映画『告白』ネタバレ解説|ラスト考察、「なーんてね」の意味、森口の復讐と嘘など | 映画鑑賞中。

映画『告白』ネタバレ解説|ラスト考察、「なーんてね」の意味、森口の復讐と嘘など

告白 サスペンス

映画『告白』のあらすじ紹介、解説考察をしています!

中学生に娘を殺された女教師の復讐劇。
事件まとめ、ラストの意味は?大学の爆破の真相は?などについて考察しています。

告白

制作年:2010年
本編時間:106分
制作国:日本
監督・脚本:中島哲也
原作小説:『告白』湊かなえ 著

 

主要キャスト紹介

告白
© 2010「告白」製作委員会
森口悠子松たか子
中学校教師。彼女が担任していた1年B組の終業式で「このクラスの生徒に娘を殺された」と語り始める。

 

告白
© 2010「告白」製作委員会
渡辺修哉(生徒A)…西井幸人
1年B組の生徒。成績は常に学年トップで特に科学が大好き。
殺人事件を起こして世間を驚かせたい願望がある。

 

告白
© 2010「告白」製作委員会
下村直樹(生徒B)…藤原薫
1年B組の生徒。
森口の最後のクラス会以降、いじめを恐れて不登校になる。

 

告白
© 2010「告白」製作委員会
美月橋本愛
1年B組の生徒。担任の森口に好感を抱いていたが、森口退職後のクラスメイトの変化や新しい担任が好きになれず、森口に手紙を書こうとする。

 

森口愛美(悠子の娘)…芦田愛菜
下村優子(直樹の母)…木村佳乃
寺田良輝(ウェルテル)…岡田将生
修哉の母…黒田育世
修哉の父…新井浩文
修哉の継母…山田キヌヲ
瀬口教授…鈴木惣一郎
戸倉先生…高橋努
大学関係者…金井勇太
B組の生徒…伊藤優衣、井之脇海、一井直樹、大倉裕真、近藤真彩、能年玲奈(のん)、野本ほたる、三吉彩花、山谷花純、吉永アユリ ほか

 

あらすじ紹介

1年B組の終業式の日。『中高生乳製品促進運動』の対象となっていたB組の生徒たちは、1人に1パックずつ配られた牛乳を飲み干した後でクラス会が始まりました。

担任の森口悠子(松たか子)は「今日で教師を辞める」と発表した後「このクラスの生徒2人が私の娘の愛美を殺しました」と告白を始めます。

森口は2人の生徒の名前は伏せてA、Bと呼び、2人が愛美をプールに落とした経緯を話しますが、生徒たちにはA、Bが誰なのかすぐにわかりました。
Aは成績優秀な一匹狼タイプの生徒 渡辺修哉(西井幸人)、Bは友達が欲しくても出来ない大人し過ぎるタイプの生徒 下村直樹(藤原薫)です。
突然の森口の告白に、B組の生徒たちは釘付けになります。

 

解説・考察・感想など

森口愛美(芦田愛菜)の事件振り返り

まだ4歳だった森口の娘の愛美は、真冬の2月に中学校のプールで溺死しました。
シングルマザーだった森口は仕事でどうしても遅くなる時、愛美の保育園が終わった後から仕事が終わるまでの数時間、愛美を中学校の保健室に預けることがありました。
愛美を中学校に連れて来ていた2月のある日、森口は愛美が保健室に居ないことに気付き、探しまわってプールに浮いているのを発見しました。

愛美はプールの真隣にある家に住む竹中さん家の犬のムクが大好きで、中学校に来た時は森口に内緒でプールに行き、フェンス越しにムクにおやつをあげていました。
愛美の死を警察は事故と判断しましたが、違和感を覚えた森口は愛美がプールに落ちた経緯を調べていて1年B組の生徒 修哉直樹の仕業だったことを突き止めました。

 

修哉の犯行

修哉はいつか母親(八坂亜希子)に見てもらうために科学の発明品を作り続けていて、その1つにチャックを開けようとすると感電する『びっくり財布』がありました。

修哉は全国中高生科学工作展の審査員が亜希子の勤務先大学の瀬口教授だとを知ると、修哉の名前が母に伝わる可能性を感じて感電財布に『盗難防止びっくり財布』と名付けて出品し、中学生部門で3位に相当する優秀賞を受賞しました。

修哉は自分の名前と写真が新聞の一面に掲載されて母の目に触れることも期待していましたが、その日、一面記事を飾ったのは女子高生が家族を毒殺した『ルナシー事件』でした。

修哉はしばらく母からのコンタクトを待ちますがそれもなかったため、今度は『残虐な殺人事件を起こして新聞の一面記事に載れば、母の目に留まるはず』と考え、盗難防止びっくり財布を使って人を殺そうと思いつきます。

修哉は自分の悪行を言いふらしてくれそうな人物として、クラスメイトでいつもひとりぼっちだった直樹に近づきました。
修哉は直樹と相談して担任の森口悠子の娘・愛美に目を付けます。

修哉は愛美の好きなキャラクター『わたうさちゃん』のポシェットに感電の仕掛けを施し、プールで愛美にポシェットをプレゼントして感電させました。
倒れた愛美が感電死したと思い込んだ修哉は、直樹に「僕が人殺しだと皆に言っていいよ」と告げて立ち去ります。
しかし、利用されたと知って怒った直樹は鋭く修哉の願望を見抜き、修哉の思惑とは逆の行動を取ったので犯行は公になりませんでした。

 

森口の終業式での『告白』の狙いは?

愛美の事件が事故として処理された後、森口は懸命な調査で修哉と直樹の仕業だったことを突き止め、終業式の日のクラス会でクラス全員に愛美が死んだのは修哉と直樹のせいだと発表してから学校を退職しました。

森口が事件の真相を警察には言わなかったのは優しさや配慮などではなく、2人を司法に任せるよりは、真相を知ったクラスメイトからイジメを受けてメンタルをやられ、最終的には自殺でもしてくれればいいと考えたからです。

これにより直樹には森口が期待した通りの反応と効果がありました。
修哉も彼なりにダメージは受けたものの、イジメをものともせず登校し続けました。

母親に存在をアピールしたい修哉にとって、森口が警察に言わなかったことは大きな失望でした。
自分の犯行が世間で話題になるなどして母親に伝わらないと意味が無いからです。

イジメにめげなかったのは修哉の選民意識のなせる技で、修哉にとっては自分自身と母親以外の人間は全て低俗で興味が無かったからです。

修哉がイジメにも精神的ダメージを受けていないことを知った森口は、修哉の弱みを探し始めます。

 

牛乳に血を混ぜた狙いは?

クラス会の時、森口は夫である世直しやんちゃ先生(エイズ感染者)の血を修哉と直樹の飲む牛乳に混ぜたと発言します。

森口は2人に『エイズに感染したかもしれない』という恐怖心を与えたかったのです。

しかし、森口は血を取ろうとしたときに夫に止められてしまったので『血を混ぜた』というのは嘘ですし、もし本当に血を入れたとしても、その牛乳を飲んだ修哉と直樹がエイズに感染する可能性はかなり低いです。

森口にとってはこれも復讐のひとつで、直樹は死の恐怖や家族に感染することを恐れて潔癖症も発症する事態になりましたが、修哉にとっては『もし死の病にかかっているとわかったら、母が会いに来てくれるかもしれない』というある意味で朗報になってしまいました。

次のページに続きます!




感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました