映画『オールド』本作のテーマ、主要キャラの結末、パンフレットの謎など解説考察① | 映画鑑賞中。

映画『オールド』本作のテーマ、主要キャラの結末、パンフレットの謎など解説考察①

スリラー

映画『OLD/オールド』を見て気になった疑問などについて解説・考察しています!

多少設定に難があったようにも感じるところはありましたが、大切なのは監督からの『今を生きて欲しい』というメッセージを受け取ることだと思うと大体の矛盾っぽい謎は気にならなくなりましたが、骨折の治り方はさすがに早すぎた気がしてちょっと残念でした(笑)

 

『オールド』概要紹介

OLD

原題:OLD
制作年:2021年
本編時間:108分
制作国:アメリカ
監督・脚本:M・ナイト・シャマラン

あらすじ紹介

フィラデルフィア在住の4人家族キャパ一家は、とある海沿いのリゾート地に家族旅行にきました。

旅行2日目の朝、一家はホテル支配人から「今日は秘密のプライベートビーチで過ごしませんか?美しい場所ですよ」と声をかけられて行ってみることにします。
キャパ一家はもう1組の旅行者4人組と一緒に車に乗せられてビーチ付近に到着すると、運転手は「17時に迎えに来る」と言って去りました。

支配人が言った通り、そこは巨大な岩石に囲まれた美しいビーチです。
ビーチにいるのは先にいたメンバーと遅れてきたメンバーで総勢11名になりました。
各々遊んだり読書をしたりして過ごしていると、トレントが女性の水死体を発見して大騒ぎになります。

女性と一緒に早朝からビーチにいたというラッパーの男ミッドサイズ・セダンが怪しまれますが、セダンは「俺は何もしてない」と全否定しました。

そうこうしている内に、このビーチは海岸を囲っている特殊な鉱石の影響で時間の流れが異常に早く、1時間で約2年分もの月日が経っていることが判明しました。
ビーチに入った子どもたちは数時間でみるみる大人になっていき、高齢だった女性とペットの犬は老衰で死んでしまいました。

残された10人はビーチから脱出する方法を必死で模索します。

主要キャスト紹介

ガイ・キャパガエル・ガルシア・ベルナル
フィラデルフィア在住。保険数理士(リスクコンサルタント)。

プリスカヴィッキー・クリープス
ガイの妻。博物館のキュレーター(学芸員)。
最近腹部に原因不明の腫瘍が見つかり通院中。

トレントノラン・リバー
11歳…ルカ・ファウスティーノ・ロドリゲス
15歳…アレックス・ウルフ
大人…イーモン・エリオット
ガイとプリスカの息子6歳。パズルが好き。

マドックスアレクサ・スウィントン
16歳…トーマシン・マッケンジー
大人…エンベス・デイヴィッツ
トレントの姉11歳。

チャールズルーファス・シーベル
心臓外科医師。精神疾患持ち。

クリスタルアニー・ビー
チャールズの妻。モデル(?)過度なダイエットによる骨粗しょう症あるいはカルシウム欠乏症の疑いあり。

カーラカイリー・ベグリー
11歳…ミカヤ・フィッシャー
15歳…イライザ・スキャンレン
クリスタルの娘3歳位。

パトリシアニキ・アムカ=バード
てんかん(脳疾患)患者。心理カウンセラー。

ジャリンケン・レオン
パトリシアの夫。看護師。

ミッド・サイズ・セダンアーロン・ピエール
若者に人気のラッパー。

アグネスキャスリーン・チャルハント
チャールズの母。愛犬を可愛がっている。

イドリブカイレン・ジュード
ホテルに住んでいた謎の少年5歳。

ニルス(支配人)…グスタフ・ハマーステン
マドリッド(ホテル従業員)…フランシスカ・イーストウッド
グレッグ(警察官)…ダニエル・イソン
運転手(監視役)…M・ナイト・シャマラン ほか

≪U-NEXT≫で『OLD』が見られます! 31日間無料キャンペーン実施中。
※このページの情報は2022年6月時点のものです。最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

本作のテーマは?

シャマラン監督は現実的な問題や多くの人が抱える普遍的な悩みなんかを不思議な世界に投影して表現するのが得意です。
監督はインタビューで『時間の流れの早さを体験してもらって”今を生きることの大切さ”に気付いてほしかった』『私たち人間の一生のはかなさを強調したくて1日に凝縮した』と語っています。

『今を生きて欲しい』というメッセージは登場人物たちの発言にも散りばめられていました。
夫婦喧嘩のシーンでは、保険会社勤めのガイと博物館学芸員の妻プリスカが「お前は過去しか見てない」、「あなたは未来しか見てない」と口論しますが、そこに『今』はありません。

プリスカがビーチで読書していた時、ガイが何か言おうとして「やっぱり後で言う」と言わないシーンがありますが、その後ガイはビーチで年を取ってしまい何を言おうとしていたのかは本人も忘れてしまいました。
表情からして喧嘩の種案件ぽかったので言わなくて良かったような気もしますが(笑)

5歳のトレント君も父の影響なのか、友達になったイドリブに「同じ大学に通って隣同士に家を買おう」とはるか未来の話をしてしまいます。

このように、監督は時間に限りがあるという実感、今を生きる大切さを映画を見た私達に伝えたかったのです。

 

オールドビーチの時間経過が早かった理由

例のビーチは特殊な鉱石で出来た岩石で囲まれていて、その石が発する特殊なエネルギーで磁気異常が生じてその空間だけ時間の流れが早くなっていたという説明でした。

トレントとマドックスは磁気よけになりそうな金属製の筒を作ろうと言いましたが、材料が無く発案だけで終わってしまいました。

ちなみに登場した海岸は実在する場所ではなく、小さい海岸に岩石のセットを組み立てて作った特別仕様のビーチのようです。

 

主要キャラの結末まとめ

生存者

トレント、マドックス
ガイとプリスカの子ども。2人ともビーチで50代になってしまいましたが、イドリブからもらった暗号を解いてサンゴ礁に囲まれた抜け道があることを知り、無事に脱走してビーチで行われていた悪行を世間に知らせました。

死亡者

ガイプリスカアグネス(チャールズの母)、グスタフ(わんこ)
→老衰

ジャリン(看護師)
→泳いで対岸まで行こうとして死亡。

パトリシア(カウンセラー)
→夫ジャリンの死後、持病のてんかん発作により死亡。

ミッドサイズ・セダン(ラッパー)
→妄想が悪化したチャールズに刺されて死亡。

チャールズ(医師)
→妄想が悪化してガイを襲い、プリスカに錆びたナイフで傷つけられて傷口から入った何らかの病原菌が急激に増殖して死亡。(何の病気だったかはわかりません)

クリスタル(チャールズの妻)
→醜形恐怖になり洞窟内で痙攣発作を起こし、骨折→修復を繰り返して最終的に生命に関わる骨が折れて死亡。

カーラ(クリスタルの娘)
→ビーチから脱出するために岩石を登ろうとして落下。

ミッドサイズ・セダンは何の病気だった?

ミッドサイズ・セダン(アーロン・ピエール)が一緒にビーチに入れられていた金髪の女性(海で見つかった死体)はセダンが友人と言い、『多発性硬化症』という難病を患っていたので、彼もまた実験対象になるような難病だったことがわかります。

血が固まりにくい症状が出る知名度の高い難病は血友病ですが、他にも多くあるようなので症状の特定は難しいです。

黒幕は誰?

OLD

© 2021 Universal Studios and Perfect Universe Investment Inc. All Rights Reserved.

オールドビーチはウォーレン製薬会社の違法な治験に利用されていました。
ビーチに入れられた人々は違法治験の被験者にされていたのです。
本来なら数十年かけなければ結果がわからない類の疾患の治療薬実験の結果を、ビーチを使うことでたった半日で手に入れて、より治療効果の高い新薬開発を進めて会社としても急成長していました。

ビーチに入れられたグループには必ず1人以上、何らかの疾患持ちで定期的に通院していた人がいたので、病院と通じるなどして患者リストを入手して、実験対象となる疾患を持つ人を家族ごとビーチに呼び寄せていたのでしょう。
ウェルカムドリンクに新薬を混ぜている描写もあったので、被験者がホテルに到着した直後に薬を飲ませていたことになります。

ビーチの所有者はホテル支配人をしていた男だったようですが、あのホテル自体がビーチ発見後に作られた『ビーチに入れたい患者をおびき寄せるためのリゾート施設』だったので、支配人の正体は謎のままでした。

製薬会社の中での振る舞いは幹部クラスだった一方で、研究者に「疾患を間違えるな」と指摘されていたことから医療知識には詳しくないアンバランスさが目立ちました。
支配人が恐らくビーチの使い方を考案した人物で、ビーチをネタにして製薬会社での地位を手に入れ、ホテル支配人としても成功しようとしていたのかもしれません。

 

ビーチの実験はいつから行われていたのか

終盤、被験者たちを監視していたドライバー(シャマラン)が支配人に「治験73番が終わった」と告げます。

同じ日にビーチに入れたグループを1回とカウントしているようなので、この実験自体はまだ始まって間もないと推測できます。
ホテルのイベント情報を記載したボードから、キャパ一家のグループが入ってから次のグループを入れるまでに1日間空いているので、1日起きに実験をしているとしたら最初の実験から5か月弱程度経っていることになりますし、休む日や実験を行わない日があるとしても1年以内位だったのではないでしょうか。

 

パンフレットの謎

ホテルの部屋で、ガイがパンフレットを見てこのホテルが『ウォーレン製薬会社の系列店』と知り「子どもはビーチ立入禁止だってさ」と驚くシーンがありました。
これがガイの迫真の冗談だったのか本当に書いてあったのか微妙な所ですが、個人的には本当に書いてあったのだろうと思っています。

恐らくガイが見ていたあのパンフレットには『オールドビーチ』の宣伝が書かれていて、狙った患者の部屋だけにパンフレットを置き、患者が自らビーチに行ってみたいと言い出すのを期待していたのではないでしょうか。
支配人が語っていた「自然保護区の天然岩石に囲まれた海岸」として紹介されていたと推測しています。

ガイはパンフレットの『子ども立入禁止』を見ただけで行き先候補から外したのでパンフレットをよく読まず、翌朝支配人が声を掛けて誘わざるをえなくなったと思われます。

解説・考察②に続きます。
この記事がお役に立てていたらハートマークを押してもらえると嬉しいです(^^)




関連記事

感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました