「ジョン・ウィック チャプター2」ネタバレ解説|ジョンが犬に名前を付けなかったワケなど | 映画鑑賞中。

「ジョン・ウィック チャプター2」ネタバレ解説|ジョンが犬に名前を付けなかったワケなど

アクション

映画『ジョン・ウィック2』のあらすじ紹介と考察をしています!

『ジョン・ウィック』(2004)の第2作目。
前作のラストから5日後、平穏を取り戻したと思われたジョンが再び命を狙われる。

原題:John Wick: Chapter 2
制作年:2016年
本編時間:122分
制作国:アメリカ
監督:チャド・スタエルスキー
脚本:デレック・コルスタッド
主題歌:『Plastic Heart』Ciscandra Nostalghia

 

キャスト&キャラクター紹介


(引用:https://ameblo.jp/machinaka-blog
ジョン・ウィックキアヌ・リーブス
ブギーマン』、『ババヤガ(殺し屋を殺す男)』などの異名で恐れられる、裏社会で有名な最強の殺し屋。
現在は引退して名前のない愛犬(ピットブル)と静かに暮らしている。
引退前に課された最後の仕事をまっとうするために、犯罪組織の幹部サンティーノとジョンが交わした『血の誓印』をきっかけに事件が起こる。

 


(引用:https://cinema.everyeye.it
サンティーノ・ダントニオリッカルド・スカマルチョ
イタリア系犯罪組織『カモッラ』の幹部。
前作の『タランソフ親子殺害』で、ジョンの殺し屋としての腕が鈍っていないことを知り「血の誓印」の借りを返してもらうことを決めた。
私的な依頼をジョンに頼もうとしたが、内容も聞かずに断られたことに激怒してジョンの自宅を焼き払った。

 


(引用:https://yoikagen.com
ウィンストンイアン・マクシェーン
コンチネンタル・ホテルの支配人。
情報戦が得意で、裏社会で起きた出来事はもれなく把握している。

 


(引用:http://gokuwataeiga.hatenablog.jp
ジアナ・ダントニオクラウディア・ジェリーニ
サンティーノの姉。マフィアのボスだけで結成されている『首席連合』の、12人いる主席の1人。
ジョンとは旧友だった。

 

ジョン・ウィック2
©2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
バワリー・キングローレンス・フィッシュバーン
ニューヨークを拠点に活動している情報屋のボス。
外では仲間たちと一緒にホームレスに成りすまして生活している。
ジョンに殺されかけながらも生き延びた過去があり、その過去のおかげで現在の地位を築けたと語っている。
アブラム・タラソフ(ヨセフの叔父、マフィアのボス)…ピーター・ストーメア
ヘレン(亡きジョンの妻)…ブリジット・モイナハン
オーレリオ(車屋の店主、ジョンの友人)…ジョン・レグイザモ
ジミー(ジョンと顔なじみの警察官)…トーマス・サドスキー
アレス(サンティーノの部下、唖者)…ルビー・ローズ
シャロン(ホテルのフロント)…ランス・レディック
コンチネンタル・ローマのフロント…ユマ・ディアキテ
ジュリアス(コンチネンタル・ローマ支配人)…フランコ・ネロ
武器のソムリエ…ピーター・セラフィノウィッツ
古本屋の男(地図)…エリ・メイヤー
裁縫師の女…ミドリ・ナカムラ
アンジェロ(オーダースーツ店オーナー)…ルカ・モスカ
カシアン(ジアナのボディーガード、ジョンの旧友)…コモン
シンガー…シスカンドラ・ノスタルジア 
アコーニ(犯罪組織のボス)…チュク・イウジ
路上のバイオリニスト(殺し屋)…ハイジ・マネーメーカー
力士(殺し屋)…YAMA(山本山龍太)
アール(浮浪者の殺し屋)…トビアス・シーガル
チャーリー(死体処理屋)…デヴィッド・パトリック・ケリー
主席の1人…マリオ・ドナトーネ ほか

≪U-NEXT≫で『ジョン・ウィック チャプター2』が見られます! 31日間無料キャンペーン実施中。
※このページの情報は2022年5月時点のものです。最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

あらすじ起

前作のラストから5日後。
盗まれていたジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)の愛車マスタングは、車を盗んだ男ヨセフの叔父にあたる男アブラム(ピーター・ストーメア)の手に渡っていました。

ジョンはアブラムから愛車を取り戻して修理に出し、殺し屋道具を再び地中に封印すると、動物病院で出会った新しい愛犬のピットブル(名前は無い)と一緒に元の穏やかな生活に戻りました。


(愛犬とジョン 引用:twitter.com

そんなある夜。
ジョンの元へ、イタリア系犯罪組織カモッラの幹部サンティーノ(リッカルド・スカマルチョ)が突然訪ねてきます。
サンティーノとジョンは、かつてジョンが殺し屋の引退をかけて任された最後の仕事をした際に『血の誓印』という契約を交わして協力してもらった過去がありました。
簡単に言うと、ジョンはサンティーノに借りがあったのです。

サンティーノは「『誓印』の借りを返せ。俺のために仕事をしてほしい」と迫りますが、ジョンは依頼の内容も聞かずに断ってしまいます。
その後、怒ったサンティーノはジョンの自宅をバズーカで焼き払って立ち去りました。

ジョンは爆風で吹き飛ばされて死なずにすみましたが、意識を取り戻した頃には家はほぼ全焼していました。
ジョンの愛犬も無事でしたが、亡き妻ヘレンの思い出の写真や、亡きペット※デイジーの遺品の首輪も燃えてしまいました。
※デイジー:前作に登場する、ヘレンからのプレゼントだったジョンの愛犬。マフィアのヨセフに殺されてしまいました。
燃えていく思い出の品々を見つめながら、ジョンはサンティーノへの復讐を決意して、すぐに愛犬を連れて※コンチネンタル・ホテルへ直行しました。

・コンチネンタルホテルの特徴とルール
①裏社会の人間御用達のホテル。
②武器や医療の調達などをしてくれる。
③ホテル内での殺しは厳禁。
④ルールを無視した者には厳しい制裁が下る。
⑤『誓印』の約束は絶対。←本作で初めて登場した新ルール

コンチネンタルホテルの支配人ウィンストン(イアン・マクシェーン)は情報通なので、ジョンの家が焼かれたことも、その理由もすでに知っていました。
ジョンはウィンストンに「自業自得だ!誓いを守って今からでも依頼を受けろ!」と怒られてしまいます。
考え直したジョンは、愛犬を受付のシャロン(ランス・レディック)に預けてサンティーノが経営する美術館に向かいました。




あらすじ承


(地下墓地で身構えるジョン 引用:https://theriver.jp

サンティーノからの依頼は『サンティーノの実の姉ジアノ・ダントニオ(クラウディア・ジェリー二)の殺害』でした。
サンティーノがジアノに消えて欲しい理由は出世争いです。
サンティーノの亡き父親は、世界中にある犯罪組織の中で最も力を持つ12名のボスで構成される『主席連合』という組合の一員でした。

サンティーノのは父が死んだら彼自身が父の後を継いで主席連合の一員になれると思っていましたが、父は遺言でジアノを後継ぎに指名していたのです。
主席連合の夢を諦めきれなかったサンティーノは、ジョンにジアノ殺しを依頼したかったのです。
ジアノはジョンにとって旧友だったので気が引けましたが、借りを返すために仕方なく依頼を引き受けました。

ジアノはローマで開かれる祭典に出席する予定です。
ジョンはその足でローマへ向かい、コンチネンタル・ホテル・ローマに部屋を取り、特別な場所に預けていた殺し屋セットを持って祭典会場に行きました。

ジョンが会場の真下にある地下墓地から忍び込んでジアノの部屋に侵入すると、彼女は全てを悟って「死に方は自分で決める」と言い、ナイフで自ら命を絶ちました。

ジョンはジアノの部下で旧友のカシアン(コモン)から逃げていると、墓地の出口ではサンティーノの部下アレス(ルビー・ローズ)と、大勢の武装集団が待ち構えていました。

サンティーノは最初から、ジョンがジアノを殺したらジョンを殺してしまうつもりだったのです。
ジョンは準備していた銃をフル活用して敵をなぎ倒し、祭典会場から逃走しました。

ホテルに戻る途中、ジョンを追って現れたカシアンと直接対決になりますが、戦闘中にコンチネンタル・ローマのエントランスに入ってしまったので一時休戦します。
ジョンとカシアンはバーで酒を飲み交わし、再会したら殺し合うことを約束して別れました。

 

あらすじ転


(ジョンとカシアン 引用:https://www.microsoft.com

翌朝。サンティーノはジョンの首に700万ドルの懸賞金を懸けて、ニューヨーク中の殺し屋に通達しました。
ジョンはホテルを出た直後から次々に現れる殺し屋に命を狙われて、すぐにサンティーノの仕業だと悟ります。

バイオリニストの殺し屋に脇腹を撃たれて深手を負いつつも、ジョンはサンティーノに復讐するために進み続けました。
道中、ジョンは駅構内でカシアンと再会して電車の中で戦います。
ジョンはカシアンに勝利しましたが、左太ももに傷を負いました。
電車から降りたジョンは、駅構内に居た浮浪者アールに※金貨を渡すと、身を隠すために横になってそのまま気を失いました。
※金貨:裏社会でのみ使える特別な金貨です。

ジョンが目を覚ますと、アジトのベッドに寝かされていて、傷はきれいに手当てされていました。
その後、ジョンは情報屋のボスであるパワリー・キング(ローレンス・フィッシュバーン)に会わせてもらうと「君たちの力で俺をひそかにサンティーノに近づけてほしい」と頼みました。
するとキングは『ジョンを殺して700万ドルを手に入れる』か、『ジョンに借しを作っておく』か、どちらが得か悩み始めます。


(ジョンとパワリー・キング 引用:twitter.com

ジョンの依頼に700万ドル以上の価値を求めるキングに、ジョンはサンティーノを殺すことに対するメリットを挙げて説得しました。
キングはジョンに7発の弾が装填された銃を渡し、サンティーノの居場所を教えます。
別れ際「これは貸しだ!」と言うキングに、ジョンは「俺に貸りを作るとまずいことになるぞ」と答えました。

結末と考察は次のページです!




感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました