映画『12モンキーズ』ネタバレ解説|ラストの解釈、科学者の目的など考察 | 映画鑑賞中。

映画『12モンキーズ』ネタバレ解説|ラストの解釈、科学者の目的など考察

SF
スポンサーリンク

映画『12モンキーズ』の解説、考察をしています!

1996年、人類の99パーセントが死亡するウィルスが世界に散布された。
2035年、科学者達からウィルスに関する情報を集めてくるよう命じられた囚人ジェームズは、過去と未来を行き来する。

原題:Twelve Monkeys
制作年:1995年
本編時間:130分
制作国:アメリカ
監督:テリー・ギリアム
脚本:デヴィッド・ウェッブ・ピープルズ、ジャネット・ピープルズ
関連作品:短編映画『ラ・ジュテ』(’69/フランス)

キャスト&キャラクター紹介

 

(引用:https://theiapolis.com)
ジェームズ・コール
ブルース・ウィリス
少年のジェームズ…ジョセフ・メリト

2035年の地下刑務所で終身刑に服す囚人。
上層部から犯罪組織『12モンキーズ』を調べるように命じられ、彼らが事件を起こした過去にタイムスリップさせられる。
いつも『空港で男が撃たれて倒れ、女が慌てて駆け寄る夢』を見る。


(引用:http://www.cineoutsider.com
キャサリン・ライリー
マデリーン・ストゥー

過去に戻ったジェームズを診察した精神科医。
初めて会った時からジェームズとどこかで会ったことがある気がするが、具体的には何も思い出せない。


(引用:https://filmschoolrejects.com

ジェフリー・ゴインズ…ブラッド・ピット

ジェームズが精神病院で出会った入院患者。
12モンキーズの首謀者。
権威ある細菌学者の父親を持ち裕福な家庭で育った。
一見まともなことを言っているが、立ち振る舞いは挙動不審で落ち着きがなく些細なことに興奮しやすい。
ぶっ飛んだアイディアを真面目に語るため、一部の若者は彼にカリスマ性を見出している。

 

・その他のキャスト

ゴインズ博士(ジェフリーの父、細菌学者)…クリストファー・プラマー
ジョーンズ博士(天体物理学者)…キャロル・フローレンス
ホセ(ジェームズの仲間の囚人)…ジョン・セダ
ピーターズ博士(ゴインズ博士の部下)…デヴィッド・モース
声の男…ハリー・オトゥール
ハルプリン刑事…クリストファー・メローニ
植物学者…H・ミシェル・ウォールズ
地質学者…ボブ・アドリアン
動物学者…サイモン・ジョーンズ
微生物学者…ビル・レイモンド
技術者…エルネスト・アブバ
詩人…イルマ・セント・ポール
フランキー刑事…ジョーイ・ペリージョ
ビリングズ(医療従事者)…ロズウィル・ヤング
ワシントン(惑星オゴ)…フレッド・ストローザー
フレッチャー医師…フランク・ゴーシン
医師…リック・ワーナー、アンソニー・ブリエンツァ、スタン・カン
子育てに追われる黒人女性…ジョイレ・ハリス
教授…チャールズ・テックマン
マリールゥ(キャサリンの秘書)…ジャン・エリス
伝道師…トーマス・ロイ
12モンキーズのメンバー…チャック・ジェフリーズ
上流階級…リサ・ゲイ・ハミルトン、フェリックス・ピール、マシュー・ロス
ホテルの受付…リー・ゴールデン
ウォレス(カウボーイ風の男)…ジョセフ・マッケナ
タクシードライバー…アニー・ゴールデン
トイレの男…レイ・ハフマン ほか

スポンサーリンク

あらすじ前半


(防護服を着て地上に出るジェームズ 引用:https://www.vulture.com

2035年。人間にのみ寄生するウィルスが地球全体に蔓延して人類の90%以上が絶命し、生き残った人類は地下への移住を余儀なくされた。
地上はウィルスの脅威とは無縁な動物たちの王国になった。

アメリカ合衆国メリーランド州ボルチモア。
地下刑務所で終身刑に服するジェームズ(ブルース・ウィリス)は、『強靭な精神と鋭い観察眼』を持つ者として科学者たちに選ばれ、ウィルスが蔓延する直前の1996年にタイムスリップして、ウィルスをばらまいた犯罪組織『12モンキーズ』を調査し、彼らからウィルスを奪って犯行を阻止するよう指令を受けた。
上手くいけば特赦(減刑)を受けられるまたとないチャンスのため、ジェームズは二つ返事で受け入れた。

ジェームズは1996年10月に送られる予定だったが、何か間違いが起こって1990年4月に着いてしまった。
半透明のレインコートにトランクス1枚だったジェームズは、すぐに通報されて逮捕された。
ジェームズは日にちが答えられずウィルスについて喚くため、精神病者と判断されて精神科医キャサリン(マデリーン・ストゥー)の診断を受けた。
キャサリンはジェームズを見た時に、過去にどこかで会ったことがあるような気持ちになったが、ジェームズは彼女を知らなかった。

スポンサーリンク

ジェームズは統合失調症と診断され、ボルティモア大学付属病院の精神病棟に収容された。
そこで患者のジェフリー・ゴインズ(ブラッド・ピット)と出会い、病棟内を案内してもらう。
ジェフリーが口走る持論はまともなようにも思えたが、特定のイスへ執着や、周囲の患者への気遣いの無さは、彼が確かに何らかの精神病を患っていることをジェームズに確信させた。


(精神病院のジェームズとジェフリー 引用:https://ew.com

その後、ジェームズはジェフリーの協力を得て病院から脱走を図り、捕まって独房に監禁されたところで科学者たちの判断で2035年に送還された。

ジェームズは1990年に間違って送られたことや、ジェフリー・ゴインズという男性患者と話したことなどを報告すると、科学者はジェフリーが12モンキーズの首謀者だと告げた。
科学者達は「今度は捕まるようなマネはするな。次はちゃんと1996年に送る」と告げ、ジェームズに2度目のタイムスリップをさせた。
再び誤作動に見舞われ、ジェームズは数分間、第一次世界大戦中のフランスに滞在して脚に銃弾を負った直後に1996年11月のボルチモアに到着した。

キャサリンは医師としてのキャリアを積み、本を執筆したり大学などで講演会を行うようになっていた。
ジェームズは講演後のキャサリンを待ち伏せして車に乗ると、フィラデルフィアに向かうよう命じた。
フィラデルフィアが12モンキーズの拠点だからだ。

フィラデルフィアに到着すると、そこかしこの壁に12モンキーズのシンボルが落書きされているのを見つけてジェームズは興奮した。
キャサリンは隙を見て逃げることも出来たが、ジェームズは危害を加えないし、体調も悪そうで心配だったため、逃げる気になれなかった。

科学者たちに見せられた写真の手がかりを頼りにあるテナントに入ると、中にいた数人の動物解放協会の若者が12モンキーズを知っていた。
ジェフリー・ゴインズも協会の一員だが、ジェフリーは彼らの控えめな活動に飽きて、11人仲間を集めて12モンキーズと名乗り、過激な抗議活動をしようとしていると若者は語った。

スポンサーリンク

あらすじ後半

ジェフリー・ゴインズは現在退院してゴインズ邸で暮らし、父親の運営する最近研究所で働いていた。
ジェームズはキャサリンにゴインズ邸まで連れて行ってもらうと、キャサリンをトランクに閉じ込めてジェフリーに会いに行った。
ジェームズが「ウィルスの情報をくれ」と頼むと、ジェフリーは「細菌で人類を滅ぼす作戦を思いついたのは君だろ!」と騒いだ。
怒ったジェームズはジェフリーに襲いかかってしまいボディガード達に追われたため、ゴインズ邸から逃げた。
その後、キャサリンが助けを呼んでいる間に、ジェームズは再びキャサリンの前から消えてしまった。

無事に保護されて自宅に戻ったキャサリンは、数日前からニュースで話題になっていた井戸に落ちた少年が、本当は納屋に隠れていたことをジェームズが言い当てていたことや、キャサリンが彼の脚から取り出した弾丸が第一次世界大戦時の1914年〜1918年に使用されていたものだったことを知って驚いた。
さらに、キャサリンは大戦当時に撮影された写真にジェームズが写っているのも発見し、ジェームズは病気ではなく本当にタイムトラベラーで、真実を語っていたのだと悟った。

その頃ジェームズは2035年に戻され、ウィルスのルーツを探り当てたことで科学者達から賞賛を浴び、特赦を言い渡された。
一方、ジェームズは精神的に疲弊した結果「タイムトラベルも科学者たちも全て妄想で、キャサリンの言う通り自分は精神病なのだ」と思い始めていた。
科学者たちにもうタイムスリップする必要は無いと言われるが、キャサリンに会いたくなったジェームズは科学者たちを言いくるめ、再び1996年12月のフィラデルフィアにタイムスリップした。

96年のフィラデルフィアでジェームズは、女医の誘拐犯として指名手配されていた。
キャサリンは再びボルチモアからフィラデルフィアに足を運び、ジェームズを探した。
無事に再会したふたりはホテルの一室に入った。
「俺は病気なんだ。治療してくれ」というジェームズに、キャサリンは「あなたは病気なんかじゃない。もうすぐウィルスがばらまかれて大勢が死ぬ!」と叫んだ。
ジェームズの情報では、ウィルスはフィラデルフィアを始め、世界各地の主要都市9か所で拡散されていた。
ジェームズとキャサリンは逮捕とウィルスから逃れるため、カツラや付け髭で変装してから空港へ向かった。

空港に行く途中、ジェフリー率いる12モンキーズが動物園を襲って動物を檻から解放し、街のあちこちに動物たちが出没する事件が起こった。
ふたりはジェフリーがウィルスに関与していないことを確信する。

空港に着いた後、キャサリンは、ゴインズの細菌研究所員のピーターズ博士が空港内にいるのを見て、彼がウィルスをばらまいた真犯人だと確信する。
キャサリンは急いでジェームズに真相を伝えてピーターズを追うが、その頃には既にウィルスは空港内に散布されていた。
ジェームズはホセから受けとった銃を取り出してピーターズを追うが、警察官に撃たれて倒れてしまう。
ピーターズは撃たれたジェームズに目もくれず、そそくさと飛行機に乗り込んでしまった。


(撃たれたジェームズに駆け寄るキャサリン 引用:https://cinema1544.wordpress.com

キャサリンはジェームズに駆け寄って手当てしようとするが、心臓を撃たれていたジェームズは息絶えてしまう。
ジェームズが撃たれてから死ぬまでの一部始終を、1996年当時まだ9歳の少年だったジェームズ・コールが目撃していた。
キャサリンはジェームズ少年の存在に気付くと、涙を流しながら少年にほほ笑んだ。

無事に飛行機の席について安心していたピーターズ博士の隣には、囚人達にタイムスリップさせていた科学者の1人ジョーンズ博士が「救済保険業者」と名乗り、ピーターズ博士の隣に座っていた。

・挿入曲:
『プンタ・デル・エステ組曲』ポール・バックマスター/アストル・ピアソラ作曲
『ブルーベリー・ヒル』
『What A Wonderful World』ルイス・アームストロング

スポンサーリンク

 

感想、解説や考察など

初めて見たのは学生時代だったと思うんですが、雰囲気など好きだったものの、話の内容は理解できずにいた作品でした。
改めて見てみてもやっぱり複雑でしたが、面白くてはかどりました。

ジェームズが1990年の病院に入れられた際、医療従事者がジェームズのシラミをチェックしていたのがなんだか気になりました。
丸坊主なんだからチェックするまでもないだろうと思ったからですが、スキンヘッドでもシラミは付くものなんでしょうか?

キャサリンが抱くジェームズへの既視感

キャサリンは初めてジェームズと会った時から彼と過去に会ったことがあるようなデジャビュに襲われていました。
ジェームズは子供の頃に彼女を空港で見かけているので、ジェームズがその感覚を抱くならわかりますが、キャサリンとは反対に、ジェームズはデジャビュには襲われません。
キャサリンは、ジェームズと出会う以前から予言者と世界史について調べていました。
なので、キャサリンが資料の中から取り出して驚愕した、ジェームズが写る第一次世界大戦時の写真を、彼女は以前から研究資料で何度か目にしていたのではないかと考えられます。

その他の可能性を考えると、キャサリンはジェームズに、過去に入院歴があるかしきりに聞いていました。
科学者達はジェームズの他にも囚人を何人か1996年前後に送っていたようなので、ジェームズと似た証言をする男をキャサリンは過去に見たことがあり、彼らと重ねていた、ということも考えられます。

 

科学者の目的


(引用:https://timetravelnexus.com

囚人達をタイムスリップさせていた科学者たちの目的について考えます。
科学者たちの最終目標は地上での生活を取り戻すことです。
そのためには、死の感染症に効く治療薬やワクチンの開発が必須です。
ワクチン開発のためには、ウィルスの元株が必要だと科学者が発言しています。

ジェームズの使命は、ウィルスの元株を持つ者(ばらまいた犯人)の特定であり、ウィルスの散布を止めることではありませんでした。
ウィルス拡散の阻止が目的なら、ピーターズが特定できた段階で囚人を差し向けて殺すでしょうが、そのような動きはありません。
恐らく未来の大筋は変えられず、ピーターズに対処したとしても別の誰かが同じことをするのでしょう。
それに、ピーターズがフィラデルフィアで最初にウィルスをバラまいたのは、荷物検査係に言われて試験管を開けた時です。
この瞬間を阻止しなければウィルス蔓延は止められません。

ラストでジョーンズ博士がピーターズと握手をしたのは、保菌者であるピーターズに近づいて物理的に接触し、自らウィルス元株に感染して2035年に持ち帰るためです。
彼女が『保険業者』を名乗っていた点も、ウィルス蔓延阻止そのものが目的でないことを物語っています。
保険業は、事故や災害が『起こった後』に援助活動を行うものであり、事故や災害そのものを防止するものではないからです。

つまり、科学者たちは歴史そのものを変える気はなく、科学者たちが生きる2035年以降の未来をより良いものに変えようとしていた、ということです。
運よく生き残っていた科学者たちは、2035年において絶対的な権力を手にしています。
なぜ科学者たちがウィルス蔓延を阻止しようとしないのかと考えると、理由はいくつか挙げられます。
まず、ウィルス蔓延そのものを止めようとすることはもう試した上で、失敗している(過去が大きく変えられないことを知った)可能性があります。
次に、ウィルス蔓延が歴史から消えれば、彼らが退廃した2035年で築いた絶対的な地位は恐らくなくなって(少なからず権力が分散されて)しまいます。
それに、彼らは動物学者、植物学者、地質学者など、自然科学の専門家だった点を考えても、科学者たちは地球保護のために人類の数を大幅に減らすという行動に、内心賛成すらしていたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ホセの役割

ジェームズの囚人仲間だったホセに与えられていた役目について考えます。
ホセが現れたのは第一次世界大戦と、空港でした。
彼の発言から考えても、ホセは恐らくジェームズが決まった運命から外れないように軌道修正を任されていたと考えられます。
ジェームズ少年が大人になった自分自身の死を目撃していたように、ジェームズがあの空港で死ぬことは決まっています。
空港でホセが目的を明かさずに銃を渡したのは、ジェームズは銃を持っているだけでよかったからです。
もし銃を持っていなければ、ジェームズは警官に発砲されなかった(死ななかった)かもしれません。
ジェームズ少年が銃撃戦を目撃しなければ、その後悩まされるはずの夢に悩まされなくなり、人格や生き方に影響を与えてしまう可能性があります。

科学者たちの発言から察するに、タイムスリップさせた囚人達の中でも、ウィルスをバラまいた犯人に繋がる情報を得たのはジェームズだけでした。
つまり、ジェームズは2035年以降の未来に関わる重要な人物であり、決められた運命をたどってもらわなければいけません。
そうなると、ジェームズ少年の人格に影響を与えることは極力避けなければなりません。
なので、ジェームズには運命通りに空港で刑事に撃たれて死亡して、ジェームズ少年がその現場を目撃することは、2035年以降の人類のために必要なことだったのではないでしょうか。

 

夢の中の実行犯はジェフリーだった


(引用:https://mobile.twitter.com

ジェームズが何度も見ていた空港での銃撃戦の夢で、ウィルスをバラまいた実行犯はジェフリーでした。
実際にはピーターズに変わっていたのも、恐らく未来の大筋が変えられないことの伏線だったと解釈しています。

元々の実行犯はジェフリーだったけれど、キャサリンがゴインズ氏に電話で注意喚起したことや、ジェームズがジェフリーに接近した影響で状況が変わり、実行犯がピーターズ博士に変わったのです。
恐らくはピーターズ博士も12モンキーズの一員で、各方面から目をつけられたジェフリーは注意を逸らす要員になり、ゴインズ氏からの信用を得ていてかつノーマークだったピーターズが実行犯に変わったということです。

ちなみに、ピーターズ博士の思想(犯行動機)は全て、キャサリンに語った発言に集約されています。

「人類は今のままでは地球を滅ぼすことになる
核兵器 計画性のない人口の増加
陸 海 空気に対する環境汚染
なのに人類はそれらの警告を真剣に受け止めようとせず 目先の暮らしに浮かれている」
スポンサーリンク

カサンドラ異常心理

カサンドラ異常心理(カサンドラコンプレックス)の意味については作中でキャサリンが簡単に説明してくれていましたが、改めて説明すると、名前の由来はギリシャ神話に登場する、予知能力を持つ女王カサンドラから来ています。
彼女は太陽神アポロンを怒らせてしまい、『予言を誰にも信じてもらえない呪い』をかけられた女王です。
誰も信じないような未来予知をする人物は、カサンドラコンプレックスという病気にかかっていると判断されています。

本作においてキャサリンは、世界各地に出没した予言者の心理状態を調べて『カサンドラコンプレックス』と名付け、予言者を精神病者にしてしまったのです。
キャサリンはその後ジェームズの予言を信じたことで、逮捕後は彼女自身がカサンドラコンプレックスと診断されて精神病認定されてしまうでしょう。

 

歯を抜いた浮浪者

ジェームズが1996年に出会った浮浪者は、ジェームズの幻聴の声の主でもありました。
彼が声だけでなく姿も存在していた点や、歯に追跡装置があることを知って抜いていた点などから、恐らくこの浮浪者も2035年の元囚人で、科学者に命じられてタイムスリップしていた人物だと思われます。
この浮浪者もジェームズと同じように1996年で12モンキーズについて情報を集めるように命じられていたんでしょうが、彼は歯を抜いて科学者たちの監視から逃れ、そのまま浮浪者として1996年で余生を過ごしていたのでしょう。

スポンサーリンク

病気だと思い込むジェームズ

1996年にタイムスリップしてジェフリーと会い、2035年に戻った直後から、ジェームズは科学者たちを妄想と決めつけようとします。
それは、ジェフリーがウィルスの計画を思いついたのは、ジェームズが彼にウィルスで人類が大勢死ぬ話をしてしまったからです。
ジェームズがジェフリーにアイデアを提供してしまったことがきかっけで、人類は大勢死ぬことになります。
自分自身の発言が原因だとを知ったジェームズは罪の意識に耐えかねて、逃避するために全てが妄想で自分は病気だと思い込もうとしました。

 

落書きと留守電


(引用:https://gifer.com

『ここからウィルスが?50億人が死ぬ』を書いたのは1996年のキャサリン、「メリークリスマス!」で終わる留守電も、残したのは彼女でした。

『We did it!(やったのは俺達だ)』の落書きを残したのは12モンキーズのメンバーの誰かです。
ジェフリーが動物園の動物を解放したことを知った直後、ジェームズとキャサリンは『動物の解放のことだったのか』と安堵していましたが、恐らく動物の解放も、ウィルス散布も両方とものことを指していたのだと思われます。

スポンサーリンク

ヨハネの黙示録

キャサリンや、道端で演説する伝道師が何度もヨハネの黙示禄の中の同じ箇所を朗読していました。

「災害のはびこる時には予言が氾濫して 4頭の獣の1頭は神の怒りに満ちた金の鉢を7人の天使に渡した」

ヨハネの黙示禄は新約聖書の中で唯一、預言のような性質を持つ記録です。
本作に登場した上記の文の後、金の鉢を手にした7人の天使が1人ずつ鉢を逆さにすると7つの大災害が起こって地球上に住む生物のほとんどが死にます。
その後、地球は生まれ変わり、新しい天と地が新しい生命をはぐくむ物語です。

黙示禄を通してみても、やはり科学者達の目的がウィルス蔓延を阻止することではなく、残された人類と動物たちで新しい世界を作ることだと裏付けているように思います。

以上です!お読みくださりありがとうございました(^o^)

 

映画『12モンキーズ』関連商品(楽天)

・テリー・ギリアム監督作品

コメント

タイトルとURLをコピーしました