映画「億男」ネタバレ解説|九十九の行方、それぞれの金の価値、芝浜についてなど考察 | 映画鑑賞中。

映画「億男」ネタバレ解説|九十九の行方、それぞれの金の価値、芝浜についてなど考察

ヒューマンドラマ

映画『億男』のあらすじ紹介、解説・考察をしています!

借金返済に苦しむ一男が宝くじで当てた3億円が、10年ぶりに再会した親友であり有名起業家の男・九十九に盗まれた。
一男は九十九の居場所を突き止めるため、彼の元仕事仲間を1人ずつ訪ねると、一男が知らなかった九十九の10年間が明らかになっていく。

億男

制作年:2018年
本編時間:116分
制作国:日本、モンゴル
監督:大友啓史
脚本:渡部辰城、大友啓史
原作小説:『億男』川村元気 著
主題歌:『話がしたいよ』BUMP OF CHECKEN




キャスト&キャラクター紹介

トーキョー女子映画部/TJE Selection イイ男セレクション 佐藤健
(引用:https://www.tst-movie.jp
大倉一男佐藤健
兄に肩代わりさせられた借金返済に追われる図書館司書。
真面目で堅実な性格。
福引で当たった宝くじで3億円を手に入れた。

 

「億男」ネタバレあらすじ・感想|お金の正体を探る旅
(引用:https://www.fashion-press.net
古河九十九高橋一生
一男の大学時代の友人。軽度の吃音がある。
『バイカム』を起業して大成功した話題の起業家で、ネット情報によると総資産は100億円を超えると推定されている。
一男の3億円を奪って逃走した。

 

「億男」ネタバレあらすじ・感想|お金の正体を探る旅
(引用:https://twitter.com
大倉万左子黒木華
一男の妻。
借金返済に取りつかれた一男に愛想をつかして娘を連れて出ていった。
仕事をしながら娘と2人暮らししている。

 

「億男」ネタバレあらすじ・感想|お金の正体を探る旅
(引用:https://www.cinematoday.jp
百瀬栄一北村一輝
バイカムの元CTO(最高技術責任者)で、バイカムのシステムを作り上げたスーパーエンジニア。
現在は3つの会社を経営している。
高い声に早口で関西弁を喋る、見るからに変わり者っぽいおじさん。

 

億男

©2018映画「億男」制作委員会



千住清人藤原竜也
バイカムの元CFO(最高財務責任者)。
現在は経営コンサルタントとして『夢実現セミナー』の主催者や、『ミリオネア・ニューワールド』という集会の教祖を務めるいかがわしい男。

 

億男

©2018映画「億男」制作委員会



安田十和子沢尻エリカ
バイカムの元広報担当で九十九の秘書だった女。
バイカム売却の際に10億円を手にしているが、何故か市営住宅に暮らし続けている。

・その他のキャスト
まどか(一男の娘)…菅野真比奈
あきら(パーティ女)…池田エライザ
一万円札を破った男…川瀬陽太
千住の付き人…本田大輔
落研メンバー…尾上寛之藤原季節前原滉大津尋葵大窪人衛立川志ら門師岡広明船崎良佐藤玲
一男の同級生…松田るか
十和子を買おうとする男…木村了君嶋麻耶今井隆文 ほか

≪U-NEXT≫で『億男』が見られます! 31日間無料キャンペーン実施中。
※このページの情報は2022年6月時点のものです。最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

あらすじ

主人公の大倉一男(佐藤健)は、蒸発した兄の借金の肩代わりをさせられて3000万円の借金を抱えています。

昼は図書館司書、夜はパン工場でアルバイトをして毎月15万円を返済にあてていますが、それでも完済までに30年以上かかります。

さらに、借金が原因で妻の万左子(黒木華)は娘のまどかを連れて出ていってしまい、現在は別居状態です。
一男は身も心も疲れ果てていました。

ある日、一男はまどかと一緒に行った商店街の福引で10枚1組の宝くじを当てました。

(福引を引く一男 引用:https://www.oricon.co.jp

後日。その宝くじでなんと1等が当たり、一男は3億円という大金を手に入れます。
最初は喜びと興奮に浸っていましたが、ふと冷静になった一男はネットで宝くじの高額当選者の『お金に関する失敗談』をいくつも読んで冷静さを取り戻しました。
一男は改めてお金の怖さを感じると同時に、借金返済して手元に残る2億7000万円の使い道がわからなくなります。

そんな時、一男は大学時代の親友・古河九十九(高橋一生)を思い出しました。
九十九は大学中退後、フリマアプリ『バイカム』を起業して大成功した若手起業家です。

このバイカムが大流行して九十九は『大成功した起業家』として一躍有名になりましたが、現在バイカムは売却して別の会社を経営しています。

一男にとって九十九は唯一信頼できる友人でしたし、金持ちなので3億円を狙われることはないだろうと考えた一男は『金の正しい使い方』を教えてもらうべく、約10年ぶりに九十九を訪ねました。

一男が3億円の話をすると、九十九は「銀行に預けるのはおススメできないから、まずは全部下ろしてきなよ」と言います。

言われた通り3億円を現金化して九十九の部屋に持って行くと、九十九「僕はお金の『正しい使い方』は知らないけれど、お金のことなら教えてやれる。
そのためには、まずは使ってみることだ」と言いました。

(一男に語り掛ける九十九 引用:https://twitter.com

九十九はパリピを適当に集めて一男主催のパーティを開きました。
酔っ払った一男は調子に乗って、初対面のゲスト達にお金をバラまいて大はしゃぎの末に酔いつぶれて寝落ちしました。

翌朝。一男が目覚めると、3億円と九十九が消えていました。
九十九の携帯に電話をしても、すでに番号が変えられていて繋がりません。
一男はまだ借金の返済すらしていなかったので、大慌てで九十九を探します。

映画『億男』関連商品(楽天)

解説・考察・感想など!

気になった点などを解説・考察していきます!

九十九はクラブで何をしていた?

十和子の過去の回想で、クラブで派手に着飾った十和子何人もの男に口説かれていて、その十和子の姿を九十九が少し離れた場所から見ているシーンがあります。

作中では明確に明かされませんが十和子と九十九は元恋人で、原作小説ではお金絡みで破局したと書かれています。
九十九は恐らく、十和子と一緒にお金の正体を知るための実験のようなものをしていたと思われます。

十和子を金持ちが集まるクラブに1人で行くように指示したのは九十九で、九十九は十和子をエサにして男たちに十和子を口説かせて、『女と金(と男)』の関係を探ろうとしていたのでしょう。
恐らく十和子はどこかに盗聴器を付けていて、九十九は少し離れた場所から男と十和子の会話を盗み聞きしていた図だったと思われます。

そしてこの実験は十和子の考え方に影響を与えてしまったらしく、十和子は『男の金銭感覚』のみで結婚相手を決めました。
作中の言葉を借りて言うと、よくも悪くも十和子の中にもお金が住みついてしまったんでしょうね。

 

最後、九十九はどこに行ったのか

物語のラストの後ら九十九はモロッコ行ったと考えるのが自然な流れだと思います。
靴の中に忍ばせていたのも多分モロッコの紙幣でしたし、モロッコは一男にとってもですが、九十九にとっても特に思い出深い場所です。
お金についての答えを見つけた後で旅するモロッコは、九十九に当時とはまた違う景色を見せてくれるのではないでしょうか。

次のページに続きます!




感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました