「SPY/スパイ」ネタバレと感想|豪華キャストのややお下品なスパイコメディ! | 映画鑑賞中。

「SPY/スパイ」ネタバレと感想|豪華キャストのややお下品なスパイコメディ!

アクションコメディ

CIA勤務の冴えないアラフォー女子が大暴れするスパイアクションコメディ。
監督・脚本は映画『バッド・ティーチャー』(2011)のポール・フェイグ。

 

原題:SPY
制作年:2015年
本編時間:120分
制作国:アメリカ
監督:ポール・フェイグ
脚本:ポール・フェイグ

キャスト&キャラクター紹介

(引用:https://www.cuemovie.com

スーザン・クーパーメリッサ・マッカーシー
スパイに憧れているCIA分析官(内勤)の独身女性40歳。
ぽっちゃり体形で、恋人は3年前にフラれてからいない。
相棒スパイで想い人のブラッドリー・ファインの手助けしている。

 

(引用:https://ameblo.jp

ブラッドリー・ファインジュード・ロウ
スーザンの相棒のスパイ(エージェント)。
おっちょこちょいな面もあるが、腕は確かでイケメン。
計算高い面があり、スーザンの気持ちを知った上で上手く利用している。
スーザンのサポートの腕には絶大な信頼を置いているが、スパイとしては過小評価している。

 

(引用:https://dayslikemosaic.hateblo.jp

リック・フォードジェイソン・ステイサム
スーザン、ファイン等と同僚のスパイ。
腕は確かだが、頭に血が上りやすいのが欠点。

 

(引用:https://plaza.rakuten.co.jp

レイナ・ボヤノフローズ・バーン
武器の売人ティホミル・ボヤノフの娘で、父親の死後、全ての権限を引き継いだ。
ロンドン在住でオックスフォード大学卒の秀才。

 

(引用:https://plaza.rakuten.co.jp

ナンシー・B・アーティングストール(スーザンの友人)…ミランダ・ハート
右端がナンシー。
スーザンの同僚で親友。彼女も独身で彼氏はいない。
スーザン同様、スパイに憧れを抱いている。

・その他のキャスト

セルジオ・デ・ルーカ(仲介人)…ボビー・カナヴェイル
エレイン・クロッカー(スーザンの上司)…アリソン・ジャニー
アルド(女好きスパイ・ローマの案内係)…ピーター・セラフィノーウィッチュ
カレン・ウォーカー(CIAの美人スパイ)…モリーナ・バッカリン
二コラ(敵側の暗殺者)…ジュリアン・ミラー
ソルサ・ドゥディエフ(テロ組織リーダー)…リチャード・ブレイク
リア…ナルヒス・ファクフリ
ティホミル・ボヤノフ(レイナの父)…ラード・ラウィ
アントン(レイナのボディーガード)…ビョルン・グスタフソン
50セント(本人)
ヴェールカ・セルヂューチュカ(本人)
ティモシー・クレス(CIAスパイ)…ウィル・ユン・リー
マシュー・ライト(CIAスパイ)…カルロス・ポンセ
パトリック(CIA開発部門)…マイケル・マクドナルド
フレデリック(レイナの部下)…ミッチ・シルパ
アラン(バーテンダー)…スティーヴ・バンノス
紫のネクタイをした男…ザック・ウッズ
カジノのホステス…ジェイミー・デンボ
アメリカ人旅行者…ベン・ファルコーン
パリのホテル客…ポール・フェイグ ほか

スポンサーリンク

結末までのあらすじ

CIA内勤の分析官スーザン・クーパー(メリッサ・マッカーシー)は、同僚スパイのブラッドリー・ファイン(ジュード・ロウ)のサポート任務が主な仕事だった。
ファインが現場で任務を遂行し、スーザンはオフィスで必要な情報を調べて随時ファインに伝えるのだ。
業務中、ファインは小型のインカムとカメラ付きコンタクトレンズを装着していて、スーザンは映像などを随時確認しながらいつでもファインと会話出来る状態でサポートをしていた。

スーザンはCIAに所属した当初からファインに好意を寄せていて、専属のサポーター業務が出来るため満足していた。
2人は長年連れ添った夫婦のように息ぴったりで、仕事中の会話はほぼカップルの電話のようだった。


(ファインとの食事を楽しむスーザン 引用:https://chrizen.wordpress.com

その日のファインの仕事は、ボヤノフ邸のどこかに隠されているケース型核爆弾を回収することだった。
隠し場所を知っているのは、家の持ち主で武器商人のティホミル・ボヤノフ(ラード・ラウィ)ただ1人だったのだが、ファインは隠し場所を吐かせる前に誤ってボヤノフを殺してしまった。
ファインはボヤノフの部下たちに襲われるも、スーザンの的確な指示で素早く逃げ切った。

後日。2人はCIAでの会議で、核爆弾の居場所をどう突き止めるかについて上司のエレイン・クロッカー(アリソン・ジャニー)と話し合った。
本部からの報告では、ボヤノフの死後すぐに娘のレイナ・ボヤノフ(ローズ・バーン)が仕事を引き継いでいるとみられ、レイナはすでに核爆弾の売買に向けて動き出しているようだった。
彼女は最近、テロ組織のリーダーであるソルサ・ドゥディエフ(リチャード・ブレイク)と接触しているという情報もあった。
CIAはレイナから核爆弾の場所を聞き出すため、ファインをロンドンにあるレイナの自宅に送り込んだ。
この時、ファインはレイナに見つかってピンチに陥った。


(レイナに銃を向けられたファイン 引用:https://www.loveandsqualorfilm.com

彼女はファインに向けて銃を撃ち、同時にスーザンが見ていたファインの映像も途切れてしまったので、スーザンはショックで泣き崩れた。

ファインの追悼式の後、スーザンはファインの仕事をやり遂げようと決意。
ファインが撃たれるまでの映像を何度も見直して、手がかりとなる電話番号のメモを発見した。
それは、テロ組織と武器の売人の仲介人のセルジオ・デ・ルーカ(ボビー・カナヴェイル)のものだとわかり、緊急会議が開かれた。
恐らくレイナはデ・ルーカを通じて誰かに核爆弾を売ろうとしているのだ。
デ・ルーカの追跡を誰がするか決める際、スーザンは勇気を出して手を上げ、「ファインのために任務に就きたい」と懇願した。
上司のエレインは、悩んだ末に『デ・ルーカの追跡と報告のみ(接触はダメ)』という条件でOKした。
すると、同僚エージェントのリック・フォード(ジェイソン・ステイサム)は自分が選ばれなかったことに腹を立て「辞めてやる!」と怒鳴りながら出ていった。

スポンサーリンク

実はスーザンは、10年前のアカデミー時代に実務訓練で抜群の成績を収めていた生徒で、現在内勤業務に落ち着いているのがおかしい位だった。
これには理由があり、スーザンは当時、ファインに「君は内勤に就いて俺のパートナーになってほしい」と頼まれたからで、元々はエージェント志望だったが内勤志望に変更して現在に至っていた。
エレインはスーザンのアカデミー時代を知って驚きながら、改めてスーザンにデ・ルーカの尾行を命じた。
彼女のサポートには、スーザンの同僚で親友でもあるナンシー(ミランダ・ハート)が選ばれた。
そして『4人の子持ちのキャロル・ジェンキンズ』というスパイとしての仮の身分が与えられた。

その後、スーザンは開発部門のパトリック(マイケル・マクドナルド)から、吹くと毒針が出る防犯用の笛、セキュリティダウンする催涙スプレー、クロロホルムを染み込ませたお尻ふき、解毒剤入りの下剤、ダサいプリントが入った暗視スコープ付きの時計と、変装用衣類一式を渡された。
こうして4人の子持ちおばさんに変装し、がっかりしながらも、すぐにデ・ルーカのいるパリへ飛び立った。

パリに着き、宿泊先に指定されたホテルは華やかさとは程遠い安宿だった。
部屋で道具や武器の確認をして一息つくと、突如スーザンの前に辞めたはずのフォードが現れた。
フォードは『ダメと言われたらやりたくなる男』だったようで、この任務を外されたのでやる気になってしまったと言う。
フォードは自分のエージェントとしての武勇伝をひとしきり語ると、スーザンに罵声を浴びせて去っていった。


(スーザンに武勇伝を語るフォード 引用:https://xn--u9j1gsa8mmgt69o30ec97apm6bpb9b.com

翌日。スーザンはデ・ルーカのオフィスに向かった。
だがオフィスは火事で崩壊していて誰もいない。
近くの店の店員に話を聞くと、男は燃えさかるオフィスの写メを見せてくれた。
その写真には怪しげな男性(ジュリアン・ミラー)が映り込んでいたのだが、その後スーザンは近くのカフェにその男を発見した。
男を尾行していると、その男はフォードを尾行していたことが判明。
フォードは別のカフェで謎の美女(ナルヒス・ファクフリ)と会っていた。
デートではなく、何か取引をしているようだ。
男は自然に近づくと、フォードのリュックを準備していた偽物とすり替えて去っていった。

スポンサーリンク

スーザンはリュックがすり替えられたことを知らせようと追いかけるが、フォードはスーザンに気付かず足早に歩いていて追いつけなかった。
スーザンは、野外ステージで歌っていたヴェールカ・セルヂューチュカからマイクを奪い、大声でフォードに呼び掛けて危険を知らせた。
スーザンの声に気付いたフォードが慌ててリュックを確認すると、中には爆弾が入っていた。
急いでリュックを川に投げ捨てると、フォードは再び街中に消えていった。

その後、スーザンは怪しい男を捕まえて目的を問い詰めようとしたが、勢い余って殺してしまった。
男が持っていたカメラの映像から、デ・ルーカはローマへ移動していることがわかった。
スーザンはエレインの許可をとり、新しく『猫大好きおばさん』の身分を新たにもらい、すぐにローマに飛んだ。


(猫好きおばさんに扮したスーザン 引用:https://themoviemylife.com

ローマに着いたスーザンは、イタリア人エージェントのアルド(ピーター・セラフィノーウィッチュ)に、デ・ルーカの居場所に連れて行ってもらうことになった。
アルドは大の巨乳好きで、スーザンはまさに彼のドストライクだったらしく、うんざりする位の激しい求愛を受けた。

目的地に着くと、高級車の中からデ・ルーカが降りて来てカジノに入っていった。
スーザンも、猫おばさんからフォーマルな黒いドレスに着替えてカジノに入った。
カジノでデ・ルーカに近づくことが出来そうにないので諦めてバーに入ると、近くの席に座っていたのはレイナだった。
思わぬ収穫に喜んでいたところ、スーザンはウェイトレスの男がレイナのドリンクに薬を入れているのを目撃した。
スーザンが薬のことを知らせて助けると、レイナは「お礼がしたい」とディナーに誘った。
スーザンはすぐに気に入られ、ボディガードとしてそのままレイナのプライベートジェットでブタペストへ行くことになった。


(レイナのボディガードになったスーザン 引用:https://www.givetake.com

飛行機の中でスーザンはCIAのスパイではないかと疑われたので、とっさに自分の名をアンバー・バレンタインと偽名をかたり「亡くなったお父さんからあなたを守るように頼まれたの」とウソをついて何とかごまかした。

飛行機はブタペストに到着し、レイナはホテルに入った。
彼女はこれから核爆弾を欲しがっている買い手候補者の1人と会ってお金の話をするそうだ。
スーザンはレイナと遭遇してからずっとCIA本部にいるナンシーとの回線が切れたままになっていた。
ナンシーに連絡を取ろうと一度ホテルから出ると、彼女はスーザンが心配なあまり、既にスーザンがいるホテル付近に来ていた。
スーザンの安否確認をするために、レイナ達に身元がバレていないナンシーを行かせることになったのだそうだ。
2人が騒いでいるのを聞きつけてレイナがホテルの外に出ると、突然走行中の車に銃で狙われた。
スーザンはレイナの護衛をナンシーに任せてスクーターで狙撃車を追いかけた。
レイナを襲ったのは、現在旅行休暇中と聞いていたはずの同僚スパイのカレン・ウォーカー(モリーナ・バッカリン)だった。
彼女は二重スパイで、CIA以外の何者かに雇われてレイナを殺そうとしていたのだ。
スーザンが混乱している間に、どこからともなく銃弾が飛んできてカレンは死んでしまった。
スーザンは撃った相手を見つけることができず、急いでホテルに戻った。

その日の夜。スーザンとナンシーはレイナに同行して買い手候補者と会うナイトクラブに入った。
候補者がなかなか現れないので、レイナが待ち合わせしている人物の写真をスーザンに見せた。
そこに写っていたのは、フォードがパリで荷物をすり替えられたときに会っていた謎の美女リアだった。

リアはデ・ルーカの愛人兼連絡係だったが、デ・ルーカを出し抜いてレイナを誘拐し、核爆弾を奪う計画を立てていた。
その時、スーザンは同じクラブ内にフォードを発見したので、リアを捕まえるために協力を求めた。
リアがクラブに現れたので、スーザン、ナンシー、フォードの3人がかりで捕まえようとしたが、リアは足早にクラブから逃げだした。
追いかけようとした時、ナンシーはパフォーマーとしてクラブに来ていた50セントに抱き着いてキスを迫ったために警察に捕まった。
ナンシーは50セントの大ファンだった。

スーザンはリアを追いかけてレストランの厨房で死闘を繰り広げた。
その時、スーザンの後ろから包丁が飛んできてリアの胸に突き刺さった。
包丁を投げた人物を見ようと振り向くと、そこに立っていたのは死んだはずのファインだった。
なぜかファインの隣にはレイナがいる。
混乱している間に、スーザンは気絶させられた。

気が付くとスーザンは縛られていて、目の前にはとレイナとファインが立っていた。
ファインはあの時の騒動で自身の死を偽装して、今はレイナの愛人兼ボディーガードをしていることを明かした。
スーザンの気持ちを悟ったレイナは、わざとスーザンの目の前でファインとキスし、ショックを隠そうとする彼女の様子を楽しそうに見物した。

その後、スーザンはアルドと一緒に地下室に監禁された。
アルドはこの状況でもスーザンを口説くことをやめようとしなかった。

しばらくするとファインがスーザンの所へやってきた。
「君は素人だからこんなことになったんだ。
レイナの愛人になったのは、殺されないためにあぁするしかなかったんだ。騙したことを許してほしい。
これからデ・ルーカに会いに行く。もうすぐ終わるから、ここで待っていてくれ!」
ファインは、スーザンのおでこにキスをして足早に去っていった。

ファインのキスでやる気が出たスーザンは、アルドと協力して縄をほどくとファインを助けに向かった。
数人いた見張りを倒してアルドに本部への連絡を頼むと、車を奪ってファインとレイナの所に急いだ。

レイナとファインは山の中の屋敷でデ・ルーカと会っていた。
デ・ルーカはファインがCIAの人間だと知っていて、「ファインを殺さないとドゥディエフは呼ばない」と言い出した。
再度説明しておくと、レイナは仲介人のデ・ルーカを通じて、核爆弾の買い手であるドゥディエフ(リチャード・ブレイク)と取引しようとしている。
そのとき、屋敷にスーザンが現れた。
スーザンは「ドゥディエフのことは何年も調べてきてよく知っているから、ファインを殺さないなら、情報を教えると持ち掛けると、デ・ルーカは少し考えてスーザンに従った。

やがて屋敷にドゥディエフが到着し、取引が始まった。
ドゥディエフはアタッシュケースに入れた大量のダイヤモンドで支払いをすると、レイナは全員を屋敷の地下に連れて行き、高級車のトランクの中に隠されていた核爆弾を取り出した。
ドゥディエフは満足そうに核爆弾を受け取ると、部下に持たせて帰ろうとした。
その時、デ・ルーカが銃を出してドゥディエフのこめかみを撃ち抜いた。

デ・ルーカは始めからダイヤも核爆弾も独り占めしようと企んでいて、レイナもドゥディエフも殺そうとしていたのだ。
さらに、デ・ルーカは核爆弾をドゥディエフよりも高値で買ってくれる相手をすでに見付けていた。
現場は混乱に陥り、デ・ルーカ一味がレイナに襲い掛かった。
このときフォードもこの場に駆けつけたが、ドアノブに服の袖を引っかけて転倒、気を失った。
スーザンはとっさにレイナをかばい、デ・ルーカの部下たちをなぎ倒していく。
その華麗な動きに、ファインは初めてスーザンに見とれた。
そして、彼女をかばって腕を撃たれた。
デ・ルーカも肩を負傷し、レイナを殺すのは諦めてヘリで逃亡しようとする。
スーザンとフォードがすかさず追いかけてヘリの脚にしがみつき、ヘリは湖の上に離陸した。

フォードは途中で落下。スーザンは何とかヘリのドアを開け、後部座席に積んであったダイヤと核爆弾を外に放り出した。
アタッシュケースは口を開け、ダイヤをまき散らしながら核爆弾と共に湖に落ちた。
キレたデ・ルーカがスーザンを撃ち殺そうとしたとき、デ・ルーカは突然胸を撃たれて倒れた。
彼を撃ったのは、ヘリでスーザンを助けに来たナンシーだった。
ヘリを運転しているのはアルドで、ヘリを貸してくれたのは50セントだった。
50セントはクラブでナンシーにキスされて、彼女に恋したらしい。
デ・ルーカはスーザンが首から下げていたファインからのプレゼントのペンダントと一緒に湖に落ちていった。

CIAが湖から爆弾とダイヤを拾い上げて、ミッションは終了した。
今回の働きを高く評価した上司のエレインは、今後もスーザンにはエージェントとして働いてもらいたいと告げた。

スーザンに恋したファインは、初めて純粋な気持ちでスーザンをディナーに誘ったが、スーザンは「今日は女子会の気分なの」と断った。
ファインへの恋心は、湖に落ちたペンダントと一緒に消えてしまったのだ。

湖から自力で這い上がったフォードは、またCIAに戻ることを告げると、湖を海と勘違いして船で格好良く旅立っていった。
スーザンは「久しぶりに動いたから体が悲鳴をあげてる!」とナンシーに本音を語り、支えられながら現場を後にした。

その日の夜。スーザンはナンシーと大盛り上がりの打ち上げをした。
翌朝目覚めると、スーザンの隣には裸のフォードが眠っていた。
昨夜の記憶が徐々に蘇り、悲鳴を上げるスーザン。
フォードは目を覚ますと、ご機嫌でスーザンに「2回目」を迫った。

主題歌:Bad Seed Rising『Bad Seed Rising』
スポンサーリンク

感想!

 

ジュード・ロウとジェイソン・ステイサム見たさに鑑賞しました。
目立たず冴えない人が実はスゴかった系のお話です!
スパイもの好きで、笑いたい気分の方におすすめです。
ブラックジョークも割と多めなのであしからず。
「どんでん返し」のタグをつけたのは、ファインが生きていたことと、スーザンがフォードと結ばれるというダブルのどんでん返しの意味で付けています。

主演のメリッサ・マッカーシーのキレッキレのアクションもさることながら、演技派俳優のJコンビが良い感じに華を添えています。
Jステイサムは個人的に映画「アドレナリン」(2006)のイメージが強くて、キャラもアドレナリンのに似てて懐かしい!って感じたけど、珍しい位ザツに扱われているのがまた面白いですw
一方Jロウのコメディはかなり新鮮な気がします。
個人的には、くしゃみして銃を撃っちゃうシーンや、フォードが服引っ掛けてコケるシーンが好きですw
私もよくドアノブに服引っかけるのでw
ジュードが思ったより出番が少なかったので残念、もっと見たかった。。

今回は感想のみであまり書くこともなくてすみません。以上です!

映画『SPY/スパイ』関連商品(楽天)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました