MCU『ソー:ラブ&サンダー』ネタバレ解説|ラスト考察、ムジョルニアに関する疑問など | 映画鑑賞中。

MCU『ソー:ラブ&サンダー』ネタバレ解説|ラスト考察、ムジョルニアに関する疑問など

ファンタジー

7/8に公開したMCU映画『ソー:ラブ&サンダー』のネタバレ紹介、解説考察をしています!

神を裏切られ神殺しの魔物に変わったゴッド・ブッチャーとソーのチームの戦い。
ソーとジェーンの再会、ムジョルニアに嫉妬するストーム・ブレイカーも必見です。

原題:Thor:Love and Thunder
制作年:2022年
本編時間:分
制作国:アメリカ
監督・脚本:タイカ・ワイティティ
関連コミック:『ソー:ゴッデス・オブ・サンダー』スタン・リー、ラッセル・ドーターマン著

 

主要キャスト

ソー・オーディンソンクリス・ヘムズワース
雷の神様で知恵の神オーディンの子。

ジェーン・フォスターナタリー・ポートマン
ソーの元恋人。ムジョルニアに選ばれて雷の神になる。
天文学者として大成功を収める中、半年前にステージ4の癌が見つかり療養中。
神話に『ムジョルニアを持つと健康になれる』と言い伝えがあることを知り、ニューアスガルド村を訪ねる。

ゴア / ゴッド・ブッチャークリスチャン・ベイル
全ての神を殺そうと企む男。
元は人間だったが、神への強い恨みから神殺しの剣『ネクロソード』に選ばれて邪神になる。

コーグ…タイカ・ワイティティ
ヴァルキリー…テッサ・トンプソン
ゼウス…ラッセル・クロウ
シフ…ジェイミー・アレクサンダー
ゴッド・ブッチャーの娘…インディア・ローズ・ヘムズワース
アクセル・ヘイムダルソン(ヘイムダルの息子)…キーロン・L・ダイアー
スターロード…クリス・プラット
マンティス…ポム・クレメンティエフ
グルート…ヴィン・ディーゼル
ドラックス…デイヴ・バウティスタ
アスガルドの歴史を再現する役者陣…サム・ニール、マット・デイモン、ルーク・ヘムズワース、メリッサ・マッカーシー、 ほか

 

あらすじ紹介

あらすじ①:ゴッド・ブッチャー登場、ジェーンとの再会

ソー:ラブ&サンダー

宇宙を守るために戦うソー ©2022 MARVEL

ソーは石男のコーグとガーディアンズのメンバーと一緒に宇宙を巡回し、宇宙中の困っている人々を助けて回る日々を送っていました。
筋トレとダイエットでスタイルを元に戻し、出動するとき以外は瞑想して恋愛と無縁な生活を送ります。

そんなある日、ガーディアンズが受信する救難信号に一気に大量の信号が届き、一同は驚きます。
ソーの幼馴染みのシフからの信号を発見したソーは、ガーディアンズ達と別れてコーグと一緒にシフの居る雪の国に行きました。

シフと再会し、神を殺す剣『ネクロソード』を持つゴア(ゴッド・ブッチャー)が神々を殺して回っていると知り、次はニューアスガルド村が狙われていると知ったソーは、負傷したシフを連れて地球に帰還しました。

ゴアは元々人間で光の神の崇拝者でした。
ゴアの暮らす地域では飢饉が起こり、ゴアは家族のためにも毎日神に救いの祈りを捧げてきましたが、家族は全員餓死しました。
ゴアも生死の境をさまよって光の神に会いましたが、冷酷な言葉を浴びせられて生贄にされかけた事で信仰心が強烈な恨みに変わりました。
その時、神殺しの剣ネクロソードがゴアの恨みに反応し、邪神に変えたのです。

ソーがニューアスガルド村に戻ると、既にゴアは闇の魔物を発生させて村を襲っていました。
ソーも応戦する中、周囲をムジョルニアが飛び回っている事に気付き、ソーの元恋人ジェーンが雷の神になってムジョルニアを操っていることを知り動転します。

ゴはソーの武器『ストーム・ブレイカー』を見た直後、戦うのをやめてニューアスガルドの子供たちを20人ほど拉致して消えました。

 

あらすじ②:ジェーンの病気、ゴアがアスガルドの子ども達を拉致

ソーとジェーンは8年ぶりに再会しました。

ジェーンは天文物理学者として大きな成功を収めていましたが、半年前にステージ4の癌が見つかります。
有効な治療法が見つからず、ジェーンは死を覚悟し始めていました。
そんな時、ジェーンは北欧神話の本から『ムジョルニアを持つと健康な体が手に入る』と言い伝えがあることを知り、最後の望みをかけてニューアスガルド村を訪ねます。

ニューアスガルド村はソーが不在のため、神ヴァルキリーが村長(王)になっています。
アスガルド人は地球に移り住んでからお金の大切さを知り、今では村そのものが北欧神話に関する観光地と化していました。
ムジョルニアはヘラに壊された後の残骸が回収されて展示物になっています。

ジェーンがムジョルニアの残骸に近づくと、ムジョルニアが光ってジェーンは雷の神になりました。
ジェーンはムジョルニアを所持している間だけは健康な体を手に入れますが、ムジョルニアから手を離すと元の癌に侵された体に戻ってしまうことに気付き、根本的解決にならないことを知りました。

さらわれた子供たちの中には虹の橋バイフロストの番人で千里眼を持つ故人ヘイムダルの息子アクセルがいました。
子どもたちがゴアの本拠地『影の国』にいることが分かったソーは、ジェーン、ヴァルキリー、コーグと一緒に空飛ぶ小船に乗って子供たちを救出する旅に出ます。

 

あらすじ③:ゼウスの武器サンダーボルトを強奪

ソー:ラブ&サンダー

©2022 MARVEL

ソー達は少しでも仲間を増やすために全知全能の主神と名高いゼウス(ラッセル・クロウ)に助けを求めますが、ゼウスは「殺されたくないから行かない。ゴッド・ブッチャーは私の黄金神殿や『とこしえ』にたどり着くのは無理だ」と答えました。

『とこしえ』は宇宙の真ん中にある強力な聖地で、最初にたどり着いた者は1つだけ何でも願いを叶えてもらえるとされる場所です。
ゼウスの態度に怒ったソーは、ゼウスの持つ稲妻の武器『サンダーボルト』を奪って黄金神殿から逃走しました。
この時のゼウスとの戦いで、コーグは体を失い顔だけになってしまいました。

船で影の国に行く間、ソーはジェーンに愛を打ち明けて2人は復縁します。
この時ジェーンは癌で死が近いことをソーに打ち明けました。

2人の今後について話し合う暇もなく影の国に到着し、ゴアの住処を見たジェーンはストーム・ブレイカーの持つバイフロストを展開する機能が『とこしえ』の門を開くカギになり、ゴアの狙いがストーム・ブレイカーをソーから奪うことだと気づきます。

その直後、ソー達はゴアに捕まってしまいます。
ゴアがジェーンを殺そうとするので、ソーはストーム・ブレイカーを使って一時撤退しようとしますが、ソー達が地球にワープする瞬間にストーム・ブレイカーはゴアに奪われてしまいました。

結末と解説・考察は次のページです!




感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました