「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」ネタバレあらすじと感想! | 映画鑑賞中。

「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」ネタバレあらすじと感想!

ファンタジーコメディ

「ナイトミュージアム」シリーズの3作目。
前作から約5年後。自然史博物館の魔法の石板が徐々に変色し始め、展示物たちが異常行動をとるようになった。
夜間警備員のラリーは仲間を守るため、石板の変色を元に戻そうと奔走する。

原題:Night at the Museum: Secret of the Tomb
制作年:2014年
本編時間:98分
制作国:アメリカ
監督:ショーン・レヴィ
脚本:デヴィッド・ギヨン、マイケル・ハンデルマン
原作:ミラン・トレンク著『夜の博物館』(英題『The Night at the Museum』)
 

キャスト&キャラクター紹介


(引用:https://bibi-star.jp

ラリーベン・スティラー
自然史博物館の夜間警備員。
高校生になる息子ニックへの父親としての接し方について悩んでいる。
魔法の石板が変色して展示物たちに異変が起き、原因究明のため走り回る。

 


(引用:https://twitter.com

テディロビン・ウィリアムズ
自然史博物館のセオドア・ルーズベルトの蝋人形。
展示物たちのリーダーであり、ラリーに優しく、時に厳しく人生のアドバイスをする第二の父親的存在。

 


(引用:https://gifer.com

アクメンラーラミ・マレック
自然史博物館のエジプト王。
魔法の石板の持ち主で、歴史上には存在しないオリジナルキャラ。
普段は王らしく凛としているが、たまに皆が引くような毒舌を吐く。

 


(引用:https://twitter.com

ランスロット卿ダン・スティーブンズ
日本語吹き替え:徳井義実(チュートリアル)

大英博物館の『アーサー王物語』関連の蝋人形。
勇敢で男らしく、一つのことに集中すると他が見えなくなりがち。
ラリーの些細な仕草をバカにしてラリーをイラつかせる。

 


©2014 Twentieth Century Fox Film Corporation

ニックスカイラー・ギソンド
ラリーの息子。高校生。
石板の魔法を知っている数少ない人物の1人。
大学進学を拒否してラリーを困らせる。

 


©2014 Twentieth Century Fox Film Corporation

ティリーレベル・ウィルソン(日本語吹き替え:渡辺直美

ピザとお喋りが大好きな大英博物館の夜間警備員。
仕事がつまらないのか、勤務開始して数十分後には居眠りしている。
彼氏がいるが、最近上手くいっていないらしい。

その他のキャスト
ジェデダイア(西部開拓時代のミニチュア人形)…オーウェン・ウィルソン
オクタヴィウス(ローマ時代のミニチュア人形)…スティーヴ・クーガン
アッティラ(フン族の人形)…パトリック・ギャラガー
サカジャウィア(ネイティブアメリカンの人形)…ミズオ・ペック
ラー(ラリーにそっくりなネアンデルタール人の人形)…ベン・スティラー
デクスター(オナガザルの人形)…クリスタル・ザ・モンキー
マレンカレ(アクメンラーの父)…ベン・キングスレー
シェップスハレット(アクメンラーの母)…アンジャリ・ジェイ(日本語吹き替え:山崎紘菜
ガルーダ(ソウリュウの守護者)…声:ロビン・ウィリアムズ
マクフィー博士(自然史博物館長)…リッキー・ジャーヴェイス
セレブの1人…レイチェル・ハリス
セシル(ラリーの前任の警備員)…ディック・ヴァン・ダイク
ガス(ラリーの前任の警備員)…ミッキー・ルーニー
レジナルド(ラリーの前任の警備員)…ビル・コッブス
ローズ(資料室の職員)…アンドレア・マーティン
ヒュー・ジャックマン(本人役)
アリス・イヴ(本人役) ほか

スポンサーリンク

あらすじ前半

舞台はニューヨーク。
ラリーは変わらず自然史博物館で夜間警備員を続けていた。
前作から約5年が経ち、ラリーの息子ニックは大学受験を控える年齢になっていた。

その日は石板の力を利用したナイトプログラムのプラネタリウムのお披露目会をしていた。
お披露目会が始まる直前、展示物の1人であり石板の持ち主のアクメンラーが「石板の様子がおかしい」とニックに告げた。
石板を見てみると、全て黄金だったはずの石板の下の方が苔色に変色していた。
ラリーは準備で大忙しだったので「明日考えよう!」とアクメンラーに答えた。


(変色した石板 引用:https://www.cinesite.com

夜になると、大勢のセレブや著名人をゲストに迎えてお披露目会が始まり、ラリーと展示品たちは緊張しながらも予定通りにスピーチをしたり芸を見せたりと順調に進んでいたが、一番の見せ場のプラネタリウムの星座たちが登場した直後、石板の変色が広がった。
すると展示物たちは気が狂ったように暴れ始め、セオドア・ルーズベルトを模した蝋人形のテディは銃を宙に向けていた。
ゲストたちは大慌てで逃げ出し、会場は大混乱になった。
ラリーがテディを止めようと立ちはだかると、テディは「お前は誰だ?」と叫んだ。


(混乱する前のプラネタリウム 引用:https://cinefex.com

数時間後。展示品たちは落ち着きを取り戻したが、彼らは「暴れていた時のことを全然覚えていない」と言う。
疲れたので原因を探るのは明日にして、ラリーは帰宅した。

夜中の3時に帰宅すると、ニックが友人を集めてパーティの真っ最中だった。
無理やりパーティをお開きにした後、ラリーがニックに進路のことを聞くと、ニックは「やりたいことが見つからないんだ。今年は大学受験はせずに1年間考えたい。」と言った。
ラリーは「また話し合おう」と答え、眠りについた。

翌日。ラリーは博物館の地下にある資料室へ行き、アクメンラーの石板の資料を漁った。
石板はアクメンラーの墓と共に1938年にエジプトで発掘されたことはわかったが、石板が持つ力に関する資料は残されていないようだった。
そこに資料室の管理人の婦人がやって来て、発掘を指揮した考古学者の、当時まだ幼かった息子が、以前ここで働いていた※セシル・フレデリック(ディック・ヴァン・ダイク)だと教えてくれた。
※セシルは『ナイトミュージアム』(2006)に登場したラリーの前任の警備員。

ラリーの前任セシル、ガス、レジナルドは前々作の窃盗事件で逮捕、投獄されていたが、ラリーの働きかけのおかげで出所し、現在は3人一緒の老人ホームで楽しく余生を過ごしていた。

ラリーが老人ホームを訪れると、セシルは記憶を呼び起こしてヒントを教えてくれた。
セシルによると、エジプトで墓を発掘した時、現地の住人が『墓を荒らすと終わりが来る』と警告したが、セシルの父は警告を無視して全て持ち出したそうだ。
そしてアクメンラーと石板は自然史博物館に、アクメンラーの両親は合同調査をしたイギリスの大英博物館に保管されているらしい。


石板について話すセシルとラリー ©2014 Twentieth Century Fox Film Corporation

ラリーは急いで館長に許可を取り、アクメンラー、テディ、サカジャウィア、ジェデダイア、オクタヴィウス、アッティラ、デクスター、ラー、ニックと共に大英博物館へ向かった。
お披露目会の騒動の件で、館長は責任を問われて解雇を言い渡されていたが、気の毒に思ったラリーは「何とかする」と約束した。

その後、イギリスに着いたラリーは、ニックに進学せずにどうしたいのか聞いた。
すると、ニックはスペインのイビサ島でDJがしたいらしい。
突然のことでラリーは混乱したが、ニックの意思が聞けて安心しつつ、陽が沈む前に大英博物館に行くことにした。


(将来について話し合うラリーとニック 引用:https://elinstyle.com

大英博物館には女性の夜間警備員ティリー(レベル・ウィルソン)が居た。
ティリーはお喋りとピザが大好きなぽっちゃりさんだった。
ティリーが警備に飽きて居眠りを始めるのを見計らい、ラリーはニックと展示品たちと一緒に大英博物館内に侵入した。

石板の力で大英博物館の展示物たちも自由に動き回る中、ラリーはアクメンラーの両親探した。
探し始めて早々、ラリーたちは巨大なトリケラトプスの化石のレプリカに襲われて、危ないところを騎士の※ランスロット(ダン・スティーブンズ)に助けられ、エジプトの展示コーナーに連れて行ってもらうことになった。
※ランスロットは『アーサー王物語』に登場する伝説の騎士

トリケラトプスに襲われた時、ミニチュアのジェデダイアとオクタヴィウスは換気口の中に落ちてラリーたちとはぐれてしまった。
ラリーはデクスターの背中にニックのスマホを巻きつけて2人を探しに行かせると、GPSを頼りにデクスターの後を追った。

道中、中国の神話に登場する9つの頭を持つドラゴン『相柳(ソウリュウ)』との戦いを経て、ラリーたちはジェデダイアとオクタヴィウスと再会し、エジプト王の墓にたどり着いた。


(ソウリュウと戦うラリー 引用:http://horohhoo.hateblo.jp

その後、無事にアクメンラーは父親のマレンカレ(ベン・キングスレー)、母親のシェップスハレット(アンジャリ・ジェイ)と再会した。
ラリーが石板を元に戻す方法を尋ねると、マレンカレは、この石板はアクメンラーへの贈り物として作ったもので『永遠に一緒にいたい』という思いが込められているという。
石板に特別な力が宿るように、月の光に当てて※神官に祈らせて作られたそうだ。
※神官は当時のまじない師や祈祷師のような職種

石板が変色してきたのは、長期間 月光を浴びておらず魔法の力が弱まっているからで、復活させるためには月の光に当てれば良いと教えてくれた。
マレンカレの見立てでは、月の光に当てなければ今夜中には石板の魔法は消えてしまうようだ。

また、大英博物館に来てから石板の変色が進んだ時、自然史博物館のテディたちは様子がおかしくなったが、大英博物館の展示物たちは何事もなかった。
これは、大英博物館の展示物たちが今日初めて力を得てエネルギーに満ちているからだそうだ。


(マレンカレとシェップスハレット 引用:http://horohhoo.hateblo.jp

ラリーは急いで月光が入る窓を探して石板をかざそうとしたが、ランスロットが石板を奪って博物館の外に逃げてしまった。
ランスロットは、石板を彼が生涯をかけて探していた幻の宝と勘違いしたのだ。
ラーにティリーの見張りを頼むと、ラリーと他の皆でランスロットが行きそうな場所を探した。

すると、すぐ近くにキャメロットのミュージカルを公演している劇場があった。
『キャメロット』はアーサー王のお城の名前だ。
その頃、ラリーの予想通り劇場にいたランスロットは公演中の舞台に上がり、アーサー王を演じていたヒュー・ジャックマンと、グィネヴィアを演じていたアリス・イヴに石板を捧げようとしていた。
やがてこれが『お芝居』だと気付いて暴れ出した所にラリーたちが駆けつけ、ランスロットを劇場の屋上に追い詰めた。

ランスロットはラリーから逃げる際、松明を明かりにしたために蝋でできた鼻が溶けてしまい、自分が人間ではなく蝋人形だと気付いた。
ラリーは「石板を返してくれないと、彼らも君も全員死んでしまう!」と訴えたが、ランスロットは絶望していて「こんな物にもう興味はないが、全員死ねばいい!」とやけくそになっていた。
やがて、さらに石板の変色が進んで黄金の部分がほとんどなくなると、テディたちは徐々に動けなくなり、魂を失う直前になった。
1番最初に猿のデクスターが意識を失った時、ラリーやニックが悲しむ姿を見て感動したランスロットは「本物の宝は友人の命だとわかった」と言い、ラリーに石板を返した。
急いで石板を月の光に当てると、石板は光り輝いて変色がキレイになくなり、デクスターは息を吹き返し、テディたちも全員元気を取り戻した。
こうして無事に大事な仲間を守ることができたラリーは、ランスロットも一緒に劇場を後にした。

大英博物館に戻ったラリーはマレンカレ王に功績を称えられた。
そして自然史博物館の展示物たちは相談し合い、ラリーに「アクメンラーは大英博物館で家族と一緒に暮らすべきだ」と伝えた。
アクメンラーが大英博物館に残るということは石板もそちらに行くということで、自然史博物館の皆はもう動き回る機会を失ってしまう。
驚いたラリーが「本当にそれでいいのか?」と聞くと、テディたちは「家族と一緒に暮らすことがアクメンラーにとって一番だし、私たちもそうさせてあげたい」と答えた。
ラリーは彼らの意思を尊重して、アクメンラーを大英博物館に残してNYに帰ることにした。

今から空港に走って飛行機に乗れれば明日の朝までには自然史博物館に戻れる。
ラリーがまだ警備室にいたラーを呼びに行くと、いつの間にかラーとティリーは恋仲になっていた。


(心を通わせ合うラーとティリー 引用:http://horohhoo.hateblo.jp
しかし、ラーをここに置いていくわけにもいかない。
ラリーはラーを説得して連れていき、ティリーには「今までは退屈だっただろうが、明日からは最高に楽しい仕事になるぞ!」とアドバイスして、空港へ向かった。

自然史博物館に戻ったラリーはテディ、サカジャウィア、オクタヴィウス、ジェデダイア、デクスターとそれぞれお別れをした。
日が昇る直前、テディは「ニックはもう大人だ。もう親の役目は終えて、明日から新しい冒険を始めるんだ」とラリーにアドバイスして、朝日と共に人形に戻った。
ラリーが博物館から出てニックと話すと、ニックは「DJは思い付きで言ってみただけだから、大学を卒業した後でもいいよ。とにかく今は進路をゆっくり考えてみる」と笑った。

3年後。ラリーはあの後、館長に代わって責任を取り辞職して、現在は教師になっていた。
もうすぐ自然史博物館で大英博物館展が開かれる。
準備の手伝いのために自然史博物館を訪れたティリーは、館長に石板を手渡した。
大英博物館展の開催期間中だけ、自然史博物館の彼らは再び動き回れる。
日が沈むと同時に石板は光り輝き、展示物たちの歓声が響いた。
この時、館長は初めて展示物たちがCGやロボットではなく、本当に魔法で動いていたことを知った。
展示物たちの集まる広間に出たティリーはラーと感動の再会を果たし、二度と離れないと約束した。
自然史博物館から楽しそうな音楽と騒ぎ声が聞こえるのを、ラリーは博物館の外から懐かし気に眺めていた。

・主題歌
Tiësto ft. Icona Pop『Let’s Go』

・挿入曲
Cheryl Lynn『Got To Be Real』

スポンサーリンク

感想~

2まで観ていたので『ついで』感覚で見ました!
石板騒動の終わり方がちょっと、「え、そんな簡単に?」とも思いましたが、コメディなのでそこまで気にならず、笑えてちょっと切なくて最後まで面白かったです(^^)
1に登場したセシル、ガス、レジナルドがまた出てきたのも良かったですし、新しいキャラクターもそれぞれ個性的で飽きませんでした。
元々のレギュラーキャラのテディたちがもう少し活躍してくれたら嬉しかったなーとも思います。

ゲスト出演のHジャックマンが予告編に出ていたので気になっていたんですが、何かのキャラかと思いきや本人役だったので驚きました。
誰かを演じている時とは違った優し気な声色と雰囲気だったので、それがまた新鮮でした~
ジャックマンの隣にいたAイヴさんは勉強不足で存じ上げなかったんですが、映画だと『メン・イン・ブラック3』や『セックス・アンド・ザ・シティ2』なんかに出演されています。

というか、ネアンデルタール人のラーはラリーとそっくりな原始人だったんですが、最初に出てきたときに全然似ているとは思わなくて、どっちかというとイーサンホークに見えていたので、ラーもBスティラーがやってたのかと知って驚きました(笑)
そもそもラリーが「俺とそっくりだ」って言わなかったら、ラーの笑いどころがどこなのかわからなかったですw

本作が俳優としてのRウィリアムズの遺作です。(声優としての最後の作品は『ミラクル・ニール!(2015)』です)
Rウィリアムズは、私が子どもの頃に見た映画『フック』で見たのが初めてで、その後の映画『グッド・ウィル・ハンティング』や『アンドリューNDR114』を見て好きな俳優さんの1人になりました。
テレビで訃報を聞いた時はショックだったなー(T_T)
終盤のテディとラリーのお別れのシーンは泣けてしまいました。。
新作が見れないと思うと悲しいです。
エンドロールの言葉で知ったんですが、ガスを演じていたMルーニーも本作が遺作だったんですね。
お二人ともにご冥福をお祈りします(__)

映画『ナイトミュージアム エジプト王の秘密』関連商品(楽天)

関連記事
前作↓


 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました