「真珠の耳飾りの少女」ネタバレ解説|贈られた耳飾りの意味など4の考察! | 映画鑑賞中。

「真珠の耳飾りの少女」ネタバレ解説|贈られた耳飾りの意味など4の考察!

ヒューマンドラマ(恋愛)

世界的に有名なフェルメールの絵画「真珠の耳飾りの少女」を元に作品が描かれるまでの物語を描いたフィクションドラマ。
天才画家フェルメールの家に使用人としてやってきた少女グリートはフェルメールに芸術の才能を見出され、徐々に絵の仕事やモデルを任されるようになる。

 

原題:Girl With A Pearl Earring
制作年:2003年
本編時間:100分
制作国:イギリス
監督:ピーター・ウェーバー
脚本:オリヴィア・ヘトリード
原作:トレイシー・シュヴァリエ『真珠の耳飾りの少女 』(1997)

 

キャスト&キャラクター紹介


(引用:http://blog.livedoor.jp/

グリートスカーレット・ヨハンソン

フェルメール家に奉公に出された十代の女の子。
芸術的センスに優れ、ヨハネスの絵に興味を持つ。

 


(引用:http://kimageru-cinema.cocolog-nifty.com/

ヨハネス・フェルメールコリン・ファース

フェルメール家の主で天才画家、通称ヤン。
妻との間に6人子どもがいる。
グリートの才能を見抜き、徐々に絵の仕事を手伝わせるようになる。

 


(引用:https://mobile.twitter.com

ピーターキリアン・マーフィー

精肉店の青年。
グリートに想いを寄せる。

 


(引用:https://yansue.exblog.jp/

キャサリンエッシー・デイヴィス

ヨハネスの妻。
ヨハネスがグリートに興味を持っていることを知り、嫉妬心からグリートに度々嫌がらせをする。

・その他のキャスト

マリア(キャサリンの母)…ジュディ・パーフィット
ライフェン(絵のパトロン、ヤンの上客)…トム・ウィルキンソン
タンネケ(先輩召使)…ジョアンナ・スカンラン
コルネーリア(ヨハネスの娘)…アラキナ・マン
グリートの母…ガブリエル・レイディ
グリートの父…クリストファー・マックハレム
フランス(教会にいた男の子)…ロロ・ウィークス ほか

スポンサーリンク

あらすじ

舞台は1660年代のオランダ。
家計を支えるために奉公に出ることになった一人娘のグリート(スカーレット・ヨハンソン)は、フェルメール家で召使いとして働くことになった。

黙々と真面目に働き続ける中、グリートは一家の主であるヨハネス・フェルメール(コリン・ファース)の妻キャサリン(エッシー・デイヴィス)に、画家であるヨハネスのアトリエの掃除をするよう言いつけられた。
細かい指示も出されなかったため戸惑いながら仕事を進める中で、グリートは次第にヨハネスと彼の絵に興味を持つようになる。
ヨハネスはグリートと会話する内に彼女の芸術的センスを見抜き、やがて絵の仕事の手伝いも任せるようになった。

やがてグリートとヨハネスの間に淡い恋心が芽生えるが、妻のキャサリンはそれを見逃さなかった。
ヨハネスとの距離が近づくにつれ、キャサリンから嫌がらせを受けるようになる。

スポンサーリンク

解説・考察や感想など

マリアが耳飾りをグリートに渡した理由


(引用:http://www.frockflicks.com/

ヨハンはグリートが真珠の耳飾りを着けている絵を描きたいと強く求めますが、グリートもヨハンの母マリアも大反対します。
その真珠の耳飾りがヨハンの妻キャサリンの物だったからです。

キャサリンはヨハンとグリートが仲を深めていきつつあることに嫉妬してグリートを嫌っていたので、彼女のアクセサリーを召使いのグリートが身に着けるなんて許すはずありません。

それでもマリアがキャサリンの目を盗んでグリートに耳飾りを渡したのはお金のためでもありますが、何よりもヨハンの「こういう絵が描きたい」という創作欲求や、インスピレーションが湧いた時にしか筆が捗らないタイプであること等を理解していたからでしょう。

キャサリンが怒るのは当然と言えば当然ですが、裏を返せばヨハンの性格や創作欲求を理解していないとも言えます。
キャサリンが絵画に興味がないことを顕著に表している場面は、グリートがヨハンの作業部屋の窓を拭いて良いかキャサリンに尋ねた時です。

 

耳飾りの件がキャサリンにバレたのは


(引用:http://www.frockflicks.com/

グリートが耳飾りを着けたことがキャサリンの知るところとなったのは、キャサリンとヨハンの娘コルネーリアが告げ口した可能性が高いです。
マリアがグリートに耳飾りを渡したのを目撃したのはコルネーリアでしたし、彼女がキャサリン同様グリートを下に見ていたのは明らかで、洗濯物にいたずらしたり、叱られた仕返しにグリートの大切な陶器の飾りを壊したりとかなり攻撃的な行動をしていました。
キャサリンのネックレスを隠してグリートのせいにしようとしたのもコルネーリアでしたが、恐らくキャサリンも協力して一体となってヨハンがグリートを嫌うよう、最終的には追い出そうと仕向けていました。 

コルネーリアは姉妹の中でも周囲の大人たちの雰囲気、空気の変化に特に敏感だったようで、ヨハンがグリートを特別視していたことも幼心にわかっていました。
最近キャサリンの機嫌が悪いのがヨハンとグリートの関係のせいだとも勘付いていたので、マリアまでもある意味ではグリートの味方についたことに危機を感じて告げ口したのではないでしょうか。
もしくは単純に母親の気を引きたかった、褒められたかっただけなのかもしれませんが。

スポンサーリンク

グリートとピーターの関係

グリートはヨハンに恋をしていましたが、一方でピーターとも恋仲になっていました。
当然ですがヨハンは既婚者でしかも雇い主なので、叶えてはいけない恋だと自身に言い聞かせながら、満たされぬ想いをピーターで満たしていたんです。
つまりグリートにとってピーターはヨハンの代わりです。
真珠の耳飾りを着けて絵のモデルになった後、グリートは高ぶった気持ちをピーターに抱いてもらうことで落ち着かせます。
個人的には牛舎で、なんて絶対に嫌ですが、場所を選んでいない点や、フェルメール家を追い出された後にピーターに助けを求めていない、結婚していない点などもグリートにとってピーターがヨハンの代わりでしかなかった(本当に好きではなかった)ことを表しています。

スカーフと耳飾りを渡された意味


(引用:https://www.reviewanrose.tokyo/

グリートがフェルメール家を追い出された後、モデルになった時に使った青いスカーフと真珠の耳飾りがヨハンから送られてきます。
これは表向きには餞別のような意味合いがあったのでしょうが、私にはどうしてもポジティブな意味には捉えられませんでした。
ヨハンからしたら使った耳飾りをキャサリンに返す訳にはいかなかいし、ヨハンが持っているのも具合が悪かった(キャサリンに見つかったらまた喧嘩の種になる)というのが想像できるので、半分はグリートに押し付けたようなものだったのではないでしょうか。
グリートも受け取った時にクシャッと握りつぶすような仕草をしていたので、押し付けられたことを悟ったのだと思われます。

フェルメールから追い出されることになった時、グリートは心のどこかでヨハンが引き止めてくれるのではないかと最後まで期待していましたが、ヨハンは去っていくグリートと目を合わそうともしませんでした。
この時のヨハンの対応でグリートは大人の残酷さを知ります。

ヨハンも実際にはグリートに惹かれていましたが、家庭を壊してまでどうこうなる気は無かったということです。
ここからは邪推ですが、ヨハンはキャサリンが怒った時「グリートに手を出してなくて良かった」とすら思っていたかもしれません。
グリートが耳飾りをどうするのかはわかりませんが、年月が経てば、耳飾りは「初恋の甘酸っぱい思い出」になるでしょうが、ヨハネスが引きとめてくれなかったことに深く傷付いていたようなので、感情的に売りに出したり捨てたりしてしまうのかもしれません。

映画「真珠の耳飾りの少女」関連作品(楽天)

コメント

タイトルとURLをコピーしました