映画「わたしを離さないで」ネタバレ解説|伝えたいテーマ、ヘールシャム閉鎖の理由など | 映画鑑賞中。

映画「わたしを離さないで」ネタバレ解説|伝えたいテーマ、ヘールシャム閉鎖の理由など

ダークファンタジー

映画「わたしを離さないで」の解説・考察をしています!

カズオ・イシグロのSF小説が原作の、クローン人間たちの生涯を描く。
1952年 不治とされていた病気の治療が可能となり、1967年 人類の平均寿命が100歳を超えた世界。
人類は臓器提供のためのクローンを作り、必要な時にクローンから臓器を移植できる医療が一般化していた。
クローンたちは隔離された施設で生活し、健康を管理されながら成長した。

わたしを離さないで

原題:Never Let Me Go
制作年:2010年
本編時間:105分
制作国:イギリス
監督:マーク・ロマネク
脚本:アレックス・ガーランド
製作総指揮:アレックス・ガーランド、カズオ・イシグロ、テッサ・ロス
原作小説:カズオ・イシグロ著『わたしを離さないで

キャスト&キャラクター紹介


(引用:https://naokouniun.exblog.jp
キャシーキャリー・マリガン
幼少時代…イゾベル・ミークル=スモール
介護人になって9年になる、28歳のクローン。
物語はキャシーが過去を振り返る形で進む。
ヘールシャムの施設で育ち、幼なじみで気が強い少女ルースが親友だった。
キャシーが4年生(10~11歳)の頃、いじめられっ子で癇癪持ちの同級生トミーと親しくなり、恋心を抱く。

 


(引用:http://blog.livedoor.jp
トミーアンドリュー・ガーフィールド
幼少時代…チャーリー・ロウ
キャシーと同級生の男。
幼いころは癇癪持ちで、癇癪を起こすのを面白がられていじめられていたが、新任のルーシー先生と出会ってから次第に落ち着くようになり、いじめはなくなった。
4年生の頃キャシーに惹かれていたが、キャシーの親友ルースから積極的にアプローチされるようになり、その後ルースと付き合った。

 

わたしを離さないで
2010 Twentieth Century Fox
ルースキーラ・ナイトレイ
幼少時代…エラ・パーネル
キャシーの親友で幼馴染み。
気が強く、上から目線で見栄っ張りで嫉妬深い。
トミーに異性としての関心はなかったがキャシーとトミーの関係に嫉妬し、2人の間に割って入ってトミーをものにした。
ルースとトミーの恋人らしい様子を見て、悲しそうにしたり怒ったりするキャシーを見て密かに優越感を抱く。
一方で、キャシーを一番信頼しており、不安な時はキャシーを頼る。

 


(引用:https://ameblo.jp
エミリー先生シャーロット・ランプリング
ヘールシャムの施設の施設長で、校長のような立場の女性。

 

・その他のキャスト
ルーシー(新任教師)…サリー・ホーキンス
マダム・マリ=クロード…ナタリー・リチャード
クリシー…アンドレア・ライズボロー
ロッド…ドーナル・グリーソン
ヘールシャムに商品を運ぶ男…ヒューギー・リーヴァー
コテージに物資を運ぶ男…デイビット・スターン
ハンナ…リディア・ウィルソン
看護師…モニカ・ドラン ほか

あらすじ紹介

あらすじの前に:クローン達の一生

クローンであるキャシーたちは『本物の人間に臓器を提供するため』に生まれた存在です。

クローンたちは、世界各地に設立された完全入寮制の学校のような施設で集団生活を学びながら成長しました。
主人公のキャシー、ルース、トミーは『ヘールシャム』という施設で育ったクローンです。

クローンの子ども達は『先生』と呼ばれる大人の保護官に監視されながら、『健康であること』を第一に、勉強やスポーツに励む健康的な生活を送ります。

彼らが施設の外に出ることは禁じられていて、生徒たちの間には『施設の外に出ると死ぬ』という言い伝えもあったので、好奇心から施設の外に出ようとする生徒はいませんでした。

尚、この言い伝えは生徒が好奇心で施設から出ないように保護官が考えた作り話でした。

施設では毎週 健康診断が行われる他、特に芸術活動が重視されます。
良い芸術作品は、定期的に施設を訪れるマダムと呼ばれる女性が施設の外に持って行きます。
マダムに引き取られた作品は、外の世界の展示会で飾られるという噂ですが、本当はどうなっているのか生徒は誰も知りません。

芸術活動に励むと『代用コイン』がもらえます。
代用コインは『マーケット』と呼ばれる、不定期に開かれる商品交換会でお金の代わりになります。
マーケットで売られるのは外の世界から持ち込まれるジャンク品・不用品ですが、生徒達にとっては新しい物を得られる唯一の機会です。

(施設の子どもたちの集合写真 引用:http://blog.livedoor.jp

彼らは18歳になると施設を出て、小さなコテージで少人数で共同生活を始めます。
保護官のいない環境に住み、割と自由に生活しながらドナーとして臓器を提供する日が来るのを待ちます。

コテージでは論文を書くことを課されますが、コテージを出て『介護人』になるための訓練施設へ行くという選択肢もありました。

介護人は、提供が始まった仲間の精神的、肉体的な面倒をみたり、書類関係の手続きを代行し、本物の人間だったら家族がするようなことを代わりにする仕事です。

あらすじ起:

1978年。マーケットが開かれていた日、10歳だったキャシーは同級生のトミーにジュディ・ブリッジウォーターというジャズヴォーカリストのカセットテープ『Songs After Dark』をプレゼントされました。
※ジュディ・ブリッジウォーターは架空の人物です。

キャシーはトミーからのプレゼントが嬉しくて、『Never let me go』と歌うその曲が大好きになりました。

ある日の授業で、キャシーたちは新任教師のルーシーから「クローンたちに明るい未来は無い」と聞かされます。
この施設にいるクローンの子どもたちは臓器提供のために生まれ、ほとんどが若い間に提供を命じられて死んでいきます。
3度目か4度目の手術で一生を終え、30歳まで生きられる者はほとんどいません。

生徒達は自分たちがクローンであることは知っていましたが、なぜクローンが作られたのかは知らされていなかったので、ルーシーの話を聞いて生徒たちは呆然とします。

ルーシーはそれからまもなく教師を辞めて施設から去りました。


(幼少時代のキャシーとルース 引用:https://ameblo.jp/pmds90l80

それからすぐのこと。
キャシーの親友ルースが突然トミーに色目を使うようになります。
集会中にこっそり手を繋いだり、中庭でキスをしたりして、やがて2人は付き合うようになりました。

キャシーはトミーと両想いだと感じていたこともあり、大きなショックを受けます。
それにルースは今までトミーをバカにしていたのに、なぜトミーを選んだのかもわかりませんでした。
トミーとルースの交際が原因で、キャシーとルースの友人関係は壊れました。

 

あらすじ承:

1985年。キャシーたちは18歳になり、ヘールシャムから旅立つ年齢になりました。
ルースとトミーの交際はまだ続いていて、キャシーは2人を見るたびに複雑な思いを抱きます。

キャシー、ルース、トミーは3人一緒のコテージに移動が決まり、別の施設出身のクローン達との新しい生活が始まりました。
キャシーはまだ密かにトミーを想っていたので、ルースとトミーと同じ施設で暮らすことに絶望していました。

自分たちよりも先にコテージで暮らしている先輩クローンもいる中、キャシーはテレビを見たり散歩をしたりして、施設にいた時よりも落ち着いた生活を送ります。
キャシーはルースとトミーの恋人らしい場面を見るたびに傷つき、時には2人にきつく当たってしまいます。
その度にルースは「自分に恋人がいないからって嫉妬しないで!」と、勝ち誇ったように言い返してくるので、キャシーはずっと心が晴れませんでした。

ある日、先輩カップルのクリシーロッドが、ドライブした先でルースそっくりな女性を海岸沿いのオフィスで見たと言い出しました。
キャシーたちはクローンなので、全員に必ず『オリジナル』が存在します。
キャシーたちはそのオリジナルの事を『もしか』と呼んでいました。

ルースの『もしか』を確かめるため、キャシー、ルース、トミーはクリシーとロッドと一緒に初めてコテージの外に出かけます。
『もしか』を見る前に立ち寄ったレストランで、クリシーとロッドはキャシー達に『執行猶予』の噂を尋ねます。

『執行猶予』とは『クローンのカップル2人が本当に愛し合っていることが認められれば、臓器提供までに3~4年の猶予期間が与えられて、期間中は2人で暮らすことが出来る』という噂です。
クリシーとロッドは「執行猶予の申請方法が知りたい」と言います。
しかし、キャシー達はそんな噂を聞いたことがなかったので正直に答えると、クリシーとロッドはショックで言葉を失いました。

その後、5人はルースに似ていたという女性を見に行きますが、全然似ていませんでした。


(ルースの『もしか』を見るキャシーとルース 引用:https://ameblo.jp

クリシーとロッドは、キャシー達とコテージの外で執行猶予の話をするために『もしか』を口実にしただけでした。

翌朝。トミーは『執行猶予』は本当にあるんじゃかいかとキャシーに打ち明けます。
「ヘールシャムで芸術が重要視されていたことと執行猶予は関係があるに違いない」と目を輝かせますが、信じられなかったキャシーは「すべて噂と憶測よ」と答えました。

ある日の夜、キャシーは虫の居所が悪かったルースからマウントを取られた上に「欲求不満女」とバカにされました。
耐えられなくなったキャシーは介護生になる申請をして『国立提供者プログラム』の訓練所に入所を決め、コテージから去りました。

あらすじ転:

約10年後の1994年。
キャシーはクローンの介護人として働いています。
キャシーはコテージを出てからルースとトミーに一度も会っておらず、もう二度と会わないかもしれないと思い始めていました。

介護人の仕事は、病院や回復センターに入院している『提供者』に必要な手続きの代行、簡単な介助や話し相手になる簡単な作業でした。

介護人の仕事は、キャシー自身が提供者になる通知が来るまで続けます。

ある日、キャシーが担当していた提供者ハンナが合併症で終了(死亡)しました。
キャシーが病院の受付でハンナの手続きをしていると、受付のパソコンにルースのカルテが表示されていました。

キャシーとルースが知り合いだと知った看護師は、ルースは現在2度目の提供手術を終えて体力がかなり落ちていて、次の提供で終了の可能性が高いと教えてくれました。

キャシーは迷った末にルースに会うことします。
約10年ぶりの再会をルースはとても喜びますが、ルースは歩行器がなければ歩くこともままならない程衰弱していました。
ほどなくして、キャシーはルースの介護人になりました。

ある日ルースが「海岸に船が打ち上げられたらしいから見に行きたい。ついでに近くの回復センターにいるトミーも誘おう」と言いだしました。

ルースとトミーはキャシーがコテージから出た後に別れていて、コテージを出てからは一度も会っていないと言います。
トミーは2度目の提供を終えましたが、状態は良好だと人づてに聞きました。
キャシーは病院に許可をもらい、ルースと一緒に海辺の回復センターに向かいます。

トミーは噂通り元気そうで、3人で再会できたことを喜びました。
そのままトミーと一緒に海岸に着くと、浜辺には噂通り小さな漁船がポツンと打ち上げられています。
トミーは喜んで船に登り、しばらく中を散策しました。

3人で浜辺に座って船を見ていると、ルースが突然キャシーとトミーに謝罪をはじめました。
ルースは「今日2人を誘ったのは謝るためだった。あなた達の仲を裂いて悪かったと思ってる」、「あなた達には本当の愛がある。だから2人で猶予申請してほしい」と言い、マダムの家の住所が書かれた紙をキャシーとトミーに差し出しました。

キャシーは「今更遅い」と怒ってルースから顔をそむけますが、トミーは紙を受け取りました。


(砂浜に座るキャシー、トミー、ルース 引用:https://ameblo.jp

その後キャシーとトミーは恋愛関係になり、キャシーはトミーの介護人も務めることになりました。

トミーは「執行猶予の話を聞いた次の日から描きためてた」と言い、たくさんの動物の絵をキャシーに見せました。
トミーは執行猶予の申請には芸術作品の提出が必要だと信じて絵を描き続けていました。

絵を見た後、3人一緒にコテージに住んでいた頃にキャシーがポルノ雑誌を見ていた話になりました。
当時、キャシーはトミーに「セックスに興味があるから見てた」と言いましたが、本当はキャシー自身の『もしか』を探すために見ていました。

クローン達の間では、クローンの元になるオリジナルの人間は『薬物やアルコール中毒者、売春婦、ホームレスなどの社会から外れた人々』ではないかという噂がありました。

キャシーもコテージにいた頃は性欲を持て余したことがあったので、売春婦がオリジナルかもしれないと思ってポルノ雑誌を漁っていたとトミーに打ち明けました。

トミーの熱意に影響されて『執行猶予』に希望を抱き始めたキャシーは、トミーの外出許可を取ってマダムに会いに行くことにしました。

マダムに会いに行くことをルースに伝えると、ルースは「良かった」とつぶやきますが、笑ってはくれませんでした。
その週のうちにルースは3度目の提供をし、そのまま手術室で静かに『終了』を迎えました。

結末と解説考察は次のページです

2ページ目

あらすじ結:

マダムに会いに行く日、キャシーとトミーは自信作の絵を数枚持ってマダムの家に行きました。
愛し合っていることを少しでも表現するために、2人は手をつなぎました。
突然現れたキャシーとトミーに、マダムは少し戸惑いながらも家の中に入れてくれました。


(マダムの家を訪れたキャシーとトミー 引用:https://ameblo.jp

2人はマダムに執行猶予の話をして、持ってきた絵を見せていると、ヘールシャムの施設長だったエミリーが現れます。

エミリーは「執行猶予は初めから存在しない。
芸術は、あなたたちクローンに『魂があるかどうか』を確かめるために作らせていた」と告げました。

キャシーはこの結果を何となくわかっていたため受けとめますが、トミーはショックで言葉を失いました。

帰り道の途中、トミーは車から降りて思いきり泣き叫びました。
キャシーは泣き叫ぶトミーを、ただ抱きしめて慰めることしかできませんでした。

数日後。トミーは3回目の提供で終了しました。
手術の様子を見られる部屋で、トミーの臓器が取り出されていくのをキャシーは静かに見守りました。

2週間後。キャシーの提供開始が1ヵ月後だと知らせる通知が届きました。
キャシーは、かつてヘールシャムがあった場所に行き、更地になった草原を眺めながら、自分たちクローンと、クローンが救う『本物の人間』に何の違いがあるのか、なぜクローンは『本物の人間』のように生きてはいけないのか、なぜクローンが『本物の人間』から嫌われ差別されているのか、考えてもわかりませんでした。

そして、天国でトミーとルースと再会できることを願って涙を流しました。

解説、考察や感想など。

医療に利用されるクローンたちが少しでも生きる希望を見出すために、根も葉もない噂や言い伝えなどを信じ、翻弄されてしまう悲しい話でした。

個人的に気になったシーンを考察します。

ヘールシャムがなくなった理由

キャシーたちがヘールシャムから出てすぐに施設は閉鎖されています。
施設長のエミリーは、キャシーたちが施設にいた頃の集会で
私たちを排除しようとする勢力と戦うのは容易ではありません。
彼らは根拠のない価値観と固定観念を尊ぶのです。でも、私は屈しません
と発言しています。
つまり、この頃からすでにヘールシャムの存続は危うかったのです。

また、エミリーはヘールシャムを『臓器提供の倫理を実践する最後の場』とも話していました。
クローンも人間であることを証明するために、ヘールシャムの子どもたちに芸術作品を作らせてクローン医療を利用する『本物の人間』に見てもらう活動をしていたのです。

芸術作品を見るためにヘールシャムによく来ていたマダムは、先生たち本物の人間とは普通に接しますが、子どもたちとは目を合わそうともせず、体が触れることも嫌がりました。

つまり、マダムはクローンを『自分たちと同じ人間と認めたくない』と思っていたのです。
なので、彼女はクローンに関して発言力を持つ人物だったと思われます。
彼女がクローンも人間だと認めれば、クローン達の扱いは見直されていた可能性があるのです。

しかし、ヘールシャムの閉鎖や大人になったキャシーとトミーがマダムの家を訪ねた時も、マダムはキャシーたちを避けたので、エミリーの活動は失敗したのでしょう。
ならなぜマダムとエミリーが同じ家に居たのかは疑問になってしまいますが、マダムについては原作小説にもっと詳しく書かれているかもしれません。

キャシーとトミーが猶予申請のお願いをしたとき、エミリーは2人にこう話していました。
誰かがこう聞いた。
『また昔のようにガンや神経性疾患で苦しみたい?』
答えは『ノー』よ。

人類は、クローンから臓器を得ることでガンや神経性疾患を克服しました。
エミリーたちはそんなクローン医療に倫理的に問題があることを示すために、ヘールシャムの子どもたちに芸術活動をさせていたのです。

クローンも心ある1人の人間であり、彼らを飼い殺すのは倫理的に問題があると証明するためでした。
ですが、世間はエミリーたちの活動に目を向けようとしません。

なぜなら、クローン医療という臓器提供の場がなくなれば、人類は現代のように『臓器移植が必要な病気や怪我など』で苦しむことになるからです。
現代医療における臓器提供は本物の人間がドナーになるため、不幸な事故や病気などで臓器提供者になってくれる人が現れるのを待つことになります。
そうなれば、臓器提供を受けられるチャンス自体が激減してしまうからです。

クローンにも魂があり、本物と同じ人間だと認めてしまえば、クローン技術を生み出した意味すらなくなってしまいます。
なので自然とエミリーたちの活動は排除されていき、ヘールシャムは閉鎖に追い込まれました。

ルースが猶予申請に行くキャシーを喜べなかった理由

キャシーがトミーと猶予申請しに行くことをルースに伝えたとき、ルースはニコリともせず、ただキャシーの報告を受け流しました。
ルースが2人に猶予申請することを勧めたのは本心からだったはずで、キャシーとトミーに幸せになって欲しい、許してほしいと思ってしたことです。

ですが、キャシーがルースに報告したとき、ルースは3回目の提供手術を直前に控えていました。
つまり、死が目前に迫っていたのです。
心から愛する人がいて、もしも猶予制度が実在すれば将来に少なからず希望があるキャシーと、すでに臓器を2つ取られて死を待つばかりのルース。

ルースはキャシーと自分の状況を比較してしまい、あの時は素直に喜べなかったのでしょう。

 

「わたしを離さないで」が伝えたいテーマとは?


(引用:http://blog.livedoor.jp

本作は救いようのない、後味の悪い作品と言えますが、その裏にはキャシーがラストシーンで話していた””『生』とは何か?””を考えさせられる作品になっています。

人々の価値観は、時代の移り変わりによって変化していきます。
現代では、生きることに特別なテーマや目的を付けがちで、死を意識する場面や、衣食住や周囲の人に心から感謝するような場面は、特に若い頃はないことが多い時代です。
本作は恋愛や友情やその他の経験、それにともなう感情すべてを体験し、学ぶのが人間であり生きることだと伝えているように感じました。

人との関わりの大切さを再確認してもらうことも、この作品のテーマだと思います。
しかしストーリーが残酷すぎて伝えたいテーマが薄れてしまいそう…と感じたのは私だけではないと思います。
それでも鬱映画が嫌いではない私にとっては、わりとグッとくるお話でした。

以上です。読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入ったらハートマークを押してもらえると嬉しいです(^^)

映画『わたしを離さないで』関連商品(楽天)

・参考記事
柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート
Who is Judy Bridgewater ? _『わたしを離さないで』 by カズオ・イシグロ

感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました