映画『ジョーカー』ネタバレあらすじと感想|ジョーカーとは何者なのか | 映画鑑賞中。

映画『ジョーカー』ネタバレあらすじと感想|ジョーカーとは何者なのか

ヒューマンドラマ
スポンサーリンク

映画『ジョーカー』のネタバレ含むあらすじと感想を紹介しています!

バットマンの宿敵ジョーカーがジョーカーになるまでの過程を描いた話題作。

主演ホアキン・フェニックスのアカデミー賞主演男優賞をはじめ、数々の賞を受賞した。
日本アカデミー賞においても最優秀外国作品賞を受賞している。

原題:JOKER
制作年:2019年
本編時間:122分
制作国:アメリカ
監督:トッド・フィリップス
脚本:トッド・フィリップス、スコット・シルヴァー
関連書籍:DCコミックス『バットマン』シリーズ

本作の解説記事はこちらです↓

映画『ジョーカー』ネタバレ解説考察|ラストの意味、犯行動機、ブルース弟説など
ホアキン・フェニックスさん主演の映画『ジョーカー』の解説・考察記事です! 大好きなホアキン・フェニックスさんが演じたジョーカー!不気味なダンス最高でした。 闇落ち系にそこはかとない魅力を感じてしまう筆者が、ジョーカーや周辺人物達の行動理...

映画『ジョーカー』は〈U-NEXT〉で配信中です!
※本ページの情報は2022年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

キャスト&キャラクター紹介

 


(引用:https://cinema-tronix.com

アーサー・フレックホアキン・フェニックス

母親を介護しながら暮らしているコメディアン志望の男。ヘビースモーカー。
母子家庭で育ち父親は不明。
コメディアンとは思えないほど暗く、いつも陰鬱な雰囲気を醸し出している。
母ペニーからは『ハッピー』と呼ばれている。

 


(引用:https://www.koimoi.com

マレー・フランクリンロバート・デニーロ

エンタメ番組の司会者。
アーサーが最も尊敬するコメディアンであり、理想の父親のように思っている。

 


(引用:https://www.zonared.com

ペニー・フレック…フランセス・コンロイ
若い頃…ハンナ・グロス

アーサーの母。
体が弱く外出出来ないため、アーサーに面倒を見てもらっている。
トーマス・ウェイン邸で働いていた過去があり、生活援助を求める手紙をトーマス宛に出し、返事を心待ちにしている。

 

ジョーカー
(引用:https://www.cinemablend.com

ソフィーザジー・ビーツ

アーサーと同じアパートに住む一児のシングルマザー。
アーサーが一目で気に入る。

 

トーマス・ウェイン…ブレット・カレン
ランドル(アーサーの同僚)…グラン・フレシュラー
ゲイリー(アーサーの同僚)…リー・ギル
ホイト・ボーン(アーサーの上司)…ジョシュ・パイス
ソーシャル・ワーカー…シャロン・ワシントン
ギャリティ刑事…ビル・キャンプ
バーク刑事…シェー・ウィガム
カール(アーカムの事務員)…ブライアン・タイリー・ヘンリー
ブルース・ウェイン…ダンテ・プレイラ・オルソン
アルフレッド…ダグラス・ホッジ
弁護士…フランク・ウッド
ジーン・ウフラント(マレーのマネージャー)…マーク・マロン
ドクター・サリー(番組出演者)…ソンドラ・ジェームズ
バリー・オドネル(番組出演者)…マーフィー・ガイヤー
アーカムの精神科医…エイプリル・グレイス
ジジ(ソフィーの娘)…ルッコ・ルナ
マーサ・ウェイン(トーマスの妻)…キャリー・ルイーズ・パトレロ
シャヴィア…ブライアン・カレン ほか

スポンサーリンク

あらすじ前半

コメディアン志望の男

バットマンことブルース・ウェインがまだ幼く、父トーマス・ウェインが新市長候補として世間の注目を浴びていた頃の話です。

10月15日。ゴッサムシティは清掃組合のストライキでゴミ収集が停止されて18日が経過しました。
ゴミと共にネズミが溢れ、普通のネズミよりも強い生命力を持つ『スーパーラット』が現れて市民を困らせています。
経済の循環が滞り、困窮した人々による事件が急増して治安は最悪で、対策が急務となっていました。

コメディアン志望のアーサー・フレック(ホアキン・フェニックス)は、ピエロの派遣アルバイトをしながら母親ペニー(フランセス・コンロイ)とふたりで細々と暮らしていました。

ペニーは心疾患を抱え介護が必要なので、アーサーは献身的にお世話しています。
その一方で、アーサーも脳と脳神経に障害を抱えており、それに伴う鬱症状などに苦しんでいました。

特に困っていたのは脳神経の損傷が原因で、緊張すると笑ってしまう発作が出ることです。
『笑うのは許して 病気です』と書かれたカードを常備して、笑ってしまう時は人に見せて理解をあおぎますが、それでも少なからず気味悪がられてしまいます。

問題を起こして精神病院に強制入院させられた時期もありましたが、なぜ入院したのかアーサー自身も覚えていません。
アーサーは向精神薬に依存し、定期的にソーシャルワーカー(シャロン・ワシントン)のカウンセリングを受けながら何とか毎日をやり過ごしていました。


(ペニーの食事の支度をするアーサー 引用:https://www.vanityfair.com

アーサーは将来舞台で披露するネタやジョークを考えては、ソーシャルワーカーに見せる『日記』に書き溜めていました。
ですが、彼の性格同様ネタも陰気なので、日記と一緒にネタを読むソーシャルワーカーにウケたことはありません。

ある日、もうすぐ店じまいする楽器店に派遣されたアーサーが『閉店セール』の看板を掲げていると、不良少年達に看板を奪われました。
アーサーは若者を追いかけて路地裏に誘い込まれ、暴行を受けて所持金を奪われた上、看板まで壊されてしまいました。

アーサーは無断で仕事を放棄して、カウンセリングに行ってから帰宅していつも通りペニーに夕食を作りました。

ペニーは今から30年前にウェイン邸でメイドとして働いていた時期があります。
そのせいか、トーマス・ウェインに援助を求める手紙を定期的に送っては返事を心待ちにしていました。
ペニーは毎日「ウェインさんから何か届いてない?」と聞きますが、返事がきたことは一度もありません。

アーサーとペニーは『マレーフランクリン・ショー』という生放送のエンタメ番組の大ファンで、毎週放送を楽しみにしていました。

いつか観客としてスタジオに行き、司会のマレー(ロバート・デニーロ)にハグしてもらうのもアーサーの夢のひとつです。


(マレーの番組を見るアーサーとペニー 引用:https://images6.fanpop.com

スポンサーリンク

アーサーと銃

翌日。出勤したアーサーは、ピエロ仲間の同僚ランドル(グラン・フレシュラー)に「不良に襲われたんだって?これをやるからもっと気を強く持て」と銃を渡されました。
アーサーは心配してもらえたことが純粋に嬉しくて、笑顔で受け取ってしまいます。

この後、アーサーは上司のホイト(ジョシュ・パイス)に呼ばれて「楽器店が『看板を返せ』と怒っているぞ」と言われました。
アーサーは事情を説明しましたが、ホイトは「楽器店はそんなこと言っていなかった。返さないなら君の給料から引く」と冷たく答えました。

夜になり、帰宅したアーサーは同じアパートに住むソフィー(ザジー・ビーツ)と娘のジジと知り合いました。
アーサーは気味悪がらずに話してくれたソフィーを一目で好きになります。

数日後、アーサーは仕事で小児病棟に派遣されて踊っていた時、隠し持っていた銃をはずみで落としてしまいました。

とっさに取り繕ったつもりでしたが、その日の内にホイトから電話でクビを宣告されました。

ショックでピエロの恰好のまま電車に乗ったアーサーは、酔っ払いの若いサラリーマン3人組に絡まれて暴行を受けました。
切れたアーサーはとっさに銃を取り出して、気付けば3人とも撃ち殺していました。

我に返ったアーサーは駅から逃げて公共トイレに駆け込みました。
息を整えながら、何とも言えない爽快感と高揚感に包まれて、トイレの中で喜びのダンスを踊りました。

その後も興奮冷めやらぬアーサーはソフィーの部屋を訪ね、彼女がドアを開けるなりキスをして男女の仲になりました。

スポンサーリンク

狂気の目覚めとカウンセリングの終了


(公衆トイレで高揚感に浸るアーサー 引用:https://www.cinematoday.jp

翌日。アーサーは職場に置いていた荷物をまとめて、出ていく時にタイムカードの打刻機を破壊し、出入口付近に貼られている『Don’t Forget To Smile!(笑顔を絶やさない)』と書かれた社訓ポスターを『Don’t Smile!(笑うな)』に書き換えました。

自宅に戻ると、ニュースでアーサーの『地下鉄殺人』が取り上げられていて、あの時の3人組はウェインの会社の社員だったと知りました。

事件の目撃者は、犯人は『ピエロの仮面をつけた男』と証言しています。(実際には仮面ではなくペイント)
ニュースに出演していたトーマス・ウェインは事件について「仮面無しでは人を殺せない卑怯者だ。自分よりも恵まれた人を妬んでいる。彼らが改心しない限り、我々が築いたこの社会で彼らのような敗者はただのピエロだ」とコメントしました。
アーサーは、自分を暴行したクズ野郎達の死をウェイン氏が悲しむのを見て苛立ちを覚えました。

翌日。ソーシャルワーカーの定期カウンセリングに行ったアーサーは、市の予算削減で今後カウンセリングが利用できなくなり、薬の処方もできなくなると告げられます。
アーサーのような精神に深刻な問題を抱える低所得者は市からも見放されてしまいました。


(コメディバーの舞台に立つアーサー 引用:https://theriver.jp

その日の夕方、アーサーはいつものコメディバーで初めてステージに立ちました。
ネタの途中で笑いの発作が出てしまい全くウケませんでしたが、観客から暖かい拍手をもらいました。

ステージの後は、観に来てくれていたソフィーとデートしました。
ソフィーは地下鉄事件の犯人について「彼はこの街のヒーローよ!」と言うので、アーサーは嬉しくなりました。

スポンサーリンク

アーサーとウェイン家の関係

上機嫌で帰宅すると、ペニーから「ウェインさんに手紙を書いたからポストに出しておいて」と頼まれました。
内容が気になったアーサーが手紙を勝手に読むと、そこには『あなたの息子と私は困っています』と書かれています。

混乱してペニーを問い詰めると、ペニーは「私たちは恋に落ちた。でも問題になる前に別れようと言われて書類にサインした」と涙声で明かしました。

翌日。アーサーは特急電車に乗ってウェイン邸に行ってみることにしました。
ウェイン邸の塀の外から中を見ると、少年のブルースがこちらを見ています。
アーサーがブルースに定番マジックを披露していると、執事のアルフレッド(ダグラス・ホッジ)が何事かと駆けよってきました。

アーサーは「俺はペニー・フレックとウェイン氏の息子だ。ウェイン氏に会わせてくれ」と要求しますが、アルフレッドは「2人の間には何もなかった。全て彼女の妄想だ。帰らないと警察を呼ぶ」と追い返されてしまいました。


(ブルースを無理やり笑顔にしようとするアーサー 引用:https://i.redd.it

アーサーが帰ると、ペニーが倒れて救急車で搬送されているところでした。
アーサーは動揺しながら救急車に付き添いました。

スポンサーリンク

追い込まれるアーサー

病院の外でペニーの治療を待っていた時、刑事のギャリー(ビル・キャンプ)バリー(シェー・ウィガム)がアーサーに近づいてきました。

刑事2人は、アーサーに聞きたいことがあって自宅に行きましたが不在だったので、ペリーと話をしていたら急に過呼吸になって倒れたので救急車を呼んだと状況を説明しました。

そして「無許可の銃を持ってると聞いたが本当か?ピエロの仕事はなぜクビになった?」などと聞いてきたので、アーサーは手短に仕事の事だけ答えると、逃げるように病院に入りました。

病室にはソフィーも駆けつけてくれました。
部屋にあったテレビで『マレー・フランクリン・ショー』を見ていると、突然テレビ画面にコメディ・クラブでネタを披露した時のアーサーの映像が流れました。

アーサーは大喜びしたものの、期待した内容とは違っていました。
マレーはアーサーが大スベりしているボケに冷酷なツッコミを入れて観客の笑いを取ったのです。
大好きなマレーに大恥をかかされたアーサーはテレビ画面をにらみつけました。


(テレビ画面をにらむアーサー 引用:https://www.mariblog.jp

その日の深夜。テレビで、ゴッサムの市民がピエロ姿で上流階級に対する抗議デモを起こしている様子が流れました。

トーマス・ウェインの『地下鉄殺人事件』についてのコメントが『市民をピエロ呼ばわりした』と捉えられて、反感がさらに高まってデモが起きたのです。

アーサーは、ピエロ姿で『金持ちを殺せ!』とデモする人々を見て笑顔になりました。
同じニュースで、明日のウェイン・ホールでの慈善イベントにウェインが参加することを知りました。

次のページに続きます!

次はあらすじ後半と感想です。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました