映画「バットマン」ネタバレ解説|Jニコルソンとジョーカーについて | 映画鑑賞中。

映画「バットマン」ネタバレ解説|Jニコルソンとジョーカーについて

SF

映画『バットマン』のあらすじ、解説を紹介しています!
犯罪が蔓延するゴッサムシティーに悪を退治する謎の男バットマンが現れた。
カメラマンのベッキーと新聞記者のノックスは、バットマンの正体を明らかにしようと調査する。

原題:BATMAN
制作年:1989年
本編時間:127分
制作国:アメリカ
監督:ティム・バートン
脚本:サム・ハム、ウォーレン・スカーレン
原作:ボブ・ケイン/『バットマン』シリーズ(DCコミック)

キャスト&キャラクター紹介

バットマン

© Warner Bros. Entertainment Inc.


ブルース・ウェイン/バットマンマイケル・キートン
幼いブルース…チャールズ・ロスキリー
大富豪ウェイン家の主人で、バットマンの正体。
夜な夜な街に現れて悪党を倒している。
天涯孤独で素性が謎に包まれているが、作中で徐々に明らかにされていく。

 

バットマン

© Warner Bros. Entertainment Inc.


ジャック/ジョーカージャック・ニコルソン
若き日のジャック…ヒューゴ・ブリック
ギャングの男。
年老いたギャングのボス、グリソムの後釜を狙っている。
薬品釜の中に落下してしまい、真っ白な肌の奇怪な姿に変わってしまった。

 


(引用:https://blog.goo.ne.jp
ベッキー・ベールキム・ベイシンガー
女性雑誌の美人カメラマン。
パーティでブルースと出会い、その後恋人になる。
彼女の調べによりブルースの過去が明らかになっていく。

 

アアレクサンダー・ノックス(新聞記者)…ロバート・ウール
ゴードン警視総監…パット・ヒングル
ハービー・デント新任の地方検事…ビリー・ディー・ウィリアムズ
アルフレッド(ブルースの執事)…マイケル・ガフ
グリソム(ギャングのボス)…ジャック・パランス
アリシア(グリソムの女、ジャックの浮気相手)…ジェリー・ホール
ボブ(ジョーカーの右腕)…トレイシー・ウォルター
ボルグ市長…リー・ウォレス
エクハート警部補…ウィリアム・フットキンス
チンピラ…リチャード・ストレンジカール・チェイスジョージ・レーン・クーパーマック・マクドナルドテレンス・プラマーフィリップ・タン
会計士…ジョン・スターランド
ロテッリ(ジョーカーに殺されたギャングの幹部)…エドウィン・クレイグ
犯罪組織の親玉…ヴィンセント・ウォンジョエル・カットラーラ
ジョーカーに殺された男…ジョン・デア
ホームレス…クリストファー・フェアバンクジョージ・ロス
スッピン女性アナウンサー…ケイティー・ハーパー
男性アナウンサー…ブルース・マクガイア
テレビディレクター…リチャード・ダーデン
笑い死にした女性アナウンサー…キット・ホラーバッハ
闇医者…スティーヴ・プリータス
ホームレスに殺された母親…リザ・ロス
ホームレスに殺された父親…ガーリック・ハゴン
母親と父親の息子…エイドリアン・マイヤーズ
トーマス・ウェイン(ブルースの父)…デイビット・バクスト
ブルースの母…シャーロン・ホルム
若き日のジャックの仲間…クライド・ガテル
弁護士…サム・ダグラス ほか

≪U-NEXT≫で『バットマン』が見られます! 31日間無料キャンペーン実施中。
※このページの情報は2022年6月時点のものです。最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

あらすじ:起

暴力や汚職など様々な犯罪が横行するすさんだ街ゴッサムシティでは、コウモリを連想させる黒いボディスーツに身を包み、悪人を叩きのめす『バットマン』(コウモリ男)という謎のヒーローが世間を騒がせていました。

バットマンを『ただの噂』と信じない者も多い中、新聞記者のノックスはバットマンを信じています。
いつか本物を撮って大スクープにしてやろうとバットマンを探していますが、手がかりが掴めず悩んでいました。

そんなある日。同じくバットマンに興味を持った美人雑誌カメラマンのベッキー・ベールとの出会いをきっかけに、2人はゴッサムシティで一番の大富豪ブルース・ウェイン(マイケル・キートン)主催のパーティに参加することになりました。

2人の目的は、そのパーティの参加者であるゴードン警視総監からバットマンの情報を掴むつもりでしたが、ゴードンはそもそもバットマンを信じておらず情報収集は空振りに終わりました。

パーティの主催者ブルース・ウェインはイケメン紳士ですが『金持ちは変人が多い』ということわざが当てはまるような、ちょっと変わった男でした。
防護服や武器の収集が趣味だったり、冗談で「寄付して」と言うとあっさり高額を寄付してしまうような、妙な『軽さ』が変人と呼ばれる理由です。

そしてこの男こそがバットマンの正体でした。
ブルースはひとりっ子で両親を幼い頃に亡くした孤独な青年で、執事のアルフレッドがブルースの親代わりです。

パーティの途中、薬品会社で事件が起きていることを知ったブルースは、バットマンに変身して薬品会社に向かいました。

 

あらすじ:承

薬品会社では、ギャングの幹部であるジャック(ジャック・ニコルソン)がこの会社との癒着の証拠を消し去るために証拠探しをしていました。
しかし会社に証拠はなく、ジャックはギャングのボスであるグリゾムにハメられたことを悟ります。
ジャックはグリゾムの女アリソンと浮気していたことがバレてしまい、復讐されたのです。

やがて、グリゾムからの通報を受けて駆けつけた警官とバットマンが現れて、薬品工場内で銃撃戦が起こります。
ジャックは工場から逃げようとした時、パイプから噴き出した薬品を顔にモロに浴び、よろけて巨大な緑色の薬品釜の中に落ちてしまいました。

数日後。ジャックは排水溝から脱出して何とか生き延び、闇医者に世話になって回復を待ちました。
ジャックは薬品の作用で肌はピエロのように真っ白に、髪は緑色に変色し、顔に直撃した薬品のせいで口の両端がつり上がったまま顔面麻痺を起こし、トランプのジョーカーの中のピエロような姿に変わってしまいました。

変わったのは外見だけでなく頭のネジも外れたようで、ギャング幹部とはとても思えない、タチの悪い子どものような性格になりました。
その後、回復したジャックはグリゾムを殺して強引に親玉の座を手に入れました。

目立つことが大好きなジャックは『ジョーカー』という名で世間に姿を現し、一風変わったテロ行為を行って名を広め、街の人々を恐怖に陥れました。
やがてジョーカーは、自分と同じ位かそれ以上にメディアを騒がせているバットマンに嫉妬して憎らしく思うようになります。

その頃、ブルースはパーティで一目ぼれしたベッキーをデートに誘い、2人は付き合い始めていました。
2人が結ばれた翌朝。ベッキーはブルースをデートに誘いますが、ブルースは誘いを断ってどこかに出掛けてしまいました。

不審に思ったベッキーがブルースの後をつけると、ブルースは花屋でバラを買った後、廃ホテルの前にバラを供えました。
その日はブルースにとって大切な誰かの命日だったのです。

その後もベッキーは尾行を続けてゴッサム市役所の前に来ました。
市役所前では弁護士など数名が記者会見を開いていて、グリゾムの後継者について質疑応答が行われています。

そこでブルースとベッキーは、突然現れたジョーカーが壇上に居た男1人を殺して逃げていく瞬間を目撃します。
ブルースは、車で逃げていくジョーカーをにらみつけていました。


(市役所前に現れたジョーカー 引用:http://ochimusha01.hatenablog.com

あらすじ:転

ブルースはアルフレッドに、ジョーカーことジャックに関する資料を集めさせました。
資料によると、ジャックは根っからの犯罪者ではありますか、頭脳明晰で、特に化学と芸術の能力が高いことがわかりました。

その日の夜。ベッキーはブルースの過去を調べますが、彼の家族構成や生い立ちなどの情報は何も出て来ません。
ベッキーはブルースの過去を知るために、彼が花を供えていたノックスの廃ホテルに関する事件を調べました。

数日後。ベッキーはジョーカーに騙されて美術館に誘い出されて捕まってしまいます。
ジョーカーはたまたま写真で見たベッキーに一目惚れして、彼女を『芸術作品』のひとつにしようと企んでいました。

ベッキーはジョーカーに襲われ、危ないところをバットマンに助けられます。
ベッキーは生のバットマンに興奮してこっそりカメラのシャッターを切っていましたが、助けられた後、ネガはバットマンに没収されてしまいました。

この時ベッキーは、バットマンの顔のパーツや声の特徴がブルースそっくりだったので、バットマンがブルースではないかと疑いますが、確証は得られませんでした。

(バットマンとベッキー 引用:https://twitter.com

翌日。ベッキーは廃ホテル前で起きた過去の事件についての新聞記事を読みました。
昔、そこで著名な医者とその妻がギャングの下っ端に殺されて、小さな男の子だけが生き残った事件がありました。

その夫婦はブルースの両親で、記事によると当時幼かったブルースは目の前で両親を殺され、犯人は捕まらず事件は迷宮入りになっていました。
ベッキーは、時々ブルースが見せる悲し気な表情の理由がわかった気がしました。

その後、ジョーカーは常識的な姿(地味な色のスーツに肌色の肌)でテレビ番組に登場し、放送を通してバットマンに対決を挑みます。
ブルースは、ジョーカーの「月夜に悪魔と踊ったことがあるか?」という発言を聞き、かつて両親を殺した男も同じセリフを吐いていたことを思い出しました。
ブルースの両親を殺した犯人『ギャングの男』はジョーカーだったのです。

結末と感想は次のページです!

感想などお気軽に(^^)

  1. 山田与作 より:

    合志マンガミュージアムに日本語版アメコミ「ジョーカー:キラースマイル」を寄贈しました。すごいだろう?

タイトルとURLをコピーしました