「イエスマン "YES"は人生のパスワード」ネタバレ感想|伝えたい教訓は? | 映画鑑賞中。

「イエスマン ”YES”は人生のパスワード」ネタバレ感想|伝えたい教訓は?

ヒューマンドラマ(コメディ)

人気ノンフィクション小説をジム・キャリー主演で映画化したコメディドラマ。
監督は、映画『恋は邪魔者』(2003)のベイトン・リード。
制作には映画『ハリー・ポッター』シリーズの制作も務めたデヴィッド・ハイマンや、主演のジム・キャリーも携わっている。

原題:Yes Man
制作年:2008年
本編時間:104分
制作国:アメリカ
監督:ペイトン・リード
脚本:ニコラス・ストーラー、ジャレッド・ポール、アンドリュー・モーゲル
制作:ジム・キャリー、デヴィッド・ハイマン、リチャード・D・ザナック
原作:自伝小説/ダニー・ウォレス『YES MAN

出演者・キャスト&キャラクター紹介

(引用:https://www.cinematoday.jp

カールジム・キャリー

バツイチ独身の銀行員。
3年前に離婚してからふさぎ込むようになり、いまだにショックから立ち直れずにいる。
それから友人と遊ぶことも、新しい出会いにも、何もかもに消極的で、何かと理由を付けて全て断る。
仕事終わりや休日にもどこにも出かけず、ぼんやりとレンタルショップで借りた映画を見続けている。  

 

(引用:http://blog.livedoor.jp

アリソンゾーイー・デシャネル

好奇心旺盛なジョギングフォトセミナー(ジョギングしながら写真撮影をする会)のインストラクター。
趣味で音楽バンドのボーカルをしている。

 

 

(引用:https://kovac.blog.so-net.ne.jp

ピートブラッドリー・クーパー

カールの友人の弁護士。
離婚のショックを引きずり続けているカールに嫌気が差している。

 

(引用:http://kazu1225.xsrv.jp

ノーマンリス・ダービー

カールの職場の上司で銀行の支店長。
映画好きで、映画に関連するコスプレパーティを開くのが大好き。

 

(引用:http://rhythmterrorism.blog118.fc2.com

テレンステレンス・スタンプ

『YES!』セミナーの主催者。基本無表情で感情が読めない人物。

・その他のキャスト

ステファニー(カールの元妻)…モリー・シムス
ニック・レイン(カールの元同僚)…ジョン・マイケル・ヒギンズ
テッド(ステファニーの彼氏)…ショーン・オブライエン
ルーシー(ピートの婚約者)…サーシャ・アレクサンダー
ルーニー(カールの友人)…ダニー・マスターソン
ティリー(老婦人)…フィオヌラ・フラナガン
ホームレスの男…ブレント・ブリスコー
ミュージシャンの男…カイ・レノックス
喧嘩した男…グラハム・シールズ
リー(カールの飲み友達、ナース)…アーロン・タカハシ
ファラヌーシュ(イラン人女性)…アンナ・カージャ
レスリー・T・パーカー(通称ウェス・銀行の重役)…ロッキー・キャロル
スミ(式場案内の韓国人)…ビビアン・バング
自殺未遂の男…ルイス・ガスナン
空港の刑事…スペンサー・ギャレット ほか

スポンサーリンク

結末までのあらすじ

銀行員のカールは3年前の離婚のショックからまだ立ち直れずにいた。
友人たちや上司からの遊びの誘いも、道端での勧誘も何もかも言い訳を付けて断り、仕事終わりや休みの日はレンタルしたDVDをぼんやりと眺めて過ごすつまらない毎日を送っていた。
仕事以外では引きこもる生活を送り続けて、カールは親友のピートの結婚お披露目パーティをボイコットしてピートの婚約者には嫌われ、ピートにまで愛想を尽かされてしまった。

ある日の昼休憩。カールはかつて同僚だった男ニックに『YES!』という名の謎の講演会(セミナー)に誘われた。
いつも通り行く気がなかったカールだったが、直前になって行かなければいけない気がしたのでセミナーに参加してみることにした。

会場でニックと共に座っていると、『YES!』代表のテレンスが現れて、セミナーが始まった。
テレンスの教えは「何か決断を迫られたとき『イエス』と答えれば、人生は素晴らしいものに変わる」 というものだった。
カールはテレンスに直接説得されて、””イエスマン””になる誓いをした。

(テレンスにマイクを向けられたカール 引用:https://ameblo.jp

セミナーが終わった直後。 カールにホームレスの男が「車に一緒に乗せてほしい」と頼んできた。
さすがに嫌だったので断りたかったが、ニックもまだ近くにいたので断ることができなかった。
仕方なく、カールは男を車に乗せて、彼の住まいだという山奥まで送り届けた。
その間に携帯を男に貸して電池切れ、ヤケになって所持金も全部プレゼントしてしまい、挙句に男を降ろした直後にガス欠になって、数キロ離れたガソリンスタンドまで歩く羽目になった。

『イエスの誓い』をしたことに後悔しながら、ガソリンスタンドでボトルにガソリンを入れていたとき、カールの前にスクーターに乗った美女・アリソンが現れた。

(アリソン 引用:http://doy1969.hatenablog.com
アリソンはカールをスクーターに乗せて車まで送ってくれて、別れ際にキスまでしてくれた。
カールが離婚してから初めてときめいた出来事だった。
この出来事からカールは『イエス』のパワーを信じ、本格的なイエスマンになった。

まずはピートに謝罪して、自分が変わったことを証明するために「おごれ」と言われたら全ておごった。
酔っぱらったカールは何十年ぶりかに男と殴り合いの喧嘩をして爽快な気分になった。

二日酔いで目が覚めた翌日。 同じアパートに住むお年寄りの婦人ティリーに頼まれて、彼女の部屋のリビングに棚を取り付けてあげた。
すると、婦人は「お礼に口で”抜いて”あげる」と申し出てきた。
さすがに「イエス」と言えなかったカールは急いで夫人の部屋を飛び出した。
その直後、カールはアパートの階段から転げ落ちて、近所の獰猛なドーベルマンに襲われかけた。
これが誓いに背いたバツだと思ったカールは、決意を固めてティリーの部屋に戻った。
婦人は喜んでカールをベッドに押し倒し、入れ歯を外してカールのアレを吸い上げた。
すると、カールは今まで味わったことのない快感を体験できた。

さらに『イエス』に拍車がかかったカールは、自宅に来るセールスや宗教関連の人物を誰でも歓迎したり、 掲示板に貼られていたギター、飛行機の操縦、韓国語のセミナー、ホームレスのための炊き出しなど、目に付いたものは片っ端から参加した。
同時に仕事も、カールの元に融資のお願いに来た自営業の人たちや、ただ買い物がしたい個人の申請にも片っ端からOKを出した。
カールの生活は一変し、楽しくて忙しい毎日が始まった。

ある日、カールは通勤途中にいつも路上でチラシを配っているミュージシャンの男のチラシを受け取り、 小さなライブ会場に足を運んだ。
そして、偶然その会場でバンドのボーカルをしていたアリソンと再会した。
カールは喜びを隠しつつアリソンとお喋りを楽しみ、アリソンが主催しているジョギングフォトセミナーに参加する約束をした。

セミナーは朝6時からだったので早めに寝ようとしたとき、飲み友達のルーニーからオール飲み会の誘いがあった。
カールは飛び起きて飲み会へ行き、オールしてレッドブルを大量に飲み、最高にハイな状態でジョギングフォトセミナーに参加した。
ジョギングの後カールはアリソンと話し、アリソンが今彼氏がいないことを知った。
アリソンも自由で奔放なカールに惹かれ、後日デートする約束をした。

デート当日。カールはアリソンと一緒に、カールの上司で映画オタクのノーマンが主催しているコスプレパーティに参加した。

(ハリポタコスプレのカール、アリソン、ノーマン 引用:https://fululog.com
この時はハリ―ポッターの会だったが、そこまでハリポタ好きではなかったカールとアリソンは、皆より少し早めにパーティを抜けて2人で外に出た。
カールは閉館後のハリウッドボウルに忍び込み、ステージでアリソンと一緒に歌ってキスをした。
この日からカールとアリソンは付き合い始めた。

ある日の出勤日。 カールはイエスマンになってから、個人への小口融資も乱発しており、いつもなら月に40件程度だった融資数は、このひと月で561件に増えていた。
このことで銀行の重役・パーカーがカールに会いに来た。
この銀行では小口融資は禁止していたので、カールはクビになるかと思ったが、結果、パーカーはカールを重役に昇進させた。
小口融資をすることで融資を受けた客は感謝して、返済率は98%と安定していて大きな利益をあげていたからだった。

その後も、カールは投身自殺しようとしていた男を習ったばかりのギターと歌で助け、救出の様子がテレビで放送されてちょっとした有名人になったりと、良いことだらけだった。

(自殺志願者を救った直後のカール 引用:https://fululog.com

スポンサーリンク

全てが順調に進むかと思いきや、試練は突然やってきた。
予定も行き先も一切決めないアドリブ旅行を計画したカールは、アリソンと一緒にネブラスカ州リンカーンへ飛んだ。
旅行中にアリソンから「愛してる。同棲したい!」と言われて、「愛してる」は心から嬉しかったが、「同棲したい」には正直戸惑った。
だがカールはイエスの誓いに則ってすぐにOKした。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、帰りの飛行機に乗ろうと空港でチケットを買おうとしたとき、カールは突然警察に拘留された。
今までの『イエス』に基づいた行動や、搭乗直前にチケットを買ったことや、イラン人花嫁紹介サイトの利用、飛行機操縦、韓国語のセミナーなどがすべて裏目に出てしまい、カールはテロリストの容疑をかけられてしまったのだ。
カールは弁護士でもある友人ピートに頼んで警察からは解放されたが、今までの行動すべてが『イエスの誓い』のせいだったと知ったアリソンは怒り、「信用できない!」と別れを告げられてしまった。
だが、このときもカールは 「同棲しようと言われたとき、もっと早くイエスと答えていれば!」 と見当違いな反省をして、ピートからも呆れられてしまった。

カールはそれからアリソンに何度も電話をしたり、アリソンが出るライブに行ったりしたが許してもらえる気配は全くなかった。
それに加えて、自分の部屋は『イエス』のおかげでいつの間にかルーニーに占拠され、カールは召使い状態だった。

そんな中、ピートと婚約者のルーシーの※ブライダルシャワーの幹事を任されていたカールは、知り合いをかき集めて盛大にブライダルシャワーを開いた。
※ブライダルシャワー:アメリカでよく行われる、結婚を間近に控えた男女をお祝いするパーティ。 ピートたちからは感謝されて大成功だったが、アリソンのことでカールの心は曇ったままだった。
そんな中、カールの元妻・ステファニーに突然呼び出されたので行ってみると、ステファニーは彼氏のテッドと喧嘩して彼が出て行ってしまったと落ち込んでいた。
カールが懸命に慰めていると、ステファニーはカールに突然キスをして復縁を迫ってきた。
さすがにイエスと言えず、カールは久しぶりに「ノー」と答えると急いでステファニーの部屋を出た。
その直後、『イエス』に憑りつかれていたカールは罪悪感を感じ、不吉なことが起こると「誓いを破ったせいだ」と感じたり、変な幻覚まで見たりした。
『誓い』の力が怖くなったカールは、誓いの効力をなくしてもらおうとイエスセミナーの主催者テレンスの元へ走った。

カールはテレンスの車の中に忍び込んで、テレンスが車の運転を始めてから突然話しかけたため、驚いたテレンスは運転を誤って2人は事故にあってしまった。

翌日の早朝。 病院で目を覚ましたカールはすぐにテレンスに会いに来た要件を伝えた。
すると、テレンスは 「あの誓いにパワーなんて無い!そもそも何でもかんでも全てに「イエス」と答える必要はない! 大切なのは、心から「イエス」と言えるようになることだ」と教えた。
『イエス』の本質を理解したカールは、このことをアリソンに伝えようと、友達ナースのリーにドゥカティを借りて患者服のまま病院を飛び出した。

(リーにドゥカティを借りたカール 引用:https://news.bikebros.co.jp

カールは格好良く(?)ジョギングフォトセミナー前のアリソンの所に到着したが、アリソンは不機嫌そうにカールを雑にあしらうと、さっさとジョギングを始めた。
カールはアリソンを追いかけて、改めて同棲の申し出を正直に断り、 「もう本心からしかイエスは言わない。でも誓いのおかげで君と出会えて僕自身も変われた!どうか仲直りしてほしい」とお願いした。
カールの本心が聞けたアリソンはやっと怒りが収まったようで、少し考えた後 「仲直りしてもいいかも!だって、あの言葉(イエス)はしばらく言いたくない」 と答え、晴れて2人は仲直りした。
ジョギングフォトセミナーの参加者たちは、患者服姿のカールとアリソンがキスするところを喜んで撮影した。

こうしてカールは『イエス!』によって新しい幸せな生活を手に入れた。

主題歌
Von Iva&Zooey Deschanel『YES MAN』

挿入歌(印象に残ったものだけ)
JOURNEY『Separate Ways (Worlds Apart)』
The Raconteurs『Old enough』
EELS『To Lick Your Boots』
Kelly Harris&Zooey Deschanel『Sweet Ballad』

映画『イエスマン ”YES”は人生のパスワード』関連作品(楽天)

スポンサーリンク

簡単なあらすじ

あまり時間がない方はこちらをどうぞ☆

離婚してから卑屈になり、恋愛や人付き合いの全てを諦めかけていた男カールは、元同僚の男の誘いを受けて『YES!』という名の謎のセミナーに参加することに。
そこでカールは主催者のテレンスに目を付けられて「これから全ての問いにイエスと答えること」を誓った。
始めは嫌々誓いを実行していたが、「イエス」と答え続けてラッキーなことが起こるようになり、人生が楽しく感じるようになる。
カールは「イエス」のおかげで新しい彼女アリソンと付き合うことができたが、逆に「イエス」のせいで関係が悪化し、ついに彼女を怒らせてしまう。
やみくもに「イエス」と答えるのではなく、自分の気持ちに正直に、時には「ノー」を伝えることも重要だと知ったカールは思いのたけをアリソンに打ち明け、無事に2人は仲直りした。

[ad]

解説や感想など

30ym6

(引用:http://blog.livedoor.jp

頭空っぽで見れて、笑えて、ポジティブになれるステキな作品です。

落ち込んだときなんかに観るのもおすすめです!

この作品は、イギリスの作家ダニー・ウォレスの実体験を綴ったノンフィクション小説『イエスマン』を元に作られています。
実話だと知ってちょっと驚きました。
ウォレス氏は実際に『すべてにイエスと答える』生活を数か月続け、全てのスパムメールにイエスと答えたり、知人からの「車買わない?」という投げかけに答えたりして大金を支払うことになったと語っています。

良いことばかりではなかったけど、イエスと答えたすべては”経験”となって私たちの糧になってくれます。
『体験することの大切さ』 『YES か NO かで未来は大きく変わる』 『ポジティブシンキングの大切さ』を教えてくれる作品です。

イエスマンを見た後しばらくはNOが言いづらくなりました。笑
教訓はこの位にして、面白かったシーンを勝手に振り返っていきます。
ジム・キャリーは映画『マスク』の頃から好きで、本作でもたくさん見せてくれたコミカルな姿はなつかしさもあって、見ていてワクワクしました。
冒頭の、口だけ(歯だけ?)で笑うみたいな仕草も好きだし、セロテープぐるぐる巻きのとこは爆笑でした。
見ていた上司のノーマンがドン引きしてましたが、なんで引くのかわかんないくらい面白かったです笑
このカールの上司、リス・ダービー演じるノーマンもコスプレ姿がとても可愛くて面白くて好きになりました。
特にスパルタのコスプレが良かったです笑
彼もなかなかフォトジェニックですよね。
コメディアンなのかと思ったら俳優さんみたいです。
まだ本作でしか拝見したことがないですが、他の作品もチェックしてみようと思います。

アリソン役の、ゾーイー・デシャネルもとってもキュートでした!
本作で初めて見たのですが、しばらくジュリア・ロバーツに見えていて別人だと認識するのに時間がかかりました笑
アリソンの『自由奔放』なイメージにぴったりの雰囲気も持っています。
カールとのデートのときに 「人生は大きな遊び場。子供の頃はみんな知っているのに、大人になる過程で忘れてしまう」 という名言には納得させられました。
こどものころは「何して遊ぼう?」ということばかり考えていたのに、やがて学校へ通って仕事をしていると、単純に楽しむことだったり、心や頭を空っぽにすることを忘れてしまいがちです。
人生全てを遊び場だと考える視点は素敵だと思ったので、気にかけていきたいです。

映画『イエスマン ”YES”は人生のパスワード』関連作品(楽天)

・参考記事
builder:全てにイエスと答えた男–映画『イエスマン』原作者が語る新生活のススメ

コメント

タイトルとURLをコピーしました