「名探偵コナン から紅の恋歌」ネタバレ解説|登場した句の意味など | 映画鑑賞中。

「名探偵コナン から紅の恋歌」ネタバレ解説|登場した句の意味など

ミステリー

劇場版21作目『名探偵コナン』のあらすじ紹介をしています!
全国かるた大会の特番撮影の見学で関西のテレビ局に来ていたコナン達が爆破テロに巻き込まれた。
生還したコナンと平次は事件の真相を探り始める。
かるた大会に出場することになった和葉の活躍にも注目!

劇場版名探偵コナン から紅の恋歌

制作年:2017年
本編時間:112分
制作国:日本
監督:静野孔文
脚本:大倉崇裕
原作:漫画/青山剛昌『名探偵コナン』シリーズ

スポンサーリンク

声優&キャラクター紹介


(引用:http://jin115.com
江戸川コナン高山みなみ
工藤新一山口勝平
江戸川コナンの正体は、黒の組織に謎の薬を飲まされて身体が縮んでしまった高校生探偵 工藤新一。
子どもの姿になってから江戸川コナンと名乗り、幼馴染みの毛利蘭の家に居候している。
爆破テロと矢島俊弥殺人事件が関係があるとにらみ、探偵仲間の服部と共に事件解決に迫る。

 


(引用:http://b9life.hatenablog.com
服部平次堀川りょう
幼少時代…比嘉久美子
『浪速の高校生探偵』と呼ばれる、大阪に住む工藤新一の友人。
コナンの正体を知っている人物の1人。
大阪を訪れたコナンと共に事件の真相を追う。

 

から紅
©2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
遠山和葉宮村優子
服部平次の幼馴染みでガールフレンドのような存在。
合気道の有段者。
平次を巡ってかるたの大会に出場することになる。

 

から紅の恋歌
©2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
毛利蘭山崎和佳奈
工藤新一の幼馴染みでありガールフレンドのような存在の女子高生。
関東大会で一位になるほどの空手の達人。
平次と和葉の恋を温かく見守っている。

 


(引用:twitter.com
大岡紅葉(おおおかもみじ)ゆきのさつき
京都に住む蘭たちの同級生。
かるたの皐月会に所属しており、昨年の高校生かるた大会では優勝した凄腕の持ち主。
平次とは子どもの頃にかるたの大会で会ったことがあり、それから平次のことを”未来の旦那さん”と思っている。
彼女は漫画版やアニメ版にも何度か登場している。

 


©2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
名頃鹿男(なごろしかお)一条和矢
本作のキーパーソンで、かるた”名頃会”の代表。
数年前に失踪し、名頃会は現在解散している。
毛利小五郎(蘭の父親)…小山力也
鈴木園子(蘭の親友)…松井菜桜子
阿笠博士(発明家)…緒方賢一
灰原哀(コナンと同じ薬を飲んだ女)…林原めぐみ
吉田歩美(少年探偵団)…岩居由希子
円谷光彦(少年探偵団)…大谷育江
小嶋元太(少年探偵団)…高木渉
服部平蔵(平次の父親、大阪府警刑事部本部長)…山路和弘
服部静華(平次の母親、剣道の達人、元かるたクイーン)…勝生真沙子
遠山銀司郎(和葉の父親、大阪府警刑事部部長)…てらそままさき
大滝悟郎(大阪府警捜査一課の警部)…若本規夫
綾小路文麿(京都府警の警部、リス)…置鮎龍太郎
■本作のみ登場
阿知波研介(あちわけんすけ/皐月会の会長。”阿知波不動産”の社長)…阪脩
阿知波皐月(あちわさつき/研介の亡き妻、皐月会の元会長)…吉田美保
関根康史(せきねこうじ/皐月会メンバー、カメラマン)…宮川大輔
枚本未来子(ひらもとみきこ/和葉の同級生、かるた部部長)…吉岡里帆
海江田藤伍(かいえだとうご/阿知波研介の元秘書)…石井康嗣
矢島俊弥(やしまとしや/最初の被害者。皐月会メンバー、紅葉のライバル)…石川英郎
伊織無我(いおりむが/大岡紅葉の執事)…小野大輔 ほか

 

あらすじ:起

百人一首の全国大会『高校生皐月杯』の開催2日前。
コナン、蘭、小五郎、少年探偵団、和葉、平次は、大阪にある日売テレビ局で『高校生皐月杯』の特集番組の撮影を見学しています。
この番組は、現かるたクイーンで皐月杯の優勝候補である大岡紅葉が他の有力選手と試合をして見せて、コメンテーターが皐月杯の優勝者を予想したり百人一首の面白さを解説するものです。

そのコメンテーターとしてテレビ局から小五郎に出演依頼が掛かり、コナンと蘭と少年探偵団は付き添いです。
もう1人のコメンテーターは、皐月杯主催者の阿知波研介です。
阿知波はかるた会の名門 『皐月会の会長でもあり、不動産会社『阿知波不動産』の社長でもあります。
元々皐月会は阿知波の妻 皐月が立ち上げた会ですが、3年前に皐月が亡くなり、阿知波があとを継ぎました。

皐月杯には、和葉の同級生でかるた部主将の未来子も出場予定です。
未来子は紅葉のリハーサル試合の相手として呼ばれ、和葉と平次は未来子の付き添いで来ていてコナン達と再会しました。
ちなみに未来子のかるた部は人数不足で廃部寸前だったため、和葉は未来子のためにかるた部に籍を置いて幽霊部員になっています。

本番開始まで控室で待つことにしたコナン達の前に、突然 紅葉が現れました。
紅葉は平次を見るなり「やっと会えた!平次さん、私の未来の旦那さん!」と嬉し泣きするので、全員びっくり仰天します。
紅葉の反応とは裏腹に、平次は「今日初めて会ったと思うけど」と訳が分からない様子です。
コナンと蘭は、和葉が怒っているのを見て波乱の予感を感じました。

同じ頃。大阪府警に『日売テレビを爆破する』という爆破予告状が届いていました。
予告状の下には百人一首の句の1つ※『奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の 声きく時ぞ 秋は悲しき』が印字されています。

※訳:山奥で雄鹿が女鹿を求めて鳴く鳴き声を聞くと、秋が悲しいものに感じられる

刑事達は愉快犯の可能性が高いと見ていましたが、番組の本番が始まる前に本当にテレビ局の爆破が起こり、平次と和葉がビルの中に取り残されてしまいました。

コナンは隣のビルからターボエンジン付きスケボーで大ジャンプしてテレビ局の窓ガラスを破って侵入し、平次と和葉を助けました。


(ビルからビルへジャンプするコナン ©2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会)

蘭、小五郎、歩美、元太、光彦は、避難警告で事前に避難していたため無傷です。
コナン、平次、和葉、紅葉、阿知波会長は軽傷で済みましたが、未来子は利き腕を骨折してしまいました。

「大会はまた来年出ればいいやん」と和葉は未来子を慰めますが、未来子は「かるた部は今年の大会で良い成績を収めないと廃部にされてしまう」と言います。
そこに紅葉が現れて、和葉に『私とかるたで勝負しましょう。皐月杯で優勝した方が先に平次に告白できる権利を得る』と挑戦し、和葉は未来子の代わりに大会出場することになりました。
実は和葉も少しだけ百人一首をしたことがあり、その実力は未来子が認める腕前です。

その後、紅葉は帰り際にパスケースを落とし、コナンと蘭が拾います。
コナンと蘭は紅葉の連絡先を知ろうとパスケースを見ると、写真が2枚入っていました。
1枚は袴姿のかるた関係者らしき男性の写真で、もう1枚は幼い平次と紅葉が指きりしている写真でした。
平次は忘れているようですが、確かに平次と紅葉は昔会ったことがあるようです。
蘭とコナンは「この写真を見たことは和葉には内緒にしよう」と約束しました。


(紅葉が持っていた写真 ©2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会)

その直後、番組に出演予定だったものの収録時間を過ぎてもスタジオに現れなかった矢島俊弥選手が殺されていたことを知ったコナン、平次、小五郎は、急いで京都にある矢島邸へ向かいました。

 

あらすじ:承

被害者の矢島俊弥は造り酒屋の御曹司で、この広い屋敷に1人で住んでいました。
死亡推定時刻は今朝6時頃、死体発見は午後2時頃です。
矢島の死体の周りにはかるたが散らばっています。
部屋が派手に荒らされているので、警察と小五郎は強盗路線で捜査を進めようとしていました。

一方コナンと平次は被害者の手に不自然な血痕を見付け、現場をスマホで撮影します。
現場の部屋にあったテレビを点けてみると、画面に大岡紅葉が映りました。
それは録画映像で、再生機器には『高校生かるた大会過去戦』のDVDが入っていました。
コナンと平次は部屋の荒らされ方などから、この事件を『かるた絡みの連続殺人』になるかもしれないと推測します。

矢島邸から出た後、コナンは東京にいる灰原哀に写真を送信して、かるた札の解析と大岡紅葉が持っていた写真に写る『袴姿の男性』を調べて欲しいと頼みました。

その直後、矢島の知人でかるた選手の関根康史が矢島邸に現れました。
関根は矢島のライバルで、全国大会ではここ2年連続で矢島に負けていた選手です。
阿知波はずっと関根と電話が繋がらなかったことを怒っていて、関根は「酔って寝ていて電源が切れていたことに気づかなかった」と謝りました。
その後すぐ、関根は事情聴取を受けることになりました。

同じ頃。蘭たちは宿泊するホテルに到着していました。
和葉は、平次が小学生の頃に百人一首が得意だったことを思い出して練習相手を頼みますが、平次は事件で忙しくてそれどころではありません。

その後、偶然にも元かるたクイーンだった平次の母 静華が、平次に頼まれて和葉の練習相手をしてくれることになり、和葉と静華は徹夜で練習に明け暮れました。

翌朝。コナンと平次は小五郎を麻酔銃で眠らせて関根をホテルの会議室に呼び出し、関根を犯人だと疑っていると告げます。
関根は矢島が『撲殺』されていたことを遺体を見る前から知っていたし、阿知波会長と連絡が取れなかったのも怪しかったからです。
しかし、関根は犯行を強く否定して会議室から出て行きました。

その後、コナンと平次は、警察の護衛付きで皐月杯の会場に移動する阿知波会長、関根、紅葉をバイクで追います。
会場に向かう途中、関根の乗っていた車が爆発して関根は重症を負い病院に運ばれました。

コナン、平次、阿知波会長は事情聴取のため警察署に来ました。
そこで阿知波会長は、紅葉が持っていた写真の男『名頃鹿男(なごろしかお)』について話し始めます。
京都にはかつて、鹿男が立ち上げた『名頃会』という少数精鋭のかるた会がありました。
鹿男のかるたの腕は見事でしたが、勝ち負けへのこだわりも強かったそうです。
そして、関根と紅葉も元々は名頃会の一員でした。

阿知波皐月が健在だった当時、鹿男は皐月に『お互いの会の存続をかけて勝負したい』とかるた勝負を申し込み、皐月は悩んだ末に勝負を受けることにしました。
しかし試合当日に鹿男は会場に現れず、勝負は皐月の不戦勝に終わります。
名頃鹿男はそのまま行方不明になり、自動的に名頃会は解散します。
名頃会だったメンバーは皐月会に移籍して良いことになりましたが、実際に移籍したのは関根と紅葉の2人だけだったそうです。

この事件は『名頃鹿男による復讐』かもしれないと推理が浮かんだ時、新たな事件の手がかりが出ます。
テレビ局が爆発する直前、関根のスマホにも差出人不明のメールが送られてきていた点です。

メールは添付ファイルのみで※『このたびは ぬさも取りあへず たむけ山 紅葉の錦 神のまにまに』のかるた札でした。

※かるたの訳:神様へのお供え物が用意できず、代わりに紅葉をお供えします。この紅葉をどのように受け取るかは神様にお任せします。

名頃の得意札がメールで送られてきた人物が殺害のターゲットになっていることに気付くと、平次は急いで紅葉に確認の電話をしました。

スポンサーリンク

あらすじ:転

紅葉にもかるた札のメールが届いていことが発覚します。
紅葉に届いたのは※『嵐吹く みむろの山の もみぢ葉は たつたの川の 錦なりけり』でした。

※かるたの訳:風で舞った三室の山の紅葉で、龍田川はとても美しい

この時、コナンと平次は関根が犯人ではないことに気付きました。
関根は恐らく矢島の遺体の『本当の第一発見者』だったものの、殺害現場を見て犯人が元師匠の名頃鹿男だとわかり、独断で殺害現場を荒らして通報しなかったのです。
その動機は、名頃鹿男が殺人犯になってしまうと関根はかるた界で活躍出来なくなるからです。

その直後、灰原から連絡が入ってかるた札の解析を聞きました。
コナンと平次が見た矢島の遺体は何も握っていませんでしたが、本当はかるた札を握っていたことがわかりました。
そのかるた札は※『山川に 風のかけたる しがらみは 流れもあへぬ 紅葉なりけり』で、やはり名頃鹿男の得意札でした。

※かるたの訳:山の川の中に、風が集めた綺麗な紅葉の集まりを見付けた。

同じ頃、蘭は紅葉に忘れ物のパスケースを届けていました。
このとき蘭は紅葉から「小学生の頃に紅葉は平次からプロポーズされて、今もそれを信じている」という話を聞いてしまいます。

蘭は複雑な心境で和葉が稽古をしているホテルの部屋に戻ると、和葉と一緒に『得意札』を決めました。
蘭は『めぐり逢ひて』を選び、和葉は『しのぶれど』にしました。

警察から出たコナンと平次は、阿知波会長の家で名頃鹿男について詳しく話を聞きます。
阿知波は「当時、名頃は皐月との勝負の前日に前哨戦を挑みに来たが、名頃が負けた。だから当日は逃げたに違いない」と語りました。
そのときコナンは、皐月と名頃の勝負の日(名頃が失踪した日)の写真を見て違和感を感じました。

皐月杯の開催日。
和葉は道着で大会に出てかなり浮いていましたが、確実に勝ち進んでいました。
会場の警備もぬかりなく、事前に登録している警備員しか会場に入れないようになっています。

コナンと平次が試合を見守っていると「関根に事情聴取した」と連絡が入り、関根の行動はコナンと平次の推理通りだったことがわかりました。

同じ頃、皐月杯会場の敷地内にある物置小屋が爆発しました。
コナンと平次が駆けつけると、現場で阿知波会長の元秘書 海江田藤伍が爆死しているのを発見します。

海江田の死体を見たコナンと平次は、真犯人は『海江田の死体を名頃鹿男だと思わせるつもり』だったんじゃないかと推理しました。
さらに、まだメールで送られていない名頃の得意札はあと2枚あり、その内1枚は阿知波会長の携帯に今朝届いたことがわかります。
残りの1枚は、皐月杯の決勝で大岡紅葉と戦う相手になることが予想できました。

もし和葉が決勝に出ることになれば、和葉が危険にさらされます。
平次は警察に和葉のスマホをチェックするよう依頼し、決勝場所にコナンと向かいました。

 

あらすじ:結

その頃、すでに和葉は決勝進出が決まり、決勝戦が行われる『皐月堂』に紅葉と阿知波会長と一緒に移動していました。

綾小路警部は決勝戦を中止させようとしますが、警備員が皐月堂につながる電話を使おうとした瞬間、皐月堂のすぐそばにある滝で爆発が起きました。

すぐ消防に連絡しますが、お堂までの道が狭すぎて消防車が入ってこれず、また海江田が防犯システムもダウンさせていたため何も出来ない状態になってしまいます。

通信が遮断されたお堂では、何も知らない和葉と紅葉が決勝戦を始めていました。


(和葉と紅葉の決勝戦 引用:https://www.animatetimes.com

一方、コナンと平次はバイクで山道を走りながら、お互いの推理の答え合わせをします。
この事件の真犯人は名頃ではなく阿知波会長です。

阿知波は「皐月と名頃の前哨戦で『皐月が勝った』」と言っていましたが、もし『皐月が負けて』いれば全ての辻褄が合います。

つまり、前哨戦で皐月は負けて、阿知波は皐月の名誉と皐月会を守るために名頃を殺したのです。
そして、被害者の矢島選手は真相に気が付いていて殺されました。

また、阿知波は海江田の死体を名頃の死体に見せかけるのに失敗したので、名頃の死体を隠している皐月堂を爆破することで名頃の死体を警察に見つけさせ、名頃を犯人に仕立て上げたまま阿知波自身も紅葉と和葉を道連れに死ぬつもりだということです。
これでこの事件のすべてが繋がります。

コナンと平次はバイクで崖から飛び、皐月堂に突撃しました。
突然のコナンと平次の登場に、和葉と紅葉は混乱します。
コナンと平次が会長に真相を問いただすと、会長は全て認めて「認めるから、かるたを証拠として提出するのはやめてくれ」と言いました。
それは、名頃を殺したのは阿知波ではなく、妻の皐月であることを意味していました。

名頃と皐月の前哨戦の時、皐月は自分の練習用のテープを使い、圧倒的に有利だったにも関わらず負けてしまいました。
翌日の試合で大勢の前で辱められて皐月会も乗っ取られると思うと耐えられなかった皐月は、気付いたら名頃を殺していました。

阿知波は皐月の名誉を守るために罪を背負い、新たな犯行を重ねていたのです。

阿知波は『皐月の罪も私の罪も墓まで持っていく』と告げて爆弾の起爆スイッチを取り出しました。

その時、紅葉が「名頃師匠はただ皐月さんに認めて欲しかっただけだった」と声を荒げ、紅葉だけが知っていた名頃の真実を語ります。
名頃は実は目の病気を患い、かるたを続けられなくなっていました。

名頃が皐月に前哨戦を挑んだのは、初恋の相手だった皐月に勝って一言「すごい」と言ってもらいたかっただけだそうです。
そして、翌日の試合で名頃は皆の前で負けて、名頃会の会員たちを皐月に引き取ってもらう作戦だったと言います。

会長がショックを受けている隙に、平次が爆弾のスイッチを奪いました。
しかし、1回目の爆発の影響でお堂はすでに崩れかかっていました。

コナンは会長と紅葉を連れてお堂から脱出しますが、また平次と和葉が取り残されてしまいます。
平次はバイクの後ろに和葉を乗せて「しっかりつかまっとき!手ぇ離したら殺すで!」と叫ぶと、崩れかかる皐月堂から近くの安全な岩場まで大ジャンプしました。

から紅の恋歌

(平次と和葉 ©2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会)
ジャンプしている最中、平次は和葉に「お前に言わなあかんことがあんねん!」と叫びました。

岩場に着いて安全を確保した後、和葉は「言わなあかんことって何?!」と平次に詰め寄りますが、平次は照れてはぐらかしました。

こうして阿知波会長は逮捕されて事件は解決しました。
コナン一行も東京に帰ります。
和葉は蘭に「決勝試合には負けたけど『しのぶれど』の札だけは逃さんかった!平次に『しのぶれど』を送ってみようかな?」と相談しました。

そこに紅葉が現れて、平次に「昔、私にプロポーズしたじゃない!」と詰め寄ると、平次は当時のことを思い出して、プロポーズ自体が紅葉の聞き間違いだったことが明らかになりました。

帰りの新幹線の中で、蘭は「新一に『めぐりあひて』の句を送ってみたら、『せをはやみ』の句が帰ってきたんだけど、どういう意味?」と園子に電話で聞きました。
園子は意味を知っていましたが、にやにやするだけで教えませんでした。

主題歌: 倉木麻衣『渡月橋 ~君 想ふ~

スポンサーリンク

登場した句の一覧・解説

本作には沢山の百人一首の句が登場しました。
あまり百人一首に詳しくない方には意味が分からない句があったかもしれないので、一つずつ解説していきます。

奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の 声きく時ぞ 秋は悲しき

日売テレビ局爆破の予告状に印刷されていた句です。
訳は『山奥で雄鹿が女鹿を求めて鳴く鳴き声を聞くと、秋が悲しいものに感じられる』
これは『紅葉』が入っていることが重要で、句の意味自体はあまり関係ないと思いますが、これから事件が起こるよという不穏を表している句だと思います。

 

しのぶれど 色に出でにけり わが恋は ものや思ふと 人の問ふまで

和葉の平次に対する恋心を紅葉が例えて言った句で、和葉が得意札に選んだ句です。
訳『周りに悟られてしまうほどに、恋をしていることが顔に出ている』

 

このたびは ぬさも取りあへず たむけ山 紅葉の錦 神のまにまに


(引用:http://77117c.blog118.fc2.com

関根のスマホに差出人不明で送られてきていたかるた札です。
訳『お供え物が用意できないので、代わりに紅葉をお供えします。これをどう受け取るかは神様にお任せします』
これも『紅葉』が入っていて名頃の得意札であることが重要な句ですが、「紅葉を神様にお供えする」という意味から、平次が紅葉が危険なのではと焦った句です。

嵐吹く みむろの山の もみぢ葉は たつたの川の 錦なりけり


(引用:twitter.com

紅葉のスマホに送られてきたかるた札です。
直訳すると『風で舞った三室の山の紅葉が龍田川に散らばってとても美しい』ですが、『川が紅葉で真っ赤に染まっているように、私の心もあなたで埋め尽くされています』という意味を込めて贈られた恋の句ともされています。
これも『紅葉』と名頃の得意札であることが重要な句です。

 

山川に 風のかけたる しがらみは 流れもあへぬ 紅葉なりけり

最初の被害者である矢島選手の手に握られていたかるた札。
訳『山の川の中に、風が集めた綺麗な紅葉がたまっているのを見付けた』
これも『紅葉』と名頃の得意札であることが重要な句です。

 

めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲がくれにし 夜はの月かな

蘭が選んだ得意札で、事件の後、蘭が新一にメールで送った句です。
訳『久しぶりに会えたと思ったら、その人はあわただしく居なくなってしまった。』
蘭が、たまに会えてもすぐにいなくなってしまう新一のことを思って選んだ札ですね。

 

瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢はむとぞ思ふ

訳『今は離れていても、いつか必ずあなたに会いに行く。』
新一が蘭にメールで返信した句です。

以上です!ありがとうございました。
この記事が気に入ったらハートマークを押してもらえると嬉しいです(^^)

名探偵コナン から紅の恋歌 関連商品(楽天)

関連記事
23作目(2019年)↓

14作目(2010年)↓

感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました