「マレフィセント」ネタバレ解説考察|本作のテーマとは?姫が目覚めた理由 | 映画鑑賞中。

「マレフィセント」ネタバレ解説考察|本作のテーマとは?姫が目覚めた理由

ファンタジー

映画『マレフィセント』のあらすじと感想を紹介してます!
ディズニー作品『眠れる森の美女』の悪役魔女 マレフィセントの視点から物語を描くアナザーストーリー。

原題:MALEFFICENT
制作年:2014年
本編時間:97分
制作国:アメリカ
監督:ロバート・ストロンバーグ
脚本:リンダ・ウールヴァートン
原作映画:『眠れる森の美女』(1959)
主題歌:『ONCE UPON A DREAM』ラナ・デル・レイ
日本語版主題歌:『ONCE UPON A DREAM〜いつか夢で〜』大竹しのぶ

 

声の出演者・キャスト&キャラクター紹介


(引用:https://news.aol.jp
マレフィセントアンジェリーナ・ジョリー(日本語吹き替え:深見梨加
幼少時代…イソベル・モロイ(吹き替え:松浦愛弓
ティーン時代…エラ・パーネル(吹き替え:松浦愛弓
妖精の国ムーアの心優しい妖精であり、最強の守護者。
頭に立派な角と、背中に大きな翼が生えている。
鉄に弱く、触ると火傷をする。
幼い頃に両親を亡くしている。
一時期は恋人同士だった人間ステファンに裏切られて人間嫌いになり、性格が歪んで嫌味っぽく偏屈になるが、心根の優しさは変わらない。

 


(引用:http://kazenosenlitu.cocolog-nifty.com
オーロラ姫エル・ファニング(吹き替え:上戸彩
幼少時代…ヴィヴィアン・ジョリー・ピット
少女時代…エレノア・ワージントン・コックス
成人後(ナレーター)…ジャネット・マクティア(吹き替え:萩尾みどり
ステファン王とレイラ妃の間に生まれた人間のお姫様。
彼女が生まれた直後の洗礼式でマレフィセントに「糸車の針が刺さると真実のキスをされるまで眠り続ける」という魔法をかけられる。

 

マレフィセント
© 2014 Disney
ステファンシャールト・コプリー(吹き替え:てらそままさき
少年時代…マイケル・ヒギンズ
ティーン時代…ジャクソン・ビューズ
ヘンリー国の人間。
幼いころ、ムーア国に宝石を盗みに入った時に出会ったマレフィセントと友達になった。
大人になってからはヘンリー国王に仕える家臣になり、マレフィセントを利用して出世、次期国王になった。

 

f:id:kingqoo3:20160719175738j:plain
(引用:https://www.tedium-life.com
フィリップ王子ブレントン・スウェイツ(吹き替え:立花慎之介
オーロラ姫の16歳の誕生日の前日に偶然出会った王子様。
姫とお互いに一目惚れする。

 


(引用:https://twitter.com
ディアヴィルサム・ライリー(吹き替え:阪口周平
マレフィセントに命を助けられたカラス。
マレフィセントに魔法をかけられ、人間やその他様々な動物に変身して彼女を助ける。

 


(引用:http://blog.livedoor.jp
ノットグラス…イメルダ・スタウントン(吹き替え:福田彩乃
フリットル…レスリー・マンヴィル(吹き替え:福田彩乃
シスルウィット…ジュノー・テンプル(吹き替え:福田彩乃
ムーア国の、陽気な小さいおばさん妖精たち。
3人姉妹でいつも一緒にいる。
ノットグラスは赤、フリットルは青、シスルウィットは緑色のドレスを着ている。
オーロラ姫が呪いの魔法をかけられてから、ステファン王に頼まれてオーロラ姫の世話係になるが、3人とも子育てには向いておらず失敗が多い。

・その他のキャスト
ヘンリー国王…ケネス・クラナム
レイラ妃(ヘンリーの娘・ステファンの妻)…ハンナ・ニュー
元老…アンガス・ライトオリヴァー・モルトマン ほか

映画『マレフィセント』は〈U-NEXT〉で配信中です!31日間無料キャンペーン中。 ※本ページの情報は2022年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

あらすじ起

妖精の国、ムーア国の妖精マレフィセントは、大自然に囲まれた美しい世界で暮らしていました。
国は資源に富み、川底には宝石が石ころのように散らばっています。

マレフィセントに両親はいません。
寂しさを感じるときもありますが、国中にいる仲間たちに支えられて楽しく生活していました。

ムーア国の隣には人間の国、ヘンリー国があります。
ヘンリー国は貪欲な王様に支配されていて、人々はいつも貧しく、その心を表すかのように町は汚れていました。
そんな人間たちは美しく争いも起きないムーア国を妬み、両国の関係は良好とは言えません。

ある日、人間の少年がムーアに入り込んだと聞いたマレフィセントは、好奇心から様子を見に行って人間の男の子ステファンと出会います。
ステファンが悪い人間ではないと感じたマレフィセントは、ステファンに話し掛けると2人はすぐに打ち解けました。

それから、ステファンはマレフィセントに会いに頻繁にムーア国に来るようになり、しばらくは友達として楽しい交流が続きました。

時は経ち、マレフィセントが16歳になった頃、友情は恋に変わりました。
2人は一度だけキスをしましたが、それからステファンがムーア国に来る回数は減り、やがて来なくなりました。

ステファンは成長につれて出世欲などの欲望に支配されるようになり、マレフィセントの存在を忘れていったのです。




あらすじ承


(成長したマレフィセント 引用:http://kazenosenlitu.cocolog-nifty.com

月日は流れて2人とも大人になり、マレフィセントは妖精界の中でも最強の戦力を持つためムーアの守護者を任されていました。

マレフィセントの力に危険を感じたヘンリー国王は、マレフィセントを倒してムーア国を征服し、ついでに豊かな財宝を手に入れようと企んで戦争をけしかけました。

マレフィセントは妖精たちと力を合わせて人間兵を圧倒し、ヘンリーにもダメージを与えて撃退しました。

一方、ステファンはヘンリーの家臣として忙しく働いていました。
マレフィセントに痛手を負わされて衰弱したヘンリーは「マレフィセントを殺した者を次期国王にする」と家臣たちに宣伝します。

出世欲に目がくらんだステファンは久しぶりにマレフィセントの前に現れました。
突然のことにマレフィセントは警戒しましたが、昔と変わらないステファンの話しぶりを見るとすっかり心を許してしまいました。

数時間後。ステファンはマレフィセントに強力な睡眠薬を盛って眠らせると、短剣を取り出しました。
ステファンはマレフィセントを殺すつもりでしたが結局殺せず、代わりにマレフィセントの翼を切り落として持ち帰りました。

翼を手土産にしたステファンはヘンリー国王に認められ、次期国王の座を手に入れました。

翌朝、目覚めたマレフィセントは背中の激痛でステファンの裏切りを知って叫び声を上げました。
彼女の感情と同調するように、いつも温暖な気候だったムーアの植物は枯れ、一気に冬になりました。

マレフィセントは落ちていた小枝に魔法をこめて杖に変え、人間に殺されそうになっていたカラスのディアヴィルを助けて手下にしました。
ムーアの妖精たちは、すっかり雰囲気が変わってしまったマレフィセントに戸惑いつつ、見守るしかありませんでした。

やがてヘンリー国王が亡くなると、ステファンがヘンリーの娘 レイラ姫と結婚して正式に国王の座に就きました。
国民はステファンを『バケモノをやっつけた勇者』と称え、国は祝福ムード一色になります。

ステファンが王になったことを知ったマレフィセントは、出世のために翼を奪われたと悟って怒り狂いました。
静かに復讐の機会をうかがっていた矢先、ステファンとレイラ妃の間に娘のオーロラ姫が産まれて洗礼式が行われることを知りました。

洗礼式当日。ムーア国からは3人姉妹の妖精ノットグラス、フリットル、シスルウィットが参加しました。
お祝いに3人が1つずつオーロラ姫に魔法をかけます。
ノットグラスは美しさを、フリットルは幸せの魔法をかけて、シスルウィットが3つめの魔法をかけようとしたとき、マレフィセントが真っ黒なドレス姿で式場に現れました。


(洗礼式に現れたマレフィセント © 2014 Disney)

マレフィセントは「オーロラ姫は16歳の誕生日に糸車の針に刺されて眠り続け、真実の愛のキスで目覚める」と魔法をかけると、不敵に笑って消えました。

ステファンはすぐに国中の糸車を集めて焼き払い、マレフィセントの討伐部隊を組んで復讐を企てます。

マレフィセントは攻撃に備えて国と国との境目を魔法のイバラで覆いつくしました。
ステファン王は洗礼式の日から人が変わったようになり、城にこもりきりで復讐心に燃え、日に日に陰険になっていきました。

オーロラ姫は16歳の誕生日の翌朝まで妖精3人姉妹に預けられることになり、森の中に建てられた小さな家で育てられていました。


(オーロラ姫にうっかり姿を見られてしまったマレフィセント引用:http://kazenosenlitu.cocolog-nifty.com

妖精3人姉妹はおっちょこちょいで子育てには不向きだったため、心配だったマレフィセントは暇さえあればディアヴィルと一緒に木陰からこっそりオーロラ姫を見守り、彼女に危険が迫るといつも魔法で手助けする日々が続きました。




あらすじ転

時は流れ、オーロラ姫は15歳になりました。
姉妹妖精たちがかけた魔法どおり、オーロラ姫は優しく美しい娘に成長しています。

一方ステファン王は、翼を奪った時にマレフィセントを殺さなかったことを後悔し、殺意に取り憑かれていました。 
ステファンは部屋にこもって、病気にかかったレイラ妃にも会おうとせず、頭の中はマレフィセントへの憎しみで満たされていました。

ムーア国の侵略は一向に進んでおらず、切っても焼いてもすぐに生えてくる魔法のイバラに討伐部隊はお手上げ状態でした。
激怒したステファンはナイフを見て、マレフィセントが『鉄』が苦手だったことを思い出します。
ステファンは部下に命じて国中の鍛冶屋に鉄製の武器と防具を作らせました。

そんな中、今日もオーロラ姫の護衛をしていたマレフィセントは、姫本人に見つかってしまいました。
彼女への親のような愛情を禁じえなかったマレフィセントは、隠れるのはもうやめて姫を自分の城に招き入れ、彼女が自然や妖精を愛でる様子を見守りました。

オーロラ姫は幼い頃に何度かマレフィセントを見かけたことがあったので、すぐに彼女になつきました。


(マレフィセントとオーロラ姫 引用:https://twitter.com

マレフィセントはオーロラに自分の名前を教えずにいると、姫はマレフィセントを『ゴッドマザー』と呼ぶようになりました。

直接交流を持って本格的にオーロラが可愛くなったマレフィセントは、姫にかけた呪いを解こうと試みますが、呪いを解く魔法は跳ね返されてしまいました。

翌日。マレフィセントと一緒に暮らしたくなったオーロラ姫は、妖精3人姉妹にどう説明しようか森の中で考えていたとき、近隣の国の王子フィリップと出会い、お互いに一目惚れしました。

オーロラとフィリップ王子の出会いを見たディアヴィルは「彼のキスで呪いが解ける!」と喜びますが、マレフィセントは「真実の愛なんて存在しない」とうつむきました。

オーロラ姫の16歳の誕生日の前日になりました。
姫が3人姉妹に家を出たいと告げると、慌てた姉妹たちは今まで隠していたマレフィセントの呪いのことや、本当の両親のことを全て明かしてしまいます。

驚いたオーロラ姫はマレフィセントを問い詰めて、ゴッドマザーの正体がマレフィセントだと知りました。
姫はどうすれば良いかわからなくなり、両親がいるはずのお城へ向かいました。

結末と感想は次のページです!




感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました