映画「さくらん」あらすじ結末ネタバレ・解説|描かれていない2人の結末は?

さくらん

8歳で売られ、江戸・吉原の遊郭『玉菊屋』で美しい花魁となったきよ葉(土屋アンナ)の一生を描いた作品。

監督・蜷川実花が見せる独特の色使いの部屋や花魁たちの着物、豪華キャストも話題になった。

制作年:2007年
本編時間:111分
制作国:日本
監督:蜷川実花
脚本:タナダユキ
原作:漫画/安野モヨコ『さくらん』

出演者・キャスト&キャラクター紹介

「さくらん 土屋アンナ」の画像検索結果

(引用:https://ibispaint.com

きよ葉/日暮土屋アンナ
幼少期…小池彩夢

8歳の頃に売られ、吉原の遊郭『玉菊屋』で育った遊女。
最初に付けられた名前は「きよ葉」で、出世してから「日暮」に変わる。
気が強くて口が悪く、好き嫌いが激しいため敵を作りやすい。
子どものころはしょっちゅう吉原から逃げ出そうとしたが、
その度に男衆の清次に居所がばれて連れ戻される。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

(引用:https://search.yahoo.co.jp

清次安藤政信

玉菊屋の楼主(主人)の下で働く男衆で、若旦那的存在。
仕事ができて性格も男気があるため周囲から慕われ、女将や楼主からも信頼されている。
きよ葉が売られてくる前から玉菊屋で働いており、きよ葉の成長をずっと見守ってきており
誰よりもきよ葉のことをよく知っている。

 

イメージ 5

(引用:https://blogs.yahoo.co.jp

粧ひ菅野美穂

きよ葉が幼いころに付いていた花魁で、育ての親のような存在。
当時、玉菊屋から何度も脱走しようとしていたきよ葉に「花魁になりたい」と思わせ、やる気を出させた。

 

(引用:https://blogs.yahoo.co.jp

高尾木村佳乃

きよ葉が名代時代についた人気花魁。
嫉妬深く、気に入らない相手には頭の回転の良さを利かせて意地悪する。

(引用:https://news.livedoor.com

倉之助椎名桔平

日暮に惚れ、見受けしたいと申し出た武士。
見受け人としての身分は申し分なく、楼主と女将は大喜びした。

 

イメージ 2

(引用:https://blogs.yahoo.co.jp

惣次郎成宮寛貴

きよ葉の名代時代の初恋相手。

・その他のキャスト

若菊…美波
女将…夏木マリ
楼主…石橋蓮司
光信(高尾の間夫)…永瀬正敏
ご隠居(高尾の常連客)…市川左團次
坂口(きよ葉の常連客)…遠藤憲一
お蘭(元花魁)…小泉今日子
大工(日暮の客)…山本浩司
しげじ(日暮の禿)…山口愛
粧ひの客…津田寛治
きよ葉の客…長塚圭史
日暮の客…丸山智己
お染…倉内沙莉
花屋の青年…小栗旬
俺たち(野次馬)…ゴリ(ガレッジセール) ほか

Advertisement

あらすじ前半

きよ葉は8歳の頃に遊郭の一店『玉菊屋(たまぎくや)』に売られて原にやってきた。
※『きよ葉』は玉菊屋で付けられたもらった名前で、本名は不明。玉菊屋の女将(夏木マリ)に上玉と認められて””きよ葉””の名をもらい、
売れっ子花魁の粧ひ(菅野美穂)の※禿(かむろ)として働くことになった。
※禿…花魁の下について身の回りの世話をし、花魁について学ぶ童女。

きよ葉は花魁の仕事を見て””女””になることが怖くなり何度か脱走を試みたが、そのたびに若旦那の清次(安藤政信)に見つかって店に戻された。
きよ葉が初めて脱走したとき、隠れた庭に咲かない桜の木があった。
清次はきよ葉を捕まえた後、この桜を見て
もしもこの桜が咲いたら、お前をここから連れ出してやる
と約束している。

脱走を繰り返す きよ葉を見かねた粧ひは、きよ葉を焚きつけてやる気を出させることに成功し、
これ以後、きよ葉が脱走することはなくなった。
粧ひは、負けん気の強さが自分自身とそっくりのきよ葉に見込みを感じており
人気の花魁になるのに重要な””手練手管””の何たるかをきよ葉に教えた。

花魁が吉原から出るには、借金を返し終わるか、出世して旦那を捕まえるか、死ぬかのどれかしかなかった。
粧ひは※大店(おおだな)の若旦那に嫁ぐことが決まり、玉菊屋を去ることになった。
※大店:お金持ち粧ひは「※一本立ちしたら着けな」と、自身が着けていたかんざしをきよ葉に譲り、皆に見送られながら玉菊屋から出ていった。
※一本立ち:ひとり立ち
月日は流れ、きよ葉は高尾花魁(木村佳乃)の※名代に昇格した。
※名代:客が指名した花魁が忙しい時に代わりに相手する役
ある日、高尾の客の、少年のような心を持つご隠居(市川左團次)に気に入られたきよ葉は
夜の相手に指名され、これがきよ葉の初体験となる。
きよ葉はこのとき自然と、ご隠居がどうして欲しいのか、どうすれば喜ぶのかが手に取るように分かり
自分には生まれ持って遊女の才能があると確信した。

こうして初体験を終えたきよ葉は17歳にしてたちまち多くのリピーターがつく売れっ子になった。

ある夜。高尾について酒の席で接客していたきよ葉は、
小間物問屋の惣次郎(成宮寛貴)という男と出会い、初めて恋をする。
きよ葉は惣次郎に夢中になり、次第に他の常連客たちへの接客をおろそかにして
女将から注意を受けるほどになっていた。

怒った女将は、きよ葉が最近ずっと会うのを断り続けていた
上得意の坂口(遠藤憲一)の指名をあえて受け、強引にきよ葉に接客させた。

その少し前。高尾は自身の※間夫で絵描きの光信(永瀬正敏)
珍しく人物画を描いていると思ったら きよ葉を描いていたことがわかって嫉妬に狂っていた。
※間歩…本命の男高尾は、同じくきよ葉を良く思っていなかった若菊(美波)と協力してきよ葉を陥れようと企み、
坂口ときよ葉が会うことを知ると、惣次郎を呼び出してダブルブッキングさせた。
きよ葉が坂口をほっぽり出して惣次郎に会いに行ったことを確認すると、
高尾と若菊は、きよ葉が惣次郎と会っているのをわざと坂口に目撃させた。
坂口は激怒してきよ葉を何度か殴りつけ、男衆に止められて帰された。
それを見た惣次郎はきよ葉を置いて一目散に逃げだし、それからぱったり玉菊屋に来なくなった。
きよ葉は※横入りしたバツとして柱に縛られ、足を棒で叩かれた。
※横入り:仕事中に抜け出して間夫に会うこと。

それからも、待てど暮らせど惣次郎は店に来ず
高尾と若菊からは「惣次郎はウブなふりをして遊びまわっていたらしい
と噂話を聞かされた。
不安にかられた きよ葉はとうとう店を抜け出し、周囲の目をごまかすために男装までして
雨の中、惣次郎の勤める小間物問屋の前で惣次郎を待った。
しばらく待っていると惣次郎が店から出てきた。
そして きよ葉に気がつくと、いつもと同じ無邪気な笑顔を きよ葉に見せた。
その笑顔を見て、自分と惣次郎の想いの『温度差』を悟った きよ葉は
そのまま会話を交わすこともなく惣次郎の前から立ち去った。

生まれて初めて失恋し、ひとり川辺で泣いていたきよ葉のもとに心配した清次が迎えに来た。
「泣くなら客の前で泣け」と声をかけた清次に
きよ葉は鼻をすすりながら「誰が泣くか!」と答えた。

Advertisement

あらすじ後半(ネタバレあり)

自分の嫉妬心にも疲れ果て、思いつめていた高尾は
いっそのこと心中しよう」と思い立ってカミソリを持ち、
帰り支度をしていた光信に襲い掛かった。
そしてもみ合っているうちに、高尾は光信に首を切られて死んでしまった。
光信は動揺し、カミソリを放って逃げ出した。

翌日、高尾の遺体を見た楼主は、一言※「もったいねぇ」とつぶやくと
店の者に片づけを頼んで出ていった。
※後に解説あり。
高尾の死を悲しむ者は誰もいなかった。
きよ葉は死体となってもなお美しい高尾をじっと見つめた。

「松の位」だった高尾がいなくなり、女将と楼主は きよ葉を松の位に格上げしたがった。
だが きよ葉は「2.3番手で文句言ってる位が丁度いいから」とノリ気ではなかった。
困った女将は清次にきよ葉の説得を任せ、
きよ葉は仕方なく松の位につく事を決めた。
この時に、名前を きよ葉から日暮(ひぐらし)に改名した。
最高ランクの花魁になった日暮は、お披露目の花魁道中をきらびやかに行った。
そして、かつての粧ひのように禿を従え、女の子たちを教育する側になった。

花魁道中を見て日暮の美しさに惹かれた武士の松本倉之助(椎名桔平)が来店した。
日暮の男まさりな性格に惚れた倉之助は、やがて日暮のなじみ客となった。

おだやかに月日は流れ、倉之助は日暮を正妻として見受けしたいと日暮にプロポーズした
これは遊女にとってはこの上ない幸運な話だった。
※日暮は少し考えたあと「この吉原に桜が咲いたら、出ていくつもりでありんす」と答えた。
※後に解説あり

同じ頃、清次にも楼主と女将から縁談話が持ちかけられていた。
子どもがいなかったこの老夫婦は、自分たちの姪っ子と清次を結婚させて店も継いでもらおうと考えていた。
※店を継ぐ気はなかった清次は縁談を断る言葉を考えたが
良い言葉が思い浮かばず、縁談は半ば強引に進められることになった。
※後に解説あり
後日、倉之助は玉菊屋に大量の桜を木ごと持ってきて庭に置き、
日暮の言葉通り、吉原に桜を咲かせ、お花見の宴を開いた。
倉之助はその席で日暮を見受けすることを皆の前で公表すると、周囲はざわめき、楼主と女将は大喜びした。
皆が歓迎ムードで大盛り上がりの中、日暮の体調が悪いことに気が付いたのは清次だけだった。
やがてこっそり宴の席を離れた日暮を追いかけた清次は、日暮が妊娠していることを知る。
日暮は「見受け話は断って子どもを産む!」と聞かなかったが
一度店が承諾した見受け話は、店側から断ることはできないという暗黙のルールがあった。

日暮は「誰が父親かもわからない子を身ごもった」と倉之助に話し、
倉之助を怒らせて見受け話をなかったことにしてもらおうとしたが、
倉之助は「それでも来てほしい」と優しく真剣に答え、日暮は逆に倉之助の懐の深さを知ることとなった。
日暮が見受け話から逃げられないことを理解したと同時に、日暮のお腹に激痛が走り、子どもが流れてしまった。

流産して落ち込んだ日暮を、清次はそばについて献身的に看病し、ときに慰めた。
ある夜。子を思って空を見ながら大粒の涙を流していた日暮を、清次は強く抱きしめた。
そして、日暮と清次はいつの間にかお互いに恋に落ちていたことに気付いてしまった。

倉之助の提案で、日暮たちと清次たちの祝言を同時に行うことになった。
祝言を明日に控えた夜。
日暮は一番可愛がっている禿の しげじ(山口愛)に、かつて粧ひからもらったかんざしを託した。
その後、月を見ようと出た庭で偶然居合わせた清次と
お互いに「幸せになれよ」と言葉を交わした。

祝言の日の朝。
日暮と清次は、庭に植わっている咲かないはずの桜が2輪の小さな花を咲かせていることに気が付いた。
2人は顔を見合わせて笑うと、かつて交わした約束通り、清次は吉原から日暮を連れ出した。

2人が駆け落ちしたことを知った楼主は「殺してやる!」と怒り狂った。
倉之助は空っぽの日暮の部屋で悲しげな笑みを浮かべていた。
満開の桜と、一面に菜の花が咲く土手に来た日暮と清次は幸せそうに、一緒に桜を見て回った。

・主題歌
椎名林檎&SOIL&”PIMP”SESSIONS『カリソメ乙女(DEATH JAZZ ver.)』

・挿入歌
椎名林檎『夢のあと』
椎名林檎×斎藤ネコ+椎名純平『この世の限り』

椎名林檎のアルバム「平成風俗」に3曲とも収録されています(楽天)

映画「さくらん」関連商品(楽天)

Advertisement

簡潔なあらすじ

長々と読む時間がない方はこちらをご覧ください☆

8歳で原に売られ、人生の苦楽を学びながら立派な売れっ子花魁に成長したきよ葉はある日、
見受け(結婚)するには申し分ない身分の武士 倉之助に見初められた。
時を同じくして、きよ葉を幼い頃から見守ってきた若旦那の清次にも結婚話が舞い込み、
楼主と女将は2人の結婚話に大喜びだった。
しかし祝言の日が近づくにつれてきよ葉と清次は、お互いの存在の大切さに気付き、それが愛だったと知る。
祝言の日の朝、きよ葉と清次は駆け落ちして吉原から逃げ出した。
恥をかかされた楼主は大激怒、店の男たちに2人を探させた。
きよ葉と清次は満開の桜を見て回り、つかの間の幸せをかみしめた。

解説や感想など

若菊がきよ葉によんだ句の意味

 

冒頭で、客引きをしていた若菊がきよ葉に向けて
嫌味を込めて句をよみました。
心なき 間夫(まぶ)は今頃 向島(むこうじま) お茶引きの身の 一人相撲よ
簡単な訳は「本命の男がどこかに行ってしまった淋しい女」という意味です。
””間夫””は、遊女の本命の男性のことを指します。
この詩をよまれた きよ葉は怒り、若菊を蹴り飛ばします。

高尾が死んで、楼主がつぶやいた「もったいねえ」の意味

高尾が心中しようと光信に襲い掛かったとき
光信はカミソリを取り上げようとして、あやまって高尾を殺してしまいます。
翌日、高尾の遺体と壁や家具についた血しぶきを見た楼主は
「もったいねえ」
と一言つぶやきます。
この「もったいねえ」の意味は
まだまだ稼いでもらうつもりだった花魁が死んでしまって「もったいない」、
高い家具や壁紙に血がついて使えなくなってしまって「もったいない」
という意味です。
この言葉で、楼主は花魁たちを単なる商売道具としてしか見ていないことがわかります。

花屋の男(小栗旬)について

小栗旬の映画別かっこいい髪型画像一挙まとめ

(引用:https://chicks-talk.com

本作では、日暮に突然バラをプレゼントするというほんの少しだけの登場ですが、花屋の若者が登場します。
この男は原作の漫画では、日暮に想いを寄せる青年として他の花魁たちとのストーリーも描かれている人物です。
気になる方は原作漫画もご覧になってみてください。

倉之助が日暮にプロポーズした時の日暮の答えの意味

日暮に本気になった倉之助は、日暮に「正妻になってほしい」とプロポーズします。
そのときの日暮の答えは
この吉原に桜が咲いたら、出ていくつもりでありんすでした。
この言葉を倉之助は「吉原に桜が咲いたら結婚する」と受け取りました。
しかし、この日暮の言葉の本当の意味は別にありました。
プロポーズされたとき、日暮は清次が「この桜が咲いたら、お前をここから連れ出してやる」
と約束してくれたことを思い出していました。
そして何も知らない倉之助には無理難題に聞こえることを言い、
暗に見受け話を断ったつもりでした。
しかし、倉之助は金に物を言わせて吉原に桜を咲かせ、
見受け話を知った楼主と女将は大喜びし、話が進んでしまいます。

清次が玉菊屋を継ぎたくなかった理由

子どもがいない楼主と女将が、清次に身内との結婚と跡継ぎの話を持ち掛けた際、
清次は結婚も、店を継ぐのも気乗りしない顔をします。
清次はかつて玉菊屋で働いていた遊女の子どもで、生まれてからずっとここで育ちました。
「お世話になった楼主と女将のために働いている」と本人が語っています。
しかし、清次は楼主とは違って人の気持ちがわかる人間でした。
この世界のことを誰よりも知っていたからこそ、ここに長く身を置くつもりはなかったのでしょう。
吉原で働く女たちの辛さや悲しさ、苦悩を誰よりも理解していたからです。
そして、結婚話にも乗り気でなかったのは、清次の心のどこかにきよ葉がいたからです。

結末の解釈

画像

(引用:https://okapi.at.webry.info

結末が描かれることなく話は終わってしまいますが、
日暮と清次の行く末は、登場人物たちの発言などで語られています。

祝言の当日に2人は行方をくらまし、恥をかかされた楼主は怒り狂います。
あらゆる手を使って何が何でも2人を捕まえようとするでしょう。

そして、日暮が可愛がっていた禿 しげじの発言です。
祝言の前夜、しげじが怖い夢を見たと日暮に泣きつきます。
その夢の内容は姉さん(日暮)が遠くに行って死んでしまう夢でした。
このしげじの夢が、2人の行く末を示す隠喩です。

日暮と清次はこの後 楼主に捕まって殺されるか、捕まる前に心中するかのどちらかです。
2人は祝言、ひいては結婚の約束をすっぽかすとどうなるのか理解した上で駆け落ちしました。
お互いに好きでない相手と結婚して長生きするよりは、
好きな人と一緒にいられる短い時間を選んだのです。切ないですね。

 

タイトル「さくらん」

本タイトルは、きよ葉と清次の約束である「」と、「錯乱(意味:感情や思考が混乱する)」を掛け合わせたタイトルだと解釈しています。
嫉妬に狂って間夫に殺された高尾も、
死を恐れずに駆け落ちを選んだきよ葉と清次も、
第三者から見れば「いっときの感情に身を任せて(錯乱して)破滅した大馬鹿者」に映るでしょう。

しかし、彼女たちは後悔していません。
花魁の女たちは恋愛に生き、生かされている存在です。
恋愛の末に死ねるなら本望のはずです。

 

この記事が参考になったら「いいねorシェア」お願いします(^O^)

映画「さくらん」関連商品(楽天)