウムをやめてホームレス生活を続け、何年も月日が流れた。

ある日、街中でヴァレンティナを見かけたパルナサスは彼女を追いかけてレストランの前にたどり着いた。
窓の外から彼女を眺めると、ヴァレンティナはアントンと結ばれて子どもも生まれたようで、とても幸せそうな表情をしていた。
ヴァレンティナを眺めていたパルナサスの元に高級そうな燕尾服に身を包んだパーシーが現れた。
「そんな汚い身なりで娘に会う気か?」と言われ、失笑した。
パルナサスはそっとレストランから離れ、「俺には君がいないとだめだ」と言ってパーシーと仲直りし、また2人で商売を始めた。
2人はヴァレンティナ、アントン、トニーの話を紙芝居にして街中で売った。
生きる気力を取り戻したパルナサスの近くにニックの姿がちらつくが、パーシーに怒られて自重しながら、紙芝居(終わらない物語)を子どもたちに話し続ける。

主題歌:オリジナルサウンド

映画『Dr.パルナサスの鏡』のサウンドトラックCD(楽天)

映画『Dr.パルナサスの鏡』関連商品(楽天)

Advertisement

簡潔なあらすじ

あまり時間をかけずにあらすじを知りたい方はこちらをどうぞ☆

パルナサス博士、娘のヴァレンティナ、青年のアントン、小人のパーシーは、移動式の見世物「パルナサス博士のイマジナリウム」を生業に、貧乏ながらも楽しい集団生活を送っていた。
唯一の出し物である「不思議な鏡」は精神世界に繋がっていて、鏡に入った人間は必ず「選択」を迫られる。
「正しい道」を選べば最高の気分で元の世界に戻ってこられ、「堕落の道」を選んだ者は悪魔のニックに地獄へ連れていかれる。
パルナサスは大昔にニックと交わした『娘(ヴァレンティナ)が16歳になったらニックに差し出す』という約束の時期が迫っていて、何とか回避できないかと密かに悩んでいた。
そんな中、ニックとパルナサスは鏡を使って「勝った方がヴァレンティナを得る」という賭けをすることになった。
ある夜、一行はタロットカードのお告げに出た運命の男トニーを助けて仲間にし、トニーのおかげで勝負はパルナサス優位に進んでいった。
ところが終盤になるにつれてトニーが本性を表し、好き勝手に動き回って勝負はめちゃくちゃになってしまう。
業を煮やしたニックが「トニーを地獄行きにしたら娘を諦める」と提案し、パルナサスはトニーを地獄行きに誘導した。
しかしパルナサスの元にヴァレンティナは戻ってこず、それから何年も月日が流れた。
娘を失ったショックでホームレスになっていたパルナサスは、街でアントンと結ばれて幸せそうにしているヴァレンティナを発見。
パルナサスは生きる気力を取り戻した。
Advertisement

解説、考察や感想など

鏡の中でトニーの顔が変わった理由

映画『Dr.パルナサスの鏡』

(鏡の世界で顔が変わったトニー 引用:https://www.ozmall.co.jp

トニーが鏡の中に入ると、JデップやJロウなどのイケメンに姿が変わりました。(Hレジャーもイケメンですがそこは置いといて)
その理由は、第一に撮影中にトニー役のHレジャーが亡くなってしまったことがありますが、お話の中では鏡の中でしか姿が変わっていなかったので違和感なく見られました。
Hレジャーの生死は関係なく、キャストも豪華になってこれで良かったと思います。

制作の都合(Hレジャーの死)を抜きにしてストーリー的に考えていきます。
鏡の中でトニーの顔が変わったのは、トニーに「別人になりたい」という欲望、願望があったからです。
トニーはマフィアに命を狙われている身で変身願望があったので顔が変わり、その時の顔は 一緒に鏡に入っていた女性たちの好みが反映されたのだと解釈できます。
唯一、Jロウのときだけは女性と入っていないので、Jロウの顔がトニーの理想の顔だったと解釈できると思います。

悪魔のニックの正体

(パルナサス博士に語り掛けるニック 引用:https://kishimaup.com

始めに謝っておきますが、考察が突飛しすぎていたらすみません(汗
パルナサスの敵として現れた悪魔ニックの正体は、恐らくパルナサスの妄想の産物であり、パルナサスが持っていた闇(欲望)の部分が擬人化して現れたものだったのではないかと思っています。
存在そのものを否定しているのではなく、かつては本当にニックと会ったことがあったけれど、パルナサスが年老いてアル中になってからは、パルナサスの欲望を表すキャラクターとして存在していたのではないかということです。

その理由は、パルナサスが語るニックとの過去にはところどころ変な部分があったのと、ニックがパルナサスの都合の良いように話が進んでいったからです。
変な部分について、当初の約束内容は、パルナサスが若返りの契約をしたとき『その代償にヴァレンティナが16歳になったら連れていく』というものでした。
それなのに、ヴァレンティナが16歳になる直前になって、ニックは新たに「5人先に取った方が勝ち、パルナサスが勝てば娘は連れて行かない」という、ニックにとっては利益のない賭けを提案しています。
ニックはもうパルナサスの若返りを叶えているわけですから、あとはヴァレンティナが16歳になったら連れて行けばいいだけです。
それなのに、新たに賭けを提案して負けたら代償を諦めるというのはなんか変ですよね。

その他にも、ニックはヴァレンティナを手に入れた後に「お前が可哀そうだから、トニーを地獄に連れて行けば娘を返す」と、やっぱりパルナサスに都合の良い提案をしていたりと、ニックを本物の悪魔と捉えるには矛盾があります。
確かにトニーはニックが不利になるように動いていたので気に入らないのはわかりますが、一番欲しかったヴァレンティナを諦めてまでトニーを連れていくというのはおかしいです。

しかし、パルナサスの鏡の力は本物なので、不死や悪魔のニックは実在していたんだろうと思います。
なので、パルナサスはニックへの代償を既に別の形(妻の死や、不死をなかったことにするなど)で支払っていたのではないでしょうか。
その後に年老いていくうちに、パルナサスの欲望や闇の象徴としてニックが誕生し、パルナサスの中で具現化したのではないかということです。いわゆるタルパみたいな存在として。

パルナサスにとってヴァレンティナは「唯一の家族で何よりも大切な一人娘」で、
パルナサスにとってトニーは「愛する娘を誘惑した挙句不幸にした最低の男」です。
だからパルナサスはトニーに殺意を覚え、その感情がニックを通してパルナサスに語り掛けたのだと感じました。

また、トニーを殺してヴァレンティナはニックから解放されたはずなのに、パルナサスの元に戻ってきません。
つまり、ニックの存在は関係なく、ヴァレンティナが16歳でパルナサスの前からいなくなることは決まっていたのではないでしょうか。

16歳と言えば、子どもが親離れしていく年齢です。
パルナサスはタロットカードか何かでヴァレンティナが親元を離れる時期を予測していたものの
「娘を離したくない」という思いが強く、それがニックを通して現れていた。
パルナサスの「選択」は「ヴァレンティナが16歳で旅立つ」という道を邪魔して親離れさせず、そばに置いておくこと(ニックの道)か、
決まっていた未来通りに娘の旅立ちを受け入れ、見送ること(パルナサスの道)
だったのではないでしょうか。

ヴァレンティナはニックの道を選んで「親と一緒にいること」を選びましたが、その後にパルナサス自身が鏡の世界に入り、悪魔(自分自身)と相談して、娘を突き放す道(正しく険しいパルナサスの道)を選んで娘を追い出したという解釈です。
意味わかんなかったらすみませんw
なんか自分で書いていても考えすぎじゃないかと不安になってきました。

まとめると、パルナサスはずっと「子離れできない自分自身」と戦っていて、娘を追い出す決意をして追い出したけど、やっぱり寂しい!
その後、娘の幸せそうな姿が見られて安心!これからは自分のやるべきことをやる!
というのが話の流れになるのではないでしょうか。

トニーが最後に鏡の中に入った本当の理由

パルナサスとニックがヴァレンティナを巡って賭けをしていることを知ったトニーは、「俺が5人目になってパルナサスの道を選べばいい!」と言って鏡の中に入っていきます。
しかしその後にトニーは自分のことしか考えられない人物で、ヴァレンティナのことも愛していなかったことがわかります。
つまり、トニーの目的は最初からヴァレンティナを救うことではありません。

トニーがマフィアから逃げるために鏡に入った際、中の世界はトニーの欲望が反映され、富と名声(雲の上)を目指す世界になっていました。
マフィアが消えた後、トニーはアントンに「雲の上(富と名声の世界)に行くハシゴに戻るにはどうしたらいい?」と結構しつこく聞いています。
これがトニーの正体を表す伏線で、やはり富と名声を欲しているのがわかります。
トニーはヴァレンティナを救うという名目でもう一度鏡の中に入り、この世界では今度こそ上手くやって、最終的には鏡の世界の住人になってしまおうと考えていたのではないでしょうか。
しかし、鏡の中の世界でもトニーの正体は露見し、トニーは再び世間からの非難やマスコミから逃げ惑うことになります。

トニーが持っていた石板と、おでこの赤い文字

「タロットカード 魔術師」の画像検索結果

(魔術師のタロットカード 引用:https://ja.wikipedia.org

トニーが発見されたとき、トニーは落ちない塗料でおでこに赤い文字を書かれ、ポケットには星のマークの入った石板のようなものが入っていました。
パルナサスはトニー発見の直前にタロットカードで『吊るされた男』のカードを引いていて、さらに、この石板のマークがタロットカードの『魔術師』のマークと似ていたため、この男が運命を左右する男だと気が付きます。
後に石板は出てこないためあまり重要ではないですが、この石板もおでこの文字も、トニーを吊るしたマフィアが仕込んだものと考えられます。
マフィアたちが顔がJロウのトニーが本人だと確かめる際、おでこに文字があるかどうかを確認していますし、石板の☆マークが出てくる『魔術師』のカードには「裏切り」という意味があります。
マフィアは裏切り者だと示すためにトニーに☆印の石板を持たせたのだと思われます。

ちなみに、『吊るされた男』には逆位置で「欲望に負ける」という意味がありますから、トニーが後に悪人だったとわかることへの伏線でもあります。

結局トニーの役割は何だったの?

最終的に悪役になってしまうトニーですが、パルナサスにとって運命の男だったトニーの役割は、恐らく
・賭けが順調に進むよう、見世物に絶えずお客さんを連れてくること
・ヴァレンティナの最初の男になること
だったと思われます。

トニーが来るまでは主な客引き係はアントンでしたが、アントンは客引きがあまり上手でなく、ほとんど客が来ていませんでした。
パルナサスとニックの賭けは鏡に人が入らなければ始まらないので、人を魅了する才能を持ったトニーの力が必要だったのだと思われます。

次のヴァレンティナですが、ヴァレンティナはトニーと初めての恋愛を経験すること(アントンとトニーを比較すること)で、アントンの真実の愛情に気付くことができ、本当に大事に思ってくれているアントンと結ばれることができました。
この点においても、トニーは重要な役割を果たしていたと思われます。

この記事が参考になったら「いいねorシェア」お願いします(^O^)

映画『Dr.パルナサスの鏡』関連商品(楽天)