映画『死刑にいたる病』原作ラストとの違い、榛村大和が快楽殺人者になった原因、雅也の過去など解説考察② | 映画鑑賞中。

映画『死刑にいたる病』原作ラストとの違い、榛村大和が快楽殺人者になった原因、雅也の過去など解説考察②

死刑にいたる病 サスペンス

映画『死刑にいたる病』の解説考察②です。

この記事では映画では描かれておらず、できれば描いてほしかったと思う登場人物の過去や行動理由を紹介しています。

鑑賞済みの方向けの考察記事です。
見ていない方はネタバレにご注意ください(__)

 

『死刑にいたる病』概要紹介

制作年:2022年
本編時間:128分
制作国:日本
監督:白石
脚本:高田亮
原作小説:『死刑にいたる病』櫛木理宇 著
この作品はPG12の年齢制限があります。
拷問等、殺傷描写がみられるためです。(映倫参照)

あらすじ紹介

東京の大学で孤独なキャンパスライフを送っていた筧井雅也(岡田健史)の元に1通の手紙が届きます。
手紙の送り主は死刑囚の榛村大和(阿部サダヲ)でした。

榛村は雅也の地元でもある栃木県でパン屋『ロシェル』を営んでいた男ですが、可愛い笑顔と職業とは裏腹に、高校生ばかりを誘拐・監禁・拷問の末に殺害していた快楽殺人者でした。

榛村の事件が明るみになったのは、当時監禁されていた女子高生が逃走して警察に駆け込んだからでした。
逮捕・起訴された榛村は法廷で反省の素振りを一切見せず「僕が逮捕されたのは慢心したせいです。もし人生をやり直せるなら、二度と油断したりしません」と発言して世間を震撼させました。

雅也の実家は『ロシェル』の近くにありました。
雅也は中学生の頃、学校と塾の間の時間をいつもロシェルで過ごしていました。
厳しい父親を持つ雅也は、父とは対照的にいつも優しい榛村が大好きでした。
手紙には「君にお願いしたいことがある」と書かれていますが、パン屋の客の1人に過ぎなかった雅也に榛村が頼みたいことなど検討が付きませんでした。

雅也が恐る恐る拘置所の面会室に行くと、榛村はパン屋で会っていた当時と変わらない笑顔を見せました。
榛村の頼みとは『有罪判決が出た9件の殺人の内、最後の1件だけは冤罪なので証明するのを手伝ってほしい』というものでした。

主要キャスト

筧井 雅也(かけいまさや)…岡田健史
東京のFラン大に通う栃木出身の大学生。

榛村 大和(はいむらやまと)…阿部サダヲ
高校生の連続拷問殺人の罪で逮捕された死刑囚。
雅也の実家近くのパン屋『ロシェル』の店主として町の人気者だった。

金山 一樹(かなやまかずき)…岩田剛典
榛村のいる拘置所で雅也が出会った謎の青年。

筧井 衿子(かけいえりこ)…中山美穂
雅也の母。ただひたすら大人しく家庭でも空気のような存在。
榛村大和と過去に繋がりがある。

加納 灯里(かのうあかり)…宮崎優
雅也の中学と大学の同級生。雅也に好意がある。

原作小説を読まないとわからない色々

知っておくとさらに理解が深まりそうな原作小説の情報をまとめておきます。
主には映画で語られていない主要人物の生い立ちです。
榛村大和の周辺人物は被虐待児ばかりなので、物騒な単語や表現が多いまとめになってしまい胸糞注意の項もありますが、平気そうであれば目を通してみてください。

筧井雅也の少年時代

死刑にいたる病
(引用:https://cinephilie.jp

雅也の過去は映画では「中学までは成績が良かったけど、高校で失敗した」と一言で片づけられていて、雅也の学生時代がいまいち掴めなかったのが地味に残念な点です。

原作小説によると、小中学時代の雅也は勉強を特に頑張らなくても成績優秀で、控えめな性格でしたが友人は多い子どもでした。
幼いころの雅也は主に父親と祖母の影響で『選民意識』があり、決して表には出さないものの、勉強が平均以下で友達も少ないタイプの同級生をひそかに見下していました。

そのため、中学生時代の雅也は加納灯里を見下していて、友達のいない彼女に話しかけていたのは『誰にでも平等に接する自分』を演出するための行動でした。

雅也は中学までは公立校に通いましたが、高校受験で県内有数の進学校に入学が決まり、学校の寮に引っ越しました。
雅也のロシェル通いが中学で終わったのもこの時の引っ越しが理由です。

細かい点ですが、映画では雅也は塾通いをしていましたが、小説では父が知人に『雅也は塾に通わなくても勉強ができる天才肌の子』と思われたいがために塾ではなく家庭教師を雇っていて、雅也がロシェルに通ったのは週に1度 母衿子と一緒に来ていた程度でした。

雅也が父に暴力を振るわれていることに榛村が気付くのも小説には無いので、映画と小説の雅也と和夫はキャラ設定が多少違うのかもしれません。

見栄っ張りの父 和夫は雅也の受験成功を親戚から職場まで自慢しますが、和夫の期待とは裏腹に、雅也は高校入学直後から授業についていけなくなります。
雅也は内心焦るものの、プライドが邪魔をして勉強を教えて欲しいと誰にも言えず、『優等生の仮面』が剥がれ、『選民意識』も崩れてついには鬱状態になってしまいます。
雅也自身は自分が見下していたそのままの人間になりつつある現状に絶望したのです。

教師からは「実家に戻った方が良い」と言われますが、雅也は地元で恥をかくのを恐れて帰れず、和夫と祖母も当然中退を許しませんでした。
苦肉の策で雅也は休学と復学を繰り返しますが、やはり勉強面で挫折して最終的には高校側から退学を告げられました。

その後、雅也は高卒認定試験を経て大学受験に挑戦しますが、本来の志望校には落ちてしまい、受かっていたのは『Fラン大学』だけでした。
当時雅也は浪人を望みましたが、和夫が謎のこだわりから許さなかったためFラン大に通うことになりました。

 

雅也と灯里の関係

映画では居酒屋での会話で、灯里が中学時代から雅也に好意を抱いていたことが仄めかされていました。
中学時代の灯里は暗い性格で友人を作れずにいた中、雅也だけが灯里に普通に話しかけてくれていたことが救いだったようです。

灯里と雅也は高校が違うので、灯里は大学で再会するまで『優等生の雅也』しか知りませんでした。
雅也と灯里は高校を経て立場が真逆(陰キャ⇔陽キャ)に入れ替わっていたので、雅也は彼女の顔を見ることすら当初は嫌がっていました。
小中学生時代の『友達が多い優等生』から『ボッチのFラン大生』に変貌している現状を笑われるのが怖かったのです。

しかし、灯里は雅也が変わっていても気持ちが冷めることは無かったので、そこに灯里の変わらぬ愛を感じます。
恐らく灯里にとって大学生の雅也は過去の自分を見ている気持ちになり、むしろ親近感すら抱いていたかもしれません。

一方、雅也が灯里を好きになったのも恐らく彼女と同じ理由で、大学で友人が作れずにいた雅也に普通に話しかけてくれたのが灯里だけだったからです。
ここら辺にも例えづらいですが輪廻のようなものを感じます。

 

雅也が祖母を嫌っていた理由

死刑にいたる病

©2022映画「死刑にいたる病」製作委員会

雅也の祖母のお葬式から物語が始まり、雅也は「祖母に育てられたようなもの」と語っていたものの、祖母を嫌っていた発言を何度かしていました。
こちらも詳細はほぼ明かされずでしたが、雅也が祖母を嫌いだったのは、祖母がずっと母 衿子を嫁いびりしていたからです。

父 和夫は祖母の衿子に対する態度を当然と思っていて何もしませんでした。
雅也は学校で活躍することで祖母と父が上機嫌になり、結果2人が衿子に優しくなるので、これからも活躍して衿子を救おうとしましたが、高校で失敗してしまいました。

肝心の衿子自身は過去の虐待のせいでとにかく自己評価が低く「こんな私と結婚してもらえただけでありがたい」という考えから、祖母が死ぬまで嫁いびりに耐え続けました。

ちなみに原作小説では祖母は健在です。

 

雅也の母 衿子の過去※胸糞注意

衿子は母親からの虐待が原因で拒食症と異食症を患い、入院した時に虐待が発覚して榛村織子の養子になりました。
衿子が受けた虐待は、主に母親からの言葉の暴力でした。

彼女の母は衿子を産んで退院した直後から、衿子がぐずってよく泣くことに悩まされ続け、我慢しながら世話するうちに衿子が大嫌いになってしまいました。

母親は育児放棄や身体的暴力はしませんでしたが、衿子が言葉を覚え始める頃から悪口や罵倒を浴びせ、小学校に上がってからは言葉の暴力に経済DVが加わりました。
具体的には『産まなきゃよかった』、『あんたには何をやらせてもダメだ』などの自尊心を著しく傷つけるような言葉や、文房具などを買い与えず物乞い行為をさせたりなどです。
結果、衿子は自傷行為をするようになりました。

成長とともに大人の体に近づいてくると、母親は「いやらしい、汚い」と非難するので、衿子は拒食症と異食症を発症して普通の食事をほとんど食べず、体毛や土を食べました。
それは、胸やお尻が大きくなるのを少しでも防ぐためでした。

衿子が倒れて虐待が発覚すると、衿子の父親は離婚ではなく衿子を手放す選択をします。
衿子を榛村織子に預けるとき、衿子の母は「もしいらなくなってもこっちに戻さないでください」と言い放ちました。

衿子の母がここまで衿子を憎む心理的要因もまた衿子の母の生い立ちにありますが、それは割愛するので気になる方は小説を読んでみてください。

ちなみに映画では衿子の産んだ子は死産で、遺体は衿子と大和が焼却処分していましたが、小説では衿子の赤ちゃんは生きて生まれましたが殺してしまい、遺体は大和が預っていて、その後死体をどうしたのかは不明です。

また、別の項にも書きましたが榛村大和は衿子の育ちも養母の織子が性を嫌っているのも知っていたので、衿子の強姦事件も大和が企てたものと思われます。

 

榛村大和の過去※胸糞注意

原作小説で一番時間をかけて描かれていた榛村大和の過去が、映画ではほとんど削られていたのも地味に驚きでした。
榛村大和の生い立ちについて触れておきます。

まず、小説の榛村大和は『超絶イケメン』という設定でした。
大和が誰にでも好かれ、ターゲットの高校生を容易に虜にするのは愛想の良さはもちろんですが、何よりもルックスが大きく関係していました。

映画の大和(阿部サダヲ)は誰もが認めるイケメンというわけではないですが、人間的な魅力で皆を懐柔していました。

大和は男遊びの激しい女性を母に持ち、幼少時は主に母親の彼氏から遊び半分の暴力と性的虐待を受けて育ちました。
この幼少時に受けた暴力と性暴力が、彼の異常な嗜虐心と性的趣向に多大な影響を与えたとされています。

大和は3~6歳の頃はちょっと目を離すと必ず『危険な遊び』をしている子どもで、カッターやマッチで遊んだり、子猫をいたぶったりしていました。

小学生になると、大和は母親が悪い意味で有名人だったために同級生に無視されたりいじめられることが多く、同世代が苦手になります。

大和は知識欲旺盛な子でしたが、自宅で勉強したり本を読むと母親の彼氏に破り捨てられるため、大抵は図書室で本を読んでいました。
大和は非常に頭の良い子どもでしたが、教科書をいじめで失くして新たに買うお金もなく、誰かに貸してもらうなどもできなかったため授業の成績は常に平均以下でした。

そして、作中でも語られていた14歳の頃に起こした女子小学生に対する暴行事件で少年刑務所送りになります。
大和が収監中に受けた精神鑑定テストでは、IQ130を超える結果を出しています。
出所後は保護司に引き取られますが、17歳の頃に小学生の男の子の拉致監禁・暴行事件を起こして再び少年刑務所で過ごした後、19歳の頃に榛村織子の養子になりました。

その後、同じく養子になった衿子と出会い、ボランティア活動で金山一樹、根津かおると出会い、榛村織子の援助でパン屋を始めることになります。

また、映画ではPG12を守るためなのかカットされていましたが、大和は監禁した高校生たちを漏れなく強姦もしています。

 

大和の母について※胸糞注意

大和の母 実葉子は、容姿はどこぞの女優さんに見えるほど美人でしたが、喋ると違和感を覚えるようないわゆる『知的ボーダー』の社会的弱者に分類される人物で、さらに『演技性人格障害者』でした。

■演技性人格障害(演技性パーソナリティ障害)の主な特徴

  • 常に注目されていないと不満

  • 性的にしか異性と関われず、そのため同性とのトラブルが多い

  • 他人の注意を惹くために派手な服装や過度な露出をする

  • 虚言癖、大げさな感情表現

  • 他者からの影響を非常に受けやすい

実葉子は小学校高学年でセックスを覚え、クラスメイトの女の子に避妊具を見せて自慢するような少女でした。

性に奔放な女性で、大和の父親は不明です。
実葉子は大和以外にも3人子どもを産んでいますが、大和以外は全員亡くなっていて、原因はネグレクトではないかと言われています。

実葉子の彼氏は彼女の性的誘惑に簡単に釣られるような男ばかりで、大和は頻繁に入れ替わる彼氏達に幼少時から遊び半分の暴力や性暴力の虐待を受けてきました。
そんな中でも、実葉子は1人だけまともな男と付き合っていたことがあり、大和がまともに育てられた時期もありましたが、実葉子と男の別れと共に会えなくなりました。

実葉子は男と別れてから新しい男と交際するまでのスパンが非常に短かったですが、彼女が隙間なく恋愛をするのは彼女なりの理由がありました。
実葉子は大和と彼女自身の生活のためにもお金が必要でしたが、国の母子家庭援助などの知識も皆無で、誰にも教えてもらえず、とにかく男に頼って生きていく方法しか知らなかったのです。

実葉子はろくでもない男たちと付き合う内に薬物依存に陥り、大和が17歳の頃にオーバードーズで亡くなっています。
どうしようもない母親でしたが、大和が母の愛に飢えていたことを象徴するのが『爪への執着』です。
この執着が、大和の母に対する愛情と憎悪を表していると思われ、映画では雅也が大和に母の爪はきれいだったかと質問することで暗示されています。

 

養母 榛村織子の過去

大和と衿子の養母であり、被虐待児の救済活動に熱心だった榛村織子もまた、虐待を受けて育った人物です。
織子が生まれてすぐ母親が亡くなり、父親に育てられますが、彼女は実の父親から暴力と性的虐待を受けて育っています。
そのため、織子は大人になってからも生涯独身を貫き、特に性的な事柄を何よりも忌み嫌っていました。

20歳当時に妊娠した衿子が織子に相談できず、妊娠がバレると追い出されてしまったのはそのためです。

 

原作と映画のラストの違い

結末の大筋は大体一緒ですが、小説の方が後味の悪いラストになっていました。
映画ではラストで加納灯里も榛村とコンタクトをとっていることが判明して終わりますが、小説では、灯里が榛村に洗脳されつつある暗示があり、雅也は灯里と榛村が繋がっていることに気付かないまま終わります。

さらに、小説では弁護士の佐村も榛村に取り込まれつつあり、榛村が元ターゲットたちに手紙を送るのに協力している様子が描かれていました。
映画では取り込まれていたのは弁護士ではなく看守の男性でしたね。

以上です!ここまで読んでいただきありがとうございました。
この記事がお役にたてていたらハートマークを押してもらえると嬉しいです(^^)

関連記事

感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました