『竜とそばかすの姫』ネタバレ解説考察|鈴の王子様はどっち?仮想世界なら歌えた理由など | 映画鑑賞中。

『竜とそばかすの姫』ネタバレ解説考察|鈴の王子様はどっち?仮想世界なら歌えた理由など

竜とそばかすの姫 SF
©スタジオ地図

アニメ映画『竜とそばかすの姫』の解説考察をしています!

歌が大好きなのに歌えない女子高生 鈴が、互換がネットに繋がる不思議な仮想世界〈U〉で、歌声と勇気を手に入れる物語。

※鑑賞済みの方向けの解説考察記事です。まだ観ていない方はネタバレにご注意ください(__)

竜とそばかすの姫

©スタジオ地図

制作年:2021年
本編時間:147分
制作国:日本
監督・脚本・原作:細田守
関連作品:Disney『美女と野獣
主題歌:『U』millenium parade × Belle(中村佳穂)
挿入歌『Daughters』John Mayer

 

『竜とそばかすの姫』概要紹介

主要キャスト

竜とそばかすの姫
©2021スタジオ地図
内藤 鈴/Belle中村佳穂
幼い頃に母親を亡くした父子家庭の女子高生。
同級生で幼馴染みの忍に片思い中。
仮想世界『U』で歌を歌ったところバズってしまい戸惑う。
『U』で暴走する謎の黒い竜が心配になる。

 

竜とそばかすの姫
©2021スタジオ地図
佐藤健
仮想世界『U』の中で暴れる謎のアカウント。
バトルフィールドに出現し、バトル相手をアカウントが壊れる程叩きのめしてしまうため、危険視されて『U』の中の自警団の討伐対象になる。

 

竜とそばかすの姫
©2021スタジオ地図
別役弘香/ヒロちゃん幾田りら
鈴の親友で、ベルの正体が鈴だと知る唯一の人物。
SNSや仮想世界の仕組みに詳しく、『U』ではベルのマネージャー役としてサポートする。

 

竜とそばかすの姫
©2021 スタジオ地図
久武忍
成田凌
鈴の幼馴染みの同級生。学内では女子からの人気が高くファンが多い。
殻にこもりがちな鈴を誰よりも心配している。
同級生のカミシンと仲が良い。

 

渡辺瑠果…玉城ティナ
千頭慎太郎(カミシン)…染谷将太
鈴の父…役所広司
鈴の母…島本須美
知/天使…HANA
吉谷さん(合唱クラブ)…森山良子
喜多さん(〃)…清水ミチコ
奥本さん(〃)…坂本冬美
中井さん(〃)…岩崎良美
畑中さん(〃)…中尾幸世
ジャスティン…森川智之
恵、知の父…石黒賢
ひとかわむい太郎、ぐっとこらえ丸…宮野真守
Peggie Sue…ermhoi(millenium parade)
イェリネク…津田健次郎
スワン…小山茉美
フォックス…宮本充
野球評論家…多田野曜平
司会者…牛山茂
桝 太一
水ト麻美

≪U-NEXT≫で『竜とそばかすの姫』が見られます! 31日間無料キャンペーン実施中。
※このページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。 

あらすじ紹介

高知県のとある田舎町に住む内藤鈴(中村佳穂)は、父子家庭に育つ内気な女子高生です。
鈴は幼い頃に母親を亡くしてから、大好きだった歌が歌えなくなっていました。

鈴の住む世界では『U』と呼ばれる仮想世界が子供から大人まで広く普及しています。
『U』の世界では世界中で友達を見つけたり、ゲームや音楽など様々な分野が楽しめます。

鈴は思い付きから『Belle(ベル)』という名前で『U』に登録して試しに歌を歌ってみると、かつてのように上手に歌えて感動しました。
翌日、ベルの歌は世界中でバズり、0人だったベルのフォロワーは一晩のうちに2千万人を超える事態が起こり、鈴は戸惑います。

鈴は弘香のサポートで歌をライブ配信しようとした所、会場に突然謎の黒い竜と自警集団が現れて鬼ごっこを始めます。

竜はバトルで相手のアカウントが壊れてしまうほど攻撃するため、危険と見なされて自警集団のジャスティス達に追われていました。

ベル(鈴)は竜の背中に多くの痣があることや、その悲し気な目を見てどこか他人に思えず、竜の助けになりたいと思い始めます 。

 

解説・考察・感想など

ベルが歌う時や竜と踊る時のキラキラ感はすごく素敵で見入りましたが、『U』に繋がると視覚や触覚もネットの世界と同期し、精神分析までされてアバターに心の闇が表現されるという設定は若干怖くも感じました。

もしアカウントを乗っ取られたりハッキングされたりしたら、それこそ『攻殻機動隊』の世界みたいに意識を操作されかねない気がして(SFの見過ぎ)

以下、気になった点など考察しています。

『美女と野獣』との関連

竜とそばかすの姫
(引用:https://disneyplus.disney.co.jp

細田守監督は、本作『竜とそばかすの姫』を作るにあたってディズニー長編アニメとしても有名なフランス童話『美女と野獣』をモチーフに「『美女と野獣』をインターネットの世界に当てはめるとどうなるかを考えながら制作した」という旨の発言をされています。

確かに『美女と野獣』に関連する内容が沢山含まれていて、主人公の少女『鈴/ベル』は名前が一緒ですし、野獣は竜、ガストンはジャスティスに当てはめられます。
ガストンはディズニー版のオリジナルキャラクターのため、そもそもディズニー版『美女と野獣』がモチーフになっているのかもしれません。

竜の屋敷の中に咲き乱れ、ベルと竜が心を通わせるツールの1つとなった薔薇も『美女と野獣』では野獣の寿命を現す大切なツールとして登場します。

 

メタファー:鈴の飼い犬は前脚が欠けている

竜とそばかすの姫

©2021スタジオ地図

鈴が毎日大切にお世話していた犬は、片一方の前足が欠けていました。

恐らく保護犬を引取ってお世話していたと思われますが、このわんこに鈴の心の傷が表現されていました。

前足は無いからといって死ぬことはありませんが体の部位としては重要で、生まれつきならまだしも、突然失ってしまうと無いことに慣れるのにかなり時間がかかる、そんなパーツです。

鈴の心境はまさに『前足を突然失った犬』のような状態で、鈴はまだ前足(母親)の死を克服できていないのです。

そんな鈴の心境が反映されたわんこだったように感じました。

 

鈴はなぜ歌えなかった?なぜUでなら歌えた?

竜とそばかすの姫

©スタジオ地図

鈴は歌うことが大好きでしたが、母の死後は歌うことが出来ずにいました。

鈴が歌えなくなったのは、母を失ったことによるPTSD(心的外傷後ストレス障害)の一種で、事故のショックで声が出なくなる心因性の失声症などと同じ部類だと思われます。 

鈴は母が自分を置いて見知らぬ子供を助けに行ってそのまま死んでしまったことで、ある意味母親に捨てられたような気持ちを抱えていました。

鈴が紙に気持ちを書き殴るのはライティング・キュアを実行していたのかもしれませんが、あまり効果は出ていなかったようです。

そんな鈴が仮想世界『U』の中ではちゃんと歌えたのは、鈴が『U』でアバターと別の名前を得ることで自分ではない存在になれたからでしょう。

次のページに続きます!




感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました