華麗なるギャツビー(2013)眼科の看板、アローカラーシャツ、ポロ選手に怒る理由など解説考察② | 映画鑑賞中。

華麗なるギャツビー(2013)眼科の看板、アローカラーシャツ、ポロ選手に怒る理由など解説考察②

恋愛

2013年版『華麗なるギャツビー』の解説考察をしています!
こちらの記事では象徴的だった眼科の看板、デイジーの「アローカラーシャツの看板の人みたい」の意味、ギャツビーに『ポロ選手』と言われてトムが怒った理由について書いています。

この記事は鑑賞済みの方向けの考察記事です。
未鑑賞の方はネタバレにご注意ください。

 

『華麗なるギャツビー』概要紹介

原題:The Great Gatsby
制作年:2013年
本編時間:142分
制作国:アメリカ
監督:バズ・ラーマン
脚本:バズ・ラーマン、クレイグ・ピアース
原作小説:『グレート・ギャツビー』F・スコット・フィッツジェラルド著

 

あらすじ

小説家の夢を諦め、野望を胸にウォール街に進出した青年ニック・キャラウェイは、ニューヨークに近いウェストエッグという地域にひとり暮らし用のコテージを借りました。
ニックは引っ越しを機に、近所に住む従姉のデイジー・ブキャナンと夫のトムと再会して一緒に過ごすことが増えました。

ニックの自宅の隣には、謎の大富豪として知られるジェイ・ギャツビーの豪邸があります。
ある日、ニックはギャツビー邸で毎週のように開かれているパーティーに招待されて、直々にランチに誘われました。
ギャツビーとランチに行ったニックは、ギャツビーに「デイジーに会いたいからお茶会をセッティングしてほしい」と頼まれます。
今から約5年前、ギャツビーとデイジーは真剣交際していたものの、事情があって結婚に至らなかった過去がありました。
ニックはただならぬ空気を感じますが、ギャツビーに好感を抱いていたためOKしました。

お茶会の日、ニックは約束通りデイジーとギャツビーを再会させると、2人は数時間後には当時の親密さを取り戻していました。
2人の嬉しそうな様子をひっそりと喜ぶニックでしたが、その後デイジーとギャツビーの関係は発展して泥沼化していきます。

主要キャスト

ニック・キャラウェイトビー・マグワイア
ウォール街の証券会社勤めの元作家志望。
ギャツビーの唯一の理解者。

ジェイ・ギャツビーレオナルド・ディカプリオ
謎多き資産家。デイジーに思いを寄せている。

デイジー・ブキャナンキャリー・マリガン
ニックの従姉。10代後半の頃にギャツビーと恋愛関係にあった。
トムの浮気癖に悩んでいる。

トム・ブキャナンジョエル・エドガートン
デイジーの夫でアメリカ有数の資産家の跡取り。
カーディーラーの妻と不倫している。

≪U-NEXT≫で2013年版『華麗なるギャツビー』が見られます! 31日間無料キャンペーン実施中。
※このページの情報は2022年6月時点のものです。最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

解説・考察

廃業した眼科の看板

華麗なるギャツビー

© Bazmark Film III Pty Limited

本作のポスターの背景にもあり、作中にも何度も登場していた眼科の看板は、全ての出来事をただ見守っている神様の目のような役割を果たしていました。

また、深く関りながら当事者ではなく、彼らの真実を唯一知っていたニックの視点でもあったように思えます。

 

ニックはなぜ病気になった?

華麗なるギャツビー

© Bazmark Film III Pty Limited

物語は終わりからの始まりで、精神を病んでしまったニックが医師に過去を語る形で話が進んでいきます。

ニックはギャツビーの死と、デイジーを始めとする周囲の人間のギャツビーに対する仕打ちを目の当たりにして深刻な人間不信になり、それが精神疾患を引き起こしてしまったと思われます。

ニックは医師に勧められてニックが目の当たりにしたギャツビーの真実を書くうちに執筆作業に熱中してしまい、最終的にギャツビーの小説を書きあげてしまいました。
ニックは元々作家志望だったので、ギャツビーのおかげで自分の夢を思い出すことが出来たんですね。

それが本作『THE GREAT GATSBY』になるわけですが、ニックは心に溜まっていたものを書くことで癒しに変える『ジャーナリング』や『ロールレタリング』に近い心理療法で疾患を克服できました。

 

ポロ選手と言われて怒るトム

ギャツビーに『ポロ選手』と紹介されてトムは気に触ったらしく不機嫌になりました。
トムが不機嫌になったのは、ギャツビーの紹介の仕方がものすごく雑だったからです。

トムは億万長者の跡取りで特に働いている様子は無かったので、雇い人に資産運用を任せていたと思われます。

ポロは今も昔もセレブスポーツのひとつですが、トムにとってポロは得意な趣味の1つであって、ポロで生計を立てていたわけではありません。
雑に紹介された上に、紹介された情報が間違っていたら気分を害するのも当然です。

また、トムは特別扱いされるのが当然のように育っているはずなので、ギャツビーの態度はかなりトムの神経を逆なでしたと思われます。

 

アローカラーシャツの人?

華麗なるギャツビー

© Bazmark Film III Pty Limited

デイジーがギャツビーを「アローカラーシャツの看板の人みたい」と言い表すのを聞いたトムは、デイジーがギャツビーに恋愛感情を抱いていることに気付きました。

アローカラーシャツの看板はニューヨークで一番大きくて目立つ広告塔に掲げられていたもので、あまり詳しくはないですが当時のセレブファッションの最先端だったようです。

言い換えると「モデルさんみたい」と言っていたようなもので、デイジーの心の中央にギャツビーがいると言っていたようにも聞こえるので、トムはデイジーの恋心に気付いたのです。

 

ギャツビーの葬儀に誰も来なかったのはなぜ?

華麗なるギャツビー

© Bazmark Film III Pty Limited

ギャツビーがパーティーを開くと多くの人が集まり、ギャツビーはいつも話題の中心ンにいたはずなのに、ギャツビーのお葬式にはニックしか居ませんでした。

トムの悪知恵と周囲の思い込みにより、ギャツビーはマートル(事故被害者)の愛人で、不倫の末にマートルを轢き殺した男に仕立て上げられてしまったからです。

ギャツビーの葬式に行くことは品格に関わることにもなるため、誰も葬式に来なかったのです。

以上です。読んでいただきありがとうございました。
この記事がお役に立てていたらハートマークを押してもらえると嬉しいです(^^)




映画『華麗なるギャツビー』関連商品を楽天で検索する!

関連記事

感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました