「T2 トレインスポッティング」ネタバレ解説|名言紹介と感想! | 映画鑑賞中。

「T2 トレインスポッティング」ネタバレ解説|名言紹介と感想!

スポンサーリンク
ヒューマンドラマ

映画「トレインスポッティング2」の解説・考察をしています!

レントンが仲間たちを裏切って逃亡してから20年。
かつての仲間たちはバラバラになったが、彼らのどこか投げやりな生活ぶりは変わっていなかった。
レントンは逃亡先のオランダから20年ぶりにスコットランドに帰省した。

原題:T2 trainspotting
制作年:2017年
本編時間:117分
制作国:イギリス
監督:ダニー・ボイル
脚本:ジョン・ホッジ
原作小説:アーヴィン・ウェルシュ著『T2トレインスポッティング
スポンサーリンク

出演者・キャスト&キャラクター紹介

 


(引用:https://www.tst-movie.jp

マーク・レントンユアン・マクレガー
元ヘロイン中毒者の46歳。
前作(20年前)で仲間を裏切ってヘロインの売却金を持ち逃げし、オランダのアムステルダムで生活していた。
20年ぶりに故郷のスコットランドに帰ってきた。

 


(引用:https://www.tst-movie.jp
フランク(ベグビー)ロバート・カーライル
レントンの元悪友。
喧嘩中毒者と呼ばれる程の喧嘩好き。
宝石泥棒で逮捕、服役していたが、仮出所を何度申請しても認められないため脱獄する。
20年前にレントンが金を持ち逃げした事を根に持っている。

 


(引用:https://ameblo.jp

スパッドユエン・ブレムナー
20歳のスパッド…ジョン・ベル

レントンの昔のヘロイン仲間。
レントンが唯一友人と認めた人物。
サインのコピーが天才的に上手いという特技がある。

 

(引用:https://pakkan-blog.com

サイモン(シック・ボーイ)ジョニー・リー・ミラー
20歳のサイモン…ジェームス・マケルバー

レントンの元友人。
レントンの裏切りにより一文無しになった。
現在は親戚から受け継いだバーの経営をしている。

 

(引用:https://bibi-star.jp

ベロニカアンジェラ・ネディヤルコーヴァ
ブルガリアから出稼ぎに来た売春婦。
サイモンに引き抜かれて一緒に仕事をしている。

トミー(死んだレントンたちの仲間)…ケヴィン・マクキッド
9歳のトミー…エリジャー・ウルフ
ダイアン(弁護士)…ケリー・マクドナルド
レントンの父…ジェームズ・コスモ
レントンの母…アイリーン・ニコラス
ゲイル(スパッドの妻)…シャーリー・ヘンダーソン
9歳のファーガス(スパッドの息子)…チャーリー・ハーディー
ファーガス…カイル・フィッツパトリック
ジューン(フランクの妻)…ポーリーン・ターナー
フランク・ジュニア(フランクの息子)…スコット・グリーナン
フランクの弁護士…スティーブン・ロバートソン
ミュージックビデオの男…ブライアン・クイン
マイキー(ベグビーの仲間)…アーヴィン・ウェルシュ(原作者)
ベグビーの父親…ロバート・カーライル ほか

映画『T2 トレインスポッティング』は〈楽天TV〉で見られます!月額利用料無し、単品レンタル可能です。

あらすじ紹介

彼らの現在

レントンはオランダのアムステルダムから20年ぶりに故郷スコットランドに戻ってきた。

ベグビーは20年たった現在も服役しており、その間何度も仮出所申請を出すが、気性の荒い性格が災いして一度も叶っていなかった。

スパッドは一時期は麻薬をやめ、結婚して子どもをもうけて仕事もしていたが、サマータイムで勤務時間が変わるのを忘れていたために仕事をクビになった。
妻は愛想を尽かして子どもと出ていってしまい、再び麻薬に手を出していた。

最後の仲間、シックボーイことサイモンは十数年前に結婚して息子をもうけたが、その後離婚。
現在は叔母から継いだバーを経営しつつ、売春宿から引き抜いた女ベロニカを使って金持ちの客が来たときはプレイの様子を録画し、その後脅して金を巻き上げていた。

帰郷したレントンとベグビーの脱獄

レントンはまず実家に戻って父親に会い、母親が数年前に亡くなっていたことを知った。
その後、昔の仲間に会いに行く決意をして外に出た。
スパッドの家に着くと、スパッドは家族に遺書を残してまさに自殺しようとしている最中で、危なかったところをレントンが命を助けた。
スパッドは死ねなかったことを嘆きながら、レントンとの再会を喜んだ。

次にレントンはサイモンのバーに行った。
レントンとサイモンは静かにお互いの現状を報告し合った。
レントンはオランダで出会った女性と結婚して2人子どもがいること、サイモンは一度は結婚したが、現在は離婚して独身だという。

ひとしきり報告が終わると、レントンが金を独り占めしたことを根に持っていたサイモンが切れて殴り合いになった。

喧嘩の後、レントンは当時山分けする予定だった金4000ポンドを渡して立ち去った。
金を受け取っても怒りは収まらず、サイモンは復讐を計画することにした。

同じ頃。刑務所にいたベグビーは今回も仮出所願いが却下されて堪忍袋の緒が切れ、脱獄を決意した。

刑務所仲間に自分の腹を刺してもらって病院へ搬送され、付き添い刑務官のスキをついて病院から脱走した。

20年ぶりに我が家に戻ったベグビーは、息子のフランク・ジュニアが大学生に成長していることに驚き、喜んだ。
妻のジューンは脱獄してきたベグビーに困惑つつも「戻って来てくれてうれしい」と温かく迎えた。

 

レントンの交流

翌日。レントンは鬱状態のスパッドをランニングに誘って山を登った。
頂上までたどり着き、気持ち良い汗を流してテンションが上がったスパッドは「俺はこのまま薬を断つ!」と宣言した。
レントンは「薬以外で夢中になれる何かを探せ」とアドバイスした。

あっという間にレントンがオランダに帰る予定日が来た。
何とかレントンに復讐してやろうと考えていたサイモンは、「新しい仕事を始めるからこっちに戻って来て手伝ってほしい」とレントンを誘った。
レントンはサイモンが薬をやめていないことを知ると、呆れてそのままオランダへ帰った。

3か月後。自体は一変していた。
レントンは15年連れ添った妻と不妊が原因で離婚。(子どもはレントンが見栄を張ってついた嘘だった。)
家は妻のものだったため、レントンは家を追い出されてしまった。

ちょうど同じタイミングで会社の合併を機に仕事もクビに。
おまけに『急性冠不全』という病気で倒れて、手術もした。
病気は手術で何とかなったが、妻と仕事は失った。

レントンはやむを得ずスコットランドに帰国。
仕事を求めて真っ先にサイモンの所に行った。
サイモンは大喜びでレントンを迎え入れ、新しく始めるサウナ店(という名の売春宿)を一緒に経営しようと誘った。

開店資金を手に入れるため、レントンとサイモンは手頃なバーで客の荷物を漁り、時間の許す限りクレジットカードを盗んだ。
この頃からレントンとサイモンの悪友関係が復活し、昔のように一緒にはしゃぎ、遊んだ。

(乾杯するレントン、サイモン、ベロニカ 引用:http://izumishiyou.hatenablog.com

帰宅したベグビー

脱獄に成功して自宅に帰ったベグビーは大学生の息子ジュニアを悪の道へ引き込もうとしていた。

ベグビーは自分の『仕事(強盗)』にジュニアを連れて行き、金持ちの家で強盗のやり方を教えた。
ベグビーは手に入れた品々を仲間の※マイキーに売り払い、マイキーにジュニアを紹介した。
※マイキー:前作に登場した薬の売人。

このままずるずる犯罪者になるのを恐れたジュニアは、ベグビーの計画強盗の協力を拒否した。
ジュニアは大学で勉強を続けて真っ当な人生を歩みたかった。
ベグビーは「そんなことを言う奴は俺の子じゃない!」と怒鳴ったが、ジュニアが折れないことを悟ると、1人で仕事に出かけた。

ベグビーはまた逮捕前のような生活を送ろうと奮闘していたが、唯一元に戻っていないことがあった。
この20年の間にベグビーは性的不全になっていた。
それに気付いたのは、脱獄後に初めてジューンを抱こうとしたときだった。
理由はわからず医者にも行けないため、色々と楽しみたかったベグビーは困り果てた。

サイモン逮捕

ある日、警察官がやって来てサイモンは脅迫罪で逮捕された。
クラブで財布をすった件ではなく、過去にサイモンが脅して金をまき上げた男の1人が訴えを起こしたのだ。
レントンとベロニカは弁護士の※ダイアンを頼り、ダイアンの力でサイモンは見事釈放された。
※ダイアン:1に登場するレントンの元恋人のような存在

サイモンは事なきを得たが、弁護料で所持金のほとんどを使い果たしてしまった。
レントンとサイモンは新たに金を手に入れる方法を考えつつ、店を始めるためにスパッドを仲間に加えた。

 

開店準備と忍び寄るベグビー

開店準備のほとんどをスパッドに任せ、サイモンとレントンは融資してくれそうな会社を探しだして融資のために必要なプレゼンの準備に励んだ。

その間に、レントンはサイモンに内緒でベロニカと付き合い始め、幸せな時間を過ごした。
その頃サイモンは、脱獄したベグビーが目の前に現れたことに驚いていた。
しかもベグビーはレントンのことを相当恨んでいるようだ。

開店前の大事な時期に面倒に巻き込まれたくなかったサイモンは「一緒にレントンに仕返ししよう。俺が準備するから、しばらく大人しくしていてくれ」と言い聞かせてベグビーを帰した。

この頃、サイモンはもうレントンに復讐をする気が失せていた。
だが、ベグビーに勝手に暴れられては困るので『レントン』というエサをちらつかせて大人しくさせていた。

スポンサーリンク

ヘロインブームの再来とベグビーとの再会

融資してもらえるかどうかが決まる大事なプレゼンの後、レントン、サイモン、スパッドは死んだ仲間のトミーを偲ぶため、かつて4人で遊びに来た原っぱへ足を運んだ。

そこで、レントンとサイモンは過去に自分たちが犯した罪を鮮明に思い出してしまい、罪悪感を紛らわすために20年ぶりにヘロインを注射した。

数日後。プレゼンは無事に認められ、2人は店を出せることになった。
お祝いで一緒に行ったクラブで、レントンは不運にもベグビーと再会してしまう。

これはサイモンとベグビーが計画したことではなく偶然だった。
ベグビーは犯罪仲間の冷蔵庫にあった大量のバイアグラを盗み、効果を試すため、たまたま同じクラブに女を探しにきていただけだった。
いくらバイアグラを飲んでも一向に効果が現れず、苛立っていた矢先にベグビーはレントンを見つけた。

お互いを認識した瞬間、レントンは逃げ出し、ベグビーは追いかけた。
逃走中にレントンは腕を怪我したが、なんとか逃げ切ることが出来た。
ベグビーは捕まえられなかったことを悔しがったが、その直後、バイアグラが効力を発揮していることに気が付いた。

 

ギャングに捕まったレントンとサイモン

翌日。レントンとサイモンはギャングの男に捕まって車に乗せられてしまう。
男はこの町全ての風俗店を仕切っているギャングで、レントンとサイモンは「店を出されたらうちの稼ぎが減る」という理由で出店をやめろと脅された。

2人は仕方なく要求を受け入れて命は助かったが、素っ裸で森の中に置き去りにされた。
2人は意外と楽しみながら何とかベロニカの自宅まで戻ることができた。


(農家で服と靴を手に入れたレントンとサイモン 引用:https://www.cinemacafe.net

10万ポンドと裏切りの気配

店を出す計画はパーになってしまったが、企業が融資してくれる10万ポンドはもうすぐ手に入る。
3人は、将来のことはとりあえず金が入ってから考えようと決めた。

10万ポンドが手に入ることで、それぞれが再び裏切りを企て始めていた。
サイモンは20年前への復讐心からレントンに金を渡すつもりはなかった。

レントンも同じく、サイモンに金を渡すつもりはなかった。
ベグビーが脱獄していたことをサイモンが秘密にしていたのが許せないからだ。

 

スパッドとベロニカ

一方でスパッドは、ベロニカに薦められたことをきっかけに小説を書き始めていた。
内容はスパッドの自伝的なもので、レントンたちとの出来事が内容のほとんどを占めていた。
部屋の壁一面に当時の写真や、起こった出来事のメモを貼り付けた。
そして、書き終えた小説をベロニカに渡した。

ベグビーは、レントンと再会したことから復讐心を我慢できなくなり、ついに行動を起こした。
ベグビーはスパッドの部屋に侵入し、レントンの居場所を聞き出そうとした。
そのときたまたまスパッドの部屋に来ていたベロニカが、スマホと交換でベロニカとスパッドの解放を求め、2人は解放された。
同時にベグビーは、サイモンが言っていた「一緒にレントンに復讐しよう」というのがデタラメだったと知り、2人ともに復讐が必要だと考えた。

結末※ネタバレしてます

ベグビーはベロニカのスマホからレントンとサイモンに連絡し、2人を深夜0時に、レントンとサイモンが開店しようとしていた店に呼び出した。
そして深夜0時。何も知らないレントンとサイモンが「ベロニカは何の件でわざわざ呼び出したんだろう?」と話していた時、スパッドがレントンに危険を知らせようと2人の前に現れた。
すぐにベグビーも到着し、4人は20年ぶりに集合した。
レントンがベグビーに殺されかけたところで、スパッドがベグビーを便器で殴って気絶させた。

3人はベグビーを車のトランクに押し込み、刑務所の前に車ごと放置した。
ベグビーは刑務官に発見され、再び刑務所へ戻ることになった。

その頃、10万ポンドはベロニカが全て持ち逃げしていた。
時間は戻ってベロニカとスパッドがベグビーから解放された直後、ベロニカはスパッドに「得意のサインを使ってほしい」と頼んだ。
金が自分たちの争いの元だと理解していたスパッドはベロニカに助けられたこともあり、””サイン””を行った。
他人のサインを真似することが特技だったスパッドはベロニカが出した書類にレントンとサイモンのサインを書き、ベロニカの口座に金が振り込まれるようにするのを手伝ったのだった。
ベロニカが「あなたには分け前をあげる」と申し出ると、スパッドは「俺がもらうと薬に使っちまう。くれるなら俺の嫁と息子にやってくれ」と答えた。
ベロニカは10万ポンドを持って故郷ブルガリアへ帰り、その一部はスパッドの妻のゲイルと息子のファーガスに贈られた。

こうしてレントン、サイモンは金のないいつもの生活に戻った。
レントンは実家に戻り、サイモンは叔母から継いだバーに立つ。
この出来事があってから、2人は本当の親友になった。
スパッドは小説を書き上げてゲイルに読んでもらうことにした。
読み終えたゲイルが決めたこの小説のタイトルは『トレインスポッティング』だ。

レントンは実家の自室に戻ると、20年前と同じように、当時よく聞いていたお気に入りのレコードをかけて踊った。

スポンサーリンク
・主題歌
Iggy Pop『Lust For Life』
・挿入歌

High Contrast『Shotgun Mouthwash』
Rick Smith 『Perfect Day』
『Grota de ipanema』
Young Fathers『No Way』
Underworld『Eventually But』
Young Fathers『GET UP』
Vera Lynn『Auf Wiederseh’n Sweetheart』
Young Fathers『LOW』
The Rubberbandits『Dads Best Friend』
Alex Jackson, Ged Hanley『Penny Arcade』
Margaret Davis, Ged Hanley『Caledonia』
Billy King『The Blue Sea of Ibrox』
Ged Henley and Neil Thomson『RED HOT SALSA』
Ewan Mcregor and Jonny Lee Miller 『1960』
The Clash『FROM RUSSIA WITH LOVE』
The Clash『(White Man) in Hammersmith Palais』
Underworld『Born Slippy(NUXX)』
Wiley 『Wot U Call It?』
Blondie『Dreaming』
Ross Ainslie『Caledonia』
QUEEN『RADIO GA GA』
RUN-DMC VS Jason Nevins『It’s Like That』
Frankie Goes to Hollywood 『Relax』
Young Fathers『Rain Or Shine』
Young Fathers『Dare Me』
Wolf Alice『Silk』
Young Fathers『Only God Knows』
Fat White Family『Whitest Boy On The Beach』

 

解説、考察や感想など。

名言紹介

 
観ていて名言だと感じたセリフを抜粋しました。
「体から毒を出したってなんの意味もないさ。頭から毒を追い出せ。」

人生に絶望して麻薬中毒から脱出できずにいるスパッドを、レントンはランニング(登山)に誘い、2人は頂上にたどり着きました。
久しぶりに体を動かして気持ちよくなり、前向きになったスパッドが
「体から毒を出して薬断ちする!」と決意表明します。
そんなスパッドにレントンがかけた一言です。
その後、再び弱気になったスパッドに、レントンは
「何かに夢中になれば克服できる。夢中になれることを探せ」
とアドバイスしています。

 

あと30年はもつらしい。でも何をする?
2、3年なら何とかなる、暇をつぶして暮らすさ。

でも30年だぜ?何すりゃいい?なんて惨めな46歳だ!

離婚と失業と病気に同時に見舞われて不幸のどん底にいたレントンが
手術の末、医者から「あと30年は大丈夫」と言われたことを嘆いている、絶望的な名ゼリフです。

 

選べ。ブランド物の下着を。むなしくも愛の復活を願って。
ハンドバッグを選べ。ハイヒールを選べ。
カシミヤを選んでニセの幸せを感じろ。
過労死の女が作ったスマホを選び、劣悪な工場で作られた上着に突っ込め。フェイスブックやツイッターやインスタを選び、赤の他人に胆汁を吐き散らせ。
プロフィール更新を選び、””誰か見て””と朝メシの中身を世界中に教えろ。
昔の恋人を検索し、自分の方が若いと信じ込め。
初オナニーから死ぬまで全部投稿しろ。人の交流は今や単なるデータ。
世界のニュースよりセレブの整形情報。
異論を排斥 レイプを嘲笑 リベンジポルノ 絶えぬ女性蔑視。9.11はデマ。事実ならユダヤ人のせい。
非正規雇用と長時間通勤、労働条件は悪化の一途。
子どもを産んで後悔しろ。
あげくのはて、誰かの部屋で精製された粗悪なヤクで苦痛を紛らわせろ。約束を果たさず人生を後悔しろ。過ちから学ぶな。
過去の繰り返しをただ眺め、手にしたもので妥協しろ。
願ったものは高望み。不遇でも虚勢を張れ。失意を選べ。愛する者を失え。
彼らとともに自分の心も死ぬ。
ある日気付くと、少しずつ死んでた心は空っぽの抜け殻になってる。
未来を選べ、ベロニカ、人生を選べ。

ベロニカとレントンが食事に行き、
「サイモンがよく格好つけて『人生を選べ(Choose life.)』と言うの」
と笑うベロニカに、レントンが付け加えた言葉です。
当時ポスターでよく見かけた薬物乱用防止のポスターの標語をパロって遊んだとレントンが語っています。
前作から20年で世界は劇的に変化しました。
その数々の変化や出来事を皮肉的に言い表している言葉です。
また、レントン自身が歩んできた人生にも添っている言葉があります。
『子どもを産んで後悔しろ』は、前作で亡くなってしまった赤ちゃんを示唆していると思われます。
『粗悪なヤクで苦痛を紛らわせろ』はレントン自身の過去のこと。
『願ったものは高望み 不遇でも虚勢を張れ』は、前作では当時高校生だったレントンの元恋人(?)のダイアンが、今では弁護士として立派な人生を歩んでいます。
そんな彼女と一緒にならなかったことに対する少しの後悔を指している気がします。
『失意を選べ 愛する者を失え』は、母親の死に目に会えず、後悔しているレントンの気持ち。
そして、少しずつ死んでいっているレントン自身の心を表しています。

スポンサーリンク

その他考察や感想など

『トレインスポッティング』には『麻薬中毒者』という意味のほかに
『些細な事、つまらないことに夢中になる』という意味もあります。
レントンとかつての仲間たちは、それぞれが些細な事に夢中になる様子が20年前と変わっていないことが示されてから物語が始まります。

名作の続編はハズレが多いとされていますが、本作は全然そんなことなく素敵だったと感じました。
まず、20年経ってるのにキャストが変わってない!
マクレガーから仲間たちから、作者のウェルシュ氏までそれぞれの20年後の姿を見せてくれました。
1で女子高生だったダイアンは大人になって、印象変わりすぎててなかなかわかりませんでした。。
スパッド(ユエン・ブレムナー)のフォトジェニックさは健在でした☆
レントンのまくしたてるような喋り方ももちろん健在で、あれカッコ良くて好き。
というかユアン・マクレガーの声が好きです。

監督さんも同じでテンポもノリも前作同様で、たまに出てくる1の回想シーンで前作の内容も思い出しやすいし、レントンがスコットランドに帰って昔を思い出し、過去の自分に戻る様子もわかりやすかったです。

ストーリーの展開は予想できてしまったけど、演出が良いから全く飽きたりせずに見れました。
特にトイレでレントンとベグビーが再会するまでのシーンが面白かった!
見ながらニヤニヤしてしまいました笑

お金がなくても『平凡』こそが幸せなんだと思わせてくれる映画でした!

映画『T2 トレインスポッティング』関連商品(楽天)

・関連記事

前作↓

コメントお待ちしてます

タイトルとURLをコピーしました