「ライト/オフ」ネタバレ解説|ダイアナの正体は? | 映画鑑賞中。

「ライト/オフ」ネタバレ解説|ダイアナの正体は?

ホラー

映画『ライト/オフ』について解説、考察しています!

「怖すぎる」と話題になったショートホラームービーを映画化した作品。
制作には映画『ソウ』シリーズのジェームズ・ワンを迎えている。
レベッカと弟のマーティンが、暗闇の中だけに現れる化け物 ダイアナと戦うお話。
ダイアナを『友達』と言う母 ソフィーとの関係は?

原題:LIGHTS OUT
制作年:2016年
本編時間:81分
制作国:アメリカ
監督:デヴィッド・F・サンドバーグ
脚本:エリック・ハイセラー
制作:ジェームズ・ワン
原作:ショートフィルム『LIGHTS OUT』

キャスト&キャラクター紹介

 


(引用:https://twitter.com

レベッカテリーサ・パーマー
少女時代…アミア・ミラー

ロサンゼルスに住む10代後半の女の子。
ロックバンド好きで、メイクも服もブラックが多い。
年の離れた異父弟のマーティンがいる。
彼女の父親はレベッカが10歳のころに失踪した。
母親ソフィーと関係が良くなく、また、この家で起こる不気味な現象が嫌で16歳のときに実家を出て1人暮らしをしている。

友達以上恋人未満の関係になって8か月以上になるブレットに日々求愛されているが、心を開かず1人になりたがる。

 

(引用:http://scifivision.com

マーティンガブリエル・ベイトマン

ソフィーとポールの子どもで10歳位の男の子。
レベッカとは異父姉弟。

母ソフィーが独り言を話していたり、家で人の気配がするのを怖がっている。

 

(引用:https://www.filmink.com.au

ソフィー・ロイドマリア・ベロ
少女時代…エミリー・アリン・リンド

メンヘラ臭と哀愁ただようレベッカとマーティンの母親。
少女時代にうつ病で入院していた時期がある。
レベッカの父が失踪したあと、マーティンの父ポールと出会い結婚する。
レベッカから見捨てられたと感じていて、今だに和解できていない。

暗闇で独り言を言っては「ダイアナと喋っていた」と言うが、マーティンはダイアナの姿を見たことがない。

 

(引用:https://en.wikipedia.org
ダイアナアリシア・ヴェラ=ベイリー
少女時代…エヴァ・カントレル

ソフィーが『友人』と語る謎の存在。
ソフィーが幼少時代に入院していたときに出会ったという、不思議な力を持つ女。

 

(引用:https://twitter.com
ブレットアレクサンダー・ディペルシア

レベッカの『友達以上恋人未満』のバンドマン。
ボーイフレンドとして認められようと奮闘しているが、彼女の自宅に私物を置いたり泊まることも許されず悩んでいる。

・その他のキャスト
ポール(マーティンの父)…ビリー・バーク
エスター(ポールの秘書)…ロッタ・ロステン
エマ…アンディ・オショー
ブライアン(警察官)…ローランドー・ボイス
ゴメス(警察官)…マリア・ラッセル ほか

スポンサーリンク

あらすじ前半

アメリカ カリフォルニア州ロサンゼルスにソフィー(マリア・ベロ)ポール(ビリー・バーク)、2人の子どもマーティン(ガブリエル・ベイトマン)の3人家族が暮らしていた。
ある日、ポールが『暗闇の中にだけ現れる謎の女』に襲われて職場で不審な死をとげた。

(ポールを殺した謎の女 引用:https://hiddenremote.com

事件から数後日。ソフィーの娘で1人暮らししているレベッカ(テリーサ・パーマー)に、児童福祉局から連絡があった。
レベッカは母親との不仲が原因で数年前から実家を出ていた。
福祉局は「マーティンが授業中居眠りが多く、心配だから保護者と話がしたいが、自宅に何度電話しても留守のため、あなたに連絡した。」と事情を明かした。

レベッカは学校に行き、児童福祉局のエマ(アンディ・オショー)に「ソフィーはうつ病で、今は調子が悪いかもしれない」と説明した後、実家を出て以来初めてマーティンと再会した。
マーティンは「家だと怖くて眠れない」と怯えて帰るのを嫌がったが、なだめて実家まで送ることにした。

実家に行くと、ソフィーの様子はレベッカが家を出る前と変わっていなかった。
レベッカが児童福祉局に言われたことを伝えてもソフィーは上の空で、処方薬も飲んでおらず、病気を治す気がないように見えた。
いら立ちが抑えられなくなったレベッカは、ソフィーが薬をちゃんと飲むまでマーティンを預かることにした。
マーティンは喜んで荷物をまとめ、泣いて嫌がるソフィーを置いて実家を後にした。

その日の夜。レベッカの部屋で何かを引っかくような音がして謎の女が突然現れたが、部屋の電気をつけるとすぐに消えた。
翌朝。ソフィーが児童福祉局に「息子を奪われた」と訴えて、マーティンは強制的に実家に戻ることになった。
レベッカは仕方なくマーティンを福祉局に預けた後、床に『ダイアナ』と文字が彫られていることに気付いた。
昨夜の『何かをひっかく音』は夢ではなかったのだ。

(レベッカの自宅の床に掘られた文字 引用:https://www.aceshowbiz.com

レベッカは以前にもこの『ダイアナ』絡みの不気味な現象に遭遇したことがあったので、当時のことを思い出してゾッとした。
この不気味な体験が、彼女が実家を出たもう1つの理由だった。
『ダイアナ』が気になったレベッカは、手がかりを探るためにボーイフレンドのブラット(アレクサンダー・ディペルシア)と一緒に実家に乗り込むことにした。

スポンサーリンク

レベッカとブラットはソフィーが外出している間に家に上がり込み、ポールの部屋で手がかりを探していると2人の少女の写真を見付けた。
写真の裏には『ソフィーとダイアナ マルベリー・ヒル病院』と書かれていた。
ダイアナと思わしき少女は傘を差していて顔は見えないものの、明らかに異様な雰囲気を醸し出していた。

さらに、本棚からダイアナに関する音声データと当時の新聞記事を発見した。
音声データには『1984年10月6日 患者は独特の皮膚疾患を持ち、光に猛烈な過剰反応を示す
問題行動が多く、暴力を振るう。最近は入院中の患者ソフィーに固執している。』など、当時のダイアナの様子や、医師らしき人物が『なぜ、友人であるソフィーに暴力をふるうの?』と聞くと、ダイアナが『回復していたから』と答える音声が残されていた。

新聞記事には、医師らによるダイアナへの『実験的治療』として、彼女に光を当てる『光療法』が施されたが、その実験でダイアナが『診察台の上から消滅した』と書かれていた。

この実験が行われたのは、ソフィーとダイアナが出会った翌年の出来事だった。


(入院当時のソフィーとダイアナの写真 引用:http://freaknco.blogspot.com

この後、レベッカはダイアナに襲われた。
「出ていけ、ソフィーは離さない!」という声が部屋に響いた直後、レベッカは暗闇で思いきり髪の毛を掴まれた。
ブレットに助けられたレベッカは、ダイアナの資料を持って実家を飛び出した。

その日の夜。ソフィーとマーティンは仲良く映画を見ていたが、しばらくするとソフィーは電気を消し、怯えているマーティンにダイアナの話を始めた。
私にはダイアナという特別な友達がいて、昔、彼女から逃げてしまったことがあったけど、今はいつも一緒にいるの。だから、もう明かりは点けないで」と言う。
マーティンはすぐそばにダイアナがいることに気付き、慌てて家を飛び出した。

スポンサーリンク

あらすじ後半※ネタバレあり

マーティンはレベッカのアパートに逃げ込んだ。
状況を察したレベッカは、ポール(マーティンの父)が持っていたダイアナの資料をマーティンに見せた。
資料によると、ダイアナは13歳の時に施錠された地下室で発見されていて、彼女の父親は自殺していた。
壁には恐らく父親が死ぬ前に書いた『頭に娘が入り込む』と血文字のメッセージが残されていたという。

ダイアナは生まれつきの皮膚病が原因で周囲から不気味がられていた上に、『人の頭に入り込み、性格を変えてしまう』という超能力を持っていたため、当時は陰で『悪魔の子』と呼ばれ恐れられていたようだ。

レベッカとマーティンは、ダイアナはすでに死んでいる(消滅している)ので、悪霊のようにソフィーに憑りついているのではないかと推理した。
レベッカの父親はダイアナが原因で失踪して、ポールはダイアナの資料を持っていたため、恐らくダイアナをソフィーから引き離そうとして殺されたのだ。
また、ソフィーが元気になるとダイアナが姿を見せなくなるので、彼女の鬱病の原因はダイアナの可能性が高かった。

その日の夜、マーティンがダイアナに襲われて怪我をした。
平和な暮らしを送るにはダイアナを倒すしかないと考えたレベッカとマーティンは、ブレットも一緒に3人でソフィーの所に行くことにした。

(ダイアナに襲われた直後のレベッカとマーティン 引用:https://radio.wosu.org

実家に着いたレベッカは「ダイアナはこの世のものではない」とソフィーにダイアナから離れるよう説得したが、ソフィーは「ダイアナは友達だ」と聞き入れず、自室にこもってしまった。
今夜は説得を諦めてひとまず泊まることにした3人は、ダイアナ対策をすることにした。
家中の電気のスイッチをオンにしてガムテープで固定したり、電球のスペアも用意、懐中電灯を配置してロウソクも灯した。
この時、ダイアナの存在を知っても逃げたりせず、ずっとそばで守ってくれようとするブレットにレベッカは心打たれた。

その後、泊まることを伝えるためにソフィーの部屋をノックしたレベッカは、泣きはらした顔のソフィーからこっそり紙を渡された。
後で見てみると、その紙には『助けて』とが書かれていた。
この時初めてレベッカは、ソフィー自身も本当はダイアナから離れたいと思っていることを知った。

スポンサーリンク

2階の部屋でレベッカとマーティンが、ブレットは1階のリビングで寝ることにした。
3人が眠りかけていたとき、この家と近所一体が突然停電した。
停電にいち早く気付いたレベッカは、手動で充電するタイプの懐中電灯を持ってブレーカーのある地下室へ向かったが、どの電源レバーを動かしても電気はつかなかった。
少し遅れて目を覚ましたマーティンはレベッカが居ないことに気付き、彼女を追いかけて地下室に来た途端、2人はダイアナに閉じ込められてしまった。

この時、ブレットは外の様子を確認していた。
2人の悲鳴が聞こえたので、駆けつけて地下室から助けようとした時にブレットは初めてダイアナに襲われ、懐中電灯とスマホを落とした。
ブレットは慌てて外に飛び出すと、そのまま車に乗って走り去った。

同じ頃、停電に気付いたソフィーは子どもたちが心配になって廊下に出たものの、ダイアナに自室へ連れ戻されてしまう。
言いなりのままではいけないと感じたソフィーは抗うつ剤を飲もうとしたが、ダイアナに薬ごと弾き飛ばされて気絶してしまった。

レベッカとマーティンは、地下室にあった暖炉に火を起こし、近くにあったハロウィン用の道具入れからブラックライトを発見した。
レベッカはマーティンに火の番を頼み、他に使えるものがないか探すため地下室の中を見て回ると、壁にブラックライトで光る文字(恐らく血で書かれた文字)が書かれているのを発見した。
壁には『病院と同じだ 暗闇の中に閉じ込められている
私からソフィーを皆で取り上げようとする お父さんと同じ ダイアナを忘れてる』などと書かれていた。

(血文字を見付けたレベッカ 引用:http://behindthelensonline.net

この血文字を読んだ直後にレベッカの前にダイアナが現れ、ブラックライトは効かないことがわかった。
捕まれた手にブラックライトを当てても、ダイアナは手を引っ込めなかったのだ。(今まではブラックライト以外の光を浴びせると、ダイアナの肌は焼けて光から逃げるように消えていた)

その後、暖炉の火が消されてしまいピンチに陥ったとき、外からパトカーのサイレンが聞こえた。
ブレットが警察を連れて戻ってきてくれたのだ。
警察官2人はブレットを外で待たせ、懐中電灯を手に家に入ってきた。
レベッカとマーティンは大声で叫んで警察官にドアを開けてもらい、地下室から脱出した。
安心したのもつかの間、ダイアナは警官にも襲い掛かった。
警官2人はダイアナの『影』に向かって発砲したが、銃はダイアナに効かず、警官2人はあっけなく殺された。

2階で気絶していたソフィーは、警官が地下室のドアを壊す音で目を覚ましていた。
「子どもたちに手を出したら絶交よ!」と怒鳴りながら、ソフィーはカギがかけられていたドアを壊して外に出た。

レベッカは外に出てブレットにマーティンを託すと、ソフィーを助けるため家に戻った。
階段を上っていくと「出ていけ!父親のところへ連れてってやろうか!」とダイアナの叫び声が響き、レベッカの父親はダイアナに殺されていたことを知る。
ショックを受けて立ちすくんだ隙をつかれて、レベッカは2階の廊下から1階に投げ飛ばされた。
ダイアナがレベッカを殺そうと近づいた時、警官が落とした銃を持ったソフィーがダイアナの背後に立った。
ソフィーはダイアナに発砲したが、弾丸はダイアナの体をすり抜けてしまう。
すると、ソフィーは銃を彼女自身の頭につきつけた。
「私の子は私が守る!」
そう言うと、ソフィーは銃の引き金を引いた。
レベッカは「やめて!」と叫び、ダイアナは大慌てでソフィーを止めようとしたが間に合わず、ソフィーの死と同時にダイアナは消滅した

ダイアナが消えたと同時に停電が復旧した。
レベッカはブレットが戻ってきてくれたことに感謝し、マーティンに「今まで色々な事から逃げていたけど、もう逃げない」と約束した。
その直後、3人が腰かけていた救急車の中の明かりが点滅した。

スポンサーリンク

解説や考察、感想など

 

ダイアナの正体について

(引用:https://comicvine.gamespot.com

ダイアナは人の頭に入りこむことができるという特殊能力を持っていたことから、彼女が実験で消えた後は、元々入りこんでいたソフィーの頭の中で怨霊のように生き(?)ながらえていたのでしょう。
ソフィーの存在が、ダイアナとこの世を繋ぐ存在だったのだと思います。
また、「ソフィーが元気だとダイアナは現れなかった」ということと、入院当時にダイアナがソフィーを傷つける理由を「回復していたから」と発言していたことから、ダイアナは病んでいる人間の心の闇に入り込むという形でしか存在できない特徴があるようです。

レベッカがブラックライトで地下を見回ったときに現れたダイアナの血文字についてです。
病院と同じだ 暗闇の中に閉じ込められている 私からソフィーを皆で取り上げようとする お父さんと同じ ダイアナを忘れてる
と書いてありました。
これは、ダイアナが生前も死後も暗闇の中でしか生きられない悲しみや、死んでもなお大好きなソフィーと引き離される恨みが書かれたものです。

『ダイアナを忘れてる』というのはちょっと理解に苦しみますが、「ソフィーが元気だとダイアナは現れない」ということと関係があるのかなと思います。
ダイアナは心が健康な人間にとりつくことが出来ないので、ソフィーがダイアナを忘れて元気に生きていくのが妬ましかったのでしょうか?

ソフィーの死と同時にダイアナは消えていましたが、最後に明かりが不自然に点滅するので、生き残った3人の中の誰かに乗り移った可能性が高いです。

なんとなく、ダイアナの分析をしていて貞子を連想しました。
ダイアナが生きていた時の写真の雰囲気も貞子そっくりなので、もしかしたら貞子はダイアナのキャラクター作りの参考にされていたかもしれません。

スポンサーリンク

ダイアナは消えてない?

ソフィーが死んだと同時にダイアナも消滅しますが、その後でレベッカ、ブレット、マーティンが乗っていた救急車の明かりが点滅します。
この点滅は、恐らくまだダイアナが滅んでいないことを表す伏線です。
ダイアナは『人間の心の闇』に棲みつくので、ソフィーが死ぬ直前に3人のうちの誰かにとりついたのだと思われます。
予想だと、立て続けに両親を失ったマーティンが怪しいです。

 

その他感想!

ぐろいシーンが無いのでグロ苦手な方でも見れます。

レベッカの年齢はたしか十代後半の設定でしたが、どう頑張ってもアラサーに見えると思ったらテリーサ・パーマーは本作の撮影時は30歳だったみたいです。

作品中で詳しい年齢は語られていませんが、レベッカの趣味やファッションは若い女性ということを意識させるための演出だったんじゃないかな~と思ってます。
マーティンの父親ポールの会社の従業員として出演していてエスター役のロッタ・ロステンは、本作の監督サンドバーグ氏の妻だそうです。
その他、彼が監督しているその他のショートフィルム等にもほぼ常連で出演しています。

その他個人的な感想としては、あれだけ暗闇を怖がっているマーティンの部屋に、はじめから部屋の電気がなく間接照明だけだったのがとても気になりました。
恐怖心を煽るための演出にしか見えなかったので、残念。
あと、欲を言えばもう少し入院中のソフィーとダイアナの交流とか、ダイアナが生前どんな生活をしていたのか、など知りたかったです。

映画「ライト/オフ」関連商品(楽天)

コメント

タイトルとURLをコピーしました