「ナイトミュージアム2」ネタバレ解説|伝えたい教訓、感想など~


映画ナイトミュージアム(2006)の続編。
脚本にはハリーポッターシリーズやホーム・アローンシリーズを手掛けたクリス・コロンバスを加えている。

前作の出来事から2年後。アイディア家電の会社を再び立ち上げて大成功していたラリーは夜間警備員を数か月前に退職、現在は会社の社長として忙しい毎日を送っていた。
そんなある日ラリーは、自然史博物館のリニューアルに伴って、展示物のほとんどがスミソニアン博物館の地下倉庫に移動、永久に眠らされることを知る。

原題:Night at the Museum:Battle of the Smithsonian
制作年:2009年
本編時間:105分
制作国:アメリカ
監督:ショーン・レヴィ
脚本:ショーン・レヴィ、クリス・コロンバス、スティーヴン・ソマーズ
原作:ミラン・トレンク著『夜の博物館』(英題『The Night at the Museum』)

出演者・キャスト&キャラクター紹介

(引用:https://www.cinematoday.jp

ラリー・デイリーベン・スティラー

バツイチ独身の中年男。別れた妻エリカとの間に一人息子のニックがいる。
2年前から自然史博物館の夜間警備員をしていたが、再び始めた家電事業が大成功し、数か月前に警備員を退職。
現在は自身の会社”デイリー発明社”のCEOを務めている。

 

(引用:https://blog.goo.ne.jp

アメリア・イアハートエイミー・アダムス
世界で初めて大西洋横断に成功した女性パイロット。
自信家で怖いもの知らずで行動力がある。冒険大好き。

 

(引用:https://www.pixfans.com

カームンラーハンク・アザリア
古代エジプトの王族でアクメンラーの兄。
父親が弟のアクメンラーがお気に入りで王位もアクメンラーに継がせたため、アクメンラーに敵対心を抱いている。
石板の力で世界征服を企む。

 

(引用:https://www.dclog.jp

ジェデダイア・スミスオーウェン・ウィルソン

アメリカの西部開拓時代(1860~1890年頃)を再現したジオラマミニチュア人形の一体、カウボーイ。
同じミニチュア人形のガイウスが親友。
博物館の改装に伴ってお払い箱に入れられた。

 

関連画像

(引用:https://twitter.com

テディ・ルーズベルトロビン・ウィリアムズ

アメリカ合衆国の第26代目の大統領セオドア・ルーズベルト等身大の蝋人形でラリーの相談役。
アメリカ原住民のサカジャウィアが恋人。

関連画像

(引用:https://twitter.com

ジョージ・カスタービル・ヘイダー
アメリカの南北戦争で活躍したアメリカ陸軍の軍人。
気性が荒く派手好き。
自身のブロンドロングヘアがお気に入り。

 

(C)2006 TWENTIETH CENTURY FOX

デクスター

いたずら好きのオナガザル。今回はアクメンラーの石板を盗んでしまう。

・その他のキャスト

ジョージ・フォアマン…本人(吹き替え版声:玄田哲章)
マクフィー博士(博物館長)…リッキー・ジャーヴェイス
ニック・デイリー… ジェイク・チェリー
アッティラ(フン族の男)…パトリック・ギャラガー
フン族…ランディ・リーダリル・クォンジェラルド・ウォンポール・チー・ピン・チェン
サカジャウィア…ミズオ・ペック
アクメンラー…ラミ・マレック
オクタヴィウス…スティーヴ・クーガン
モアイ像…声:ブラッド・ギャレット|吹き替え版:玄田哲章
ネアンデルタール人…ケリー・グラインドマシュー・ハリソンリック・ドブラン
スミソニアン博物館の案内人…ミンディ・カリング
ブラゥンドン(スミソニアン博物館の警備員)… ジョナ・ヒル
”勝利のキス”のナース…アルバータ・メイン
”勝利のキス”の船乗り…クリフトン・マレー
”勝利のキス”の船乗りの青年…ジェイ・バルチェル
イワン雷帝…クリストファー・ゲスト
ナポレオン…アラン・シャバ
アル・カポネ(ギャング)…ジョン・バーンサル
中年のアル・カポネ…ジョッシュ・バイヤー
愛の天使…歌:ジョナスブラザーズ
考える人…声:ハンク・アザリア|吹き替え版:岩崎ひろし
オスカー(セサミストリート)…声:キャロル・スピニー|吹き替え版:大川透
リンカーン大統領…声:ハンク・アザリア|吹き替え版:石田圭祐
アインシュタイン…声:ユージン・レヴィ|吹き替え版:岩崎ひろし
飛行機とロケットの指揮官…クリント・ハワードマティ・フィノーチオ
ウィルバー・ライト…トーマス・レノン
オーヴィル・ライト…ベン・ガラント ほか

Advertisement

あらすじネタバレ

前作の出来事から2年後。
夜間警備員のおかげで働く楽しさを思い出したラリーは、アイディア家電の会社を再び立ち上げていた。
博物館のキャラクターたちにヒントを得た商品を開発して大成功し、現在は警備員を辞めて『デイリー発明社』のCEO(社長)を本業にして、警備員だった頃と比べると暮らしは格段に良くなった。
一方で、ラリーはかなり忙しくなって息子のニックの相手すらままならないことが増えてきていた。

ある日、博物館が改装すると噂を聞いたラリーが久しぶりに博物館に足を運ぶと、館内のほとんどの展示物が木箱に収納されていた。
ラリーが館長のマクフィー博士に理由を聞くと、改装に伴い展示物を一新することが理事会で決まり、今まで使われていた展示物のほとんどを交換することになったそうだ。
木箱に入れた展示物はワシントンにあるスミソニアン博物館の地下倉庫に移送、永久に保管されるのだそうだ。
交換せずここに残るのはルーズベルト大統領と、アクメンラー王と石板位だという。
ジェデダイアガイウスも、サカジャウィアネアンデルタール人フン族デクスタも、皆ともう会えなくなくなってしまう。

ラリーは悲しくなったが理事会の決定を覆すことはできず、日が暮れて生を得た展示物たちと最後の夜を共に過ごし、翌朝、展示物たちがトラックに積まれてワシントンへ旅立つのを見送った。

jyededaia

(移送用木箱の縁に立つジェデダイアとガイウス 引用:http://blog.livedoor.jp

その日の夜。ニックと一緒に自宅に戻ったラリーに、突然ジェデダイアから電話がかかってきた。
ラリーが驚いて事情を聞くと、なんとデクスターがアクメンラーの石板を盗んでスミソニアン博物館に持ってきており、目覚めたカームンラー(アクメンラーの兄)に襲われているらしい。
よくわからないが皆がピンチだと知ったラリーは仕事の約束をほっぽり出してワシントンへ飛んだ。

翌日。スミソニアン博物館の地下倉庫は一般客は立ち入り禁止だった。
ラリーは警備員のブラゥンドンからIDを盗んで地下倉庫への侵入に成功、日が暮れる前にジェデダイアたちの所にたどり着いた。

ナイトミュージアム2_6(ブラゥンドンに接近してIDを奪うラリー 引用:http://eiga-suki.blog.jp

地下倉庫は普段誰も入らないのか、動き出した展示物たちは動き回ったままの状態で人形に戻っていた。
石板を持っているデクスターたちは、カームンラーらしき古代エジプトっぽい集団に追い詰められていた。
ラリーが石板を手にした瞬間に展示物たちが動き出し、ラリーは石板を持ってカームンラー団から逃げ出した。
逃げている際、ラリーはアメリカ軍人のジョージ・カスターと、世界初の女性飛行士アメリア・イアハートと遭遇、冒険好きな2人はラリーの仲間に加わった。

一方でカームンラーは石板を取り戻すため、ロシア帝国時代の暴君と恐れられたイワン雷帝、フランスの独裁者ナポレオン、伝説のギャングアル・カポネを従えた。

ラリーはナポレオンに捕まって石板を奪われたが、カームンラーは石板を使うためのパスワードを知らなかった。
結果、ラリーはジェデダイアを人質に取られて1時間以内に石板のパスワードを見付けなければならなくなった。

Advertisement

ラリーは別館に天才博士アインシュタインがいたことを思い出し、アメリアと一緒に別館へ行ってアインシュタインに答えは「円周率」だと教えてもらった。
カームンラーの元に戻ったラリーはジェデダイアを返してもらい、カームンラーは黄泉の国に通じる扉に石板をはめてパスワードを押した。
開いた扉から無数のホルス(頭部が猛禽類の男)が現れて、ラリーは殺されそうになった。
その時、巨大な石像のリンカーンが現れてホルスをなぎ倒すと、ホルスたちは回れ右して一斉に黄泉の国に逃げ帰っていった。
リンカーンはラリーに「分裂は国を滅ぼす」とアドバイスして元の場所に戻った。

rinnka-nn

(ラリーを助けに来たリンカーン 引用:http://blog.livedoor.jp

その直後、ジョージ・カスター率いるラリーの仲間たちが現れてカームンラー団との戦闘が始まり、ラリーとアメリアはタッグを組んで再び黄泉の国の扉を開き、カームンラーを黄泉の国に放り投げて扉を閉じた。

カームンラーを倒したことで石板を巡る争いは終わったが、ラリーの本当の目的は終わっていなかった。
ラリーはアメリアに頼んで飛行機を飛ばしてもらい、自然史博物館にいた仲間たちを石板と一緒にスミソニアン博物館から自然史博物館に帰した。
アメリアとラリーの間には恋が芽生えていたが、叶わないことを理解していた2人は最後のキスを交わし、アメリアは飛行機で飛び立っていった。
(アメリアがスミソニアン博物館に戻ったのか、戻らずに灰になってしまったのかは不明だが、恐らく灰になった。)

アメリアから『好きな人と好きなことを仕事にする』ことの大切さを学んだラリーは会社を売却し、匿名で「今までの展示品もすべて飾ること」を条件にして博物館に寄付、夜間警備員に戻った。
リニューアル後の博物館は夜も一般公開することになり、夜は『動く展示物が見られる博物館』としてにぎわった。
ラリーはたくさんのお客さんの中にアメリアそっくりの女性客を発見し、驚きながらも笑顔で近づいていった。

エンドロール中。ラリーの携帯を拾った海兵の青年は、その後自宅で携帯を解体して驚いていた。

映画『ナイトミュージアム2』関連商品(楽天)

・エンディング曲
Jonas Brothers『Fly With Me』

・挿入曲
Benny Goodman&his orchestra『Bugle Call Rag』
Jonas Brothers『More Than a Woman』
Jonas Brothers『My Heart Will Go On』
Jonas Brothers『Love Bug』
Jonas Brothers『Ride Of The Valkyries』
Earth, Wind & Fire『Let’s Groove』
Coldplay『Life in technicolor』

エンディング曲のジョナスブラザーズ『Fly With Me』収録アルバム(楽天)

Advertisement

解説や感想など

伝えたい教訓

一番大事な教訓はラリー自身が語っていましたが「本当に大切なことを見極めること」です。
ラリーは立ち上げた会社が成功して、長年の夢を叶えることが出来ました。
しかし、社長になったラリーは忙しすぎるせいなのか全然楽しそうではありませんでしたね。
数か月振りに展示物たちと触れ合ったラリーは、大好きなことを仕事にして大成功した女性パイロットのアメリアと出会い、本当にやりたいことは何なのかを考え始めます。
そしてカームンラーからジェデダイアを助けたとき、自分が好きで本当にやりたいのは博物館の皆と一緒にいて、彼らを守ることなのだと確信します。
ラリーは最終的に会社を売却して警備員に戻ります。
ラリーは今回のことでお金を稼ぐことよりも博物館の仲間たちを守ることの方が大切だと実感したのです。

2つ目の教訓はリンカーンが教えてくれた「分裂は国を滅ぼす(敵同士を仲違いさせれば滅ぼすのは簡単だ)」です。
ラリーはリンカーンの言葉を生かしてイワン雷帝、アル・カポネ、ナポレオンに「誰がリーダーなのか」を問いかけて喧嘩させていましたね。

その他感想など

前作の恋愛話はルーズベルトとサカジャウィアでしたが、今回は主人公のラリーとアメリアの恋愛模様でしたね。
結局人間と人形の壁は越えられず結ばれなかった2人ですが、最後にアメリアの生まれ変わりと思われる女性が登場して安定のハッピーエンドでした。

前作はアメリカ自然史博物館の中も忠実だったようですが、今回のスミソニアン博物館は実際には展示されていないキャラクターが結構いたようですね、タコさんとか。

スケールが大きくなったのは良かったのですが、その分キャラクター1人1人の描き方が雑になった印象があって残念でした。
新キャラさんたちの性格が良くわかる場面をもう少し掘り下げてほしかったです。特にジョージ・カスター。

本作を見た大人はほぼ全員アメリアのお尻に目が釘付けになったはずです。

 

映画『ナイトミュージアム2』関連商品(楽天)

・関連記事

前作↓