「海よりもまだ深く」ネタバレ解説考察|町田の恩、主要人物のその後など! | 映画鑑賞中。

「海よりもまだ深く」ネタバレ解説考察|町田の恩、主要人物のその後など!

ヒューマンドラマ

映画『海よりもまだ深く』の解説、考察をしています。

うだつの上がらない小説家の男と家族の物語。

制作年:2016
本編時間:108分
制作国:日本
監督・脚本・原案:是枝裕和
主題歌:『深呼吸』ハナレグミ

キャスト&キャラクター紹介


©2016「海よりもまだ深く」製作委員会
篠田良多阿部寛
15年前に一度賞を受賞したきりの売れない小説家。
自信がない時や適当に物を言うときは3回以上返事をする癖がある。
小説だけでは生活できず興信所(探偵事務所)で働いていて、犯罪まがいの方法で小金を稼いでいるが、ギャンブルにつぎ込んでしまうため常に金に困っている。
元妻の響子に未練があり、あわよくば復縁したいと考えている。

 


(引用:https://lwlies.com
白石響子真木よう子
良多の元妻、真吾の母親。
良多が決められたとおりに養育費を払わないことを不満に思っている。
不動産屋で働き生計を立てるシングルマザーだが、彼氏の福住との再婚を検討している。

 


(引用:https://tsutaya.tsite.jp
篠田淑子樹木希林
良多の母親。夫は半年前に他界している。
団地で気ままな暮らしを楽しんでいる一方で、1人暮らしの寂しさも抱えている。
いつか分譲住宅に住みたいという叶わぬ夢がある。

 


©2016『海よりもまだ深く』製作委員会
中島千奈津小林聡美
良多の姉。和菓子屋でパートをしている。
良太を「もうお母さんや私に頼らないで」と叱る一方で、自分はちゃっかり娘の習い事のお金を母に出してもらったりしている。

 


(引用:https://www.cinemashufu.com
白石真悟吉澤太陽
良多の息子、高校受験を控える中学生。
気が弱い所があり、習っている野球でも消極的なプレーをする一方、良多のお金のことを気に掛けたりする優しい子。
父親(良多)のようには絶対になりたくない、似たくないと思っている。
祖母の淑子が大好き。
町田健斗(良多の同僚)…池松壮亮
山辺康一郎(興信所の社長)…リリー・フランキー
愛美(興信所の社員)…中村ゆり
福住(響子の彼氏)…小澤征悦
二村(質屋)…ミッキー・カーチス
二村の妻…松本じゅん
仁井田(クラシックの先生)…橋爪功
三好(出版社の社員)…古舘寛治
安藤(依頼人)…黒田大輔
安藤未来(安藤の妻)…松岡依都美
真田(高校生)…葉山奨之
夏実(良多の幼馴染み)…峯村リエ
正隆(千奈津の夫)…高橋和也
長岡(団地の住民、淑子の友人)…立石涼子
野口(犬探しの依頼人)…福井裕子
彩珠(千奈津の子)…蒔田彩珠
みのり(千奈津の子)…一栁みのり
ニュース番組アナウンサー…戸部洋子(フジテレビアナウンサー) ほか

 

あらすじ紹介

あらすじ起:


(響子、福住、真悟を監視する良多、付き添う町田 引用:https://www.cinemacafe.net

主人公の篠田良多(阿部寛)は、15年前に『無人の食卓』という小説で島尾敏雄文学賞を受賞しましたが、以後は鳴かず飛ばずの小説家です。
執筆活動だけでは生活できず探偵事務所で働いていて、周囲には「小説のためのリサーチ」と言い訳をしていますが、実際には執筆活動はあまり捗っていません。

良多はギャンブル好きで常に金欠で家賃も滞納しているため、時には実姉の千奈津(小林聡美)に金を無心をしたり、母の淑子(樹木希林)が不在の間に実家に忍び込み、半年前に他界した父親の遺品を漁っては勝手に質屋に持っていってしまいます。

また、良多には数年前に離婚した妻の響子(真木よう子)と中学生の1人息子の真悟(吉澤太陽)がいます。
良多はギャンブル癖に呆れられて離婚されたわけですが、失ってから家族の大切さに気付いた良太は響子に未練たらたらでした。
職場後輩の町田(池松壮亮)と共に響子の周りを嗅ぎまわっては、響子が彼氏の福住(小澤征悦)とデートしているのを目撃すると「はやく別れろ」と祈りました。

良多は響子と真悟に会える月に一度の面会交流を何よりも楽しみにしています。
良多は今月の面会交流で真悟にグローブをプレゼントしたくて、質屋に父の遺品の一眼レフカメラを売ったり、探偵事務所の調査対象者に接触して口止め料を請求して、グローブ代を手に入れます。
しかし、良多は『この金を倍にして家賃も払おう』と考えてしまい、競輪で全部スって一文無しに戻ってしまいました。

 

あらすじ承:

数日後。良多は出版社に呼び出され、漫画の脚本作りをしないかと持ち掛けられました。
テーマは良多得意の『ギャンブル物』で、担当者からは「結構お金になる」と言われますが、小説家としてのプライドが邪魔をして断ってしまいました。

その後、良多は町田と一緒に真悟の野球試合をこっそり見に行くと、響子の彼氏の福住が真悟にミズノのグローブをプレゼントしていたことがわかりました。
さらに、福住は推定年収1500万円以上の不動産会社の社長だったことも発覚し、良太は福住と自分のスペックの差に苦しみました。

良多はとりあえず、プレゼントをスパイクに変更することにしました。

面会交流の日まであと数日です。
困った良多は姉の千奈津に金を借りに行きますが、叱られて断られてしまいました。
この時 良多は千奈津から『淑子がへそくりをストッキングに入れて押入れの天袋に隠しているらしい』という情報を耳にしました。

その後、良多は再び探偵事務所の客の調査対象から口止め料10万円をもらい、さらに家庭教師と隠れて交際している男子高校生を脅して3万円を巻き上げました。
これで2か月分の養育費(10万円)とスパイクを買うお金が出来てホッとした矢先、探偵事務所の社長・山辺(リリー・フランキー)に高校生へのカツアゲがバレてしまいました。

良多は山辺に「こんなことする位なら養育費払うのやめろ」と怒られ、13万円全額没収されました。
落ち込んだ良多はパチンコに行き、町田に慰められて泣きそうになりました。

数日後、良多はスパイク代分位しか用意できないまま面会交流の日を迎えます。
響子は良多が養育費を持っていないと知ると面会交流を拒絶しようとしましたが、良多は「金は帰り際に渡す」と騙して真悟と17時まで過ごします。

良多は靴屋で店員に値切りを試みながら、真悟にミズノのスパイクをプレゼントしました。


(ミズノのスパイクを真悟に薦める良多 引用:https://eiga.com

一緒にモスバーガーを食べた後、良多は残ったお金で「当たったら山分けな」と言いながら真悟に10枚入り3千円の宝くじもプレゼントしました。

その日は夕方から大型の台風が来る予報です。
良多は養育費の支払いをいかに遅らせるか考えた結果、真悟を連れて淑子のいる実家に行くことにし、響子にも実家まで来てもらうことにしました。
淑子はその知らせを受けて『良多は響子とヨリを戻したくて、私に助けを求めている』と勝手に推測します。

良多が真悟を連れて実家に行くと、千奈津が子どもを連れて来ていたので、良太はうんざりしながら千奈津一家が帰るのを待ちました。

あらすじ転:

夕方になり雨風が強まってくると千奈津一家は帰り、ほぼ入れ替わりで響子が真悟を迎えに来ました。
響子は真悟を連れてすぐ帰ろうとしますが、淑子の強い希望で響子と真悟はこのまま良多も一緒に泊まることになりました。

響子は良多と2人きりになると、良多が真悟に宝くじを買い与えたことを「ギャンブルを教えるのはやめて」と非難します。
良多は「宝くじはギャンブルじゃない。300円で夢を買うんだ」と反論しますが、理解してもらえませんでした。

一方、真悟は淑子に「もし宝くじが当たったら大きな家を建てて、一緒に住もうね」と笑い、淑子を感動させました。

淑子は部屋に布団を3つ敷くと「久しぶりなんだから、たまには良いじゃない」と空気の読めないフリをしました。

真悟がお風呂に入っている間、良太は響子に突然体を求めて響子をさらに呆れさせます。
響子は良多を振り払い、別の部屋に行ってしまいました。


(響子に福住のことを聞き出そうとする良多 引用:https://style.nikkei.com

深夜。良多は淑子が寝てから、押入れの天袋を探ってへそくりを探しますが、出てきたのは「残念でした!姉より」と書かれたメモでした。
良多は悔しがりながら仏壇の周りを探っていると、父親が愛用していた硯を発見しました。

その後、淑子が起きてきて「失くしたものをいつまでも追いかけたり、叶わない夢を見ていたら毎日は楽しめない。幸せは何かを諦めないと手に入らない。
私は海より深く人を好きになったことなんてないけど、だからこそ、こんな毎日を楽しく生きていける」と語りました。

その後、良多は起きてきた真悟と一緒に台風の夜の公園に行ってみます。


(真悟を夜中の公園に誘う良多 引用:https://eigaland.com

その公園は良多が子どもの頃、今日みたいな台風の夜に父親と一緒に遊具の中に入り、一緒にお菓子を食べた場所でした。

良多が「将来は何になる?」と聞くと、真悟は「公務員」と答えます。
それは良多が中学生の頃に抱いていた目標と同じでした。

真悟が「パパはなりたかった人になれた?」と聞くと、良多は「なれてないけど、大事なのは『なりたい自分』があるかどうかだ」と答えました。

同じ頃、響子と淑子も起きて久しぶりに2人きりで話をしていました。
淑子は響子にヨリを戻してやってほしいと言いますが、響子は「良多さんは家庭を持つのに向いてない」と断ります。
淑子は「父親に似たのね…」と少し泣きました。

その後、響子は公園まで真悟と良多を迎えに行きます。
自販機で飲み物を買って3人で飲んでいると、真悟がポケットに入れていた宝くじを落としていることに気付きました。
3人は暴風雨の中で宝くじを探し周り、10枚中7枚は見付かりました。

朝が来ると、台風は通過して晴れ間が見えていました。
良多は響子と真悟と一緒に実家を出て、父親の硯を質屋へ持っていきます。
養育費の当てにしていた淑子のへそくりが無かったので、硯を売ることにしたのです。

その硯は30万円の値が付いたのでテンションが上がりますが、質屋の店主から、良多が『無人の食卓』で受賞した当時、良多の父は初版本を近所中に配って回っていたと知らされました。
その話を聞いた良多は、硯を売るのをやめました。

良多は真悟に宝くじ7枚を全部プレゼントして、響子とは次の面会の日までに3か月分の養育費15万円を約束して別れました。

映画『海よりもまだ深く』関連商品(楽天)

[ad]

解説、考察や感想など

町田が言っていた『良多への恩』とは?


(寝ている良多を起こしに来た町田 引用:https://www.cinemashufu.com

町田が「篠田さんには借りがある」と言っていました。
良多は「あったっけ?」と自覚がありませんが、町田は「わからないなら別に良い」というようなことを答えました。

具体的にどんな恩があるのかは語られませんでしたが、良多自体も見覚えが無かったので、恐らく『良多の常日頃の行動や考え方、発言などが結果的に町田を救っていた』と考えられます。

町田は幼い頃に両親が離婚し、母子家庭で育ったことが明かされます。
なので町田は常日頃から、息子と離れて暮らす良多を自分の父親と重ねていました。
良多の「真悟に何か買ってやりたい」とか「養育費を稼がなきゃ」という息子のための発言や行動を見ることで、町田は良多を通して『俺の父親もこんな感じだったのかな、そうだったら嬉しいな』と思うことができました。

だから町田は良多になつき、普通だったら付き合わないようなことにも協力してあげていたと思われます。
町田は良多が真悟を気に掛ける言動を見聞きできることが嬉しいからです。

町田が良多のアパートを訪ねた時の町田の表情は、父親と話す子どものような表情にも見えてきますし、良多が社長の山辺に養育費を没収されて落ち込む姿も町田にとっては嬉しいもので、優しく元気づけようとしていた理由がわかります。

次のページに続きます

感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました