『機動警察パトレイバー2 the Movie』ネタバレ解説|台詞を元に考察しました | 映画鑑賞中。

『機動警察パトレイバー2 the Movie』ネタバレ解説|台詞を元に考察しました

スポンサーリンク
SF

劇場版『機動警察パトレイバー2 THE MOVIE』の解説・考察をしています!
前作から約1年後。横浜ベイブリッジが爆破された事件を発端に自衛隊絡みの事件が次々に発生した結果、政府と警察の間に大きな亀裂が生じ、平和だったはずの日本は内戦がいつ起きてもおかしくない危機的状況に陥った。
特車二課第二小隊長の後藤は爆破事件後、突然接触してきた謎の男 荒川と共に、一連の事件の犯人である元陸上自衛隊員 柘植行人の行方を追う。

制作年:1993年
本編時間:113分
制作国:日本
監督:押井守
脚本:伊藤和典
原作漫画:ゆうきまさみ著『機動警察パトレイバー
スポンサーリンク

キャスト&キャラクター紹介


(引用:https://twitter.com

後藤喜一(ごとうきいち)…大林隆介

特車二課第二小隊長の警部。
元は公安所属だったが、頭が良すぎたために特車二課に左遷された。
第一小隊長で課長代理の南雲しのぶに好意を抱いている。
『横浜ベイブリッジ爆破事件』を発端とするクーデターを起こした犯人逮捕に尽力する。

 


(引用:https://twitter.com

南雲しのぶ(なぐもしのぶ)…榊原良子

特車二課第一小隊長の警部兼課長代理に昇進した。
元々は出世コースに乗る非常に優秀な人物だが、『柘植学校』時代の柘植行人との不倫が明るみになり、現在の地位に落ち着いていることが明らかになる。
柘植行人がベイブリッジ爆破事件を指揮した容疑者になっていると知り動揺する。

 


(引用:https://type-r.hatenablog.com

荒川茂樹(あらかわ しげき)…竹中直人

陸幕調査部所属の謎多き男。
『横浜ベイブリッジ爆破事件』発生後、後藤としのぶの前に突然現れて柘植行人捜しの協力を依頼する。

 


(C) 1993 Production I.G All Rights Reserved.

柘植行人(つげ ゆきひと)…根津甚八

レイバーに軍事的価値を見出して『機関研究会多目的歩行機械運用研究準備会』、通称『柘植学校』を設立した元陸上自衛官。
東南アジアにレイバーを派遣しようとして敵兵に襲撃され、その後消息を絶っている。
クーデターの主犯。

 

・その他のキャスト
松井(警視庁捜査課の刑事)…西村知道
篠原遊馬(元第二小隊員)…古川登志夫
泉野明(元第二小隊員)…富永みーな
太田功(元第二小隊員)…池水通洋
シバシゲオ(整備班主任)…千葉繁
山崎ひろみ(元第二小隊員)…郷里大輔
榊清太郎(整備課長)…阪脩
進士幹泰(元第二小隊員)…二又一成
佐久間(教官)…仲木隆司
ブチヤマ…立木文彦
海法部長(警視庁警備部長)…小島敏彦
山寺(警備部長)…大森章督 ほか

 

あらすじ前半

2002年の日本。産業ロボット『ヒト型作業機械』である『レイバーシステム』が一般社会に普及し、レイバーが人間に代わって重労働を行う時代。
人間はレイバーに乗り込んで操縦することで、どんな重労働も楽にこなすことができた。
前作から約1年が経過し、当時東京の首都圏にしか所有がなかったレイバーは大阪や愛知などの全国主要都市に広まり、伴ってレイバー絡みの犯罪も増加しつつあった。

当時の第二小隊は解体され、隊長の後藤喜一を残してその他のメンバー(遊馬、野明、太田など)は他部署に出向していた。
第一小隊長だった南雲しのぶは特車二課の小隊長兼課長代理に昇進したものの、レイバー部隊は解散を待つばかりの状態だった。

その日の夕方。警視庁本部で会議を終えたしのぶは二課に戻る道中の高速道路で渋滞に巻き込まれ、その原因が『横浜ベイブリッジに違法駐車している車に爆弾が仕掛けられている』と通報があり、神奈川県警交通機動隊員が対処のために交通規制をかけているからだと知った。
かなり時間がかかりそうだとため息をついていた時、しのぶの目の前でベイブリッジが爆発した。


(爆破したベイブリッジを見る人々 引用:https://twitter.com

事件は『横浜ベイブリッジ爆撃事件』と名付けられて日本全体を震撼させ、世界的にも大きなニュースになった。
マスコミが公開した爆破当時の映像から、通報通り違法駐車していた車が爆発したのではなく、どこからともなく現れた米軍戦闘機『F-16J』がミサイルを放ち、爆破させたのだと明らかになった。
日本で唯一戦闘機を保有する機関である自衛隊は関与を否定しており、警視庁は特別調査委員会を設置した。

松井刑事が後藤に頼まれて、マスコミに爆撃の映像を提供した映像会社から元データを押収しようと会社を訪ねたが、映像会社は松井が来る前に現れた他の刑事にデータを渡してしまったと答えた。
何者かが刑事に成りすまして映像を持ち去ってしまったのだ。
謎の男にデータを渡してしまった担当者は「その人もあなた(松井)と同じ位 刑事らしい風貌だったから、疑いもしなかった」と語った。
松井は担当者に「映像に不審な何かが映っていなかったか」と尋ねると、担当者は「不審な物は無いように見えたが、何かが映っていたから持って行ったんだろう」と答えた。

後藤が松井刑事とやりとりしているのに気づいたしのぶは「何かする時は、こそこそしないで私に報告してちょうだい!」と怒った。
その直後、陸幕調査部別室の荒川と名乗る、住所も連絡先も明かさない謎の男が後藤としのぶを訪ねてきた。

陸幕調査部:陸上幕僚監部調査部の略称。防衛省の特別機関で、電波情報収集での諜報活動を専門に行う。

荒川は、後藤としのぶに「ベイブリッジ爆破事件の真相究明に協力してほしい」と言うと、独自のルートで入手したというベイブリッジ爆発の直前までの映像(カラオケ用の背景映像)を見せた。
そこに映り込んでいた米軍機はマスコミに流れた映像とは違う機種であり、それはマスコミに流れたのは加工された映像であることを意味していた。
荒川が持参した映像に映っていたのは最新式のF-16戦闘機であり、それは日本航空自衛隊が所有していない機種だった。


(VHSを見る後藤、しのぶ、荒川 引用:http://maczek.blog66.fc2.com

荒川の話では、該当の機種は日本は所有していないが、米軍基地で所有していて日本国内にはあった。
そして「事件発生前夜の夜間発着訓練中に失踪した米軍機がある」と、米軍が非公式に報告してきたという。
しかし、依然として犯人は不明で、決して米軍の意思ではないという。

荒川は、彼らが約1年前から内偵をしている組織『国防族』の存在を告げた。
国防族は日本の政治家や幕僚OB、米軍の人物などで結成された組織で、彼らはいつまでも軍備の増強を図ろうとしない日本に対して危機感を持たせることを目的とする組織だった。
そして日本の平和ボケを覆すべく軍事的茶番劇を思いつき、それが『ベイブリッジに違法駐車されている車に爆弾が仕掛けられている』という通報だった。
国防族が決行した茶番劇は『車の違法駐車と通報のみ』で爆弾はウソだった(危機感を持たせることがだけが目的で、爆破事件を起こすつもりは無かった)が、彼らの行動を知った何者かが計画を利用してミサイルを撃ち込んだのではないかと語った。
幕僚たちは事の顛末の公表して自衛隊への疑惑を晴らすように迫っているが、証拠が無いため政府は渋っていた。

荒川は、柘植行人という人物が容疑者になっているので捜索に協力してほしいと言う。
柘植は国防族創立当初からのメンバーで、3年前から現在に至るまで行方不明になっていた。
柘植はレイバーに関わる警察関係者ならその名を知らない者はいない人物だ。
後藤が答えに迷っていた時、三沢基地から米軍機3機が東京に向かって来ていると報告が入った。

府中COC(東京都府中市にある空軍通信施設、戦闘指揮所)はモニターで『ワイバーン』と呼ばれる米軍機3機を確認し、無線で連絡を取ろうとしたが無反応だったので、すぐに戦闘機ウィザードを派遣してワイバーンが首都圏上空に到着するまでに打ち落とすよう命じた。
ウィザードはモニター上、ワイバーンと衝突しかねない程近くなったが、パイロットはワイバーンどころか飛行機らしき機体すら発見できなかった。

その直後、ワイバーンは忽然とモニター上から姿を消した。
一時的にモニターがハッキングされていて、あたかも東京に米軍戦闘機が向かって来ているように見せられていたのだ。
この事件は『スクランブル騒動』と名付けられた。


(ハッキングされていたことに気付き呆然とする司令官 引用:https://twitter.com

その後、後藤は荒川と接触して『スクランブル騒動』の全貌を知った。
モニターをハッキングした犯人はドイツの情報サービス会社のゲートウェイからアメリカのとある大学のネットを経由して、在日米軍基地のシステムに潜り込み、府中COCをハッキングしていたことがわかった。

府中COCは最近システムを一新したらしく、新システムを導入したメンバーの中に国防族の一味が居たと見られるが、ハッキングされた事実を隠蔽したい政府と防衛庁は何も公表していない。

後藤は「柘植は戦争でも始める気か?」と問うと、荒川は「戦争はもう始まっている。どうケリをつけるかが問題だ」と答えた。

二課に戻った後藤は、荒川と内緒で会っていたことをしのぶに責められた。
その時突然、警備部部長から練馬駐屯地の警備をするよう命令が下った。

後藤が二課に戻ってくる30分前に、三沢基地の各飛行隊に警察から飛行禁止命令が出た。
自衛隊の基地司令官は抗議のため東京に向かおうとしたところを、青森県警は司令官を連行してしまった。

警察の行為に対して防衛省は怒り、自衛隊の各基地では籠城による抗議を始めた。
警察は自衛隊がこれ以上騒動を起こすのを防ぐため、後藤としのぶを含めた部下達に駐屯地を警備するよう命じたのだ。

後藤は出動を拒否したが、しのぶが行ってしまったので仕方なくついて行ったものの、「レイバーが壊れた」とウソをつき、ただその場にいるだけにとどめた。

スポンサーリンク

あらすじ後半※ネタバレしてます


(戦車と自衛隊員の前で記念撮影する市民 引用:https://twitter.com

籠城事件の責任を取って数名の幕僚長が辞任したものの、ここまで警察と政府の関係が悪化してしまった後では『横浜ベイブリッジ爆破事件』の真相を明かしても意味がなかった。
数時間後、政府は警察が信用できないと公共の場で宣言し、治安維持のためと称して自衛隊を首都圏各所に配備して、警察の仕事を奪い始めた。
東京の街に武装した自衛隊員や戦車が配備され、物騒な景色に一変した。
特車二課整備班は臨戦態勢に備えてコンビニにある食料をすべて買い占めた。

そんな中、松井刑事は荒井からの資料を元に金の流れを辿っていかにも怪しげな飛行船会社にたどり着いていた。
約1年前までは廃業寸前だったが、防衛省買収されて持ち直した。

半年前にアメリカ製の飛行船を3機購入し、その飛行船は先日から都内を飛び回っている。
ベイブリッジ爆破事件の1週間前にも、アメリカから『かなり高額な物を3つ購入した履歴』があった。
米軍経由で購入していて税関をスルーしているので、何を買ったのかはわからなかった。
松井は会社に侵入して手がかりを探ろうとするが、ボディガードに捕まってしまった。

同じ頃、柘植から数年ぶりに連絡を受けたしのぶは、驚きながらも拳銃を持って待ち合わせ場所に向かうが、その場所には後藤と新井が待ち受けていた。
しのぶの母親が心配して後藤に連絡していたのだ。
柘植は2人の存在に気付き、しのぶとは一切接触することなく仲間らしき男たちと共に逃げて行った。
しのぶは「止まりなさい!」と柘植に銃を向けたものの発砲できなかった。

翌朝。後藤としのぶは警察上層部に呼び出され、許可無しに神奈川県警に出動要請していたことへの忠告を受けた。
会議の途中、松井刑事からの電話で席を外した後藤は、15分前に戦闘機3機が飛び立ったと報告した。

後藤はすぐ特車二課に電話を掛けるが誰も出ず、その戦闘機が二課を襲撃したことを悟る。
後藤が会議に戻ると、上層部に口答えしたしのぶは第一小隊長兼課長代理の地位をはく奪され、身柄を拘束すると告げられていた。

後藤は保身に夢中で事態の深刻さを理解していない上層部に怒りを覚え、しのぶと共に行動すると告げた直後、自衛隊戦闘機3機が二課に保管されていたレイバーをすべて破壊した後、東京湾横断橋を襲撃したと報告が入った。

その後、戦闘機3機は首都圏の主要な電波塔や橋を次々に破壊し、警察庁も襲撃され、東京は大混乱に陥った。
騒ぎに乗じて身柄の拘束から逃れた後藤としのぶは、『整備の神様』と呼ばれたの自宅に逃げ込んだ。


(榊宅で考え事をするしのぶ 引用:https://twiman.net)

後藤は「こんな状況になっても政治的要求など何も無いということは、混乱させることそのものが目的だったんだ。これはクーデターを装ったテロ行為だ。犯人を捜しだして逮捕する以外に、解決の方法は無い」と告げた。

後藤はいざという時のために元第二小隊員達に召集をかけるよう榊やシバに依頼していた。
後藤は榊に「くれぐれも強制はしないで欲しい(バレたら警察をクビになるから)」と念を押していたが、後藤が去った後、榊は集まってきた隊員達に「仲間をありったけ集めろ!嫌がる奴は首に縄付けてでも引っ張ってこい!」と命令した。

こうして、榊の元にシバをはじめとする整備課の同僚が大勢集められ、野明、しのぶ、太田が乗るためのレイバー3台を急ピッチで修復した。

同じ頃、ここ最近毎日のように東京上空を飛んでいた3機の飛行船の内の1機を警察部隊が威嚇射撃したところ、無人だった飛行船はみるみる下降して街に不時着し、同時に黄色いガスが周囲に充満した。

街は大パニックに陥ったものの、その直後、それはただ着色されただけの虫も死なないほぼ無害のガスだと判明したが、飛行船の中には本物の毒ガスが入っていると思われるボンベが積まれていた。

後藤は荒井から、野戦用の強力なパラボラアンテナを立てている18号埋め立て地の写真を見せられた。
荒井は、そこは飛行船を操縦するための基地になっていて、柘植もそこに潜伏しているに違いないと語った。
その写真は米軍から提供されたもので、米軍も柘植の動向を見張っていたことが明らかになった。
明日の朝7時までに和解の方向に向かわなければ、米軍が政治と警察の喧嘩に介入すると大使館を通して通告があった。
荒川は「この国はもう一度戦後からやり直すことになるのさ」と笑った。

後藤の元には柘植に奇襲を仕掛けて捕えるための要員として南雲しのぶと、元第二小隊員の篠原遊馬、泉野明、太田功、進士幹泰、山崎ひろみが集まった。
18号埋め立て地は見晴らしが良く海上や陸上から行くとすぐ見つかってしまうので、バビロンプロジェクト進行当時に使われていたレイバー搬入用の海底トンネルから攻めることになった。

その日の深夜、現在は使われていない地下鉄の駅からしのぶと元第二小隊員達を柘植を逮捕するよう命じて送り出した後、残った後藤は呼び出していた荒井を逮捕した。

荒井も国防族の一員で柘植の仲間だったのだ。
荒井は柘植が姿をくらました後、今回の事件を企てていることを知って窮地に立たされていた。

公な捜査も出来ない状況だったので、荒井は後藤としのぶに目をつけて捜査協力を仰ぎ、柘植を暗殺するチャンスを見計らっていたのだ。
しのぶが柘植に呼ばれた夜、荒井が柘植を目の前にしても逮捕しようとしなかったのは、生きて柘植が逮捕されて色々と喋られてしまっては困るからだった。

柘植逮捕のために海底トンネルを進んでいたしのぶと第二小隊員は、トンネルの奥にアメリカ陸軍が開発した移動砲台ロボット『グスト』が3台設置されているのを確認。
激闘の末にグストを破壊したが、海底トンネルの壁に穴が開いてしまい、トンネルは海水で満たされた。
しのぶだけが柘植の元にたどり着き、残りの隊員は全員撤退した。


(柘植行人としのぶ 引用:https://animeanime.jp

埋め立て地に居たのは無数のカモメと柘植ただ1人だった。
「この街は幻だ」という柘植に、しのぶは「私は幻じゃない」と告げ、柘植を逮捕した。
柘植がしのぶの手を握ると、しのぶは切なげな表情でしっかりと握り返した。
2人の様子をヘリから見ていた後藤はしのぶへの想いが届かないことを悟った。

後藤と松井を乗せたヘリが現れて、しのぶと柘植を連行した。
松井が「これだけの事件を起こして、なぜ自決しなかった?」と聞くと、柘植は「もう少しこの街の未来を見ていたかった」と答えた。

スポンサーリンク

解説、考察、感想など

理解できれば面白かったんですが、個人的には観たことを後悔するくらい難解でした(笑)
押井監督は本作について、戦争や、日本の自衛隊が抱える問題について考えて欲しかったと、ジブリの宮崎駿氏との対談で語っています。
さっきも言いましたが私には難解過ぎて、押井監督が提起していた問題について考えるまでに至らず、あらすじの咀嚼だけでいっぱいいっぱいでした(汗)

柘植行人について


(引用:https://spice.eplus.jp

事件の犯人だった柘植行人の過去は荒川さん大体語ってくれていたのでおさらいします。

元陸上自衛隊員の柘植はレイバーシステム創設当時、その軍事的価値にいち早く注目した人物で、『多目的歩行機械運用研究準備会』、別名『柘植学校』を発足し、自衛隊技術研究本部と民間企業との連携に多大な成果を上げました。

この『柘植学校』には当時キャリア組のエリートだった南雲しのぶが本庁代表として派遣され、その後しのぶと柘植は不倫関係になります。
このスキャンダルが原因で、しのぶは出世コースから外されて特車二課に左遷されています。
この2人の不倫騒動は、本庁の人間なら誰もが知っている有名な話で、漏れなく後藤もこの件を知っています。

そして本作の舞台から約3年前、PKO(国際連合平和維持活動)にレイバーの派遣が決まった際、柘植は自ら名乗りを上げて部下と共にカンボジアへ赴きますが、目的地に到着するまでに敵兵に襲われてしまいます。これが冒頭のシーンです。

敵兵から攻撃を受けた際、柘植は上層部に応戦許可を求めますが許可はおりず、柘植はいよいよ自らの命が危険となった時に上層部を無視し応戦して何とか生き残ったものの、部下は全滅しました。
その後、柘植は日本に帰国してそのまま行方をくらまします。

柘植は日本国家に対する恨みを晴らすと同時に『偽物の平和』に甘んじている日本に危機感を持たせるため、国防族のメンバーと共に過激な方法で目的を果たそうとします。

ちなみにですが、本作を見た宮崎駿さんは柘植について「押井ワールドとして楽しんだけど、柘植についてはリアリティがなさすぎる」と異論を呈していました。

宮崎:帆場映一が悪意をもっていろいろ仕掛けをして、東京を引っかき回したいと思うのは、何となくわかった。
でも柘植に関しては、全然わからなかった。
押井さん自身にも、実は現在の東京への関心はずっと薄くなっているのだと思う。
そもそも、クーデターを起こすほどの組織力の持つ人間は、前線指揮官にはならないからね、普通に考えれば。
でも、そんなことは押井さんは全部わかってやっている。だから話しにくい。
(中略)
これはもう、押井さんの内面世界に自分たちが引きずり込まれるということだから、リアリズムから出発して、ああでもない、こうでもないと言ってもそれはしょうがないこと。
この時間を押井ワールドとして楽しむしかない。  (引用:「アニメージュ」1993年10月号より)

上記はほんの一部で、宮崎さんと押井さんのやり取りは全体的に面白かったので、気になる方は押井守監督作品に関するインタビュー記事をまとめた『すべての映画はアニメになる 』をご一読ください。

個人的には、柘植の自衛隊時代や柘植学校時代、しのぶさんとの馴れ初めなどの精神的に健康だった頃の描写が欲しかったです。
アニメか漫画にはあるんですかね?探してみようかな。

 

飛行船にカラス、埋立地にカモメなど、鳥が登場する場面が多くありました。
前作の犯人帆場暎一が鳩とカラスにメッセージ性を持たせていたので、今回も何か意味するところがあるのかな〜と思いながら見ていたんです。

例えば特に印象的だった飛行船のカラスは、帆場暎一のような純粋な悪意が柘植にもあるのかも?と視聴者に疑いを抱かせるためだったのかなと考えていました。
実際には柘植に悪意は無かったし、沢山のカモメと一緒に埋立地に立っていた柘植からは純粋さを感じました。
ということはあのカラスは、後藤隊長や我々が飛行船を『危険な仕掛けがあるかもしれない』と思っていた気持ちが反映されていたことになり、柘植の感情が反映された鳥ではなかったようです。

などと書き連ねていたんですが、押井監督のインタビュー記事を拝見していたら、鳥は無意味なノイズであるとコメントされていたようです。

鳥そのものにメッセージ性は無く、ただ雰囲気作り(正確には『世界観に奥行きを持たせるため』)のために描いたとのことです。
とは言え意味が無いことにも意味があったようで、『様々な解釈のきっかけになって欲しい』という思いが込められているとのことです。

アニメという性質上、意味の無い物は描かないだろうという前提で見ていたので驚きの答えでしたが、意味が無いことに意味があるってなんだか不思議な感覚になると共に勉強になりました。

鳥さんに関しては以下の記事を参考にさせて頂きました。

pixivision:偶然性まで意図して描く、だから世界が”奥行き”を持つ。『METHODS 押井守「パトレイバー2」演出ノート』 〜レジェンド本を学ぶ〜

 

後藤、しのぶ、元第二小隊員のその後

後藤としのぶは騒動に乗じて上層部の拘束から逃げたり、遊馬と野明などの部下を招集して勝手にレイバーを使って柘植に奇襲を仕掛けたり、やりたい放題していましたね。

本来なら解雇されてもおかしくない暴れっぷりでしたが、柘植の逮捕は日本中の誰もが待ち望んでいたことで、大きな功績になるのは間違いありません。

ということで、柘植の逮捕に免じて全員お咎め無しになる可能性が高そうです。
辞める気で海法部長や山寺警備部長とやり合ったしのぶさんが心配ですが、彼女こそ逮捕に大きく貢献したので、しばらくは彼らも何も言えないでしょうし、しのぶさんも肝が座ってるので問題無いと想像します。

次のページに続きます!

2ページ目は気になった台詞の考察です。

コメントお待ちしてます

タイトルとURLをコピーしました