アニメ映画『パプリカ』ネタバレあらすじと感想|夢なのか現実なのかわからないから面白い | 映画鑑賞中。

アニメ映画『パプリカ』ネタバレあらすじと感想|夢なのか現実なのかわからないから面白い

スポンサーリンク
SF

映画『パプリカ』のあらすじを紹介しています!

夢を他人同士がお互いの夢を共有できるようになりつつある近未来。
精神医療総合研究所で開発され、実験段階にあった夢共有装置『DCミニ』が何者かに盗まれた。
開発チームの一員で心理セラピストの千葉敦子は、犯人捜しと被害者を救うため、夢探偵『パプリカ』になって夢の世界を行き来する。

パプリカ

制作年:2006年
本編時間:90分
制作国:日本
監督:今敏
脚本:今敏、水上清資
原作小説:筒井康隆 著『パプリカ

・本作の解説考察記事はこちらです↓

スポンサーリンク

主要人物紹介

パプリカ
© 2006 Madhouse, Inc. and Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All Rights Reserved.

千葉 敦子/パプリカ林原 めぐみ
DCミニ開発チームメンバーの心理セラピスト。
DCミニを使用した夢セラピーの治療体系確立に奮闘中。
夢の中では彼女のもう1人の人格であるパプリカが活躍する。

 

パプリカ
© 2006 Madhouse, Inc. and Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All Rights Reserved.

時田 浩作古谷 徹
天才科学者でDCミニの開発者。
小さめのエレベーターでは出入りが難しいほどの巨漢。
島所長や敦子は彼を『子供のまま大きくなった天才』と称する。
敦子とは幼馴染みで彼だけが敦子を『あっちゃん』と呼ぶ。

 

パプリカ
© 2006 Madhouse, Inc. and Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All Rights Reserved.

島 寅太朗堀 勝之祐
研究所の所長兼理事長。
数年前、DCミニによるパプリカの心理セラピーを経験済みで、事件の最初の被害者になる。

 

パプリカ
© 2006 Madhouse, Inc. and Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All Rights Reserved.

粉川 利美大塚 明夫
捜査一課の刑事。島とは大学からの友人。
悪夢に悩まされ、島に勧められてパプリカによる心理セラピーを受けている。

 

パプリカ
© 2006 Madhouse, Inc. and Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All Rights Reserved.

乾 精次郎江守 徹
研究所の理事長で下半身不随で車いすが欠かせない老人。
DCミニ及び夢によるセラピーそのものに反対する姿勢を見せている。

 

小山内 守雄(職員)…山寺宏一
氷室 啓(時田の助手)…坂口大輔
日本人形…こおろぎさとみ
あいつ(粉川の親友)…田中 秀幸
バーテンダー…筒井康隆、今敏 ほか

映画『パプリカ』は〈楽天TV〉で見られます!月額利用料無し、単品レンタル可能です。
※本ページの情報は2022年2月時点のものです。最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

あらすじ起:DCミニの開発と盗難被害

パプリカ
© 2006 Madhouse, Inc. and Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All Rights Reserved.

医療が発達して他人が他人の夢を行き来出来るようになりつつある近未来。
若い天才科学者時田浩作が、夢の共有装置『DCミニ』を開発しました。
DCミニは夢を利用した心理セラピーのために展開される予定で、開発チームの1人で心理セラピストの千葉敦子は、DCミニを使って『夢セラピー』の実績を重ね、夢による心理療法の体系確立のために日々活動しています。

敦子はセラピストとして患者の夢に入る際、『パプリカ』と呼ばれる別人のキャラクターに変身して、患者の精神疾患の根本的な原因を分析する『夢探偵』になりました。

ある夜、敦子はパプリカとして島から紹介された患者の警察官 粉川利美のセラピーを行いました。
粉川は沢山の自分に追いかけられたり、殺人犯を捕まえられない悪夢に悩まされていました。

夢から覚めた後、パプリカと粉川は一緒に夢の意味を考えて、次の治療の約束をして別れました。

研究所に戻った敦子は、DCミニ3機が盗まれたと時田から知らされました。
そのDCミニはまだアクセス制限を実装しておらず、夢を通して他人の意識に侵入出来る可能性もあるため悪用されると危険です。

敦子はすぐに研究所長兼理事長の島寅太郎に報告し、どのように対処するか相談しようとした矢先、どこからか盗難話を聞きつけた理事長のが現れました。
乾は夢を利用したセラピーに反対していて、盗難の件を一番知られたくなかった人物でした。

その後、乾の目の前で島が何者かに意識に侵入されてしまいます。
島は支離滅裂な言葉を喋り続けながら走り出し、高所から落下して重傷を負いました。

島は意識不明のまま、おもちゃやガラクタが行進するパレードの夢を見続けています。
夢を分析した結果、島は誇大妄想を抱く精神病患者の夢を識閾下に投射された状態だとわかりました。

識閾とは…心理学で、刺激によって感覚や反応が起こる境界。無意識から意識へ、また、意識から無意識へと移るさかい目をいう語。(引用:コトバンク

 

パプリカ
(誇大妄想に囚われる島所長 © 2006 Madhouse, Inc. and Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All Rights Reserved.)

モニターに映る島の夢から、盗難事件に時田の助手でここ数日無断欠勤している氷室啓が関わっていることが判明しました。

敦子、時田、同僚の小山内が氷室のマンションに行ってみますが、本人はいません。
氷室の部屋には無数の人形にロボット、時田とのツーショット写真やゲイ雑誌などが積み上げられています。
部屋の中で手がかりを探していた時、敦子は眠っていないのにいつの間にか夢に入り込んでしまいます。

敦子は遊園地の中で、島の夢にも現れた日本人形を見つけて柵を飛び越えようとしたとき、小山内に腕を引っ張られて目が覚めました。
敦子は夢と現実が混同して、氷室の部屋のベランダから飛び降りしかけていたのです。

時田は何も無かったので、敦子だけが夢に入り込んでしまった理由は不明ですが、犯人からの警告であることは確かです。

その後、島の容態が悪化したと聞いて研究所に戻った敦子は、夢に侵入して島を助け出すことに成功しますが、氷室は話し合いに応じず逃げてしまいました。
正気を取り戻した島は「世界をわが手に出来そうな気がした」と敦子に語りました。

敦子は、全ての黒幕は乾だろうと推理します。
夢セラピー反対派の乾が夢に関するマシンの開発そのものを中止させようと、DCミニを盗んで問題を起こしたのです。

スポンサーリンク

あらすじ承:DCミニの凍結と続く事件

研究所では2人の職員が島と同じ被害に遭いました。
誇大妄想パレードに囚われて行進を始め、そのまま外に出て交通事故に遭いました。

敦子は乾から「DCミニ及びすべてのサイコセラピーマシンの開発と使用を凍結する」と命じられてしまいました。

その後、敦子は氷室の夢の中で見た遊園地が実在すると知り、現在は廃園になっているその場所に時田と小山内と共に行きました。

遊園地の中の柵を超えた階段の向こうに日本人形が座っています。
敦子が人形に近づこうとした時、すぐそばにあった建物の屋上から氷室が落下してきました。
彼は生きていましたが、DCミニを長時間装着し続けたために装置の一部が脳に食い込んでいます。
彼も島や職員2名と同じく夢遊病のようになって高所から落下してしまったのです。

事件の捜査担当になった粉川刑事は、研究所で初めて千葉敦子に会って、声から彼女がパプリカだと勘付き淡い恋心を抱きます。
DCミニと事件との関係を聞いた粉川は「夢への攻撃なんて証明しようがないから、事故として処理されるだろう」と島に告げました。

盗まれたDCミニは氷室が装着していた1機が回収できましたが、残りの2機がまだ見つかりません。
敦子は時田にバックアップを頼んで氷室の夢に侵入し、残りの2機の手がかりを探そうと決意しました。
敦子は時田に協力を求めますが、時田は改良版DCミニを作ることに熱中していて全然話を聞きません。
怒った敦子は作りかけのDCミニを床に叩き落すと、時田を皮肉たっぷりに怒鳴りつけました。

その直後、敦子は「粉川がDCミニが原因で体調を崩したようだから助けてやって欲しい」と島に頼まれて急行しました。
敦子がパプリカになって粉川の夢に侵入すると、粉川はまた同じ悪夢を見ていました。
その悪夢は映画のワンシーンと殺人事件が再現されていて、事件の被害者も加害者も粉川自身でした。

敦子が粉川の対処をしている間、時田はアクセス制限機能を付けた新しいDCミニを完成させて、敦子の帰りを待たずに氷室の夢にアクセスしてしまいます。
夢の中で、時田はその夢の主が氷室ではないことを見抜きましたが、同時に夢に飲み込まれました。

 

あらすじ転:パレードの侵食

パプリカ
(パレードの夢が侵食した粉川 © 2006 Madhouse, Inc. and Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All Rights Reserved.)

パプリカと粉川が夢の中で対話していた時、誇大妄想パレードの夢が粉川の夢にまで侵入してきました。
パプリカ(敦子)はパレードの中に時田が居ることに気付き、覚醒させようとしますが失敗しました。
敦子はすぐに研究所に戻ると、氷室と時田の脳波はレム睡眠状態であるにも関わらず夢を見ていない状態だと判明します。

敦子は時田を助けるためにパレードの夢に侵入することに決めました。
夢は島が起きた状態でモニターし、いつでも覚醒させられる状態で夢に侵入しました。

そこでは相変わらずパレードが続きますが、氷室の姿はありません。
パプリカはパレードの空間の一部のほころびを見つけて入っていくと、そこが氷室の意識の中でした。
その空間の一番奥で氷室を見つけますが、彼は既に抜け殻状態でした。


(抜け殻になった氷室の意識 © 2006 Madhouse, Inc. and Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All Rights Reserved.)

氷室の抜け殻からは木の根っこが生えていて、根っこを辿って上ると、その木は乾でした。
乾が攻撃してきたので、パプリカは島にSOSを出して研究所で目覚めました。

あれは氷室の夢ではなく、誇大妄想を抱く乾の夢でした。
盗まれたDCミニはあらゆるサイコセラピーマシンへの侵入が可能です。
乾はDCミニを通してサイコセラピーマシンに接触し、様々な夢を取り込み続けて巨大化していたのです。

敦子と島が乾の自宅に行くと、乾の足が木の根っこになり、島が小山内に変身したことから、敦子はまだ夢の中だったことが判明します。
現実世界では島が敦子を覚醒させようとしますが、敦子はうなされたまま目覚めません。

パプリカは様々な夢の中を逃げ回りますが、青い蝶々の群れに捕まってしまいました。
気が付くと、パプリカは小山内の夢の中で標本として捕えられていました。
壁中に美しい蝶の標本がびっしり飾られています。
DCミニ3機を盗んだのも、氷室の部屋で敦子を遊園地の夢に誘導したのも小山内でした。
小山内は同性愛者だった氷室と肉体関係を持ってDCミニを手に入れたのです。

同じ頃、粉川はパプリカといつも会う夢の中のバーで彼女を待ちながらバーテンダーと話していて、17歳の頃に親友がいたことを思い出しました。
17歳当時、粉川はもう1人の自分と思えるほどの親友と大好きな映画を自主製作しながら「将来は映画の道に進もう」と語り合っていましたが、粉川は進路に悩んだ末に将来安泰な進路に逃げ、作りかけの映画は親友に押し付けてしまいました。
親友はその後病気で亡くなり、粉川は強い後悔と罪の意識と共に、親友の存在自体を心の奥にしまいこんでいたのです。

悪夢の正体が分かった直後、粉川はパプリカが小山内に襲われている現場を映画のスクリーン越しに目撃します。

結末と感想は次のページです!

コメントお待ちしてます

タイトルとURLをコピーしました