「アメリカン・ビューティー」ネタバレ解説|殺害の動機、その後の考察など! | 映画鑑賞中。

「アメリカン・ビューティー」ネタバレ解説|殺害の動機、その後の考察など!

サスペンス

映画「アメリカン・ビューティー」の解説・考察をしています!

一見、普通で幸せそうに見える家族の裏に隠された真実をコメディタッチに暴いていくヒューマンドラマ。

原題:American Beauty
制作年:1999年
本編時間:117分
制作国:アメリカ
監督:サム・メンデス
脚本:アラン・ボール
主題歌:『Because』エリオット・スミス

キャスト&キャラクター紹介


(引用:https://middle-edge.jp
レスター・バーナムケビン・スペイシー
広告代理店に勤める、どことなく変態臭漂う男。
職場でもリストラ候補に挙がっていたり、家族とも上手くいかず現状に不満しかないが、ただじっと我慢して毎日をやり過ごしている。
娘ジェーンの同級生に恋をしてしまう。

 


(C)1999 DreamWorks LLC. All Rights Reserved.
キャロリン・バーナムアネット・ベニング
不動産業を営むレスターの妻。
上昇志向が強く、毎日やる気のないレスターにうんざりしている。
夫婦仲は冷め切っているが、ご近所さんや仕事仲間には『家族仲良し』アピールを欠かさない。

 


(引用:https://www.digitalspy.com
ジェーン・バーナムソーラ・バーチ
幼い頃…エリン・キャスリン・ストラブ
バーナム家の一人娘の高校生。
両親が上辺を取り繕い、興味を持たれていないことも見抜いている。
いつも冷静で落ち着いているタイプ。
淋しさを抱えているが、それを両親に訴えることはもう諦めている。

 


(引用:https://cinespotting.wordpress.com
リッキー・フィッツウェス・ベントリー
バーナム家の隣に引っ越してきたフィッツ家の一人息子で、ジェーンの同級生。
好奇心をくすぐられたり、美しい物をビデオカメラで撮影する趣味がある。
数年前に麻薬の使用がバレて更生施設に入れられていたが、施設から出た現在も両親に内緒で麻薬売買している。
引っ越し直後からバーナム家に興味を持ち、ビデオカメラで撮影する。

 


(引用:http://spring-gl.co.jp/yukki
アンジェラ・ヘイズミーナ・スヴァーリ
ジェーンの同級生で友人の女の子。
金髪美人なことを鼻にかけていて、ジェーンに毎日のようにモテ自慢をする。
レスターの好意に気付き、弄ぶ。

 


(引用:https://villains.fandom.com
フランク・フィッツクリス・クーパー
リッキーの父親。元海軍大佐。
規律を重んじ、自分にも他人にも厳しい部分がある。
頭に血が上ると暴力をふるい、リッキーがたまに被害にあう。
バディ・ケーン(不動産王)…ピーター・ギャラガー
クリスティ・ケーン(バディの妻)…アンバー・スミス
バーバラ・フィッツ(リッキーの母親)…アリソン・ジャネイ
ジム・オルマイヤー(ゲイカップル、麻酔医)…スコット・バクラ
ジム・バークレー(ゲイカップル、税理士)…サム・ロバーズ
ブラッド(能率向上カウンセラー)…バリー・デル・シャーマン
ミスター・スマイリーの店員(レスターの上司)…マリッサ・ジャレット・ウィノカー
射撃場スタッフ…マシュー・キンブロウ ほか

あらすじ紹介


(アンジェラに一目惚れしたレスター 引用:https://www.independent.co.uk

アメリカのとある街の一戸建てに暮らすバーナム一家は、はたから見ればとても幸せそうな家族です。
大きな一戸建てに住み、庭には真っ赤なバラが美しく咲き乱れ、毎朝 妻のキャロリンが『円満家庭』を見せつけるかのようにバラのお世話をします。

キャロリンの夫レスターは、そんな妻を見ると吐きそうになりました。
バーナム家の家族関係は『仲良し家族』とは程遠く冷え切っていたからです。

レスターは毎日が退屈すぎて、魂の抜け殻のように同じルーティンの毎日を繰り返し、不満なことを不満だと言う元気も勇気もありません。

そんな時、レスターは娘ジェーンの部活動の見学に行き、あろうことかジェーンの友人の金髪美少女アンジェラにひと目惚れしました。

その後、レスターはジェーンの同級生で麻薬売買に手を染めるリッキーとも悪友になり、それから全てが変わって行きます。

・挿入曲※印象に残ったもの
『Bali Ha’i』Peggy Lee※食卓で流れていた曲
『On Broadway』※ジェーンとアンジェラのチアダンスの曲
『American Woman』The Guess Who※レスターが車内で熱唱していた曲
『Don’t Rain On My Parade』Bobby Darin※キャロリンが車内で熱唱していた曲
『As Long As I’m Singing』Bobby Darin

映画『アメリカン・ビューティー』関連商品(楽天)

解説・考察や感想など

本作は主要人物それぞれが深い闇を抱えていますが、その闇の中で『美』を見出しつながら生きる意味を探していくという感じの重ためなテーマでしたが、コメディチックな演出のおかげで軽くなっていて見やすかったし、個人的にはかなり好きな作品でした。

初めて見たのは中学か高校生の頃だったと思いますが、深いことは全く考えずに見たので、「変わった映画」という印象と、Kスペイシーがシャワー浴びながらなんかしてるシーンしか記憶に残っていませんでした(笑)
ちゃんと観てみると、やっぱり面白いけど解釈が難しい作品だと思います。
その難しい部分について考えてみたいと思います。

ジェーンがアンジェラと友達だった理由

ジェーンはアンジェラといつも一緒にいましたが、実際にはアンジェラの性格の悪さやモテ自慢にうんざりしていました。

ジェーンはアンジェラが苦手だったのにつるんでいたのは、学年一の美人のアンジェラと親友であることが、自分に自信が持てないジェーンの唯一のステータスだったからです。

ジェーンはリッキーがアンジェラよりも自分を好きになってくれたことで自分に自信が持て、リッキーのおかげで初めてアンジェラに女として勝ちました。

アンジェラがリッキーを執拗にけなすのは、恐らくアンジェラに見向きもせずジェーンばかりに見る男はリッキーが初めてだったので僻んでいたのです。

 

アンジェラがレスターに体を許したのはなぜ?

アンジェラはレスターに恋愛感情は全く抱いていなかったのに、なぜレスターに処女を捧げようとしたのでしょうか。

恐らくアンジェラがレスターになびいたのは、ジェーンに対する対抗心からです。
アンジェラはジェーンに男自慢ばかりしていましたが、実際には誰とも交際したことが無かったのです。

アンジェラはそれなりにモテてはいたものの、彼女のお眼鏡にかなうハイスペックな男とはご縁がなく、王子様を待ち続けていたのかもしれません。

そんな中、ジェーンにリッキーという彼氏が出来たことでアンジェラは内心焦りました。
アンジェラは女としては何もかもジェーンに勝っているつもりだったのに、ジェーンの方が彼氏が出来るのが早かったからです。

アンジェラはジェーンに対抗心を燃やし、『私の方がすごいのよ』とジェーンに知らしめるためにレスターとセックスしようとしたのです。

次のページに続きます!

感想などお気軽に(^^)

  1. 匿名 より:

    最近こちらの映画を見たのですが
    映画の本題をうまく整理して理解することが出来ず悩んでおりました。
    こちらの記事を参考に整理することができました。
    良い記事をありがとうございました。

    • mofumuchi より:

      匿名さん
      作品理解のお手伝いができたようで嬉しいです(;∀;)
      最近忙しく手が離れがちになっていましたが、やる気が出ました!
      コメントありがとうございました(^^)

タイトルとURLをコピーしました