映画「ターミネーター2」あらすじネタバレ・解説|全員かっこいい!

T2

前作から10年後の1994年、サラとカイルの間に生まれ10歳になったジョン・コナーの前に2体のターミネーターが現れた。
1体はジョンを抹殺するようスカイネットにプログラムされ2029年から送り込まれたT-1000、もう1体はジョンを守るようプログラムされて成長したジョンが送ったT-800だった。

原題:TERMINATOR 2: JUDGMENT DAY
制作年:1991年
本編時間:137分(ノーカット版:154分)
制作国:アメリカ
監督:ジェームズ・キャメロン
脚本:ジェームズ・キャメロン、ウィリアム・ウィッシャー

ターミネーター2|出演者・キャスト&キャラクター紹介

キャラクターとともにあらすじ前半も紹介しています。
ジョン・コナーエドワード・ファーロング
成人期…マイケル・エドワーズ
幼児期…ダルトン・アボット

(出典:http://koorla.com

後に人類抵抗軍のリーダーとなるサラとカイルの息子で、T-1000に命を狙われる美少年。
舞台となる1994年時点では10歳で、特技はサラから教わったハッキング。
ジョンを守るために未來から来たT-800に『人間を殺してはいけない』と命令し、人間らしさを学ばせようとする。

サラが入院したあと里子に出され、ボストンに住むヴォイト夫妻に引き取られた。
夫妻を「本物の親じゃない」と言うことを聞かず、軽犯罪で警察に何度もお世話になっている非行少年。
幼少時は未来の戦争やターミネーターの話などをサラから聞かされて育ったが、サラが逮捕された後はジョンも母親は頭がおかしいと思っていた。

ショッピングセンター内で警察官(T-1000)に探されていることを知って隙を見てバイクで逃げ出したが、トラックで追いかけて来たT-1000に轢き殺されそうになったところをT-800に助けられた。
母親の話が本当だったと知ると同時に、ジョンを見失ったT-1000が母親を殺してなりすますつもりだと知ると、T-800に命令してサラを助け出してその後は3人で行動を共にする。

サラの指示で彼女の友人エンリケの所に着くと、サラが預けていた様々な武器を地下倉庫から出し、いずれ必ずやってくるT-1000との戦いに備えた。
ジョンとT-800が武器の準備をしている間、サラが突然「明日、国境付近で落ち合おう」とだけ言い残して2人の前から姿を消した。
サラが『NO FATE(運命など無い)』と机に彫った跡があるのを見て、運命を変えるためにスカイネットを開発するマイルズ・ダイソンを殺しに行ったんだとわかったジョンは、もう誰も死なせまいとT-800を連れてサラを追った。

 

T-800(サイボーグ101型)アーノルド・シュワルツェネッガー

(出典:http://koorla.com

1994年のジョンを守るために、2029年の未来から送り込まれたサイボーグ(ターミネーター)。
元々は人類の敵であるスカイネットが作り出した殺人マシンだが、未来のジョンがプログラムを書き換え、タイムスリップマシンを使って送り出した。
金属でできた骨格の外側を生きた細胞で覆われていて、見た目は人間そのもの。
ジョンの命令を聞くようプログラムされており、一度聞いた声などは真似ることができる。
元々が殺人マシンのため人体の仕組みがプログラムされており、その知識を使ってサラやダイソンの傷を手当てしたりした。
傷を負っても人間のように自然治癒し、備え付けのパワー電池の寿命は120年だと作品内で語っている。

全裸で1994年にやってきたため、近くにあったバーで革ジャンのバイカーから服とバイクを奪い、店主からライフルを奪ってジョンを探し始める。

ジョンと出会ってすぐ『人間を殺してはいけない』と命令されたので従うが、理由は理解できなかった。
母親を助けに行くと言うジョンの行動を否定するが、命令されたためサラを病院から救い出す。

常に何かを学んでおり、サラを助け出したあと、危険を冒して助けに来たことを叱られたジョンが泣いたのを見て、人間が涙を流すことを不思議に思う。
サラが蓄えていた武器の数々を見て感心し、ガトリングガンを手にしたときは初めて自然な笑みをジョンに見せた。(不器用な笑顔はノーカット版に収録されています)
サラが居なくなった後ジョンに命じられてサラを追うが、ジョンの安全を第一に考えるのでこれにも乗り気ではない。

 

T-1000ロバート・パトリック

(出典:http://koorla.com

スカイネットが、ジョン・コナー抹殺のために2029年から1994年に送り込んだターミネーター。
骨格が液体金属で出来ている最新型。
T-800同様全裸で送り込まれ、近くにいた警察官を殺してなりすまし、ジョンを探し始める。
触ったものや人には姿かたちと声も変えられ、腕などを剣のような金属の武器や道具に変えられるが、銃や爆弾などの複雑な武器には変えられない。
基本的に変身した人物は抹殺する。
トラックでジョンを追いかけた際にT-800にはばまれて抹殺に失敗したため、ジョンの母親であるサラになりすまそうと病院でサラを探した(触らないと変身できないため)が、これもT-800にはばまれて失敗する。
再び2人を見失った後は警察の情報網などを駆使してジョンを探し出そうとする。

 

サラ・コナーリンダ・ハミルトン

(出典:http://koorla.com

ジョンの母親、29歳。
ジョンを産んでからグリーンベレーの隊員となり、カイルと会う前の愛嬌は消え肉体的にも精神的にも強い女性に成長したが、息子にさえも心を開かず、世界が終わる悪夢を見たりと心に闇を抱えているところもある。

ジョンを立派な指導者に育てようと、軍隊の男たち何人かと付き合ったが誰ともうまくいかなかった。
コンピュータ工場の爆破に失敗し、警察病院の精神科病棟に入院させられており、何度も逃亡を図って失敗している。ある日サラの元に刑事が現れ、ショッピングセンターの防犯カメラに映った男(T-800)のことを聞きに来た。
T-800は10年前、サラ・コナー連続殺人事件の際にサラが匿われていた警察署の警察官17人を殺した容疑者として指名手配されていた。(詳細は前作参照
サラを殺しに来たT-800とジョンを守りに来たT-800は別物だが、量産型のため顔などの見た目が全く同じだった。
ジョンの危険を感じたサラはその日の夜、書類を留めるクリップを盗んで部屋のカギをこじ開け、シルバーマン医師を脅して脱走しようとしたところに、突然現れたT-800の姿を見て腰を抜かしてしまう。
同行していたジョンを見てT-800が敵ではないと知ったサラは、直後に現れたT-1000を見てすぐに状況を理解し、ジョンを守るため仲間に加わった。
T-1000から逃げ切ってガソリンスタンドで夜を過ごす間、ノーカット版のシーンではT-800が頭に埋め込まれているマイクロチップ(CPU)を取り出すと、積年の恨みからチップを壊そうとするが、ジョンに止められて事なきを得る。

エンリケの所に向かっている間、スカイネットを開発したダイソンの情報をT-800から詳しく知りたがる。
T-800と一緒にいればジョンが安全だと確信したサラは2人を置いて独断でダイソン宅に乗り込み、ダイソンを殺そうとする。

 

マイルズ・ダイソンジョー・モートン

(出典:http://koorla.com

サイバーダイン社の特殊企画部部長で新型CPU開発チームのリーダー。
前作でサラが壊したT-800の残骸はサイバーダイン社が引き取っており、そこから取り出した壊れたCPUチップを基に開発を進めている。
T-800のCPUと残った腕は、社内の金庫で大切に保管されている。
T-800の話では、数か月後にダイソンはマイクロプロセッサを開発し、3年でサイバーダイン社は軍事用コンピュータのトップ企業になる。
爆撃機の無人化に成功し”スカイネット法案”が1997年8月4日に施行され、スカイネットが軍事利用されると、人間は軍事に関与することがなくなり、人間の手を離れて独自に学習・進化したスカイネットはやがて暴走を始める。
”審判の日”と言われている8月29日、人類抹殺を計画したスカイネットはロシアをミサイル攻撃をし、アメリカとロシアの間に戦争を起こさせる。

 

ピーター・シルバーマンアール・ボーエン

(出典:http://fallout.wikia.com

サラの担当医師で、前作でカイルの供述を聞いて精神分析した医師でもある。
サラの言動を妄想と断定し、統合失調症と診断している。
統合失調症者の妄想はつじつまが合わないことがほとんどだが、サラの話はつじつまが合うため”興味深い患者”として気にかけている。
サラが脱走した日、銃で撃たれても死なないT-800と、鉄格子をすり抜けたT-1000を目にして唖然とする。

・その他のキャスト

カイル・リース(ノーカット版に出演)…マイケル・ビーン
T-800に服とバイクを奪われる男…ロバート・ウィンリー
タトゥーのバイカー…チャールズ・ロバート・ブラウン
ロイド(バーの店主)…ピート・シュラム
ティム(ジョンの友人)…ダニー・クックセイ
ジャネル・ヴォイト(ジョンの養母)…ジェニット・ゴールドスタイン
トッド・ヴォイト(ジョンの養父)…ザンダー・バークレー
T-800に痛めつけられる若者…ジム・パルマージェラルド・G・ウィリアムズ
ダグラス(サラの頬を舐める看護師)…ケン・ギベル
看護師…マーク・クリストファー・ローレンスデニー・ピアス
受付の看護師…グウェンダ・ディーコン
T-1000に殺される病院の警備員…ドン・スタントン
2人目の警備員…ダン・スタントン
T-800の顔を殴る病院の警備員…ノエル・エバンジェリスティ
モスバーグ刑事…ドン・レイク
T-1000にトラックを奪われる男…シェーン・ワイルダー
エンリケ(サラの友人)…カスチュロ・ゲッラ
ヨランダ(サラの友人)…ダイアン・ロドリゲス
ダイソンの妻…S・エパサ・マーカーソン
ダニー(ダイソンの息子)…デボーン・ニクソン
ダイソンの部下…エナルズ・バール
サイバーダイン社の警備員…アブドル・サラーム・エル・ラザックマイク・マスカット
SWATのリーダー…ディーン・ノリス
ヘリのパイロット…チャールズ・A・タンブッロ
花屋の男…J・ロブ・ジョーダン
タンクトラックの男…テレンス・エバンス
2人目のサラ…レスリー・ハミルトン  ほか

Advertisement

ターミネーター2|結末

サラがダイソン宅を襲撃した日の夜。ダイソン本人を目の前にすると銃の引き金が引けなかったサラは、追いかけて来たジョンに説得されて平和的な解決方法を探すことにした。
T-800はダイソン夫妻の前で左腕の皮をはいで骨格を見せて自身がターミネーターであることを証明し、ダイソンにこれから起こる戦争と彼が現在開発しているものの関係などを全て語った。
ダイソンはT-800の話を信じて衝撃を受けるとともに、会社を辞めることを約束し、現在あるデータや試作品、金庫に保管されているマイクロチップ(サラが前作で破壊したターミネーターのもの)の破壊を手伝ってくれることになった。

会社に侵入すると警備員が緊急時のアラームを作動させたため、ドアや金庫がダイソンのIDカードで開けられなくなったが、ジョン得意のハッキングやT-800の銃でこじ開けて、開発中のデータや試作品を抹消する準備を始めた。
ジョンたちが開発室に爆弾を設置している間、T-800は外に集まってきた大勢の警察官たちを遠ざけるため、ガトリングガンとグレネードランチャーを使用してパトカーを破壊した。
爆弾の設置と前T-800のチップと腕を回収し、ダイソンに起爆装置を持たせて会社から出ようとしたとき、SWATのチームが現れてダイソンが撃たれてしまった。
ジョンたちはダイソン救出を諦めて会社から出ようとエレベーターに乗り込んだ時、ダイソンは息絶え、サイバーダイン社は爆発した。
何とかビルから脱出したジョン達はSWATが乗ってきたトラックを奪って会社から逃走した。

※解説メモ

T-800はキーの無い車を動かす時、ハンドルの後ろを開けて配線をいじってエンジンを点けていましたが、SWATのトラックを奪った時はジョンから教わったことを思い出し、フロントガラスのサンバイザーを開けて挟まれていたキーを手に入れています。(アメリカ映画などでよく見る、玄関近くの鉢植えやマットの下に家のカギを入れているのと同じ風習)

 

サイバーダイン社が爆破された直後、警察の無線を聞きつけてやってきたT-1000はジョンたちがもうビルの中にいないことがわかると、社に来ていた警察のヘリコプターを奪ってジョンたちのトラックを追いかけた。

追いかけて来たヘリコプターがT-1000だとわかると、サラはジョンを防弾チョッキで包み隠れているように言い、自身はトラックに積んであった銃でT-1000に立ち向かった。

※解説メモ

このときよく見たらT-1000は腕が増えていて、3、4本の腕でヘリの操縦と銃を撃つのを同時に行っています。

 

銃撃戦でサラは太ももに弾を食らって倒れ、T-800はわざと急ブレーキを踏み近づいていたヘリと衝突させてヘリを破壊した。
だがこの時トラックのタイヤにも異常が出てしまい、トラックも横転してしまった。
トラックから出たジョンたちはたまたま現場に居合わせた花屋の男の車を奪って逃走し、ヘリから脱出したT-1000は同じく居合わせていた男が乗っていた液体窒素を運搬するトラックを奪ってジョンを追いかけた。
花屋の車は性能が低く、T-1000のトラックにすぐ追いつかれてしまい危険な状態になる。
T-800はジョンに運転を任せるとT-1000のトラックに乗り移り、T-1000をライフルで撃ちまくるとハンドルを切ってトラックを横転させ、製鉄所の壁に激突した。
衝撃で液体窒素が入っていた円柱形の容器が割れて中身があふれ出し、工場にいた男たちは全員逃げていった。
T-1000は車から降りてジョンに向かって歩き始めたが、その体は液体窒素で凍り始めていた。
やがて完全に凍ってしまい動かなくなると、T-800は「※地獄で会おうぜ、ベイビー」とつぶやきT-1000に銃を放った。

※解説メモ『Hasta la vista,baby.』と言っています。これもT-800がジョンに教わった言葉でスペイン語。
『hasta la vista』の訳は『また会おう』。

 

これでT-1000を抹消出来たかと思われたが、そうではなかった。
鉄工所には溶けた鉄が大量にあり、その熱で凍っていたT-1000は溶けて再び起動しようとしていた。
T-800はジョンとサラを鉄工所内に逃がし、自身は戦闘モードに入ってT-1000と戦った。
戦闘ではT-800自身が語っていた通りT-1000の方が一枚上手で、T-800は工場内のゼンマイに腕を巻き込まれて動けなくなった。
T-800が動けなくなったのを見ると、T-1000はすぐにジョン探しを再開した。
ジョンとサラの元にT-1000が追いついてきたのを見て、サラはジョンだけを逃がして銃でT-1000に立ち向かおうとした。
だがあっけなく銃はなぎ払われ、T-1000に肩を刺されたサラはジョンを呼ぶよう脅されるが、サラは屈しなかった。
脅しが効かずT-1000が次の策を考えていたとき、片腕になったT-800が現れてT-1000を鉄の棒で殴りつけた。
再びT-800とT-1000は戦いを繰り広げ、T-1000はT-800を鉄の棒で串刺しにしてパワー電池を破壊し、T-800は目から光が消えて停止してしまった。
T-800が停止したのを見届けると、T-1000は再びジョンを探し始めた。
1人で逃げていたジョンが工場内の暑さにまいって立ち止まっていたとき、母親がジョンを呼ぶ声がした。
声のする方へ行くと、フラフラになったサラがジョンに助けを求めていた。
ジョンがサラに近づこうとしたとき、サラの後ろにもう1人、銃を持ったサラが現れて「そこをどきなさい」と言った。
母親が自分に助けを求めるような性格ではないことを思い出したジョンは、母親の後ろに立つ母親の言うことに従った。

※解説メモ

通常版ではカットされていたと思いますが、T-1000は鉄工所で体を再構成したときに、急激な温度変化のせいか、再生したときに不純物を巻き込んだのか、不具合がめだつようになり、黄色と黒の棒を握ったときに手が同じ模様になったり、身体が触れている他の部分と同化する現象が見られます。
ジョンはサラが2人現れたとき、ノーカット版ではサラの足が地面と同化しているのを見て本物を見極めますが、足のシーンがカットされている通常版だとサラの性格を考えて本物を見極めたという解釈になります。

 

サラはライフルを続けざまに撃ってT-1000を溶鉱炉に落ちる手前まで追い詰めたが、弾が一発足りずに落とすことが出来なかった。
その一発はサラが肩を刺される直前、焦って地面に落としてしまっていた。
弾で空いた穴を修復したT-1000はサラに向けてチッチッと人差し指を振ったあと、サラの後ろにいるジョンに向かって歩き出した。
そのとき、サラとジョンの後ろからゼンマイに乗って現れたT-800がグレネードランチャーの最後の一発を発射し、弾はT-1000の体内で爆発した。
衝撃でT-1000の上半身は変な形になり、バランスを崩してそのまま溶鉱炉に落下、今まで変身していった人間たちに形を変えた後、溶けてなくなった。
サイバーダイン社から持ってきた腕とチップを溶鉱炉に投げ込んで、これで全て終わったとジョンは思った。
だがT-800は「俺の頭にあるマイクロチップも抹消しなければならない」と、彼を溶鉱炉に降ろすためのスイッチをサラに押すように頼んだ。
ジョンが泣きながらT-800を止めると、T-800は「人間が涙を流す理由がわかった」とジョンに告げた。
溶鉱炉に降ろすための鎖にT-800が捕まるとサラはスイッチを押し、T-800はゆっくりと溶鉱炉に降りていった。
T-800が完全に溶けてしまう直前、最後に沈んでいった彼の右手は親指を立てるジェスチャーをした。
T-800が消えたのを見届けるとジョンは号泣し、サラは溶鉱炉を見つめていた。

これで人類の未来が変わったのかはわからない。
だがサラは未来に希望の光が見えていた。
機械のターミネーターが生命の価値を学べるのなら、我々も学べるはずだ。

主題曲:オリジナルサウンド

Advertisement

ターミネーター2|解説や考察・感想など

この作品は私が小学生の頃に観てからずっと大好きな作品です。
とにかくシュワちゃんと銃とバイクが似合いすぎてもう胸が苦しくなってきます(笑)
その他のメインキャストも男女関係なく全員格好良い!
というわけでいくつか解説していきます。

 

・T-800がシュワちゃんじゃなくなる時

本作は派手なバイク・カーアクションのシーンが多くあり、スタントさんがT-800に成り代わっているシーンが結構あります。
有名なのはジョンがT-1000に轢き殺されそうになっていて、それを助けるときのシーンですね。
スタントマンではなくお人形さんに変わっているシーンもあります。
エンドクレジットを見てみると、スタントマンはメインキャスト全員に付いていたので、スタントさんに変わっているところや、CGや人形を探してみるのも楽しいかもしれません。

 

・ジョン・コナーの幼児期役の赤ちゃん

ジョンの幼児期の役をしているダルトン・アボットちゃんは、サラ・コナーを演じているリンダ・ハミルトンの実の子供だそうです。
苗字が違うから気付きませんでしたが、離婚されているみたいです。
ちなみに、リンダは前作と本作の監督であるジェームズ・キャメロンと、2年という短い間ですが結婚していたそうです。
今回調べて初めて知ったので少しだけ驚きました。

 

・サラが2人現れるシーン

鉄工所内でT-1000がサラに化けてジョンを呼び、目の前に2人のサラが現れてジョンが困惑するシーンがあります。
これも有名な話ですが、このときにもう1人のサラを演じていたのは、レスリー・ハミルトンというリンダの双子の姉です。

もうひとつ、警察病院の警備員が自販機のコーヒーを買った直後に彼に変身したT-1000に殺されるシーンでも、警備員に扮したT-1000と本物の警備員という、同じ人物が2人現れるシーンがあります。
このシーンもとてもナチュラルなのは、警備員役の俳優さんが双子で演じていたからです。
ネット検索したら2人一緒の写真が出てきましたが本当にそっくりで、見ていると不思議の国のアリスに出てくる双子を連想してしまいました。

 

・有名なセリフについて

登場するセリフで、恐らくターミネーターシリーズ全てで使われている有名なセリフについていくつか紹介します。

 

「Come with me if you wanna live.」(生きたければついて来い)

これは前作『ターミネーター』では、T-800に襲われて怯えているサラをカイルが連れていこうとしたときに言っているセリフです。
本作ではT-800がサラを助けに来たとき、T-800を見て気が動転しているサラに言った言葉です。

 

「I’ll be back.」(すぐ戻る)

前作ではT-800がサラを殺すために警察署に来た時、面会謝絶だと受付の警察官に言われて放った一言です。
この直後、T-800は車で警察署に突撃してサラを探します。
本作ではサイバーダイン社を爆破した直後、武装した警察官たちが行く手に待ち構えているのを見て、T-800がジョンとサラにかけた言葉です。

 

・ジョン・コナー役のエドワード・ファーロング

12歳当時のエドワード ・ファーロング

(出典:https://www.amazon.co.jp

ジョン・コナー役で日本でも一躍大流行したエドワード・ファーロングのその後の話は有名ですね。
エドワードは子どもの頃に大ヒットして、その後に危うい人生を歩むことになった俳優の1人です。
1977年8月2日生まれで現在はもう41歳です(2018年10月時点)。
月日が経つのは早いですね!

本品が映像作品への初出演だった当時12歳の美少年エドワードは、日本では特に「奇跡の美少年」として爆発的にヒットし、歌手デビューしてCDを出したりカップ麺のCMに出演したりと、当時人気を博したラッキーボーイでした。
下は当時のCMです。最後のキャッチコピーw
このCMはシリーズがあるので、気になる方は探してみてください。

 

エドワードは物心ついたころから母子家庭で育ち、再婚した母親との同居を拒んで叔父と叔母と一緒に生活していました。(この時に叔父の姓であるファーロングになります。)

この頃のエドワードは役者を目指していたわけではない普通の少年で、たまたま外で遊んでいたときにT2関係者の目に留まり出演が決まったのだそうです。
ジョン・コナーは”異常者・病人”と呼ばれるような母親から自分の将来を決めつけられる偏った教育を受けて育った上、母親が逮捕・強制入院させられると里子に出されやがて非行に走っていく少年という陰のある非常に難しい役どころです。
そんなジョンの生い立ちに共通点が多かったファーロングは、制作陣にはリアルなジョン・コナーに見えたのでしょう。
その後T2が大ヒットしてエドワード自身も大ブレイク、そして多額のお金が入ってくると、再婚相手を選びそのご音沙汰の無かったた母親が突然エドワードを引き取りたいと申し出て、今までエドワードを育ててくれていた叔父・叔母と親権をめぐって争ったのです。
母親だけでなく、他の親戚もエドワードの金目当てに押し掛けてきたとか。
その後に同棲していた13歳年上の恋人と破局後、元恋人に訴訟を起こされた頃からアルコールや薬物に手を染め始めました。
下の画像は2000年に撮られたエドワードとパリス・ヒルトンの写真です。

密着して並ぶエドワード・ファーロングとパリス・ヒルトン
(出典:https://www.eonline.com

2000年以降はアル中、薬物乱用でメディアでも話題になり、俳優業は続けていたもののヒット作はなく、その他主演が決まっていた作品数本を薬物や飲酒事件関連で降板されています。
2006年にレイチェル・ベラと結婚して男の子イーサンが生まれましたが、レイチェルへのDVなどで2009年にレイチェルから離婚を申し立てられ、その後のレイチェルに対するストーカー行為で接見禁止令を言い渡されましたが、これに違反して何度か逮捕されています。。
持って生まれた性格もあると思いますが、無責任な親から受けた影響も大きかっただろうと思います。
エドワードに平和な日々が訪れ、再びスクリーンで活躍が見られることを期待しています。

 

・使われている音楽

使用されている楽曲もインパクトが強くて印象に残っているので、人が歌っている曲だけ載せておきます。

・Dwight Yoakam『Guitars Cadillacs』
T-800が入ったバーで流れている曲

 

・George Thorogood 『Bad To The Bone』
T-800が服を着てバーを出たときの曲

 

・Guns N’Roses『You Could Be Mine』
ジョンがティムとバイクに乗っているときの曲

 

以上です!久しぶりに見直したので、見た日は興奮してよく眠れませんでした(笑)
今日はゆっくり寝たいと思います。

映画『ターミネーター2』関連商品(楽天)

・参考記事一覧

ターミネーターマニア
http://www.terminator-mania.net/weapon/terminator2.html

Vega-Sicilia(通訳案内士)のブログ
https://ameblo.jp/vega-sicilia/entry-11488164629.html

・関連記事

前作→映画「ターミネーター」あらすじ結末ネタバレ・感想
次作→映画「ターミネーター3」あらすじネタバレ・解説|賛否両論の3。
映画「ターミネーター4」あらすじネタバレ・解説|タイムスリップしない編
映画「ターミネーター:新起動/ジェニシス」あらすじネタバレ・解説|時間軸を変えるという荒業