『マトリックス レザレクションズ』解説・考察②|『新しい力』の謎、ティファニーという名前についてなど | 映画鑑賞中。

『マトリックス レザレクションズ』解説・考察②|『新しい力』の謎、ティファニーという名前についてなど

SF

映画マトリックスシリーズの最新作『マトリックス レザレクションズ(マトリックス4)』について解説、考察記事②です。

ネタバレ全開のためまだ観ていない方はご注意ください!

本作に関する他の記事はこちらです↓

『マトリックス レザレクションズ』解説・考察①|バッグス、モーフィアス、スミスの謎について!
映画『マトリックス レザレクション』の解説・考察をしています! 前作『レボリューションズ』から18年ぶりの続編となる本作。 難解過ぎたらどうしようと若干ビビりながら鑑賞しましたが、単語の意味は分からない物が多かったけれど何とか文脈判断&...
『マトリックス レザレクションズ』ネタバレあらすじと感想|トリニティが主役に変わる瞬間を体験
映画『マトリックス レザレクションズ』のあらすじと感想を紹介しています! 前作の出来事から数十年後の世界。 ネオとトリニティは生きていたものの、再びマトリックスの世界に囚われていた。 マトリックスの外の世界アイオの女船長バッグス達は、...
スポンサーリンク

さっそく解説考察

本作の概要など前記事をご参照ください。

エグザイルは何者?

ネオがトリニティを助けるためにモーダルの中に戻った時、エグザイル(放浪者)の集団に襲われます。
彼らのリーダーは『リローデッド』に出てきたメロビンジアンという男でした。

フランス語の悪態が大好きで、レストランにいる女性に媚薬ケーキを食べさせてトイレで浮気してたらしいあの人です。

『エグザイル』とは、マトリックスのアップデートに伴って不要になってしまったものの、消去を拒んで存在し続けているプログラムの総称です。

本作に登場するエグザイル集団は『リローデッド』に登場していた『最古のプログラム』と呼ばれた貴族階級的な人々でした。

彼らはアーキテクトが管理していたマトリックスにおいては他社から一切干渉を受けておらずセレブ暮らしをしていましたが、新しい管理者アナリストがマトリックスをアップデートした時に改めて不要と判断され、消去から逃れて浮浪者に没落してしまいました。

ネオたちが戦う中、エグザイルのリーダーが恨み言をまくしたてるシーンは面白かったです。

 

ネオとトリニティに何が起きていた?

ネオとトリニティは『レボリューションズ』のラストで死んだ後、マシンに蘇生されてポッドの中に戻され、マトリックスの中の別世界モーダルに隔離されていました。

ネオはトーマス・A・アンダーソンに戻ってプログラマーとして、ティファニー(トリニティ)はネオ以外の男性の妻として生活しています。
これらは全てモーダルの中に用意された『設定』です。
2人はプログラムが用意したそれぞれの生活の中に納まって(型にはめられて)いました。

ネオが生き返ってマトリックスの中にいたことを知っていたのは、たまたま彼を見かけたバッグスと、本編後半から登場するサティーだけで、トリニティに至ってはネオが何となく感知していただけでした。

ネオとトリニティが住んでいたモーダルの中に本物の人間(ポッドで繋がれてマトリックスに居る人間)はおらず、2人の周囲に居たのはボットなどのプログラムだけで、問題行動を起こさないように監視され続けていました。

 

ネオとトリニティが生き返った理由

マトリックス4
(引用:https://screenrant.com

その理由は、ネオが預言の『新たな力』だったからです。

新しいマトリックスの管理者アナリストは、ネオの持つ救世主の力が膨大なエネルギーを発することに気付き、電力不足問題の解決策に利用しようと考えました。

アナリストはネオの死体を回収・蘇生し『どうすればネオから定期的に適量のエネルギーを回収できるか』を研究します。
これはマシン同士の戦争が起きている間の出来事です。

研究課程でネオがエネルギーを発するのはトリニティのためだけと判明し(他の女性ではだめ)、トリニティの死体も蘇生してポッドに戻しました。

2人を同じ世界に置くとネオはエネルギーを発しましたが、2人がカップルになってしまうと、エネルギーが大きすぎて制御が難しくなりました

さらに、ネオが葛藤を抱いて苦しむことで適量のエネルギーを発し続けることもわかったので、アナリストはトリニティに別の夫を用意し、2人はカフェで定期的に顔を合わせて会話するだけの関係を作り出しました。

こうして新たなエネルギー源を得て電力は安定し、マシンの戦争は終わりました。

スポンサーリンク

ネオに救世主の力が戻らなかった理由

マトリックス4
(引用:https://www.bfmtv.com

ネオは長年マトリックスにコントロールされていたせいで、救世主の力が弱まっていました。(微量には出せるが、瞬発的に大きな力を発揮することができなくなっていた)

モーフィアス2との訓練である程度は回復するものの、最大の特徴とされる『空を飛ぶ』までには最後まで至りませんでした。

戻らなかった原因は、モーフィアス2の言葉を借りると「ネオの脳内にマトリックスのクソが溜まっていたから」だと思います。

ネオはアナリスト扮する医師に処方されていた青い薬を長年飲み続け、力を制御する物質のようなものが完全に体から抜けなかったのでしょう。

 

トリニティが救世主の力に目覚めた理由

ラスト、ネオの代わりにトリニティが救世主の力を得て空を飛びます。

トリニティが救世主になったのは、ラナ・ウォシャウスキー監督が性転換手術を終えて新しく生まれ変わったことが最大の理由だと思いますが、物語として捉えると、救世主の力そのものは存在し続けていて、ネオが使いこなせなくなったのでトリニティにパワーが移動したのではないかと解釈しました。

救世主の力を持っていたのはずっとネオだったので、トリニティは青い薬を飲まされることもなくクリーンです。
2人一緒に高所から落ちるピンチに陥った時、パワーが彼女に移行して発揮されたように見えました。

 

カフェ『SIMULATTE(シミュラテ)』

マトリックス4
(引用:https://twitter.com)

ネオとトリニティの行きつけのカフェだった『シミュラテ』についてです。
店の名前の由来は、1作目『マトリックス』でネオがまだマトリックスで生きていた頃、プログラミング関連の違法ツールを客に渡す時に使っていた『シミュラクラ&シミュレーション』という本のタイトルが由来です。

マトリックス4
(引用:https://rateyourmusic.com/

ネオがマトリックスに居た頃に持っていた本なので、似た名前の店名にすることで、ここがマトリックスの中だということを強調していたのでしょう。

 

ティファニーという名前

マトリックス4
(引用:https://kumparan.com

トリニティがトリニティに戻った後、『ティファニー』と名前を付けられていたことに憤慨します。

アナリストはトリニティに女性蔑視的な意味を込めて『ティファニー』と名付けていたのです。

ティファニーと言えば世界を代表する女性向けのブランドですが、映画と小説に多少の興味がある多くの人は、真っ先に小説&映画『ティファニーで朝食を』連想するでしょう。

この『ティファニーで朝食を』の主人公ホリー・ゴライトリーは、今で言う『パパ活』で得たお金で生活しながら玉の輿に乗ることを夢見ている女性(完全に男性に依存した生活)で、トリニティの性格ともかけ離れた名前です。

ホリー・ゴライトリーは毎朝、行きつけのカフェでクロワッサンとコーヒーを注文します。
まだ『ティファニー』だったトリニティもカフェでクロワッサンを注文している描写から、トリニティはホリーと重ねてティファニーと名付けられていることが示唆されています。

スポンサーリンク

ネオの会社にサティーが居た理由

マトリックス4
(引用:https://california18.com

ネオは預言者サティーがスミスの会社の社員として、ネオを見守ってくれていたことを最後の方に知ります。(実際に働いていたかどうかは不明)

彼女はプログラムなのでモーダルの中にすんなり侵入できていたのでしょう。
サティーはネオがマトリックスにいることでマシンと人間のバランスが保たれていることを理解していましたし、何よりもネオがマトリックスから出ることを望んでいなかったので、守護霊的に見守っていたのだろうと思います。

彼女がネオのトリニティ救出に協力したのは、預言者である彼女は未来を知っていたからというのが大きいと思います。
具体的には『ネオが望んだから』、『ネオと、彼女の育ての親アーキテクトとオラクルに関わりがあったから』だと思っています。

 

以上です!思いつく限りの内容は記載しましたが、また追記事項があれば更新します。
読んでくださりありがとうございました。(^^)

本作に関する他の記事はこちらです↓

『マトリックス レザレクションズ』解説・考察①|バッグス、モーフィアス、スミスの謎について!
映画『マトリックス レザレクション』の解説・考察をしています! 前作『レボリューションズ』から18年ぶりの続編となる本作。 難解過ぎたらどうしようと若干ビビりながら鑑賞しましたが、単語の意味は分からない物が多かったけれど何とか文脈判断&...
『マトリックス レザレクションズ』ネタバレあらすじと感想|トリニティが主役に変わる瞬間を体験
映画『マトリックス レザレクションズ』のあらすじと感想を紹介しています! 前作の出来事から数十年後の世界。 ネオとトリニティは生きていたものの、再びマトリックスの世界に囚われていた。 マトリックスの外の世界アイオの女船長バッグス達は、...

・関連記事

「ジョン・ウィック」ネタバレと感想|孤独な男の復讐劇
映画『ジョン・ウィック』のあらすじと感想を紹介しています! 裏社会から足を洗った元殺し屋のジョン・ウィックは、今は亡き最愛の妻ヘレンからのプレゼントだった愛犬をマフィアのボスの息子に殺された。 ジョンは怒りと憎しみに駆られて復讐を決意す...
「ジョン・ウィック チャプター2」ネタバレ解説|ジョンが犬に名前を付けなかったワケなど
映画『ジョン・ウィック2』のあらすじ紹介と考察をしています! 『ジョン・ウィック』(2004)の第2作目。 前作のラストから5日後から物語が始まる。 原題:John Wick: Chapter 2 制作年:2016年 本編...

・参考サイト様一覧

感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました