映画『空白』ネタバレあらすじと感想|パワハラクレーマー父が娘との距離に気付くまで | 映画鑑賞中。

映画『空白』ネタバレあらすじと感想|パワハラクレーマー父が娘との距離に気付くまで

ヒューマンドラマ

映画『空白』のあらすじと感想を紹介しています!

スーパーで万引きした女子中学生 添田花音が、店長に追われて逃亡の末に自動車事故で死亡した。
花音の父親の添田充は、彼女の死も万引きも受け入れられず、花音を追いつめた店長の青柳にやり場のない怒りをぶつけて事態は泥沼化する。

空白

制作年:2021年
本編時間:107分
制作国:日本
監督・脚本:吉田恵輔
本作はPG-12の年齢制限があります。
理由は未成年の万引きシーンがあるためです。(映倫HP参照)

・本作の解説・考察記事はこちらです↓

映画『空白』ネタバレ解説|タイトルの意味、痴漢の真相、青柳のウソ、草加部の正義など考察!
映画『空白』の解説、考察をしています! 鬱展開が続いて中々しんどい作品ですが、ラストの良い意味のギャップで涙腺崩壊した...

映画『空白』は〈U-NEXT〉でも配信中です!
※本ページの情報は2022年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

主要人物紹介

空白
©︎2021『空白』製作委員会

添田充古田新太
事故死した女子中学生 花音の父親の漁師。
妻とは数年前に離婚して花音と2人暮らしだった。
パワハラ体質&クレーマー気質で職場でも家庭でも恐れられている。

 

空白
©︎2021『空白』製作委員会

青柳直人松坂桃李
『スーパーアオヤギ』の店長。
店長になる前は無職だったが、両親が早くに亡くなり若くして店を継ぐことになった。
自分に対しても他人に対しても批判的でネガティブな傾向がある。
近隣住民の印象は「不愛想で何を考えているかわからない人」。

 


©︎2021『空白』製作委員会

草加部麻子寺島しのぶ
スーパーアオヤギのパート社員。
青柳に好意を抱いている。
地元のボランティア活動にも参加したりと奉仕の精神に燃えている。

 

空白
©︎2021『空白』製作委員会

野木龍馬藤原季節
添田の弟子の若手漁師。添田の仕事の能力は尊敬しているが、パワハラ気質に耐えかねて漁師を辞めようか悩んでいる。

 

空白
©︎2021『空白』製作委員会

松本翔子田畑智子
充の元妻。現在は別の男性と結婚していて出産間近の状態。
花音とは良い親子関係を築いていた。

 

添田花音…伊東蒼
今井若菜(花音の担任)…趣里
中山楓(軽自動車運転手)…野村麻純
中山緑(楓の母)…片岡礼子
奥原(校長)…中村シユン
美術部顧問…和田聰宏
望月(退職したパート)…桜まゆみ
夏美(ボランティア仲間)…植田萌
二宮(スーパー店員)…加藤満
漁師…三島ゆたか
スーパーアオヤギの常連…奥野瑛太
マスコミ…関幸治、田山由起、二階堂新太郎
番組司会者…三溝浩二
青柳の祖母…蓮池桂子
工事現場の男…福田航也
トラック運転手…江原大介
スーパー店員…南川泰規
美術部員…藤田凌采、内藤穂之香 ほか

 

あらすじ起:万引きと事故

空白
(花音の手を掴む青柳 ©︎2021『空白』製作委員会)

気弱な女子中学生の添田花音(伊東蒼)は、スーパーアオヤギでマニキュアを万引きしていたのが店長の青柳直人(松坂桃李)にバレてしまい、逃亡した末に軽自動車と大型トラックに連続で轢かれて亡くなってしまいます。

花音の両親は離婚していて、彼女は父親の添田充(古田新太)と2人暮らしでした。
添田はクレーマー気質&パワハラ体質の男で、花音は父に怯えながら育ち、学校でも全く自己主張が出来ず、友人は居ません。
万引きと事故が起きたのは、添田には内緒で母親の翔子(田畑智子)に買ってもらっていたスマホが添田にバレて、窓から外に放り捨てられた翌日のことでした。

スマホがバレる直前、花音は添田に学校のことで何か言おうとしていましたが、添田は漁師仲間と電話で喧嘩の真っ最中で、花音の話を聞いてやれなかったことを強く後悔しています。

花音の事故は地元のニュースでも大きく取り上げられて、スーパーは一時休業を強いられました。
花音の葬式に参列した青柳は、この時に添田と初めて会いました。
青柳は謝罪ではなく「万引きが原因」と言い訳から始めてしまい、添田は激怒して「花音は万引きなどしていない」と全否定して青柳に掴みかかりました。

花音が事故に遭うまでの経緯がニュースで放送されると、添田の自宅には『自業自得』『基地外親子』などの張り紙が貼られるようになりました。
一方でスーパーアオヤギには『人殺し』『ロリコン野郎』など落書きされました。

花音の万引きが信じられなかった添田は、学校に乗り込んで「娘は化粧などしなかった。他の生徒にいじめられて万引きを強要されたに違いない。事故の前日は深刻そうな顔で俺に何か相談しようとしていた。化粧をしている生徒のリストを出すか、イジメが無かったという証拠を出せ!」と、担任の今井(趣里)校長に詰め寄りました。

添田が帰った後、責任を感じた今井は校長に「彼女の学校での様子をクラスメイトに聞いて、内容をまとめて添田に伝えてはどうか」と提案しますが、校長は「もし本当にイジメがあったとしたら、もっと面倒なことになるから何もするな」と答えます。

 

あらすじ承:マスコミの情報操作


(リポーターに殴りかかる添田 ©︎2021『空白』製作委員会)

テレビ局の取材は添田の自宅まで押しかけました。
添田はカメラの前でリポーターに掴みかかってしまい、一部始終がテレビで放送されてさらに印象が悪くなりました。

添田は「花音の無罪が証明されるまで船を出さない」と言い出します。
弟子の野木(藤原季節)は「真実は知りようがないし、そういうのやめましょう」となだめますが、添田は「お前もういい。クビだ」と言い放ちました。
野木は「娘さんのことはよく知らないけど、もし添田さんが父親だったら相当しんどいと思います」と言い残して出て行きました。

花音の母 翔子が添田宅に線香をあげに来た時、添田が「花音は俺にイジメの相談をしようとしていたに違いない」と打ち明けると、翔子は「それは三者面談のことだと思う」と教えますが、添田は信じません。
翔子が「花音まで悪く思われるから暴れるのはもうやめて!あの子が万引きしようとしたマニキュアの色が『透明』だったことは知ってる?化粧しなかったと言うけど、あの子の爪をちゃんと見たことあるの?」と問い詰めると、添田は「うるさい!俺は花音の無実がわかるまで続ける」と言うだけでした。

事故から2週間。スーパーアオヤギは営業再開しますが、客足は事故の影響で激減し、パート1名が逃げるように退職しました。
青柳はテレビの取材を受けると、女性リポーターの質問に誠実な受け答えをして取材陣から好印象だと言われ笑顔を見せます。

一方、添田は今井が集めた『花音に関するアンケート』に目を通していました。
生徒達は全員『いじめは無かったと思う』にマルを付けていて、花音の友人らしき生徒は見当たりません。
添田が「俺が生徒から直接話を聞く」と騒ぐと、校長は「学校から教えたとは内密でお願いしたいが、うちの生徒の姉がスーパーアオヤギの店長から痴漢されたことがあるという噂話を聞きました」と告げました。

その後、テレビで放送された青柳のインタビューは「万引きして逃げた人を追いかけただけなのに、非難されるのは違う気がする」という発言しか流れず、誠実さが感じられた謝罪のくだりは全てカットされていました。
青柳は、編集された映像しか見ていない番組出演者とネットでも叩かれまくり、社会の敵のような扱いです。
スーパーアオヤギのパート職員で青柳を気に掛ける草加部(寺島しのぶ)は「反論しなきゃ!」と言いますが、青柳は「別にどう思われても良いです」と無表情に答えました。

添田もその暴れっぷりがネットで話題になり、匿名掲示板では添田の画像を加工してネタにされています。
野木はその掲示板を見て苛立ちを覚えました。

青柳のインタビュー映像を見て怒った添田は、翌日スーパーアオヤギに来店してマニキュアを万引きする真似事をしながら「お前はなぜすぐ警察を呼ばなかった?事務所で変なこと(痴漢)しようとしていたろ!」と非難します。
青柳が「違います。お願いだから帰ってください」と頭を下げると、添田は「お前の悪事が明るみになるまで諦めない」と言い捨てて出て行きました。

あらすじ転:青柳を追い詰める添田


(座り込む青柳に詰め寄る添田 ©︎2021『空白』製作委員会)

マスコミの悪意ある情報操作に黙っていられなくなった草加部は、ボランティア仲間に協力を仰いで青柳の無実を広めようとビラ配りを始めますが、熱中するあまり草加部の手伝いを私用で断ろうとしたボランティア仲間の夏美にモラル圧力をかけて無理やり手伝わせます。

ある日、飲食店でラーメンを注文した直後の青柳の隣の席に添田が現れて「お前、痴漢で逮捕されたことあるんだろ?」と問い詰めます。
青柳はラーメンを食べずに店から出ますが、添田はしばらく付いてきたので恐怖を抱きました。

添田は翌日もスーパーアオヤギの前に立ち尽くして青柳を睨んでいます。
すると、誰も倒れていないのに救急車が呼ばれるイタズラが起こりました。
添田の仕業だと確信した草加部は添田に注意しに行き、「偽善者」と呼ばれて激怒します。
救急車を呼んだ犯人は添田ではなかったと後にわかりました。

添田は「無実が証明されるまで漁はしない」と言っていましたが、結局仕事を再開します。
1人で海に出た添田は、網にかかった瓶の破片で手を怪我しました。
他の漁師の船に乗っていた野木は添田が心配で手伝おうとしますが「勝手に触るな!」と怒られてしまいます。
その直後、添田の取材で港に現れたマスコミを見つけた野木は怒って「帰れ!!」とマスコミに食って掛かりました。
添田は野木が心配してくれていることに気付いて心が温かくなりました。

ある日、青柳は女子中学生がマニキュアを万引きしているのを目撃しましたが、声が掛けられず見逃そうとします。
その時、草加部が中学生を捕まえて事務所に連れて行きました。
その後、退職するパート職員の送別会が開かれました。
草加部は「もっと頑張らないと、お店潰れちゃうよ」と忠告しますが、青柳は「近くにイオンもあるし、なくなっても誰も困りませんよ」とネガティブ発言を連発します。
草加部は退職するパート職員の挨拶の場を奪って「まだまだ大変だけど、力を合わせて頑張りましょう!」と発言して送別会を台無しにしました。

添田が花音のアルバムを見てみると、彼女の顔は全て黒マジックで塗りつぶされていました。
翔子に電話して聞いてみると「自分でやったのよ。あなたはあの子のことを知ろうともしてなかった」と答えます。
添田は「そんなことない」と言いますが、花音の好きな食べ物や音楽は何かと聞かれると答えられませんでした。

数日後。添田は酔っぱらった勢いで青柳の仕事終わりを待ち伏せして、逃げるように帰宅する青柳をしつこく追いました。
青柳はひとけの無い場所で土下座して謝りますが、添田は納得しません。
青柳がこれ以上どうすればいいのかと聞くと、添田は事故現場まで連れて行って事故を再現しろと言います。

青柳が花音が轢かれた道路まで出ると、道路からトラックが走ってきました。
重圧に耐えかねた青柳がそのまま轢かれようとすると、添田は青柳を道路の端に突き飛ばして「死ぬなら誰にも迷惑かけずに1人で死ね!」と言い立ち去りました。

スーパーへの嫌がらせは相次ぎ、今度は空き段ボールが燃やされる被害に遭いました。
その日の夜、青柳は弁当屋から持ち帰った弁当が注文した商品と違うことに気付き、店にクレームの電話を入れました。
店員の対応に納得出来なかった青柳は、気付いたら添田が言いそうな罵声を浴びせていました。
数分後、冷静になった青柳は弁当屋に謝罪の電話を入れて、夜のスーパーで首つり自殺を図ろうとしていた時、草加部に見つかって助けられました。

草加部は青柳を抱きしめてキスするので、青柳は拒絶しました。
草加部は謝罪した後「自殺は一番やっちゃだめ!直人君(青柳の下の名前)は正しいんだから、正しいって主張し続けなきゃ!」と言い聞かせます。
青柳が「善意の強要はもうやめてください」と訴えると、草加部は「私のこと気持ち悪い偽善者だと思ってるでしょ。もし私が若くて可愛かったらそんな態度は取らないはず」と責めました。
青柳は「今はただ全てが苦しいので、もうやめてください」と懇願しました。

 

結末と感想は次のページです!

感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました